12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2015-03-09 (Mon)
今日は久々コミックの感想。

舞台化されるらしいので、ちょっくら借りてきて読んでみた。
「ふしぎ遊戯」 渡瀬悠宇作  全18巻完結  小学館フラワーコミックス 

他に外伝がたくさん出ているけど、私が読んだのは本編の18冊だけ。

適当なあらすじ。
中三の美朱(みあか)は、図書館で偶然手にした古い書物の中に吸い込まれてしまう。彼女を心配して探していた親友の唯(ゆい)も本の中に入ってしまい、共に鬼宿(たまほめ)という青年に恋をする。
本の中の世界で、美朱は朱雀の巫女に、唯は敵対する勢力の青竜の巫女にされて、戦うことになってしまう。
美朱は鬼宿との恋をはぐぐみながら朱雀七星を集めて、唯を取戻して現代に帰ることを望むが……
恋と、友情と、戦いの、逆ハーぎみ、中華風味異世界トリップファンタジー……だと思った。




以下、感想。微妙にネタバレあり。



久しぶりに「THE少女マンガ」な作品を読んだ気分だ。
かっこいい男性と主人公の美朱のキスシーンは何度も(相手はいろいろ)。
半裸(というか下着一枚とか)になっちゃうシーンもありで。
そこはフラワーコミックス。
おいおい、中学生だろっ、と突っ込みつつ読む。
序盤はあまりおもしろいと思えず、最初に四巻まで借りてきたとき、その後を続けて読むべきかどうか少し迷った。
あまりにも型にはまりすぎていたから。
パターンがねえ……
主人公美朱が勝手に行動→敵に襲われる→怪我あるいは捕獲される→助けられる→愛と友情が深まる
みたいなのの繰り返し。
全編を通して読むと主人公の流血度はかなりのもの。

でも途中からどんどんおもしろくなってきて、結局全部読まされたー!
私は唯ちゃんに妙に感情移入してしまったのだった。
彼女の言い分も気持ちもとてもわかる。
ああ、彼女、途中、かわいそうすぎた。
星宿様もやさしくて、かっこよくて好き。美朱に言い寄っていたのに、いつのまにか結婚していてちょっとびっくりしたけど。

第一部は13巻で完結しており、それでいったん本の中の異世界から戻る。
14巻以降は、おまけかと思ったらそうでもなく、鬼宿と世界の危機という流れになって、美朱はまた本の戦いの中へ。
13巻のラストもよかったけど、18巻のラストも好きだった。
朱雀の最後の説明は、それまでのことを考えると矛盾している気がしたけど、みんなが幸せになれたのならそれでよかったのだろう。

外伝も全部読みたいなあ。20冊ぐらいあるけど。
星宿の電撃結婚の真相も外伝の中で語られているらしいね。
そのエピソード、読みたい……

満足度☆4つ。最初の数巻は☆2つぐらいかなあ。
絵も丁寧で、18巻で終わるころには高校生になった主人公もとてもきれいになっていた。
ちょっと古いけど、がっつり少女マンガしている作品を読みたい方におすすめ。

Return

スポンサーサイト
* Category : コミック
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2014-06-13 (Fri)
今日は少し前に話題になっていたコミック、「はだしのゲン」の感想。

中沢啓治作  「はだしのゲン」 全10巻 汐文社

第二次世界大戦の終戦前後の広島で、悲惨な目に遭いながらもたくましく生きる人々を描いた物語。
戦争の非道さ、原爆の恐ろしさを強く訴えた作品。

この作品が図書館から撤去されるニュースを見て、興味がわいた。
私は、一部の絵だけなら、歴史の資料かなにかで見たことがあるが、きちんと読んだのは初めてだった。

以下、感想。




物語は原爆投下前の広島で始まる。
主人公少年ゲンの父は、がんこに戦争反対を唱え続け、一家は全員壮絶ないじめに遭う。
ゲンの兄はそれに反発し、兵に志願。父を激怒させる。
やがて原爆が落とされ、ゲンは父と姉と弟を失う。
母はゲンを連れて知人を頼るが、その家でも歓迎されず、肩身の狭い思いをする。
ゲンは原爆孤児たちと知り合いになり、さまざまな目に遭いながらも、せいいっぱい生きていく。
……大切な仲間たちを原爆症で次々失いながら。

……って感じのお話。
どの表現が図書館撤去に値するのか。それを考えながら読んだ。
とにかく、なにかと暴力的な内容だった。
解決の手段はすべて暴力。
人が人を殴るシーンは数限りなくあり、そういう面では子供に超お勧めとは言いにくい。
原爆投下後の焼野原を、やけどで垂れ下がった皮膚を引きずりながら歩く人々の絵など、ショッキングな内容も小さい子には衝撃かもしれない。
性的な描写としては、問題にされそうな部分はごくわずか。
10巻に、一部だけだが性的な虐待描写がある。ショッキングな描写がふたコマほど。
日本軍がやった非道な行為としてあげられる部分だ。
問題になるとしたら、あの部分だけかなあ。あくまでも私の主観。
何巻目かに、女性が生きていくためにアメリカ兵に身を売る、という話も入っていたが、そこは濃厚に描かれているわけではないので、私としては閲覧不可にするほど問題ではないと思った。
PG12ぐらい? 親の許可があるなら読んでいいよぐらいのレベルで。

図書館撤去については、子供がトラウマになる、という親の意見も反映されているようだ。
あまりにも原爆が恐ろしいから。
でも、トラウマになった子供を支えるのは親の役目。
トラウマになるから読ませない、というのもなんだかなあ。
幼児さんや小学校低学年の子には刺激が強いと思うが、ある程度大きくなった子には読んでほしいと私としては思った。

物語全般を通して強く訴えられているのは、戦争への怒りだ。
戦争をするということは、一般民衆がこういうことになる、ということ。
これでもか、これでもか、と続くくどいほどのいじめ描写。飢え。その根源は戦争だ。
戦争に父が反対していじめられ、原爆のせいでいじめられ、学校も行けずで。住まいも食べ物もない。
顔にやけどを負った少女などもいじめの対象。
この人たちがどんな罪を犯したというのか。
読み進めるにつれ、理不尽な怒りがどんどんたまっていく。
ああいうことが過去の日本で確かにあり、それからまだ100年も経過していない、ということは誰もが知るべきだと思う。

「これは悪書か?」
そう訊かれたら、私は迷わず「悪書ではない」と答えるだろう。
この本は暴力的だが、忘れてはいけない大切なことがたくさん入っていた。

Return

* Category : コミック
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2014-05-13 (Tue)
今日はコミックの感想です。

「アンドロメダ・ストーリーズ」  竹宮惠子 光瀬龍原作
スクウェアエニックス Gファンタジーコミックススーパー 全二巻完結

機械に惑星が浸食されていくSF。
リリア姫はアストラルタ三世の即位と同時に嫁ぐが、王や周りの人々の様子が徐々におかしくなり、平和な王国は、恐るべき機械に支配されていく。王は完全におのれを失い、リリアは自分が生んだ王の子、ジムサを連れて王城から脱出。
成長したジムサは母を守るために戦い、やがて、双子の兄弟と運命の出会いを果たす。
人と機械の戦いと、愛の物語。

以下、ネタバレあり。ご注意。



古い作品だが、まったく古さを感じさせず。
読み終えて、胸にずーんと来る作品だった。

機械に支配されて変貌していく王、そんな王を愛し、離れても忘れられないリリアの感情が切ない。
王がどうにかして正気に戻ってくれたらって何度も思ったが、この物語はそんなに甘くはできていなかった。
作者さんご本人も一巻目の後書きに書いておられるように、これは「容赦ない物語」なのだ。
破滅への坂道を転がり落ちていくような。
恐ろしく、しかし、目を離せないストーリー展開に、心が緊張しっぱなしに。

リリアはどこまでもお姫様として描かれている。
その行動も、感情も、ものすごく納得でき、それがまた悲しい。

ネタバレしてしまうが、この作品には近親相姦ネタも入っている。
しかし、不潔とか、嫌な感じはしない。
滅びゆく世界の中、大切に思い合う者同士が普通に愛を語るだけ。
寄り添う二人の最期の姿もたまらない。

ラストはやっぱり衝撃。
読んでしばらくボー然。
こんな、そんな……

こういう悲劇が連続する作品を読んでいると、自分の中のどこかで、救いの場面を予想して読んでしまう。
その救いの場面が後になってきっと出て来てくれるだろうと思いながら読む。
双子の兄弟が力を合わせて戦った結果、王が正気に返って、機械を追い出し、人々に笑顔があふれて……って展開になってほしいって。

結局、そうはならず。
すべて終わり。しかし、どこかでまた始まっている。そんな衝撃のラストだった。

設定としては「地球へ」に似ている。あの作品も大好きだけど、この作品もすごくよかった。
機械と人間の関係における問題点を提示している。

満足度☆5
忘れられない作品となった。
とても気に入った。また読みたいから永久保存したいね。

Return

* Category : コミック
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2014-02-14 (Fri)
今日はレンタルコミックの感想です。

「失恋ショコラティエ」 水城せとな作  小学館フラワーコミックスアルファ
現在のところ七巻まで出ていてまだ完結しておらず。

爽太は高校時代の先輩のサエコに一目ぼれ。
いったんは付き合うような形になるが、サエコの方は付き合っているとは認識しておらず、爽太はサエコに別人の彼氏がいる宣言をされてしまう。
傷心の爽太はそれでも彼女をあきらめられず、外国へ渡り、五年後、チョコレート職人になって帰り、日本で自分の店を出す。
サエコはすでに婚約者がいて、自分の結婚パーティー用に爽太にチョコ菓子を注文する非常識ぶり。彼女は結婚し人妻に。たが、それでも彼女をふりむかせたい爽太は、彼女が好きそうなチョコレートを作り続ける。


ドラマが話題になっていたんで、今週のドラマを見てみて、この先が気になってたまらなくなり、原作のコミックを全巻借りてきちゃった。
まさにバレンタインシーズンにぴったりの作品。
私がドラマを観たのは今週の月曜日の分、一回だけなんだけど、それだけでだいたいの人間関係はわかった。
ドラマとコミックとでは、多少は設定は違う部分はあったけど、そう気にならない。
ドラマではサエコの旦那が誕生日ケーキを取りに行っていたが、コミックではそこは友人に頼んでいたなあ。
他にもいろいろ違いはあるんだろうけど、とにかく、これは先を早く知りたい作品だ。

以下、感想。
……サエコファンの方、すみません。



とにかく……サエコがむかつくのだ!
かわいこぶって、思うように男を都合よく操っている感じ。
気のあるそぶりをするくせに、平気で無神経なことを言う。
それでも爽太は彼女をあきらめられない。それが読んでいてイライラするのだ。
サエコのどこがそんなにいいのかが、どうしても私はわからない。

美しくかわいい人への憧れとか夢?
男の人って、結局はそういう女がいいのかなあ、なんて薫子さんの気持ちになって考えてしまった。

薫子さんだけはまともだから、がんばってほしいと思う。
サエコの罠に彼女まではめられそうで、七巻目はやばいところで終わっていた。
あれはきっと爽太から薫子を遠ざけようとするサエコの作戦だ。
サエコは怖い女性。
天然ぶっているけれど、すべて計算のような気がする。

七巻目の流れは、私としてはものすごく受け入れがたいものだった。
ドラマはまだそこまで進んでいないのだけど、ドラマもコミックと全く同じストーリーになるとしたら、サエコ嫌いの人からものすごい数の苦情が入りそう。

サエコは旦那とうまく行っておらず、女として同情すべきところはある。
だけど、うーん……私はああいう無神経なタイプは友達にすらなりたくない。
爽太がやっていることは、結局はサエコに振り回されて、不倫、略奪婚をめざし、に他ならない。
爽太、なにやってんだろう。
歯がゆいね。人としてのまともな感覚がくるっているとしか思えない。
サエコがどこかで改心してくれるか、爽太がさっさと彼女をあきらめるか、そんな続きを期待したい。

月曜日はしっかりドラマを楽しむよ。これが観ずにいられるか。
次巻、待ち遠しいよう。

Return

* Category : コミック
* Comment : (4) * Trackback : (0) * |

* by かみたか さち
うちも読んでる~。
母娘三人で(笑)

うん、むかつく。
実際にいると、殴りたくなるくらいサエコさんにはむかつく!
彼女の行動にいちいちひっかかるソータもぶん殴りたい(笑)
フィクションだから、許せるかなぁ。

でも、ああいう男女て、意外に実際にいそうで、それもまた怖かったり。

レンタルコミックでも人気みたいで、まだ4巻までしか読んでないんですよ。
先を、こころして読みます!

Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
かみたかさま

おお、このコミック、読んでおられますか!
サエコ、めっちゃむかつきますよね? 共感してくださってうれしい。
あの天然ぶった魔女、どうにかならないのか。
ソータもばかな男。でも続きが読みたいお話ですよねえ。
七巻までまだ読んでいらっしゃらないのね?
七巻目、衝撃ですよ。
あの展開はないわー。私が書くなら絶対にああいう展開にしないなあ。
まあ、そんな内容なんです。お楽しみに。
コメントありがとうございました^^

* by かみたか さち
7巻まで読んだー! 借りてきたー!
そして、なんでむかつくのか分かった気がする。

恋愛の行く末を人任せにするのを見てるのが、私は嫌いなんだなーって。
この漫画の恋する人たちって、そういう人が多い。
自分からけじめをつけたりしない。
向こうが言ってこないから、て人が多い~。

とあるネット作品でも、他のひとの評価はいいのに自分はなんで煮え切らないんだろうと思ってたら、そいうことだったみたい。
自分はむかつくけど、これがいいって人の方が多いのかなぁ。

そんな中で、オリビエ&まつりカップルだけは自力でがんばってる感じだね。
今のところ、あの二人に癒されまする。

だけど、続きが気になる(笑)

Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
かみたかさま

おお、ついに全部読んだのですね。
あれ、むかつきますよねえ。

> 恋愛の行く末を人任せにするのを見てるのが、私は嫌いなんだなーって。

ああ、そうか。
うん、わかる気がする。
確かにソータなんか特にそう。サエコが振り向いてくれるのを待つってのは、人任せだ。

私は、みんなが常識のない恋を追い求めているからむかついているんです。
サエコはすでに人妻なのに、ばかみたいにそれを追いかけるソータ。
しかも思わせぶりなサエコの態度にいらいら。
オリビエも、彼氏のことを忘れられないマツリに執着してて。
それですぐに付き合うってのもなんだかなあです。
でもオリビエカップルにはうまく行ってほしいと私も思います。

きのうはぶつぶつ言いながらドラマを観ていました。
コミックのとおりに進んでいますね。
さて、いよいよ、ドラマは次話で許せない展開になりそう。
コミック、ドラマどちらも続きが楽しみです。

……ってむかつくならみなきゃいいんですけどね。
でもみたい。気になってたまらんわ。
今後も共に怒り狂いましょうw

個別記事の管理2014-01-28 (Tue)
今日はコミックの感想。

「式の前日」 穂積作 フラワーコミックスアルファ 429円

表題を含めた六つの短編が入っている。

ネットをあちこち開いていると、この作品がたまに宣伝で出て来た。
「式の前日」の一場面がちろちろと。
宣伝情報の出し方がなんともにくい。
「明日結婚する」「この人を残して」涙を流す女と手をつなぐ男の絵。
これだけ見ただけで、いろいろ考えてしまう。彼女が結婚するのは彼じゃないのか? なんで? みたいな。
もう読むしかない。
真実かどうかは知らないが、売り切れ続出といううわさも手伝い、とうとう購入。

以下、感想。少々ネタバレするかも。



作者さんはこの本でデビューなさったらしい。
新人さん、ということなのかな?
絵は普通。そんなに下手だと思わなかった。

六つの短編のうち、「式の前日」が一番好き。
明日に結婚式を控えた女性。明日のことなどについて一緒にいる男性にいろいろ話している。
これはネタバレしてしまうとおもしろくないんで、これ以上は触れないけど、情で温まる作品だ。
登場人物のそれぞれの成長と心情を思うと胸に来る。
自分の結婚前夜ってどうしていたかなあと思ったりした。
自分の時は、泣きはしなかったけれど、緊張していてあまり眠れなかったと思う。

二話目、「あずさ二号で再会」
これは……まさかの展開。いや、びっくりしたよ。
女の子がちょっとませている設定。

三話目「モノクロ兄弟」
これも思いもしなかった方向へ話が転がる。

どうやら、作者さんは読者を驚かせることに力を注いでおられるようだ。

この本の評価は大きくばらけている。
たぶん、読む人の境遇や年齢によって、評価がだいぶ違うのだろう。
私がいいと思った「式の前日」も酷評している人もいるし。

私としては買ってよかったと思っている。
ただ、若干死ネタが多く、作者さんのネタの引き出しの少なさを感じさせる面はあると思った。
そういうところが嫌な人はいるかもしれない。

最終話「それから」は「式の前日」の続編的作品だったけど、盛り上がりがなかったらちょっと残念。
現状説明みたいな感じだった。読者サービス的な作品?

作品全体満足度☆4
「式の前日」一話だけなら☆5つ。
人によって好き嫌いがかなり分かれそう。

Return

* Category : コミック
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by 藤夜 要
それ!
私もずっと気になっていた作品でした。
異母(異父)姉弟なのかしら従兄弟かしら、とあれこれ想像していたのですが買うに至らず。
菜宮さんのこの記事のお蔭でますます読みたくなっちゃいました(笑)
私も買っちゃおうかなぁ。

結婚前夜、菜宮さんの「緊張のあまり不眠」って初々しくてムズムズもぞもぞ…っ、と。
かわいい、と言ったら失礼かしら?(汗)
私は信州から大阪へ嫁いできたので、結婚前夜は姉と一緒の部屋でホテル泊。
で。
一緒に有料アダルトチャンネルを初体験して大笑いしてましたwww
(私は若いころからダメな人間だったことに今気づいたwww)

Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
>藤夜要さま

ですよね~
あれは広告が目について、気になる作品でした。
彼女は、彼とは結婚しないってどうしてよ? といろいろ妄想が。
読んでネタバレしてしまうと、ああそうか、と思うわけですが、もう一度読みたくなる。
じっくり見ると、あっさりした表現の中に、それぞれの気持ちがさりげなく入っていることがわかります。
なんか妙に感情移入してしまい、いい作品だったなあと私は思いました。
もしも、要さんがこの作品を読むことがありましたが、ぜひ感想を聞かせてください。
合わなくてつまらないと思われたのならすみません。

それから……>初々しくてムズムズもぞもぞ…っ、と。

……って、ありがとうございます!
きゃははは、あのころの私は純だった(遠い目)。
夫とはお見合い結婚ですからね、ええ、もちろんキスひとつしたことがない清い関係で式の日を迎えたのであります。
不安と期待が入り混じるって言ってしまうとありふれた表現ですが、自分の式の前日はあれこれ考えてなかなか寝付けませんでした。
要さんは遠距離結婚ですものね、大変だったことでしょう。
お姉さまと最後の夜を過ごす! いいなあ。
そのネタで小説いかがでしょう。
……ってそこで有料チャンネルがでてくるあたり爆笑です。
別の意味で眠れなかったのねw
すてきなお姉さまですねえ。
コメントありがとうございました^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。