12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2015-03-22 (Sun)
無料だったからなんとなく観てしまった……

「八日目の蝉」 日本映画 約2:30
原作は角田光代さん
4月12日まで下記のところで無料配信しています。
http://gyao.yahoo.co.jp/p/00460/v12508/

女が愛した男には妻がいた。女はやがて妊娠したが男に説得されおろしたことで、生涯子供を産めない体になってしまう。そんなときに男の妻が出産。女はその女児をさらって自分の子として育てる。その子供が四歳になったころ、女は逮捕され子供は実の両親の元へ。しかし、数年引き裂かれていた親子の溝は大きく、実母はなつかない娘にいらだちをつのらせ、娘も誘拐犯と過ごした愛情たっぷりの日々を忘れられない。やがて成長した娘は、実父と同じような妻子ある男性の子を身ごもり……というお話。

以下、若干のネタバレを含む感想など。




映像は過去と現在をごちゃまぜにしながら進行する。
全部観て……
あーなんだろうね、これは。
誘拐犯に同情したくなっている自分がいた。
赤ちゃんを誘拐したんだから、許されないに決まっているのに、このいつわりの母子がこのままずっと一緒にいられますように、なんておかしなことを考えてしまった。
誘拐犯は責められて当然のはずだけど、実母の攻撃がすごすぎでかわいそうに思ってしまったのもある。
私は原作は未読だけど、原作も悪いことをした人の方を応援したくなる小説のようだ。
母性に目覚めた誘拐犯がとにかく切ない。
でも実母の狂気じみた行動もやっぱりわかる気がする。
夫を愛人に寝取られただけでなく、その愛人が子供を誘拐。子供の一番かわいい時に接することができず。
そりゃあ怒り狂っても当たり前。

罪を犯したのは誘拐犯の女だけど……どうもすっきりしないのだ。
うーん……どう考えても一番悪いのは、浮気して二人の女性を傷つけた男だろうがー!
男は誘拐犯の愛人として全国に放送され、仕事を失って酒におぼれているという説明はあったけど、画面にはそういう描写はなく(私、見落とした?)、男は普通に父親らしく(娘に小遣いを渡そうとするなどして)生きているっぽくて、説明だけが浮いた感じがした。浮気して愛人に子供をおろさせた悪人。男が事件の元のくせに、離婚すらしていないし。
映画のレビューを観て、実母の描き方への批判などが複数見受けられたけど、私は諸悪の根源であるずるい男をどうにかしてほしかったな。

娘が惚れたのもまたずるい男ってw
娘の彼氏役を演じたのは劇団ひとりさん。
この人が彼氏役ということで不満を述べている人もいるようだね。
確かにイメージがバラエティーで、そのイメージで見てしまう人もいたかもしれないけど、演技としてはよかったと私は思う。都合よく女を抱きたいだけの下半身男ぶりが見事に表現されていた。

気になったのは宗教団体のところ。
宗教団体の教祖様が、なんかおかしな関西弁キャラのおばさんだったけど、あれは原作でもそうなの?
それに、宗教ハウスでなんか突然朝になっていた? その説明はなかったような。

誘拐犯がどんなふうに逮捕されて、さらってきた娘と離れてしまうのかが気にかかって、緊張しながらしっかり観てしまった。
母親になった人とそうでない人が見るのとでは、この映画の評価は大きく違うかもしれないね。
私はときどき泣いてしまった。
母親であることって……苦しいね。でもそれはうれしく幸せなことでもある。
盗んできた愛する男の子を育てているならなおさら。
満足度☆4

Return

スポンサーサイト
* Category : 映画
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2014-05-05 (Mon)
今日は映画感想を。
……映画といっても映画館へ行ったわけではなくて、先月末にネットで観たやつですが。

「変身」 2005年の日本映画 原作は東野圭吾
主演:玉木宏 ヒロイン:蒼井優

脳移植された男性の物語。

以下、感想など。ネタバレあり。








観る前に映画の評判をチラ見。
「原作と違って出来が悪い!」と酷評がいくつかあり。
そうか、そんなにひどいのか。
よけいに期待しちゃうじゃないか。
どんなふうにひどいんだろうって。

……というわけで鑑賞。
私は原作を読んでいないので、真っ白なまま観ることができた。

脳移植された主人公は、しだいに暴力的に変わっていき、彼女に愛情を感じることすらできなくなっていく……ってお話。
みどころは、彼の変化と彼女の健気さかな。
誰の脳をもらったのかは、安易に推測できるので、ミステリ度は高くはないと思う。


主人公が徐々に暴力的に変化していくさまがものすごく怖かった。
愛していた彼女を殺そうとするシーンは特に、頭がいかれた犯罪者になりきっており、手に汗を握って観ていた。
そんな彼に、必死で尽くそうとする彼女。
こんなヤバイ男、さっさと捨てて逃げろやー!って思っちゃったわ。
それでも彼女、彼の為に一生懸命なんだよ。
あんなやさしくていい彼女、どこにもいない。

ヒーロー役の玉木さんは、「のだめ」のヒーローだった人。
今回の役は、あのイメージとは全く違っていて、暗くて重かった。ああいう役もできるんだね。
ヒロインも演技がうまかったなあ。
変わっていく彼に冷たくされた時のヒロインの顔、泣けた。。。。


この作品、私はそんなにひどいと思わなかったなあ。
原作を読んだ人にはがまんならない内容らしいけど、ヒーローが暴力的になっていく変化はちゃんとわかったし、ヒロインに対する愛情の冷め加減もせつなくて。
ヒロインがかわいくて、しかもけなげで、とってもよかったと思うんだけどなあ……
これはこれでいいんじゃないかと。

だけど、突込みどころはあった。
ラスト付近、なんでそこで拳銃持ってるの? つか、そこで電気消すことないでしょって思った。
明るくしてちゃんと背後まで見せてほしかったな。

それから担当医が、主人公に脳移植のことをなかなか説明しなかったこともどうかとは思った。
引っ張りたい感丸出し。そこは普通に脳移植したんだよって伝えればいいだけだから、告知を引き延ばす必要はなかったと思う。
あとは助手の女先生が色気担当だったのかな?
ああいうキャラなのか、原作はどうなのか知らないけど、あんまり好きになれなかった。
文句はそれぐらい。

原作の方が、登場人物たちの背景をより深く描きこんでいるらしいね。
映画ではそこはすぱっと切ってあったから、原作を知っている人からは不満が出るのかも。

多少の不満はあるものの、普通に楽しめた映画だった。
満足度☆3~4ぐらい。

Return

* Category : 映画
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2013-10-21 (Mon)
今日は映画の感想。

動画サイトGyaoさんで現在のところ無料で公開されている作品。

「ナインハーフ」 恋愛もの 1985年の作品 約120分

たまたまGyaoさんを覗いたら、この作品がトップページに出てたんで、つい、ラストまで観てしまった。
町で知り合った男女が深い関係になり、性行為がエスカレートして……ってお話。

大人の恋愛を描いているから、性的なシーンは当然ありだけど、これ、絶対にお子様がいるリビングのテレビでは見られない作品だと思った。
官能的なシーンが何度も。
これはR指定してあったかどうか、最初の字幕をみてないから知らないけど、私としてはR18以上。


以下、ネタバレありの感想。






ストーリーとしてはそれほど複雑ではない。
謎めいて危険なヒーロー(ミッキー・ローク)と、そんな男にはまってしまう離婚歴がある女性(キム・ベイシンガー)。
二人が愛し合うシーンは、数回出て来るが、それが徐々にSMめいてきて、ドキドキするような怖さと不安がわいてきた。
深くはまると抜けられない沼のような。
でも二人のシーンは激しくも美しい。

ヒロインのラスト付近の泣き顔が自然で、とてもよかった。
ほんとに泣いていると思う。
ヒーローも魅力的。この男優さん、今ではかなり変わってしまっているらしいけど。

あれ? と思ったのは、ヒロインが妊娠したのではないかと思う場面があったこと。
男女が愛し合うシーンがあって、女性がトイレで吐いていたら、私は絶対そうなのだと思ってしまったんだけど。
それについての説明はなかったと思う。私が見落とした?
あの吐くシーンはなんだったんだろう。ヒーローの本性を知って、彼女は気分が悪くなった、と解釈すればよかったのかな。
妊娠していないなら、いらないシーンだったと思う。

男と女では、恋愛の感覚の差がある。ラスト付近にそれがしっかり出ていた。
若いころの自分が見たならば、二人の感情はたぶん理解できなかっただろう。


とにかく、エロかった。
こういう大人映画は、ひとり静かにだれにも邪魔されずに観るべし。

満足度は☆3つ。
続編が出ているらしいね。続きを観たいかどうかは微妙。

Return

* Category : 映画
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2013-09-20 (Fri)
気が付けばもう20日!
今月、全然更新できてない。
なまけぐせが(汗)

今日は前回に続き、映画の感想を。

「スノーホワイト」 実写のファンタジー 2012 アメリカ 約130分

悪い継母で、魔女の王妃によって、父を殺され、城に閉じ込められたヒロイン、スノーホワイト。
城を脱出し、森へ逃れるが、追手が迫る。
追手をかわし、狩人の男、小人たち、幼馴染などの助けにより、軍を率いて城の奪還へ向かう。

白雪姫を脚色していさましくしたような内容。


以下、感想など。ネタバレあり。
音声解説までは時間がなくて観ていない。



なにがすごいかって、白雪姫ってこういうアレンジができるんだなってこと。

白雪姫って戦いの物語だったんだ!
鎧を着て、馬に乗って、魔女に乗っ取られた城へ攻め込む。
そういうイメージはなかったなあ。

どこでロケしているのか知らないけど、風景はすごくきれいで、「ロード・オブ・ザ・リング」を思い出した。
ファンタジーにはああいう風景が似合う。

「もののけ姫」の一場面にそっくりなところもあった。
深い森の中にある池。そこに立つ角が立派で大きな鹿。
あまりにも似すぎていて、あの場面はどうかと思った。

物語そのものは、流れがわかっているから、安心してみていられるが、ヒロインは結局誰とくっつくのか、がわからない終わりだった。

キスで姫を起こした男は、幼馴染の貴族の男ではなく、ずっと姫を守って行動を共にしてきた狩人の方。

恋愛映画として観てしまうと物足りないかな。微妙な三角関係になっていて、やっぱり彼女がどちらを選ぶか知りたかった。
それは次作でってことかもしれない。

評判をみると、ヒロイン役に対する不満の声も上がっているようだ。
世界一美しい白雪姫役として、女優さんがふさわしいかどうか。
ヒロインの女優さん、見たことがあると思ったら、「トワイライト」の人じゃないか。
私はヒロインが美人かどうかの問題は、全く気にならなかったけれど、映る角度によっては、世界一美しいとは思えない部分もあったかもしれない。

とにかく、派手な戦闘シーンに驚き。
城へ白雪姫が戻る、ということはこういうことなのかと。

辛口評価が多いようだけど、私は普通におもしろかったと思った。

満足度☆3 
恋愛要素をもう少し踏み込んで描いてほしかったなあ。
続編でかたります、は好きじゃない。おもしろいけどそこは残念。

Return

* Category : 映画
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2013-09-13 (Fri)
今日はレンタルDVDの感想。

「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」 2011年の作品 111分


17世紀はじめ頃のフランス。
銃士になろうと田舎から出てきた無鉄砲な青年、ダルタニアンと、三銃士と呼ばれている英雄のような三人の男たちの物語。
原作はA・デュマ



以下、ネタバレありの感想。



A・デュマの作品は、大昔、私は大好きで、ダルタニアンのシリーズはせっせと買っていた。
原作シリーズは、彼が死ぬまでのお話。
しかし、原作シリーズ読了は○○年も前のことで、私の記憶にある原作の流れはあいまい。
今、本は手元にないので、細かいことは何も確認できないけど、原作には飛行艇は出てこなかったと思う。
……どこかに出てた? 憶えてないなあ。


この映画ではかわいいコンスタンス嬢は、原作だと、たしか、既婚者だったはず。まあそこは共感度を考えると設定変更は仕方がないだろう。
バッキンガム公も、あんな悪役だったかなあ……うろ覚え。悪役じゃなかった気がするんだけど。

原作のバッキンガム公は、悪女ミレディにそそのかされた男に暗殺されたような記憶がある。
ミレディは最期は捕まって首切り役人の手で命を終えた場面は覚えている。
原作では従者たちがもっといたと思う。銃士たちはそれぞれ従者を連れていた。
映画だと何人も出すとややこしいから、一人にしぼったんだろう。
今後、映画の続編が作られたら、従者たちも増えていくかもしれない。
続編作ります感たっぷりの映画のラストに苦笑い。

私のキャライメージとしてはアラミスがちょっと違ったかなあ。
でも、映画に魅入っているうちに、だんだんなんとも思わなくなってきた。
あれはあれでいい。
原作と比べてしまうと、いろいろ思うこともあるけれど、この映画だけを観るならば、そう悪い作品でもなかった。
派手なアクションシーンは緊張感ありで観ていてあきない。
あくびの出ない映画だった。

飛行艇の戦闘シーンのことなど、突込みどころはたくさんあったけど、そこは目をつぶるべし。
おもしろかった。続編が出たら観てもいいと思ってる。

満足度☆4

ああ、原作をもう一度全部読み直したい。
今読むと、また違った感想になると思う。
……実家にまだ置いてあるかなあ。今度探してみよう。

Return

* Category : 映画
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。