12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2009-05-30 (Sat)
今、パソコンで猛威を奮っていると言われている、GENOウイルス。
サイトを持っている以上、ウイルス感染には気をつけてはいるものの、知らないうちに感染しているかもしれず、不安でたまらない。
ならば、ネットを見なければいいんだけど、がまんできず……(ネット依存症です。。。)

パソコンそのものの感染はなくても、サイトだけ感染もありらしいので恐怖。

ウイルス情報を覗いていたら、いいものを見つけたので、ここで紹介。

GENOウイルスチェッカー!

http://geno.2ch.tc/index.php

おお、これこれ。こういうのがほしかったんだ。コードとか見てもよくわからなかったんだもん。

サイトをお持ちの方はやってみよう!
ちなみにこのチェッカーでは、当ブログおよび、HPは安全でした。(2009/5/30 18:30現在)
スポンサーサイト
* Category : 紹介
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2009-05-27 (Wed)
先ほどネットニュースで知った。
大作家、栗本薫さんが亡くなられたらしい。
栗本さんの作品は、私の好みだった。
これで、あの超大作「グインサーガ」はついに未完が決定……
グインの話は、長すぎて、登場人物の名前がごちゃついてしまい、実は私は途中挫折してしまったのだが、面白い部分もあっただけに、どんな終わりを迎えるのか、結末は知りたかった。
グインサーガに関しては、昔、100巻目ですべてを明らかにするなんて話がどこかに出ていたような気がするが、100巻で話は収まりきらず。100巻を軽く過ぎても、まだまだ話は進んでいた。
このシリーズを途中までしか読めなかった私は、新刊が出るたびに、いったいいつ終わるのだろうとパラパラとめくってあらすじを追っていた。
未完……これだけの大作、非常に残念です。

栗本さんのご冥福をお祈りいたします。合掌。
* Category : 私的日記
* Comment : (4) * Trackback : (0) * |

* by 羅幻徒
 栗本御大崩御、ご冥福をお祈りするばかりです。
 グインサーガは完結してから一気読み、が目標だったので残念。でも、ソノ分、未来はあなたの心の中に…… (by.アンジェリーク) という自由度が生まれたのは、ある意味で良かったかも。勿論、ファンにとってはキチンと完結して貰いたかったでしょうけど。
 きっと、色んなエンディングがこれから見られるのではないでしょうか。そんな気がします。

 トコロで、栗本薫といえば"終わりのないラブソング"ですよ……と云いたくなる、そんなジュネストがココに (笑)。

羅幻徒様こんにちは * by 菜宮 雪
羅幻徒さま

グインサーガの一気読みを狙っておられましたか。
あれは、読みだしたら長いですよ。
一気読みだと、国名や人名がごちゃついて、きついかもしれません。
登場人物が多い上に、宗教名、人種名などなど、覚えること満載。
私がまともに読んだのは、三十巻ぐらいまでかな。
あとは本屋さんで、ぱらぱら要所だけ立ち読み。(こらぁ!)
でもあらすじは面白いんで、私としては、未完なことが残念でなりません。
きっと今後は、いろいろな方が続きを出すだろうと予想しています。
ご本人のプロット残っていないのかな。。。。
あらすじだけでも公開してほしいっ!
亡くなった方の作品のことを、ここでほざいても、どうしようもないですけどね……

羅幻徒さまは、「終わりのないラブソング」がお好みでしたか。
あれは……うん、うん……確かそういう作品でしたね。ふふ腐な作品。。。
記憶があいまいになっているので、もう一度、読み直してみようかな。
コメントありがとうございました。

ショックです。 * by ゆき
豹頭王の花嫁は幻の巻になってしまったのですね。
私も三十巻あたりまでしか読んでません。
文体が落語調になって漢字が減ってからイメージが変わってしまって……。
なんかこう始めのほうのバロックな重苦しい感じの文体が好きだったから。
最終巻は出たら読もうと思っていたのに。永遠に叶わなくなりました。

けっきょくグインは何者だったのか……。
せめてそれだけは言い残して欲しかったです(涙)
栗本氏とはほんのひとまわりしか世代が違わないんですよ。
人事と思えません。
急いで自分の完結しなくちゃとか(←誰も期待してないから(汗)
そういえば栗本氏(中島梓氏)はJUNEの開拓世代でもありましたねぇ。
いろんな意味で啓発の師であられました。

大先生の冥福を祈り、合掌。

Re: ショックです。 * by 菜宮 雪
ゆきさま

いらっしゃいませ~

> けっきょくグインは何者だったのか……。
宇宙人? ……みたいだけど、よくわかりませんね(笑)
あ~すっきりしない。きっと栗本氏も無念でたまらないですよね。
これだけがんばって書いて未完。
必ず病気を克服し、元気になって、完結まで書きあげたかっただろうと想像すると、涙が出そうになります。
まだ逝くような高齢ではありませんでした。悲しいです。黙祷。合掌。


> 急いで自分の完結しなくちゃとか(←誰も期待してないから(汗)
いや、すごく期待してますって。でもそういうファンの気持ちが、ゆきさまにとって圧力になっても駄目だと思って、ゆきさまの連載中の作品の内容に関しては、私は極力コメントを控えております。でもちゃんと毎日見てますよ~
完結なさったら、たっぷりと揉んでさしあげましょう。ふふふ……

> そういえば栗本氏(中島梓氏)はJUNEの開拓世代でもありましたねぇ。
この方がBLジャンルの確立の元になっている、とは知っていました。思えば、本当にすごい方だったんですよね。いろいろなジャンルが書けて、天才だと思います。しかもあの筆速度は驚異的でした。

ゆきさまもお体に気をつけて。連日更新はきつくないですか?
ご無理なさらないでくださいね。
コメントありがとうございました。

個別記事の管理2009-05-26 (Tue)
先日投票が締め切られた、第二回茶林杯1000文字小説コンテストの作品を読んでみた。

このコンテストのことは、ずっと前に、とあるブログで知った。
ごくごく内輪でやっておられるようで、投稿作品は全部で21作品。
力試しに出そうかと、書きかけたが、1000文字ではできなかったので、参加しなかった。
作品が出そろったら、じっくり読んで勉強させてもらって、投票だけでもしようと思っているうちに……ありゃ~。。。。投票期間、終わっちゃってた。ま、だから、どうってこともないけどね。

1000文字しかないとなると、これは難しい。
やはりオチが効いている作品が光るね。
オチが早くからわかってしまう作品や、盛り上がりが少ない作品でも、一つ一つをじっくりと読めば、それはそれでいい部分があるけど、人の作品と比べるとなると、どうも霞みやすいような気がした。
私が、オチで、そうきたかーやられたー! っと思ったのはこの作品。

「外に出てはいけない」 椰子LEEさん作

この作品は、文章作法が守られていない。行頭のマス空けもせず、字がぎっしりと左に詰められている。他にも「……」の使い方など、文章の書き方に関して突っ込めば埃が出てしまうのだが、それでも、そんなことはどうでもいいと思えてしまう作品なのだ。ネタばれはここではしないから、気が向いたら読んでみてください。

それにしても、このコンテストの投稿作品、どういうわけか「乳ネタ」作品がちらほらと……
投稿者に、男性が多いのか? いや、そうでもなさそうだけど、真相はよくわからない。
私が見た時点では、読者投票の結果は、乳ネタの作品がトップになっていた。作者さんには悪いけど、女の乳の話って、そんなにおもしろいかな。でも投票が入るってことは、受け入れられているってことなんだろうね。私の好みじゃないだけか。
もしかして、投票者も男性が多いのかも。巨乳の話題は、男性の興味を誘うし、永遠の憧れであるかもしれないね。
ふっ、男はみんな赤ん坊だ。(勝手にそう決めてかかる)
……そりゃ、女でも美乳には憧れるけどさ。。。。
はっ、どうでもいいことでしたね。失礼しました。

Return

* Category : 紹介
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

さっそく行ってきました。 * by ゆき
千字は難しいですよね。
意味のわからないのも多かったし……って、自分じゃ書けないのでもふもふ。
臨床検査技師の独り言が私的にはツボにはまりました。
確かにそうだなぁと……。
CSIも同じ面子ばかりで、過労死しないのかなと心配。
とか、旅立ってしまった主役ですね。元気にやってるのかな。
もし知っていたら上のふたつに投票したのに。

短編というのはリズム良く読ませることと最後のオチが重要なんだなと思いました。それから意味がわかること。
わからないのは自分が馬鹿だからかしらと読者に思わせるのは不親切かな。

四千字の恋愛ファンタジーも参加したいなと思いつつネタがわかない……。
投票はするつもりです。

千字って大変 * by 菜宮 雪
ゆきさま

もう見に行ったんですか。素早い!
私もあの臨床技師のやつ、うまいと思いました。
それから、主人公が旅に出てしまって、あの後どうなるんだよ~って作品も面白かったですよね。
うんうん。投票ならあれでもよかったかな。
このコンテストのこと、もっと早く記事にすればよかったですけど、自分も忘れていたので、久しぶりに見に行ったら、投票終わっちゃってました。ごめんなさいね。

ゆきさまのおっしゃるように、意味がわからない作品はダメだと私も思います。今開催中の、四千字のコンテストの方も意味がよくわからない作品は票を集められないみたいです。やはり、何だったのだろう……では読者は満足しませんよね。
私も、自分がそういう作品になってしまわないように気をつけてはいますけど、人から見ると意味不明な作品になっているかもしれません(汗)
あ、そういえば、四千字の恋愛ファンタジーの方、先ほど数作品、新しいのが増えてましたよ。
どんどん上手な人が出てきますね。こちらは、まだ三週間ぐらい締め切りまでに日がありますから、まだまだすごい作品が来そうです。楽しみですね。

個別記事の管理2009-05-25 (Mon)
先ほど、二度目のパソコンウイルス探しをやりましたが、当ブログおよび、私のHPは感染していませんでした。ご安心ください。(5/25 19:50現在)
対策ソフトまだかな~。パソコンにも早くマスクがほしいね。
現在は、パソコンの調子は悪くないので、自作数作を徐々に執筆中。

ところで、ここに来て下さった方で、新型インフルエンザになった方はいらっしゃいますか?
東京や名古屋とかの大都市って、報告されていない患者さんがいっぱいいるような気がします。
あくまでも素人の考えですけど、この時期にインフルエンザの大流行って今までなかったから、現在、普通のインフルエンザが何人もいるなら、ちゃんとした検査で、新型かどうかの判断をしてほしいなって思います。
マスク人気は、相変わらずで、今、ネットで注文しても、今月中には入手できないとのうわさも。
マスク、マスク、マスク!
これから暑くなるのに、マスクですかい。。。。
そう思いつつも、人ごみに行くならやっぱりマスクがほしい。
だって、咳してるくせに、口を押さえてくれない人がいるもん。
手で口を押さえている人もいるけど、その手であちこち触らないでよって思っちゃうね。
気持ち悪いよね~。
そういう人がいるから、なんでもない人がマスクで防衛しなければいけなくなって、結局足りなくなる。
なんか世の中間違っている気がするね。
自分の花粉用マスクの在庫がなくなったら、仕方がないので、手作りマスクを作ろうかな。
どこかのブログで紹介されてたけど、キッチンペーパーと輪ゴムで簡単に作れるらしいの。
あまりかっこいいマスクはできそうにないけどさ。
とりあえず、明日もうがいと手洗いがんばろう。
* Category : 私的日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2009-05-22 (Fri)
ほらほら、インフルエンザが~
……って現実になってきましたね。西宮にお住まいのBさまのブログを読んで、いよいよ来たかって思いを強くしました。
そこで、マスクなどを買いだめに出かけましたが、やはり売り切れでした。うちは花粉一家なので、在庫は新品がひと箱ありますが、流行が長引けば、足らなくなると思ったのです。
マスクに関しては、数日前までは、この地域では店頭にありました。
ニュースではマスク売り切れ続出と出ていましたが、その時もまだこの辺りにはたくさんあって、それは人ごとだと思っていたのです。
そして現在。見事、マスクの棚は空っぽ。二つのお店を回りましたが、やはり一つも売っていませんでした。
「入荷予定は未定」の紙が、空の棚にむなしく貼られていました。
Bさまのお住まいの地域では消毒薬なども手に入らない、とのことだったので、とりあえず、そういうものを買いだめしました。
消毒用エタノール、のどスプレー、殺菌ウエットティッシュ、トイレの殺菌剤などなど。
それもここ数日で売り切れそうです。薬局の棚は、すかすかになっています。
ただ、そう毒性のないインフルエンザに、ここまでするのもどうよって話になってしまうのですが、なんか怖くって。
私はここ十年ぐらいの間に、インフルエンザに二度かかっています。そのうちの一回はとても重く、内臓がやられ、熱を下げるだけで十日ほど、その後、体調を戻すのにひと月以上かかりました。あれをもう一度やるのかと思うと、どうしてもいやなので、精一杯防衛するしかないのです。
マスクをする日本人は、外国の方からすると滑稽らしいですね。
でも、私は全員がすべきだと思うんですよ。特にちょっとでものどが痛い人なんか、さっさとマスクしてほしいですよ。バイ菌を撒き散らして迷惑だなって思ってしまいます。
ま、マスクの効果がない、と言われてしまえば、どうしようもないんですけど。。。
以下、拍手コメントの返信です。

Julesさまへ
拍手ありがとうございました。
バトン、あんなんでよろしかったでしょうか^^;
そちらのブログを拝見し、あのコンテストへ参戦なさったことを知りました。
ふふふ……どの作品か見破ってさしあげましょう。
それっぽいのが三つほどありますね。。。。
現在上の方にあるあれか、最近出てきたばかりのあれか、それとも純な恋愛もののあれ……あの三つのうちのどれかだ……
勝手に推測。
まさか、ドタバタコメディ? いや、それはないような気がします。でも本当にコメディで参戦しておられて、意表を突かれるかも。Julesさまのイメージは、純恋愛ファンタジー。どれがそうなんだろう……
作家名が明かされる日が、とても楽しみです。
前回優勝のBさまっぽいのもあるし、二位のTさまっぽいのも。でも参戦しておられるのかどうかわからないところがミソですよね。
私は……ごにょごにょ……

Return

* Category : 私的日記
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by 羅幻徒
 コチラ (北海道) ではまだまだ対岸の火事な感じですけど……インフルエンザじゃなくても、風邪っぽいヒトはマスクしとけ、と思ったりしますね。
 特に、バカでっかいくしゃみをする時、ハンカチどころか手すら当てずにするヒトを見ると……。
 ともあれ、御身お大事に。

Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
羅幻徒さま

そちらはまだ安全ですよね。今のうちにマスクの購入をしておくことをお勧めします。
こちらは大阪から遠いのに、数日ですっかり商品がなくなってしまいました。
みんな買ってる~!
でも、冷静に考えれば、マスクなんて、本当は、風邪をひいている人だけがやればいいですよね。
そういう人が、ちゃんとマスクしてくれないから、バイ菌が広がっちゃう。
くしゃみをぶっかけられると、不快です。
ハンカチを口にあてて、咳をしている人も嫌い。
こらぁ、マスクしろや~、バイ菌ばらまくんじゃねー!
と怒鳴りたくなりますよ。チキンだから、イヤだと思っても言えないけど……

この騒動、いつ終わるのでしょうね。うんざりですよ。
羅幻徒さまもどうかお気をつけて。
コメントありがとうございました。

個別記事の管理2009-05-20 (Wed)
Jさまよりいただいたバトン。
【I LOVE YOUを訳しなさいバトン】

□ルール□
その昔「I LOVE YOU」を夏目漱石が『月がキレイですね』と訳し、二葉亭四迷は『わたし、死んでもいいわ』と訳したといいます。
さて、あなたなら「I LOVE YOU」をなんと訳しますか?
もちろん「好き」や「愛してる」など直接的表現を使わずにお願いします。

回答は続きを開いてください。
~~~~~

□回答□
う~ん……どういう状況で、それも、言うほうが男か女かでも違うだろうけど、
男なら
「心の中には君しかいない」
あるいは
「君に触れたい
……なあんてどうかしらん。後者はちょっとばかりハーレクインのニオイ。最近そういうの読んだばかりだから頭がかなりそっち系にかたむいております(苦笑)

女なら
「ずっと手をはなさないで」
あるいは
「どこまでも一緒がいいの」
……う……歯が浮くよぉ……書いている自分まで寒くなってきた。。。。。
こんなんでいいのかな? 
I love youからかけ離れちゃってるよ。
漱石とかの訳、私も知らなかった。どうしてそういう訳にできるのか不思議。
でも普通に「愛している」、と訳すとすっごくつまらなくなると思う。
すごいや、夏目漱石、二葉亭四迷!

たったこれだけのバトンだけど、これはおもしろいね。
よろしければ、ご自由にお持ち帰りください。

このバトンをくださったJさまは、
『君と共に生きていきたい』
と訳されました。
きゃ~きゃ~><素敵! 
小説に使えそう。
いや、彼女の小説、そのまんまこの路線ですよもう。
ちなみに、Jさまとは、Julesさまのことで小説サイトはこちら。彼女のブログはこちら


Return

* Category : バトン
* Comment : (4) * Trackback : (0) * |

わたしなら * by ゆき
「ずっとそばにいて」
かな
「きみに・あなたに触れてもいい?」
もこのみです。

Re: わたしなら * by 菜宮 雪
ゆきさま

> 「ずっとそばにいて」
うわぁ~これも素敵! いじらしい乙女心がにじみ出てる!
なんだか、こう、彼の袖口をひっぱりながら、このセリフを吐くかわいらしい女性のイメージがわきました。

> 「きみに・あなたに触れてもいい?」こういうのもお好みですか。
もし、あまり親しくない人に実際に言われたら、ひいちゃうセリフかもしれないけど^^
コメントありがとうございました。

* by 熊と塩
やたら個人情報を聞きたがるのがバトンと思っていたのに、こんなロマンチックなバトンがあるとは……。

男なら、
「君に帰りたい」
女なら、
「貴方が憎らしい」
でしょうか。うーん……誰か僕にロマンチシズムを……。

Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
熊と塩さま

こんにちは。
確かに、そうですよね。バトンって、冷静に考えれば、単なる個人方法の暴露です。でも、全部がそういうものではないです。こういう創作系のは想像力が養われるので私は好きです。

> 男なら、
> 「君に帰りたい」
> 女なら、
> 「貴方が憎らしい」

ひゃ~! 個性的で良いわ~! 
「君に帰りたい」!?い……い……言われてみたい……
なんだかとってもドラマ的。
このセリフ、彼女の気持ちが離れていきそうな場面で出てきそう。

「貴方が憎らしい」……これも、妄想が爆走しますね。
勝手に妄想創作。

「貴方が憎らしいわ」
「なぜ、そんなことを言うんだ」
「だって……」
女は男の顔をじっと見つめた。
「だってね、貴方の顔に、ご飯粒がついているんですもの」
慌てて顔をこすって確かめる男。固まりかかったご飯粒が、男の手のひらの中でつぶれた。
「デートするなら、鏡ぐらい見てよ。でもそんなところが憎らしいの。これからは、私が貴方の鏡になるわ……」

なんちゃって……変な話になっちゃった。
ロマンないですね……へへ……失礼しましたぁ!
コメントありがとうございました。

個別記事の管理2009-05-19 (Tue)
ウイルス、といっても、今日はインフルエンザの話でなく、パソコンのウイルスの話。
なんだかおかしなコンピュータウイルスがはやっているらしい。
サイトをお持ちの方は、ご確認を。
こちら↓に詳しいことが出ています。追記:2009/5/19 17:47現在、紹介しているこのサイトは込み合っており、つながりにくくなっているみたいです。この記事を挙げた段階でリンクテストはしており、その時は正常に見ることができましたので、アドレスは間違っておりません。すみませんが、見られない場合は、時間をおいて挑戦してくださいhttp://www31.atwiki.jp/doujin_vinfo/pages/1.html

私のところは感染していなかったので、ひと安心だけど、他サイトを覗くだけで感染するのなら、ネットサーフィンはとんでもなく危険な行為ということになります。
現段階では、このウイルスは、ウイルスソフトにひっかからないようなので怖いです。
対策ソフトが出るまで、あちこち覗くのは自粛しないとダメかな。。。。つまんねえ。

ただ、一つだけ注意しなければならない点もあります。
この上に出ているサイトさんの情報源も確かなものかどうかわからないこと。
数年ほど前、そういう偽ウイルス騒動があったことは、記憶にしっかり残っています。
以下、偽ウイルス騒動について。


ネット上に出されているウイルス情報が、すべて正しいとは限らない、と知った事件が過去にありました。
結論から言ってしまえば、それはデマ。なんの害もない、普通にパソコン内に常駐しているファイルを検索させ、ウイルスとして削除させる、という悪戯でした。(確かそう記憶しています)
私の知り合いが、これにひっかかり、自分のパソコンでもウイルスが見つかったので、気をつけてほしい、とメールをくれました。彼女は、そのデマを信じて、なんでもないファイルを削除してしまったらしいのですが、のちに、これは削除する必要はない普通のファイルだったと明らかになりました。
私は、彼女にそのファイルの検索方法まで、丁寧に教えてもらった後でしたので、あやうく削除してしまうところでした。
今回のウイルス情報……信じる、信じないは、個人に任されます。
一応、こういう情報があるよ、とのお知らせのつもりでこの記事を出しました。
ウイルスには気をつけましょう。リアルでも、ネット内でも。

Return

* Category : お知らせ
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by 羅幻徒
 ウイルス情報は出所をキチンと確認しないとイケマセンね。
 Microsoftから出てると思われる情報も、実はMlcosoftという偽サイトだった……なんてコトもありますから (笑)。
 とにかく、セキュリティソフトをしっかり起動させて、自分のサイトのチェックも忘れず行っておく……以外、予防方法はナイんじゃないでしょうか。
 ソレすら最低ラインの対策ですけど。

Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
羅幻徒さま

>  とにかく、セキュリティソフトをしっかり起動させて、自分のサイトのチェックも忘れず行っておく……以外、予防方法はナイんじゃないでしょうか。

おっしゃるとおりだと思います。ほんと、どうしようもないですよ。このウイルス情報は、私が覗いているいろいろなブログで数日前から見かけました。だけど、本当にそういうウイルスがあるのかどうか、確認できません。
っていうか、確認した時は自分が感染した時ですもの(笑)
私のウイルス対策用ソフトは、ウイルスセキュリティゼロです。
最新のバージョンにアップデートしてありますが、安心とは思えません。書きためている小説が消えないように、とりあえず、バックアップもとりました。
それが今できることのすべてです。
このウイルス対策ソフトのお知らせ画面を確かめましたが、例のウイルスについては何も書かれていませんでした。すでに対策済みなのかどうかもわかりません。
このウイルス情報が嘘であることを祈るばかりです。
もし、知らないうちに感染していて、うつしてしまったらごめんなさい。

個別記事の管理2009-05-18 (Mon)
インフルエンザがどんどん広がっている。もはや遠い国の事件ではなくなった。
私の住んでいる場所は、大阪や神戸ではないので、今のところ大丈夫だと思っていても、どこに保菌者がいるかわからない。気分的に気持ち悪いので、今日はマスクをして出かけた。
……暑かった。。。。。

マスクはやっぱり嫌い。花粉がやっとましになって、ゴールデンウィーク辺りでようやくマスク生活から離れたばかりだったんだよ~(涙)またマスクかい。

やっぱ、感染を防ぐのって限度があるよね。外国へ行っていない人は安全と決めつけている現対策では、どうがんばったって、知らないうちに国内へ菌が入り込むことは避けられないんじゃないかな。
まだまだ広がりそうだね。ここを覗いてくださっている方で、新型インフルで寝込んでおられる方はいらっしゃるのだろうか……関西方面の方、どうかご無事で!

本日の川柳
 マスクして うらむは花粉とインフルエンザ
* Category : 私的日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2009-05-16 (Sat)
きのう、アルファポリスさんのホラー小説大賞の結果が発表された。
詳しい結果はここで
見事大賞を射止めたのは、ショートショートの短編集の作品。

からすさん作 「ほらほらホラーがやってくる」 

おめでとうございます。

短編の書き方の見本のようなこの作品集は、オチがうまく効いていてうまいと私も思っていた。
この方のちょっと気味悪げなバナーも高く評価されたようで、審査は小説の中身だけではないとわかった。
読者賞を受賞した方の作品も、挿絵についての評価が入っている。やはり、WEB上で見るとなると、ある程度の見た目が必要なのかもしれない。もちろん、選ばれた作品の中身がすぐれていないということではなく、作品を盛りたてる雰囲気づくりをするバナーなども、大きな武器になるようだ。
美術的センスのある方がうらやましい。
見た目もやっぱり大事なんだよなぁ。。。
* Category : 執筆関係
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2009-05-15 (Fri)
今日は私の好きな、坂村真民(1931~2006)の詩についてあれこれと。
よろしければ、続きをご覧ください。

 十年以上前の私は、詩人、坂村真民、と言われても、恥ずかしながら、どんな詩を書く人なのか知らなかった。詩の世界は抽象的なものも多く、理解できないと思い込んでおり、興味が持てずに手をつけていなかったこともある。
 ある日、母から教えてもらった一つの言葉に心を動かされた。

「念ずれば 花ひらく」

 どこかで聞いたことがあるような美しい響き。
 母は人から紹介されたのだと、「自選 坂村真民詩集」(大東出版社)をひそかに買いこんでおり、それを私に貸してくれた。
 詩の中には、戦争に関する題材、宗教色の濃いものもあるが、親子の情を感じさせる暖かい言葉たちに、私はすっかり魅せられた。以下、この本から引用。

「念ずれば 花ひらく」
   念ずれば 
   花ひらく

苦しいとき
母がいつも口にしていた
このことばを
わたしもいつのころからか
となえるようになった
そうしてそのたび
わたしの花がふしぎと
ひとつひとつ
ひらいていった


 これがたぶん一番有名な詩だろうと思う。願いはきっとかなう、そうは書いてないが、この詩はそんな希望を与えてくれるような気がする。
 念じてもだめなことは世の中多いけれど、いつも前向きに生きていたいね。
 
 この詩も好き。
「夕空」
わたしはいつもひとりだから
あたたかいひとのこころにふれると
ほろりとする
生きていることがうれしくなる
暮らしていくことに力がでる
  以下略……

 他にもいいなぁと思える詩があっても、全部は出すのは大変なので、詳しいサイトさんのアドレスを記載しておきます。そちらで他の詩は読むことができます。
 たんぽぽ堂さん 「坂村真民の世界」 http://homepage2.nifty.com/tanpopodou/index.htm

 三人の娘に送った詩「三人の子に」や、夫婦の思いやりを感じさせる「あの時のことを」、あの大ヒット曲に似ている「わたしはお墓のなかにはいない」などが私の好みです。たんぽぽ堂さんのサイトは量が多いので、詩の題名から探すなら、普通に検索エンジンにかけたほうが見つけやすいです。
 気が向いたら読んでみてね~。
 本日の記事は趣味の押しつけでござんした。すみません。。。

Return

* Category : 書籍
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。