12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2014-11-22 (Sat)
久しぶりにバトンをいただきましたので、回答を。

●小説書きを問い詰めるバトン

1:小説を書く際、資料などは使いますか? 何を使いますか?
ネット検索が多いですが、参考になりそうな資料本を見つけるとつい買ってしまいます。
どうしても必要だと思ったら高くても買います。
愛用品は柏書房から出ている「オールカラー 世界台所博物館」という本。
写真がふんだんに載っていてよその国の台所がひとめでわかる優れもの。
最近は筑摩書房が出している文庫本「たべもの起源事典 世界編」という本を買いました。
これはまだ全然使っていないんですけど、欲しくなってしまって。
これ、がっつり事典です。文庫のくせに分厚くて、値段も高い(2200円!)。けれど、それだけの内容はあり。よくぞこんな細かく詳しい本を作ったもんです。
適当に開いたページをみるだけでもへえと思える情報がたくさん。
この食べ物がいつから、どこで食べられていたのか、などの参考になります。
外国の時代物を書かれる著作者様、必見。

2:プロットやフローなどは用意しますか? 用意するとしたら、どのように立てていますか?
プロットはほとんど脳内で。
大まかな流れはメモ程度はしますけど、あまり役に立っていないです。
結末を決めたらそこへ向かってまっしぐらに書く!
途中経過はプロット通りにならず。

3:小説を、どこかに投稿したことはありますか?
「小説家になろう」さんへ投稿しています。
最初は自サイトを持っていなかったので……
その昔は個人の二次創作サイトさんへ作品を置かせてもらったことがありましたが、現在は削除。

……あれ?……もしかして、ここで問われている「投稿」って、公募へ出したのかということでしたか? 
公募には出した経験はありますが、時間がかかる割には結果が出ず疲れるだけなんで、今はほぼ出しておりません。

4:あなたの小説(文章)が一番影響を受けている作家さんを一人挙げるとしたら、どなただと思いますか?
うーん……これはどうなんだろう。
そんなにたくさんの作品に当たっていないから。
あえて言うなら、根底にあるのは栗本薫さんかなあ。この方のグインサーガシリーズ、読了は若いころに途中挫折してしまったのですが、私はこの作品から大きな影響を受けていると思います。主人公不在の巻もあるけれど、それでも読者を惹きつけ、話は成り立っていく。壮大なお話でした。完結巻を出さないまま亡くなられた栗本さんの無念を思うとなんとも……

5:あなたの書いた小説に今まで登場した中で、一番好きな情景描写の言い回しを一つ、見せてください。
一番好きかどうかはわかりませんが……
情景描写を省略することが多い自分としては、珍しく細かい描写をがんばった作品「竹林に香る」より。

 竹のざわめきは、風が当たりやすい上の方からやってくる。上から順にしなり、軋み、竹の下部へ風の動きを伝えていく。梅のひきずるような足音で、藪で鳴いていた虫が警戒して鳴くのを止めてしまった。風が竹林を揺らす音だけは続いているが、虫の声がなくなると余計に不気味さが増す。

6:あなたの書いた小説に今まで登場した中で、一番好きな心理描写の言い回しを一つ、見せてください。
あまり心理描写もしっかりやっていないです。なんかすみませんねえ。自作をぱらぱら見て拾ってきた場面をあげておきます。
ジーク王子の寝室で、ああっ!」より。

ドルフの音のない声を含んだ視線を背中に感じながら、エディンは冷や汗で手を湿らせつつ王子の部屋へ入って行った。

あの話はこういう場面が連続するお話でした。こういう描写がいくつもあります。主人公のエディンはひたすら冷や汗。書いているときはそれに自分が萌えていたのであります(アホw)。
今久しぶりにこの作品を開いたらすっかり読みふけっていました。自分で言うのもなんだけど、よくもまあ、こんなにねずみネタだけで書いたもんだ。我ながらおもしろいと自画自賛中。なろうさんに転載しようかなあ。迷うところ。

7:あなたの書いた小説に今まで登場した中で、好きな台詞を三つ、見せてください。
河童の王子さまですって」よりアリマセのセリフ。
 「嘘は河童の常識です」

先生がまた変な物を」より星原先生のセリフ。
「機械は正直だからね。こいつの名前は『ラブマシン』。どこかで聞いたような名前だけど、機能を考えるとぴったりだろう?」 

「明るいね――彼と向かい合ってそれから」より、彼のセリフ。
「おまえの眉毛って、よく見るとつながってるんだな」

8:あなたがこれから小説に書こうとしている台詞で、「今後の見所!」になりそうな意味深台詞を三つ、ここでコソッと教えてはいただけませんか?
ごめんなさい、ネタバレ防止につき、題名も内容も内緒ですが、現在書いている長編ファンタジーの婚礼のシーンの新郎のセリフを一つだけ公開します。公開時に多少セリフを変えるかもしれません。さっさと仕上げたい。もうすぐ下書き500枚突破。

「私、ディンこと、ディンセルラントゥールは、この先、どのような荒波が待っていようとも、アンジェリンと二人で人生の船に乗り、共に時の海を渡っていくことに迷いはない。この先、多くの障害が私たちの間に立ちはだかることだろう。それでも私は、どのような荒波でも乗り越えてみせる。アンジェリンと出会い愛し合うことは、神に定められた運命だと信じて疑わない。私はアンジェリンを生涯の伴侶とし、この身が朽ちるその日まで、常にそばにあり、全力で守り、愛し、慈しむことを固く誓う」

9:小説を聞く時に、音楽は聞きますか? 聞くとしたら、どんな音楽を聞きますか?
 その時の気分によりますが……
こんなのとか  https://www.youtube.com/watch?v=1LJpVZtyJZY
こんなのとか。.https://www.youtube.com/watch?v=mpK88YvGenY
こんなのも。https://www.youtube.com/watch?v=d2ktZU8ljgE

10:日々の生活で、「あのキャラならここはこうするだろう」「あのキャラならこれを選ぶだろう」といった妄想が展開されることはありますか? 
うん、あります♪ 時々自分が自作のキャラになってしまっている時があって(汗)。無駄にハイテンションの時もw

11:これから小説を書き始めようとしている方に、何かアドバイスがあればどうぞ。
アドバイス!
うーん……とりあえず、人の評判を気にしないこと……ですかね。
人気を求めると空しくなって続きませぬ。人に好まれなくてもそれでいいと思うこと。
他人は勝手なことを言う生き物。自分をしっかり持っていればそれで。

12:ありがとうございました。 もし良かったら五人くらいにパスしてはいただけませんでしょうか。
 このバトン、ほとんど出回ってしまったのではないかと……
 まだやっていない方、よろしければどうぞ☆

これにてバトン回答終了です。
回してくださったJulesさま、ありがとうございました^^
スポンサーサイト
* Category : バトン
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2013-03-26 (Tue)
この記事は、「小説家になろう」サイトさん内の私の活動報告2013.3.26から丸ごと転載したものです。

以下、バトン。



キザな口説きセリフ【バトン】
おもしろそうなバトンがなろうさんの中で出回っていたので、私もやってみた。
まあぷるさん、招夏さん、壇敬さんなどの『バトン作品』楽しく拝見。
以下、バトン。
---------------


【注意】
 これは常人には精神ダメージがかなり大きいバトンです。見る時は五回ほど深呼吸をし、覚悟を決めてから見てください。
 以下のキーワードを絡める(もしくは連想させる)口説きセリフを自分で考え、悶えながら回答して下さい。
 答える生け贄、もとい勇気ある人々にこの言葉を送ります。
『恥を捨てろ、考えるな!』
 ※ リアルで言ったら変人扱いされるようなキザなセリフを特に推奨


■キーワード1 『雪』
「雪は地上に降りればすぐに汚くなってしまうけれど、空の上の方ではとてもきれいなんだよ。君の心のように」

■キーワード2 『月』
「『月がきれいですね』というセリフで愛を示した作家が過去にいたけれど、そんな言い方では気持ちは伝わらないと僕は思うんだ。僕ならね、はっきり言うよ。『好きだ。これからもここで、君と月を一緒に見たい』って」

■キーワード3 『花』
「誕生日を迎える君に花を贈っても喜ばないだろう。君は花粉が苦手だから。その代りに僕の唇をプレゼント」

■キーワード4 『鳥』
「もしも鳥のように羽があるなら、毎朝君のもとへ飛ぼう。寝起きで、ありのままの君がみたい」

■キーワード5 『風』
「君は春風のように、僕の心に予告なしで入り込んできたね」

■キーワード6 『無』
「愛は無限……なんて戯言、信じていなかったよ。君に会うまでは」

■キーワード7 『光』
「君は太陽のように心が暖かい人だ。そばにいてくれるだけで、やわらかな光に照らされ、満たされた気分になる」

■キーワード8 『水』
「さあ、逝こうか。指を絡め共に水の中へ。それが僕らの愛の結末」

■キーワード9 『火』
「火のような情熱で抱きしめてくれないか? やけどするほど熱く、狂おしく」

■キーワード10 『時』
「時が止まらないことを残念がる必要はない。止まらないからこそ、一緒に過ごせる時間がすばらしいのだよ」

■このバトンを回す生け贄五人
 お好きなようにお持ち帰りくださいね^^


ーーーーーーーー
ふぅ……終了。
あーおもしろかった。始終にやにや。

もっとキザなセリフがあるだろうけど、思い浮かばないや。
私は、話し手はすべて男性にしちゃったけど、他の方の回答を拝見すると、女性のセリフもあるみたいね。

こんなセリフを生かせる作品をいつか書きたいもんだ。

---------

あっちの活動報告には書いてないここだけの余談だけど、会話のイメージはすべてジーク王子で作りました。
自キャラの中では、あの王子ぐらいしか、こういうセリフがさらっと言える男はいないんだよねえ……。

ラストまでみてくださってありがとう!

Return

* Category : バトン
* Comment : (4) * Trackback : (0) * |

* by ふぢた
きゃーーー!!
ジーク王子、誰に向かって言っているんですかっっ?!
やっぱりニレナ…?(王女ではなく)

菜宮さん、こんなバトンどこから拾ってきたんですか。もう。
爆笑しちゃったじゃないですかっっ。
皆さまのバリエーションが気になります~。

Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
ふぢたさま

いらっしゃいませ。
ジーク王子は基本「僕は」とは言わないんですが、「私は」では、短いバトンの文章の中で男女がわかりにくいため、「僕は」調で書いちゃいました。あくまでもあの王子のイメージってことで(笑)。
相手はもちろんかわゆい方のニレナちゃん(脳内妄想)。
……ってねずみと入水するんかいっ!

バトンのもとは小説家になろうさんの中で私が勝手にお気に入り作家にしている方の活動報告でした。
招夏さん、まあぷるさん、壇敬さんなど。
なろうの作家検索で出て来た人の活動報告をひらくと回答が見られます。
そこのコメント欄にいる人を覗くと、ちがった回答も確認できます。

このバトン、すごい速度で拡散しています。
私のお勧めは、なろうさん内の GBさんの回答。言葉にとらわれない答え方で、この方が持つ柔軟性を感じました。
ふぢたさんもぜひ……

管理人のみ閲覧できます * by -

Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
伏せコメントさま(4/1の方)

はじめまして。
辺境の当ブログへようこそ。

リンクありがとうございました。
確認いたしました。バナーまで貼っていただいて恐縮です。
このところ、私用がたてこんでおりまして、このブログ以外はほとんど更新できてないんで、申し訳ないです。

御サイトの方、少しだけ拝見しました。
変わったことをやっておられるのですね。
時間があるときに、後日ゆっくりみたいと思います。
連絡ありがとうございました。

個別記事の管理2012-09-25 (Tue)
今日は、バトンです。

なろうサイトさんで出回っており、鈴鹿美雪さんの活動報告より強奪してきたもの。
私あてではないかもしれないけれど。

書くのをほったらかしてバトンかいっ(笑)
ああ、進まないんだ。気分転換させて。

以下、よろしければ、ご覧ください。



1.名前を教えて?

 菜宮 雪 (なみや・ゆき)と申します。

2.男? 女? それとも阿部さん?
 
 一応女でございますが、書くときの主人公が男なら、男になったつもりで書いております。
 ……阿部って……山ジュンを思い出しちゃったなあ。

3.学生? 社会人?

 ひ・と・づ・ま 

4.好きな番組は?(アニメでもドラマでもバラエティーでもあり)

 テレビはほとんど見ませんが、夫がバラエティーなどを見ていると、なんとなく一緒に見てしまう。
 音楽番組のスペシャルライブなんかは見ます。

5.今なにしてる?

 なにって……ええーっと……
 画面見ながら、これを打っているのでありますが。
 呼吸して心臓動かして血液循環させて……とりあえず、生きているっちゅうことで。

6.あなたが書いている小説を教えて?(書いていない人は一押しの小説を教えて。)

 書いている作品内容については内緒ですが、今はアザーズプロットという企画の作品制作に苦しみ中。
 現在55枚。まだまだ終わらんよぉ。100枚で収まるんか?
 アザーズの企画サイトはこちら。
http://www.geocities.jp/keiyo_u/kikaku-prot/top.html
 
 もう一つ企画参加を考え中。こちらは1000字ぐらいで、下書きはできていますが、ネタかぶりかもしれないんで躊躇しております。すでに参加している方の作品をぼちぼち読んでいるところ。おもしろみがいまいちなんで、これは書き直してもいいなあ。
「同じ書き出しでどれだけ違うか」の企画。無期限なのが魅力。
http://tobiharu.noor.jp/sbds/


7.あなたは小説を書くとき、どのくらいの時間集中してる?

 集中していても2時間ぐらいかな。書かない日もあるし。
……っていうか、書けない日があるんだ(泣)。そういう日はネット内徘徊。個人サイトとか、なろうの新作などから適当に短編を拾って読む。 


8.あなたの部屋には、何種類の小説がある?

 何種類って……ジャンルのこと?
 わからんけどいろいろだなあ。最近は資料本が多い。ネット作家さんが出版したものもよく買う。
 そういえば、バトンをくださった鈴鹿さんが言っておられたエルリックシリーズ(旧バージョンの天野氏の絵)、棚の奥にありますよ。すでに紙が黄色いよぅ。あのシリーズをもう一度読みなおす元気は今はないけど、ただ持っていたい本だね。

9.最近の悩み事は?

 ドライアイですかね……頭も痛いし。目の使い過ぎ。でもネットを楽しむことはやめれーせん。 

10.怖い話。苦手?

 ものすごく好み、ではないけど、普通に読む。自分もホラー書いてるし。映画は嘘くさくて嫌い。小説なら、ミステリー要素が入っているといいなあ。ただ単に死体をばらばらにして並べただけとか、人肉を食べるだけのオチなんかでは、怖くもおもしろくもないと思うんだ。

11.歴史上の人物で最も会いたい人物は?

 歴史上の重要人物の側近に直接会って実際の話を聞くとおもしろいだろうね。
 歴史ではAは名君と伝えられているが、実際はいじわる最悪男だった、みたいな話がたくさんきけそう。
 
12.自分が描く作品内のオリキャラに紹介を言わせろ(もし居なければ、好きななろう内のオリキャラでも可)

 この質問の意味は自由に解釈してよいのかな? 何を紹介とは書かれていないんだよなあ。自キャラに私の紹介をさせるということならば、それはいやだ。自分で作った世界のキャラに、自分が認識されているとは思いたくないのだ。創作は夢の世界だからね。私が入り込む場所じゃない。
 そこで、質問の意味を良いように解釈し、『私が書いた作品の中のオリジナルキャラクターに、キャラの紹介をしてもらう』ことにした。

 作品を読んでない方には全くわからないネタ。ごめん☆ 

 自サイトに掲載している作品
ジーク王子の寝室で、ああっ!」よりジーク王子様が愛するニレナについて熱く語ります。この質問の前おき、長っ! やっと回答。

 今日は私が最も愛するニレナの話をしよう。
 彼女と出会ったのは、城の地下だ。この城に地下通路があることは、大きな声では言えないのだが、それを抜きにしてニレナとの出会いは語れない。
 ある日、私がひとりで地下通路を歩いていると、闇の中で何かが動く気配がした。地下通路は一般の者は出入りできぬ場所故、私は父上が通路の先にいるのかと思い、一瞬足を止めたが、灯りも見えぬ場所での物音はおかしいと思い、その場でしばらく様子をうかがっていたのだ。すると……
 ああ、あの時の感動は、生涯忘れぬ。
 突然何かが私の頭上に降ってきたのだ。そして、それは、いきなり、私の首元へ入り込んできた。
 もそもそと私の肌をあさり、必死で爪を立てて逃げようとした彼女。
 私は我を忘れ、はしたない叫び声を口から発していた。
 彼女は容赦なく私の肩に、首に、小さな歯を立てた。
 その刺激と言ったら……もう……たまらなく、すばらしく……初めて知った衝撃だった。
 私は王子としての誇りも何もかも捨てて、裸になった気分になれた。天にも昇るような、すばらしい経験をしたのだ。
 私は、刺激に全身を震わせつつ、下着の間へ逃げ込んだ彼女をつかみ出した。なんと小さき生き物か。
 灯りに照らしてよく見れば、なめらかな黒い毛に全身を覆われたそれが、おびえたように瞳を潤ませて私を見つめてきた。
 はぁ……かわゆい……あまりにも彼女は愛らしすぎたのだ。
 私は、婚約者ニレナ王女の名前をとって、彼女をニレナ、と名づけてかわいがることにした。
 寝室で一緒に過ごすにはどうすればよいのか、彼女は何が好きなのか、毎日考えた。つまり、その日から、私はニレナのとりことなったのだ。
 んん? その後、妻となった方のニレナはどうかと聞きたいのか。そちらのニレナは、私の妃としてきちんと勤めをはたしてくれているぞ。
 私たち夫婦には何の問題もないと思うが? ニレナ同士、ほどほどに仲良くやっていてくれると、私は信じている。小さきニレナに会いたいならば、そこにいるエディンに頼めばよい。
 ニレナに触れられれば、そなたも、めまいに似た怪しい喜びを覚えることであろう。彼女は、今は美しい毛の一部が禿げているのだが、それも愛嬌である。すばらしい子だ。


13.皆におすすめしたいモノ(漫画やアニメ、小説などなんでもアリ)

 大昔のマンガでよければ
「イズァローン伝説」 竹宮惠子作……これ、大好きで愛蔵版買った。実家に置いてある。
この人の「地球へ…」も好きだったけど、あれはアニメの方を先に見てしまったので、結末が違っていた気がして?となった。

 アニメは、以前このブログで書いたかもしれないけど。
 お勧めなら「コードギアス」シリーズだな。ストーリーが衝撃で。お父さんのところとか、ちょっとごちゃついてよくわらかないところもあったけど、全般的によかったなあと。この作品、番外新作ブルーレイが出たみたいじゃないか。番外の巻数が出そろったら一気に全部観るつもり。

「BLOOD+」っていう吸血鬼アニメもよかったなあ。結構流血ありだけど、主人公に常に従うハジっていう男がツボで。その男、よわっちいんだけど、不死身なんだよ。声も好きだし、何よりも無言の優しさがたまらんのだ。

 小説は、最近は資料本ばかり読んでる。またいい本を見つけたらここでほざくことにするね。資料本ならいっぱい勧めたいのあるけど。
 

14.好きな歌、アーティストは?

 ポルノグラフィティ「ハネウマライダー」、「アゲハ蝶」なんか大好き。他にもあるけどきりがないからこれぐらいで。動画にリンクしたいけど、探している暇がない。


15.好きなスポーツは?

  ハイキングレベルの軽登山。秋だ! 行楽の秋っ! 山へ行かねば。
 ……ってよけに書いてる暇がなくなるだろ。

16.執筆にどんなツールをつかってる?
 
 普通のワード、メモ帳。
 他は、ホームページ制作ソフト「ホームページゼロ」に直接書き込むことも。

17.ペンネーム、ハンドルネームの由来は?

 字画を合わせつつ、親戚やら、友人やらの名前を合体させて作ったものです。
 ミュージシャンの波谷ゆきさんとは無関係。

18.なろうで活動していて、もっとも許せなかったことは?

 ないなあ。使わせてもらっているだけでありがたいんで。
 複数のアカウントをとって自演しするような、おかしなやからがいたことは残念に思ったけどねえ。今はそういう人もいなくなったかな。
 
19.構想中の小説があったら紹介して

 構想中は……内緒です。構想はあくまで構想。世に出るかどうかは謎。


20.回す人

 結構でまわっているんで、皆様、適当にお持ち帰りくだされ。




 ああああ、終わったー
 長かったなあ。結構時間がかかちゃった。
 ほとんど推敲してないから誤字脱字があったらすみません☆
  
 ところで、これ、いったいなにバトンだったのだろうか……

Return

* Category : バトン
* Comment : (6) * Trackback : (0) * |

* by ふぢた
「ひ・と・づ・ま」に噴きました…(失礼!)。
結構濃い内容のバトンですね。
そのうち元気があったらいただきます(笑)。

「イズァローン」って読んだけど内容忘れてしまいました。
買い直してみようかな。「地球へ」は買い直したんですけど。

ひさびさのジーク王子がうれしかったです。
ハイテンションキャラ健在ですね!
創作もがんばってください~♪

Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
ふぢたさま

いらっしゃいませ。
はい、当方、一応「ひ・と・づ・ま」です! それが職業かどうかはわかりませぬが(笑)
バトン、元気になられたらぜひどうぞ。
結構時間がかかるんで、創作のさまたげになってしまったらすみません。
そちらもお忙しそうなんで、できなくても、催促しませんからね^^

> 「イズァローン」って読んだけど内容忘れてしまいました。

あれは名作だと思います。人から借りて読んだのははるか昔なんですけど、その後、忘れられずに自分で買いました。主人公ティオキアが両性具有で、それぞれ、男性として、女性として、ティオキアを愛する人物たちが切ないのです。世界観も素敵で、魔王と人のファンタジーとしてもよかった。実家へ帰ったら持ち帰ってこよう♪ 
久しぶりのジーク王子ネタでよろこんでいただけてうれしいです。
そちらのエッセイ、こっそり読んでおります。
続きを楽しみにしてます。

コメントありがとうございました!

* by 熊と塩
ブログのネタが全くないのでこりゃいいや! と思いましたが、
全部の質問に一行二行で答える自分が容易に想像出来てしまうのが悲しいところです。

ところで問6の「同じ書き出しで~」は面白いですね。
面白いですね、なんて言いながら、思い付くままに書いてしまって、これを寄稿するか否かもまた考え中です。
「オンライン文化祭」の派生だとは解りましたが、こういった企画はどこでお調べになるのでしょう?
そろそろ小さく小さく活動していても仕方無い、批評を貰わないと暗中模索と思い、いいかげん色々な企画に参加してみようかと思うのですが、自分で調べると古い物しか見付からず、友達もいないので情報が全然無くて。

Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
熊と塩さま

いらっしゃいませ。
「同じ書き出し~」の企画、それぞれの個性が出ていてなかなかおもしろいなあと、ちら見しております。
長編が得意な方は長めのを出しているなあと思います。
見たところ、一人一作品限定のようですよねえ。私もエントリーしたいところ。
熊さまがエントリーなさるなら見に行きますよ。
なにぶん作品数が多いから、適当に読むしかないんで。私もほとんど知らない方ばかりですし。

企画の情報源は、ツイッターで流れてくるのが大半です。人のブログなんかから情報を拾うときもありますが。
「オンライン文化祭」の管理人さんがあちこちの企画をリツイートしてくれているのが大きいですね。
「オンライン文化祭」、今年も出たいんですけど、まだ全然書いてないんです。先に全部書いてエントリーで、訂正はほとんどできず、という企画なんで、まだすぐに参加表明はできません。
あの企画は交流企画なんて、条件が合うならお勧めです。熊さまは絵がおできになるので、絵の方で参加なさってもいいかも。
絵でもどなたかの感想はもらえますよ。主催者様は、小説も絵もできる方です。

* by HN:米華悠希
竹宮先生といえば、自分的にはファラオの墓かな。

私もポ◎ノも好きです。
ハガレンの主題歌からけっこう追いかけてた。
サウダージとかもいいです。
Rollとか、自分的にあの未だに完結していないアレの主題歌だったです。そういえば。

しかし、王子、病気にならなくてよかった。

Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
悠希さま

いらっしゃいませ。
コメント入りませんでしたか。何度もすみませんでした。
「ファラオの墓」! おお、なつかしい。細かい内容を忘れてしまっているので、もう一度読みたいです。
スネフェルだったけ? スネフィル? 悪役の方。あの人がなんだかかわいそうだった気が…… 

悠希さんも「メリッサ」好きですか? あれはいい曲ですよねえ。「サウダージ」も、うんうん。

王子が病気に……たぶん、ならないと思いますよ(笑)

コメントありがとうございました。
それから拍手の方も。

個別記事の管理2012-02-01 (Wed)
なろうさんの童話企画が大盛況のようだ。
参加したいけど……童話って難しくないか。私は童話がどんなものか説明できない。
自分としては、童話というと子どものためのものである作品をさす気がして、大人の童話という言葉には激しく違和感を覚える。
子ども向けに書かれたものでも、大人が読んでも面白い作品ってあるよね。そういうのなら何も思わないけど、大人向けの童話風作品なら普通にファンタジージャンルでいいと思うんだ。
童話ってなんだろう。子供向け作品なら、対象年齢で使用できる漢字も違ってくるから面倒だと思うけど、童話企画にどうしてこんなに人が集まるんだろう。
その秘密を探るべく、なろうさんの童話ジャンルをあさっていたら。
いきなり停電になった! あれ、地震も来てないのになんだよ。
外を覗いたら、停電はうちだけ。どうやらブレーカーが落ちたらしい。
電気使いすぎか。だってさ……寒いんだもん。外は雪。電気ストーブにエアコン。
……容量オーバーかい(涙)
パソコンがぶちって切れたけど、執筆中じゃなかったからよかったと思っておくよ^^;

さてと。今日はどこやらからいただいたバトン。
「物書きに捧ぐ質問攻めのバトン」です。読んでやってもいいよ、という方は続きへお進みくださいませ。



「物書きに捧ぐ質問攻めバトン」

1.名前を教えてください
菜宮雪です。なみや・ゆき

2.主にどんな話を書きますか?
目指すはファンタジー書きですが、どこかホラーっぽいかも。

3.ものを書き始めたのはいつですか?
本格的に始めたのは……記憶があいまいだけど、5.6年前かな。

4.同時進行で何本くらい書けますか?
公開連載ならば2本。水面下なら数本。

5.長編と短編どっちが好きですか?
短編! 自分に期待されているのは短編の気がするよ。
だってさ、私の長編なんて読み捨て数がすごいんだ(涙)。共感度のなさと、ストーリーの引っ張りが弱いんだと思う。すぐにあきられページを閉じられてしまうよう。なんとかしたいんだけどね、なんともならず。
 
6.今ちなみに何本書いてますか?
ちゃんと書いているのは一本だけ。構想中が数本。

7.今まで最大で何ページ書きましたか?
一番長いのは未公開のファンタジー。約2000枚。現在改稿中。公開しても誰が読むんだこんな長いの。
 
8.使いまわしたいくらい好きなキャラはいますか?
ジーク様とエディンがお気に入り。
使いまわしはしないと思う。今のところ。
好きなキャラで遊びたいなら番外をどんどん出せばいいだけ。
キャラはその作品のその世界に存在しているからこそ輝く場合が多いんじゃないのかな。そう思うのは私だけかもしれないけど。
別の小説で似たようなキャラを出してしまうときはある。

9.出来ればシリーズにしたい.という話はありますか?(出来ればタイトルも)
「遠藤君の絵」をホラー心霊ものシリーズにしたいけど、霊が見える少女の話なんて珍しくもなんともなく、誰かの二番煎じっぽい。書きたいけど悩むところ。
 
10.消し去りたいという話はありますか?
どれも部分的に消し去りたいところがありw 
時間が経ってから読み直すと、ギャー、イヤアアッ! 消したい、直したい病発症。

11.物書き中これだけははずせないということやものはありますか?
最近買った資料本。これいいわあ。この手の本、書店へ行けば何種類か出ているけど私はこれを買った。
「ファンタジー・ネーミング辞典EX 13か国語対応」 宝島社  870円 
これは名づけに便利。すべての執筆家さんに超お勧め。買って損なし。

12.この人の影響を受けたという物書きはいますか?
最近読んでないけど、栗本薫、星新一、筒井康隆、M.ムアコックなど
大好きなネット作家さん数人の影響は大。

13.こんな文を書きたいという理想はありますか?
どんな感想が出ようともかまわないから、最後まで読ませて、なおかつ読み手の心にしがみついて忘れられない作品を書きたいな。それじゃあ共感性がないか……

14.一番最初に書いた作品さらせますか?
高校か中学ぐらいの時書いたのが最初。どこかへいっちゃいました。
もろに厨二病。若手警察官が上司を後ろから撃ち殺すような話だったよ……
もちろん未完、廃棄。

15.次回作の構想はありますか?
構想だらけ。どれを優先するべきかは悩むところ。考えているうちに時間が過ぎて全然書けてない(汗)

16.創作派? 二次創作派?
元は二次創作。今は創作派。二次創作は、著作権がからむとややこしいから、最近は著作者に訴えられる心配がなさそうな童話などのパロディしか書かない。

17.(16について)何故そっちなのですか?
有名コミックやゲームの二次創作って書くのも読むのも面白いけど、結局は他人の作品を使っているだけと思ったら、急に熱が冷めてしまったのだ。

18.盗作についてどう思いますか?
それは犯罪でしょう。書籍になってから盗作がばれてせっかくの本が回収される場合もあるけど、プロでもそんなんだもんね。やっている人は何とも思わないのかな。盗作を堂々と出している人の気がしれないね。
でも設定がたまたま似てしまっている、ということは大いにあると思う。もしも、自分が誰かの作品にそっくりだと言われたら、きっとショックだ。
自分の作品に酷似している作品を発見したら、その人の感想欄へ突撃し、それとなく嫌味を言ってしまうかもしれない。今のところはそれはないけど。

19.これからも物書きであり続けますか?
あまり更新してないから物書きというのもおこがましいわ~
気まぐれでごめんなさいです。書けないときには書かない、無理しない、がんばりたくない……って、自分に甘えているだけです。。。。

20.物書き5人に回してください
適当にお持ち帰りくださいな。結構出回っているんじゃないかな。


これにてバトン終了。最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

Return

* Category : バトン
* Comment : (4) * Trackback : (0) * |

* by ふぢた
うふ、バトン楽しく読ませて頂いちゃいました。
未公開の大長編ファンタジーが気になるますぅ~。
読んでみたいので是非アップしてください!
作業が大変ですけど(汗;)

わたしもどこぞでバトン受け取ってみますかねぇ。

次回作も楽しみしてますね。
(夜の参加作品に感想送れなくてすいません。やっと余裕ができました;)

Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
ふぢたさま

長編の完結おめでとうございます。
後日時間があるときに読ませていただきます^^

私の未公開作品は……地味に改稿しておりますが、突込みどころ満載の上、長いので作業はあまりはかどっておりません。
いつか公開できるといいなと思っています。期待せずお待ちくだされ。

それにしても寒いですよね。
どうかお体を大切になさってください。
コメントありがとうございました。

* by 悠希
おお。早い。

電波が通じたようで、うれしいです。
ありがとうございました。

未公開のファンタジー、楽しみにしています。
地道になろうにアップしていったらどうかな。
一日3000字づつならおつきあいします~。

完結したら読もうと思っていた某さまのが、すごく長くなって未だに読み始められない。
やっぱ注目株は最初からゆっくり追いかけるべきだったと反省。

Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
悠希さま

いらっしゃいませ。
バトンはそちらからいただきました^^

私のファンタジーを楽しみと行ってくださりうれしい。でもね……数年かかって書いたものなので、今読みなおすとひどい出来具合。
自分が作品の欠点に気づくようになれただけ進歩したのかもしれないですけど、この作品を出せばここを突っ込まれる、ということが自分でもわかり、頭をかかえています。
改稿して第一部だけ某所の公募へ出そうかと思っているのですが、あの設定ではおそらく一次選考にも残りそうにないので、落選決定後公開しようかと考えています。
まあ長いんで……申し訳ないような作品ですし……あまり期待せずお待ちください。
一日3000字ぐらいなら読んでくださる? おお、なんとおやさしい(涙)。
公開できたらよろしくお願いします。
お忙しい時お越しいただき、ありがとうございました!

個別記事の管理2012-01-04 (Wed)
今日は先日終幕のオンライン文化祭2011より、「後の祭りバトン」に挑戦します。

長文ですので、あちらのBBSでなく、ここで。

ただのほざきごとですが、よろしければご覧くださいませ^^
はっちゃけている部分もあるので、読者の方にとっては無礼で不快な記述もあるかもしれません。
申し出があれば記述の一部を削除します。




オンライン文化祭2011:創作者・後の祭りのバトン


1 お名前とサイト名、作品名を挙げてください
菜宮 雪(なみや・ゆき) 自サイト「菜宮雪の空想箱」  提出作品「竹林に香る

2 テーマを盛り込むときの苦労はありましたか? お聞かせください。
苦労ってのはなかったですが、単純に内容に夜の背景を使っただけなので、たぶん他の方とかぶるだろうと警戒していました。それでもあの作品を出してしまったのは、夜というからには夜に何かが起こらなければならない、そんな妄想にとらわれていたからです。
きっとみんな夜を背景に使った物語を考えるに違いないだろうから、ページの背景色には黒をもってくるだろうと予測。そこで、背景色は黒にせず、白にしました。雰囲気としては黒の方が合うと自分では思っています。
できるだけ個性的な作品に仕上げたかったですが、ああしかなりませんでしたね(苦笑)

3 印象に残った作品を挙げてください
小説部門だけですが、すでに当ブログ内で、印象が強くしかも気に入った作品をいくつか紹介済み。
http://3939namiya.blog79.fc2.com/blog-entry-565.html
http://3939namiya.blog79.fc2.com/blog-entry-567.html
http://3939namiya.blog79.fc2.com/blog-entry-572.html

……ですが!
なんかすごいって感じた作品は他にもいくつかありました。
空蝉さんの「夜顔」は、すごく生々しい性描写が入っていたけどその鮮明な描写が強烈で忘れられません。まさか女性の筆だったとは!
吉田さんの「ロード・オブ・ヘブン」は設定の細かさに驚いた作品でした。ここまで設定を決めてたんですかってびっくり。

イラストは自分が描かないのでよくわからないのですが、みなさんお上手ですねえ。
最初に開いた鶉川さんの絵「今日の気分」を見て、ちょっと色めいた女性とお酒の雰囲気に衝撃。そうだった……「夜」ってなにも見上げる夜空だけが夜の表現じゃないんですよね。この絵、よく見ると、星が下に入っているんです。こういうとらえかたもあるんだなあと。
橘高有紀さんの絵「鬼の灯りが照らす間だけ」はそのまんま市販の本の表紙に使えそうなほどきれいで、この絵がものすごく好きになりました。描かれている二人のことをいろいろ考えちゃいます。
かみたかさちさんの「仕事だよ♪」は風が感じられ『人が動いている作品』だと思いました。かみたかさんは新年用に新しいイラストを自サイトへ出されたようですが、そちらも筆を使った動きのある作品で、人物が生きている感じ。

メディアミックス部門ではBUTAPENNさんの「夜の冒険」の印象が強かったです。
細切れに台詞を流しても気にならないのはメディアミックス部門ならでは。不思議な夢を見たような気分になり、終わった後の余韻がなんともいえず胸にくる作品でした。

4 今後チャレンジしてみたいジャンルはありますか?
そうですねえ、伊勢かいトリップじゃなくて、異世界トリップとか。いや、それよりトリップしない長編ファンタジーシリアスなのを書きたいな。ホラーコメディも出したい。やっぱりコメディ色を払拭できないかも(笑)

5 参加作品全ての中から一人だけ付き合いたい子のお名前を熱く叫んで下さい。その声はきっと作者様に届くはず。ちなみにハーレム化計画は阻止! キャラは一人だけ。誰の作品のどのキャラか教えて下さい。

男性キャラなら……吉田さんちのエーレ! ちょっとバカっぽいけど爪を隠し持っている感じがいいねえ。
女性キャラからはモギイさんちのヒイラギ! こういうがんばり屋さんなキャラに胸キュンです。

6 もういいよ、キャラじゃ物足りない。どの作者さんを嫁、あるいは婿にしたいですか? ハーレム化計画はもちろん……許す! 愛を叫んで下さい。

作者さんの中から嫁か婿を選べと? ……むうう……これは難しい。いっそのこと全員私の奴隷になっていただけないか。いつもそばでぬふぬふ……なんてね……そんならおまえがみんなの奴隷になれよって言われそうな(滝汗)

7 今回の参加者様の中で、「きぃぃぃ! こんなすごい作品を書かれるなんて! ジェラァシィィィ!」と思われた方は?

みなさんすごいからね……嫉妬心がないと言えば嘘に。どの作品もそれぞれにいいところがあって、すごく勉強になりました。視野を広げてもらった気がします。

8 あなたは女性ですか? 男性ですか? 女性ならブラのサイズを、男性ならどんなタイプの下着か教えて下さい。参考にします。嘘です。ごめんなさい。深夜のテンションで考えた質問なので、深夜のテンションのノリで答えられる方だけどうぞ!
私は女でございますよ。たぶん一生女をやっていく予定。
ブラのサイズを教えろ……とな。ふーん。

菜宮のサイズは、□8-○   
□には6~9を、○にはA~Fまでの英数字を入れて妄想をお楽しみください。
どうせ妄想なさるなら、なるべく美しい私を想像してくださればうれしい^^
……あ、参加者の中にリアルな私を知っている人が一人いたんだったよ……

9 今見ているアニメがあったら教えて下さい。またお勧めがあったら教えて下さい。
現在は、リアで観ているアニメはなく、レンタルDVDばかりです。
今観ているDVDは「鋼の錬金術師」の新しいシリーズの方。今6巻まで観たけど、こちらはもうひとつのシリーズよりもコミックに忠実だね。
お勧めアニメは……話の引っ張り方にやられたのが「反逆のルルーシュ」。
これ、ものすごくはまった。セカンドシリーズのR2まで観て完結です。次をすぐに借りに行きたい衝動に駆られた作品でしたね。ただ、絵師さんから見ると人物の線が細すぎ不自然で見ちゃいられない作品かもしれません。最終話は衝撃。涙!
普通によかったなあと思ったのは「精霊の守り人」。あの有名な小説をアニメ化したものです。きれいな絵にわかりやすいストーリーで好感。ちゃんと完結しているし。

10 あなたの本棚はどんな本が並んでいますか?
最近買った本二冊。まだ読了してないから読書カレンダーには入れていません。

「戦う男の軍服図鑑」 軍服を愛でる会(編) 二見書房 りりしい男性が軍服を着たイラストが並んでいるの。

「ゾンビの作法」 ジョン・オースティン 太田出版 ゾンビ辞典みたいなもの。ばかばかしいことが超真面目に書かれている。めっちゃ面白い。値段がちょっと張るけど新品で買っちゃった。(1800円でした…)

この二冊をを見た家人に笑われました。
「いったいどういう小説を書いている? この前はメイドの本を借りてきていたよな?」
私はエヘヘとごまかし笑いをしたのであります。 

11 ポテチは好きですか? お勧めは?
ポテチは成型してなくて、普通のポテチがいいね。コンソメ味が好き。

12 あなたを動物に例えたら?
う~ん……執念深いから蛇だと家人に言われるけど、そんなつもりはないのだ!
何が蛇だよ。失礼なっ!
かわゆいもふもふなんかを想像してくだせえ。

13 以下の単語群の中から、いくつか選び出して、即席のあらすじを作って下さい。

セロリ 月 セーラー服 ハンドソープ お母さん 刀 水 萌え 秋 城 ピーマン 着物 おじいさん 眼鏡 お茶 ガム 筆 煙草


セロリ姫はを見ると豹変するのです。満月の夜になると決まってセーラー服を着込み、肩にハンドソープ砲を担ぎ、腰には日本をさして、ピーマン大王のいるへ向かいます。これはいつものこと。おかしくなってしまうセロリ姫を元に戻すことができるのはピーマン大王だけなので、家臣たちは何も言いません。大王は眼鏡をかけた高齢のおじいさんですが、いつも、武装してやってきたセロリ姫をあたたかく迎え、大王自らお茶をだします。そして、噛みかけのガムをセロリ姫の口へ突っ込むと、姫は正気に戻るのでした。

……なんてね。どんな話だ! ありえんw

14 13で答えた内容は、あなたの次回の連載作品です。と言われたときの心境は?

これを連載せよと? 
やってやれんことはないけど、誰もついてきてくれないだろうよ。。。。

15 最後の質問です。PCがクラッシュし、これまで書き溜めてきたすべての小説の原稿、あるいはイラストのデータが消えました。その時の心境と行動は?

これは経験済み。やっかいなのは改稿中のもの。超古いデーターを探し出して、データが少し残っていたとしても、どこまで改稿したかわからないんですよ。新作は消えてなくなちゃったらあきらめもつく。
でも、消えたときはかなりの衝撃です。涙がちょちょぎれるわ。




これにてバトン終了です。ここまで読んでいただき感謝です!
オンライン文化祭2011でご一緒した皆様、楽しいひと時を過ごさせていただきました。
ありがとうございました。
また何かの機会にご一緒できればうれしいです。

Return

* Category : バトン
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。