12345678910111213141516171819202122232425262728
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-02-27 (Sat)
早いもので二月もあと一日となりましたね。
なんだか妙に暖かくて気持ち悪いです。フリースでは暑いほど。

私が参加しているアルファポリス恋愛小説大賞の投票は明日までです。
最後の最後のお願いで、ぜひ私の作品に一票を!
……と言いたいところですが……う……他の方の作品、みんなすばらしいんです。
いくつかの作品を拾って読み、自分では考えつかない発想や物語の展開、細やかな描写などを勉強させてもらいました。
「私の作品が一番おもしろいよ、絶対に読んで」って胸をはって大声で言えないんです(苦笑)
もしも、あなたが、投票したい作品がなく票が余っていて、なおかつ投票する手間を掛けてやってもいいって思ってくださるなら。
それならば――
私の作品に投票お願いします(小声^^;)


話変わります。
きのうはテレビに張りついてスケート女子フリーを見ていました。
真央選手の綺麗なトリプルアクセル、ヨナ選手の女性的な動き、会場を盛り上げた鈴木選手など、見どころ満載で、どこの国の選手でも、精一杯自分を出そうと頑張っている姿に、私も泣けそうになっちゃった。
金メダルのヨナ選手のすべりに、なんとも言えない大人な色気を感じたのは私だけでしょうかね。
少し首を傾けて、頬から首、そして肩のラインを見せるようにしながら、その先につながる腕から指先まで、計算されつくした動きだったように思います。
言葉ではうまく表現できないですけど、やわらかい動きをする腕に合わせて首や肩が自然についてきている感じ。
そして、ミスのない演技。すごいねー

いや、どの人もすごいんだ。
壮絶な国内大会を勝ち抜いてきた人たち。
何位だとか、メダルが手に入ったかどうかは関係なく、あの場で滑ることができたすべての選手の方々に拍手をいっぱい贈りたいです。お疲れさまでした。

続きはHPの拍手コメント返信です
ナノハさま続きへどうぞ




ナノハさま

読んで下さったのですね。
ありがとうございます♪
さっさと更新したいと思いながら、オリンピックと恋愛大賞に時間を取られ、次話はすぐにアップできません。
かならず完結させますので、今しばらくお待ちくださいませ。
エディンは基本ヘタレですが、ところどころは貴族らしく、という設定で行きたいと思っています。
あんまり変だったら、遠慮なく突っ込んでくださいませ(笑)
うまく描けているかどうかは、ごにょごにょ……
困ったことに、実はエディンの描写、詳しく入れてないんですよね……
もとは短編でしたから、字数削減の為に人物描写を省いたので、そのまま今に至っていて。
髪色、顔の形、眼の色ぐらいは入れたいと思うのですが、読者さまたち独自で想像している映像があるでしょうから、どうしようと思案中。
どこか、前の方に描写を入れないといけないんだよなぁ。
無計画トホホです。
拍手と温かいコメント、ありがとうございました。

Return

スポンサーサイト
* Category : お知らせ
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2010-02-25 (Thu)
今年は遅いと思ったんだ。
でも季節は確実に春へ向かう。
ちゃんと飛んできてるね。花粉が。

鼻がむずがゆいと思ったのはここ2日ほど。
巡回していた知り合いのブログにも、同じようなことが書かれていたから、思わず笑ってしまった。
花粉が飛んでいる、といってもまだそんなに花粉の量は多くないと思う。
室内でもマスク着用生活をしなければならないほどではない。
今年は少ないみたいだから、過ごしやすそうだ。
今日から洗濯物は室内干し。うちは花粉症一家なので、これが4月半ばまで続く。

以前にテレビで「洗濯物はよくはたいて取り入れましょう」って言っていたけど、これにはどうしても賛成できない。
はたいている行為がくしゃみを呼ぶのだ。
洗濯物をハンガーから外し、数枚はたいては、鼻をかむ羽目に。これでは、やっていられない。
そしてそれも畳む間もそうだね。

「洗濯物は外へ干さない」これが正しいと思うんだけどな……
――どうでもいい、花粉症屋のつぶやき。

* Category : 私的日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2010-02-22 (Mon)
私のHPと相互していただいている羅幻徒さんのところで外国人向けの無断転載禁止バナーのサイトを紹介していただいたので、さっそく拙HPで使わせてもらうことにしました。羅幻徒さん、ありがとうございます。
恋愛大賞が終わって自作の宣伝を取り払ったら、無断転載バナーをこのブログのプラグインにもいれよっかな。

羅幻徒さまより紹介していただいたサイトさん
ハングル語版
http://f15.aaa.livedoor.jp/~tamama/korea/kobun1.html

中国語版
http://www.geocities.jp/bwchiha/others/chbn.html

こんな親切なバナーを作っている方がいらっしゃるなんて!
感謝感謝。
スパムする人がこれを見て無断転載をやめようと思うかどうかは、う~んだけど、何もしないよりいいよね。
オンライン小説を狙った無断転載ブログは、アフリエイトを目的とする某漢方屋さんだけかと思いきや、そうではありません。
こんなのを紹介します、と人の小説やブログを丸ごと転載している人も。そういうブログも複数あるんです。
文章だけでなく画像までも転記。あれは著作権侵害だね。
人の記事や小説をまるで自分の手柄のように、丸ごと自ブログへ上げる。
作者名とかはあっても、ああいうのはどうなんだろう。紹介の許容範囲を超えているよ。
紹介したいなら、リンクを貼るだけで充分だと思うんだけど。
それもスパムなのかもしれない。やっている人の感覚はいったいどうなっているのかと疑問。
以下、拍手伏せコメ返信です。
2/21 19:54 Nさま 続きへどうぞ

いらっしゃいませ。
そうなんですよ、いろいろ調べてたらね、あのコンテスト関係、こんなに無断転載されてたの。
他にもあるかもしれません。全部別のブログですよ。
ブログを作るのって、手間がかかると思いますが、犯人の人は平気みたい。今年に入ってからどんどん増殖。
機械がやっている、との説もありますが、未確認です。
御作はまだ見たことがないですが、どこかにあるかも。
ブログ元によって対応はさまざまで、削除要請を無視するところや、書類提出を求めるところなど、当たりはずれもあり。私のは即日削除でしたので、幸運でした。
また見つけたら連絡しますね。
拍手コメ、ありがとうございました♪

Return

* Category : その他
* Comment : (6) * Trackback : (0) * |

こんにちは * by 碧檎
お久しぶりです。
いいものを紹介されてますね! 私も利用させていただこうと思います。
しかし転載してる人は多分普通の感覚をもたれていないと思うので、効果があるかどうか……(涙
通報数が50を超えましたが、数の多さ以上にブログサービスの対応の悪さに辟易しています。反応がないのがなかなか辛いです。
とにかくこれ以上の被害を防ぐためにも、通報はしているぞと目を光らせてる事を犯人に知らせるのが大事なのかもしれませんね。今ブログの更新が止まっているのは、通報が混んでるからかなあとかそういう事を考えます(10個くらいは削除してもらったので)。違うかもしれませんが。

それでは、また有益な情報がありましたら、こちらからもご連絡したします!

碧檎さまへ * by 菜宮 雪
この配布サイトさん、リンクは自由みたいだから、こちらも勝手に使わせていただいたんです。
無断転載って、やっぱり中国系が多いですね。
先日も知り合いの日記ブログが丸ごと転載され、見に行ったら台湾系でした。
台湾って何語だっけ? と調べたら基本は中国語(ごめん、物知らず)
やっぱり中国語の無断転載禁止バナーは必要だと思います。
どこまで効果があるかは不明ですけどね……

通報がんばっておられるお姿に頭が下がります。
漢方系のブログたち、更新がすべて停止していることが不気味。
引き続き監視を続けていきます。
なにかありましたら、連絡しますね。
訪問ありがとうございました♪

事後報告 * by 羅幻徒
 先日のエントリーからのネタで恐縮ですが、まだ消えてなかったんだ……と暢気に構えているのも何だと思ったので、昨日サービス元に連絡しました。そうしたら、待つまもなく該当アカウント停止の措置をしてくれました。
 更に、確認作業が終わったようで、今朝のメールボックスには『弊サービスの規約違反ですので、対象アカウントは削除いたします』とのお知らせが。
 Dabuウェブログは、ナカナカきちんとした体制のサービスみたいですよ (笑)。

 ともあれ、ブログ (またはサイト) 主に直接云っても反応がナイのはいつものコトですね。むしろ、連絡方法さえ設置していないのが当たり前。そういう場合は、やはりサービス元に直接連絡するのが近道かと思います。
 ただ、利用規定のハッキリしているトコロではナイとなしのつぶてな可能性大なので、きちんと調べてみるべきかと思います。
 アトは、複数の転載元がハッキリしてる場合は、自分の被害状況だけではなく『ココとココからも転載されてます』と報告するコト。
 そして何より大事なのは、あくまでも冷静に対処するコトでしょうか。悪意を持った削除依頼も少なくないでしょうから、ホントに困ってるんだというのを態度 (依頼文面) で証明する必要があると思います。

 ともあれ、雪サン、お知らせくださってアリガトウございました m(__)m

管理人のみ閲覧できます * by -

羅幻徒さまへ * by 菜宮 雪
いいサイトのご紹介、ありがとうございました。
伏せコメのTさまからも羅幻徒さんあてに、外国語バナーサイト紹介のお礼の連絡がありましたので、お伝えします。Tさまはすごくありがたがっておられました。
御作の無断転載ブログ、今、削除を確認しました。
よかったですね。これで私もひとつブクマを消せます。
当ブログの記事の方は、削除済みのほうに、後で修正しておきます。
Dabuウェブログさんって、いい会社だ―。さっさとやってくれてよかったです。

>  ともあれ、雪サン、お知らせくださってアリガトウございました m(__)m

いえいえ、おせっかいかな、と思ったんですけど、そう言っていただけてありがたいです。
これからもよろしくお願いします^^

伏せコメント2/23 16:33 Tさまへ * by 菜宮 雪
ようこそおいでくださいました。
私も無断転載禁止文章を中国語とかに翻訳して貼ろうと思ったんですよ。
翻訳サイトへ行って、文章を変換して自分のホムペにはったら……
思いっきり文字化け。
中国の方でも読めないような、はてな記号混じりの難漢字がアップされました! 
即削除。あう~と挫折。
なんかいいものはないかと、探していた時に、ちょうど羅幻徒さんが紹介してくださったので、私もありがたく拝借です。
何かありましたら、連絡いたしますね。
そちらの推理通り、無断転載ブログは春ごろに増殖するかもしれません。引き続き監視します。
コメントありがとうございました。

個別記事の管理2010-02-21 (Sun)
本日の話題。
当ブログ内で、1/30と2/3の記事にした、無断転載ブログのその後について。

なろう関係者をふくめ、何人もの作者さんに連絡し、いくつかのブログの削除を確認しましたが、まだまだいっぱいあります。
私が参加していた、「第二回恋愛ファンタジーコンテスト」からは、参加58作品のうち、私が把握しているだけで1012作品が盗用。コンテストの主催者さんと一部の作者さんに連絡しましたが、主催の赤西様はこのところお留守の様子なので、あのコンテスト関係の方で、盗用されている作品名を当ブログであげます。
(作者さんからの申し出があれば、この記事を削除、改編するかもしれません)
あのコンテスト関係者の方は続きへどうぞ。
2010/3/2追記

○作者未連絡(私からは)現在も盗用(当方で転載先URLを把握しています)
「女王蜂の国の姫」「たった一つの約束」「ルシフェリン」「痛いのはイヤ!」「魔法使いの婿取り事情」

○作者未連絡、盗用先がわからなくなったもの(すみません、転載先URLをなくしちゃった。削除? でも確かに見たよ)
「君の隣」

○作者連絡済み、現在も盗用
「LOVE WARS」「重さと想いと枷と手錠」「おのろい」

○作者連絡済み、削除を確認(自分のも)
「タイトロープ」「夢読み少女と藍色の髪」「ジーク王子の寝室で、ああっ!」
「LOVE WARS」「重さと想いと枷と手錠」

○作者未連絡 削除を確認
「ルシフェリン」

以上コンテスト関係から把握できたのは10作品。まだあるかもしれませんので、作者の方々、他にも知っているのがあれば、お知らせください。追記したいと思います。
一番上の、お知り合いの作品でしたら、よろしければ連絡をお願いします。

この系列のブログ、2/5から更新はされていないみたいです。
これ以上増えないことを願うしかありません。
無断でも、小説を宣伝してもらってよかった、と思えば気も休まりますが、作家名も出ていないし、無断転載された短編だけを読んで、他を読みたいと思って私の作品だと探し当て、うちに来て下さる方が、たくさんいらっしゃるとは思えません。
私がお知らせした作者さんの中には、長編からいくつも転載され、リストをつくってがんばって通報しておられる方もいらっしゃいます。
無断転載を防御することは非常に難しいことだと思うので、作家同士が声をかけ合って、なくしていくしかないように思いますね。

……こんなことに時間をかけるなら、さっさと小説を更新しやがれっ、というご意見もあるかも(汗)
ま、ぼちぼちね。。。。ごめん、気がのらないと書けないの。

Return

* Category : 執筆関係
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2010-02-16 (Tue)
HP「空想箱」にて連載中

「ジーク王子の寝室で、ああっ!」第十二話 人の使い方 UPしました♪

あいかわらず、ばかばかしい展開で、すみません。
でも自分では楽しくてたまりません。
パソの前でにやにやと執筆。まだまだ続きます。
* Category : 宣伝
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2010-02-14 (Sun)
書店に積んであって衝動買いした執筆参考本。

「文章力の基本」日本実業出版社 阿部紘久 著 1300円(税別)
 簡単だけど、だれも教えてくれない77のテクニック


世の中に多数出回る文章の書き方本の中では、めずらしく横書き。
文章の書き方を理論で述べる本ではなく、これは学習参考書だと思う。
見出しは大きく、ポイント部分は色つき。
悪分の原文と改善策が多数でており、とても参考になった。
自分ができていないことが結構あり、半年近くかけて少しずつ読み、付箋をはったところを読み返した。
……すべてを消化できたかどうかは、わからないが(苦笑)、少しは頭に入ったと信じたい。


自分で、これはできていない、と思ったのは、「話し言葉の影響を避ける」こと。
以下、一部引用。話し言葉の影響をうけており、気になる言葉として以下の書き方があがっていた。

×とても濃い日々を過ごした。
○とても充実した日々を過ごした。

×はまっていく
○魅力的です

×真逆
○正反対

×かぶる
○重複する

他にもいろいろあり。
このブログでは、文章をやわらかくみせるためにわざと話し言葉を混ぜて使っているが、小説では気をつけたほうがいいと、よくわかった。

結構みんなまちがってる、とわかったのは、「漢字本来の意味から離れた言葉は仮名で書く」こと。
私はこれが自分の中であいまいで、今までは、なんとなく違和感があるとひらがなにしていた。

×家族と良く話す。
○家族とよく話す。

×人間と言うもの
○人間というもの

×言いたい所だが
○言いたいところだが

など。オンライン小説の海の中で、こういった誤用は時々みかける。自分もいいかげんなので古い作品は多数間違いがあるかもしれない。
うん、勉強になった。
この本で正しい書き方が明確になり、少し賢くなれたかな。
この本、執筆家さんにおススメ。とてもよかった。
* Category : 執筆関係
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2010-02-12 (Fri)
今日は久々のDVD観賞感想

「キングダム・オブ・ヘブン」 洋画
主演はオーランド・ブルーム(バリアン役)
↓You tubeより。日本語版探したけど、みつからなかった。
http://www.youtube.com/watch?v=10HnXc406lg&feature=fvw

十字軍とイスラム教徒が、エルサレムをめぐって争っている話……だと思った。
宗教がらみなので、何を争っているのかが日本人にはわかりにい、との意見もどこかで見たが、私はそうは思わなかった。
聖地を守ろうとする者、取り返そうとする者、どちらが悪とも善とも決めつけられていないところがいいね。

以下、ネタばれを含む。突っ込みもあり。

やっぱりこれは主演のオーランドを楽しむ映画でございましょう!(言い切る)
今回の彼の役柄は軟弱色はなく、かっこいい正義の味方。
出だしは鍛冶屋、という設定が、「パイレーツ・オブ・カリビアン」とかぶっていると思ったけど。
熱い鉄を打っているシーン、あっちにもあったな。

私が考えた大まかあらすじ
鍛冶屋をやっていたバリアンは、突然たずねて来た男に自分が父親だと名乗られ、十字軍に参加するように言われる。バリアンは、いったん断ったものの、妻子を亡くしたいらだちのあまりうっかり人を殺してしまい、村を逃げ出し、父についていくことになる。
父親はエルサレム王からも信頼されている名高い騎士。バリアンは、エルサレムへの旅の途中に死んでしまった父の後を継ぎ、男爵になる。父の兵を従え、町を守る戦いに身を投じる。
エルサレムの王女と恋仲になるが(ちらっとベッドシーンあり)彼女には夫がいて――

……こんな話。王女との恋は中途半端で、入ってなくてもいいような気がしたけど、好みの問題かも。
なんで恋におちちゃったのかが、はてな。
バリアンは一応、妻に自殺されたかわいそうな男という設定なので、それで王女と恋? う~ん……
突っ込みどころはいっぱい。
バリアンが父の跡を継いだはいいけど、自分の素姓をずっと知らず田舎で鍛冶屋をやっていた男が、すぐに人を統率できて、剣もつかえて、という設定が少々苦しい。
父親に似ている、という設定のようだったが、俳優さん同士がどう見ても親子に見えないため、おかしかった。
それにバリアンはほぼ不死身。やられて倒れたはずなのに、また立ち上がってるよ! それも一度じゃない。 

私が気に入ったシーンは、投石機を使った戦闘シーンや、父から剣をゆずりうける場面。王女とのラブシーンはいまいちだけど、ラストの、彼女に向けたバリアンの笑顔はよかったね。
物語はきれいにはまりすぎているとは思っても、後味は悪くない。
オーランドのファンならば、この映画は満足できたのではないでしょうかねえ。
やたら強くてかっこいいバリアン。

おススメかどうかって?
戦闘シーンはまあまあかな。
十字軍のことを少しでも知っているなら、わかりやすいかも。
十字軍とはなんぞや、という人にはちょっと……

Return

* Category : 映画
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

オーランドのための映画 * by 悠希
あれはうっかり殺したんじゃないよ。奥さんの十字架ペンダントを盗られたのに腹を立てて殺したんだよ。

途中で高貴または美しい女性とxxになるのはこの手の物語のお約束だからね。
いろいろ苦しい設定は、オーランドの凛々しいお顔とアクションで許されるのです。

物語の大筋と、登場人物は史実をもとにしたものだそうですよ。ただ、かなりの脚色と、変更と、ぶっとんだ解釈が、製作側の遊び心の幅をあらわしてますねぇ。

私は攻城塔のドミノ倒しのシーンが好きです。

悠希様へ * by 菜宮 雪
こんにちは。
うっかりって違う? そっか。私はバリアンが意図的に殺したとは思えなかったの。
盗られた首飾りを見て、奥さんへの思いが高まって、彼の意志とは関係なしに行動に歯止めがきかなくなったのかと思った。
彼はそれで殺人者になったはずなのに、ことが終わったらなんだか昔の村へ戻っていたような……? 
しかも彼の家って燃えちゃったと思ったけど、火事の跡には見えなかった。
最初の村と場所が違うのかな? レンタルDVDで一回観ただけだから、それも私の勘違いかもしれないけど。

この映画は、設定がかなり不可解でしたが、オーランドのかっこよさで許すことにしますよ。

やぐらのドミノ倒しのシーン、あそこ、楽しいですね。
戦乱で人が死ぬ場面だけど、なんだか胸がすくような(ごめん、悪)

コメントありがとうございました♪

個別記事の管理2010-02-11 (Thu)
拙HP「空想箱」にて連載の更新情報

「ジーク王子の寝室で、ああっ!」11話 「ドルフと使用人」UPしました。

やっとです。長く放置してすみません。
このごろ私用が詰まっていてリアルで忙しかったのもあるのですが、時間が空くと、アルファの恋愛大賞へ通い詰めておりました。
自分の作品は徐々に順位降下中で、先頭集団には程遠く、はるか天空を見上げる思いで他の方の作品をちょっとずつ読んでいます。
好みでない作品も多いですが、それぞれにいい面もあり、みんながんばっているんだなーと元気をもらっています。
恋愛大賞の会場、横のプラグインからリンクしているので、ぜひ覗いてくださいませ。
* Category : 宣伝
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2010-02-07 (Sun)
今まで、HP「空想箱」の方には、Eーkaisekiさん、というアクセス解析サイトにお世話になっていた。
しかし、この頃、ここは非常につながりが悪く、ログインしても開かないことがしょっちゅう。
夜間に限らず、昼間でも。元が固まっているときは、私のサイトも重くなって、解析アイコンがひっかかり、きちんと開かない。
思い切ってEーkaisekiを退会することにした。
退会すると、今までのすべてのデータが消えてしまうことは残念ではあるが、そう毎日見るものでもないので、あきらめよう。
アクセス解析は、取り付けた当初は、楽しみで毎日見ていたが、最近はつながらないこともあって、ほとんど放置。
E-kaisekiさんの、見やすくてよかったんだけどなぁ。
同じタグで全ページに貼れるし。
ログインすら時間がかかっていては、どうしようもない。アイコンが目立って邪魔だったのもあるし。

先ほど、すべてのアクセス解析をはずし、別会社に乗り換えた。
アクセス解析など、面倒なので、もうつけないでおこうかと思っていたが、このごろ無断転載ブログが花盛り。何もつけずにおくのはあまりにも無防備な気がする。しばらく別会社のアクセス解析で様子をみることに決めた。

一年以上お世話になったE-kaisekiさん、ありがとう。
以下、すべて消したデータの中にあったおもしろキーワード。

このキーワードだけ見れば、いったいどんなサイトだよっ、と思われるかも^^;

「寝室 声」「女教師と生徒」「そこは・・・あっ」「蛇かご夢小説」「妻をその気に」「おばあさんの裸」
「死体を凌辱」「カメ 呼吸」「ホラー漫画 肥満化」「雪のHP」「臭い目覚まし時計」「小刻み こりこり」
「王子 腰布」「この世で一番疑う」「執着小説」などなど。
変わったのはまだまだあるけどこれぐらいで。
見ていると楽しいので、退会前にすべての検索キーワードをメモ帳にうつしておいた。

上記のキーワード、確かに、サイト内で使っている言葉もありますが、納得できない不可解なキーワードも。
「おばあさんの裸」「臭い目覚まし時計」!? それでうちへ?
きっとご満足いただけなかっただろうと、想像しています。覗いてくださった方、申し訳ございませんでした。
誤爆になってしまった方、気が向いたら、また遊びに来て下さいませ♪

Return

* Category : 私的日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2010-02-04 (Thu)
きのうは節分でしたね。
太巻きは食べましたか? 
去年、夕方遅くに買いに行ったら、どの店もほとんど売り切れで作ってもらうの待ちの人々が行列になっていたので、今年はもっと早い時間に買いに行きましたよ。無事にゲット。
自分で作ろうかと思っていたのですが、おいしそうな完成品を見たら作る気持ちは吹っ飛び、つい、作ってあるのを買っちゃった。
これでツキを呼び込んで、今年一年幸せに行けるといいな。
節分の太巻きすしって、ちょっと値段が高いと思っちゃうけど、まあそれは仕方がないか。

節分の仕上げには、やはり豆まき。
ちょうどもらった豆があったので、今年はそれを使おうと思ったのですが……
ううう。調理に失敗。食べられたもんじゃない。
以下、くそまずい節分豆の悲話。画像あり。

すしを買うことばかりに気が行き、豆まきのことをすっかり忘れていた。
買い物を終え、家へ戻ってから、豆を買い忘れたことに気がついたが、ちょうどもらいものの乾燥大豆があったので、それを使うことにした。

夕食後。
フライパンに豆をあけ、ざらざらと音を立てながら煎り始めた。
最初、ちょっと強火にしすぎ、ほどなく焦げてきたので、弱火にし、ガスコンロの、火の小さい口の方へフライパンを移動させる。
ざらざら。香ばしいにおい。なかなかいい感じ。
時間をかけ全体的に火が通った気がしたので、ひとつぶ摘み出し試食。熱っ! なかなか冷めない。
ふうふう冷ましてやっと口に入れたが。

……くっ……固すぎ! 即、口から排出。

もう少し煎ってみる。
まあ、こういことは気長に待てばいいのだ。
ざらざら。ざらざら。
おお、パチパチとはぜる音が。さっきは出すのが少し早かったようだ。
これぐらい煎らないと食べることはできないのかもしれない。
よし、試食だ。

……ガリッ……歯に当たる石のような感触。即、口から排除。

ほとんど先の試食と変わっていないような。

ざらざら。なんだかなあ。焦げてきた。でも火が通っていないから固いんだろ?
そっか。わかったぞ。水分がないんだ!
駄目もとで上から少しだけ水を投下してみた。
ジュウウ……
すごい蒸発量。これじゃあ、吸い込んでやわらかくなってくれるとは思えない。
スプーンで少しずつ水かけをやったが、面倒になり、コップからだーっと注水してみた。

おぉ……?

ぅわ……

なんじゃこりゃ。豆が急に成長し、皮が剥け始めたじゃないか!
しかもほとんど黒に一気に着色。
皮がむけた中身も黒。黒豆じゃなかったはずだが。
これって……もしかして、炭化してる?
恐ろしくなって火を止めた。

試食。

……ぐほっ! カタイ、マズイ、味無、黒こげ。即、口から出す。
それでもせっかくの豆まきだから。
湯気がもうもうと立ち上る黒い節分豆を紙で作ったマスに入れる。
「おには~外! おには~外!」 ……鬼ばっかり。豆たちを残したくない。
見苦しい豆たちは、ほとんど庭先に投げられた。
福は内は数粒。家の中にちょっと置いてみただけ。だれも食べないんだ。
……って言うか、食べられないの! まずすぎるんだよ。

何が間違っていたのか、ネットで調べた。
ああ……豆は先に一晩水に浸してから煎るものだったらしい。
そうか。知らんかったなあ。もう遅いよ。
必死で煎ったんだよ。手が疲れたんだ。40分ぐらい煎っていたのにぃ。
写真は完成した豆の姿。
こんな写真ではまずさは伝わらないと思うけどね(笑)

当分、豆料理は食べたくない。

Return

* Category : 私的日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。