123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-04-30 (Fri)
このごろ、パソコンの調子がすこぶる悪く、とても困っている。
おかしくなったのは、二週間ほど前から。
立ち上げると、直後に画面がまったく動かなくなる、あるいは、プツッと切れて真っ黒画面に。
お気に入りサイトさんの巡回をしている途中で固まってしまい、そのまま画面が上にも下にも動かずってこともある。
うわぁぁあん!
そうなると、再起動するしかないのだが、Ctrl+Alt+Deleteでは、何事も起こらず。
この状態の時は、HDDが動いているかどうかを示すランプが切れていて、キーボードからのどんな命令も受け付けていないようだ。
それでも、POWERランプはついたままで、電源は入っているらしい。
仕方なく、電源ボタンを長押しして、無理やり電源をぶっちぎる。
そして、もう一度起動。
これも途中で切れて失敗する時もあり、うまく成功しても数分で切れることも。
むっとしながら、再び電源長押し、なんてことを数回やっている日もある。
おかしなことに、起動後10分以上経てば、切れることは少なくなり、数時間使っていてもどうもないことも多い。
ううぅ。このやろう。購入してまだ二年以内。
昨年も起動できなくなり、電源ユニットを無償交換。
なんてよく壊れるパソだろう。M社……はずれなのか。
困ってあれこれ調べ、常駐ソフトが原因かと思い、一部をスタートアップから外したが、まだだめだ。
メモリー診断チェック、デフラグ、ウイルスチェックなど、自分にできることは試した。
どれも数回やったけど、異常なし。メモリーは空きに余裕がある。
……ってことは、やっぱり中身がどこか変なのかもしれない。
ウイルスソフトが怪しいと思わんでもないけど、素人だからわからない。
ああ。。。。ホラー大賞の投票は今日までなのに、パソのメンテナンスに時間を取られちまったよ。
適当に投票したけど、あまり読めなかった。残念><
スポンサーサイト
* Category : 私的日記
* Comment : (4) * Trackback : (0) * |

No title * by 柚木あずさ
あー、うちのノートPCでも同じようなことおきたことがあります。
私の場合、ファンにたまった埃が原因でした。
掃除機で無理やり掃除をしたら直りました(壊れるの覚悟でやりました;)

たこ足配線なんかも原因になることがあるらしいので、PC周りの環境を疑ってみるのも良いかもしれません。
まぁ、専門家に見てもらうのが一番ですけれど

柚木あずささまへ * by 菜宮
いらっしゃいませ。
これって、よくあることなのでしょうか。
ネットで調べたら、同じ現象に陥ってマザーボードを交換した人までいて、またお金がかかりそうだとうんざりしていたところです。
埃? 
埃とりをしたら直りますか!?
おお、それなら無料でできる!
今日の昼から時間ができたら、カバーを外して中を覗いてみます。これは期待できそう。
たしかに、パソの周りって、書類がいっぱい置いてあって全然掃除してないんですよ。
キタナイ(~_~;)
これはやってみる価値がありますね。
アドバイスありがとうございました♪

No title * by butapenn
調子いかがですか。
実はうちも4年目のパソが3月に同じ症状になりまして。まだギリギリ保証期間内だったので、修理に出したら、マザーボード交換してもダメで再修理。結局ファンの不具合でした。その三週間が我慢できずに、とうとう新しいの買っちゃいました。PCがいかに自分の生活の大部分を占めているかがよくわかります。

butapennさまへ * by 菜宮
いらっしゃいませ。
今日は、パソコンの線を全部抜いて裏まで掃除をしました。
カバーをはずすのはめんどうだったのでやめて、表面のみの掃除なのですが、結構すごい埃でした。やっぱり汚かったからだめだったのかも。
今、二回目の立ち上げに成功したところです。
これで直ったならもうけもの。
……って調子に乗ってたら、そのうちにまたプツッて切れちゃうかも。
また切れるようだったら、私も買い換えを考えます。
パソなしではくらせない~
そちらは、マザーボードを交換しても駄目とは残念でしたね。
新品、調子はいかがでしょうか。
新品いいなー
コメントありがとうございました。

個別記事の管理2010-04-26 (Mon)
今年は長い!
どう考えても絶対に長いと思うのだ。
いつまでも寒いからだと思うけど、花粉が飛び散る期間がさ、まだ終わらないの。
例年ならば、先週ぐらいから、洗濯物は外へ干しているはず。
今日も室内干し。
しけった室内に、不快指数も上昇。
花粉期間、早く終わって、ぐっすり眠りたい。
就寝中の鼻かみをしなくなった時、私の花粉不眠時期は終り、洗濯物を外へ出すことにしている。
ほんーーーと今年はいつまでも、花粉屋してる。
誰に怒ればいいのやら。

以下、HPの方の拍手コメントの返信です。
butapennさま、続きへどうぞ。

butapennさま

いつもありがとうございます。
やっぱり王侯ものは陰謀がないとね^^
平和なだけではおもしろみがない気がしまして、今回はちょっと動かしてみました。
設定が薄くて恥ずかしいですけど、次が楽しみ、と言っていただけてうれしいです。

私は、そちらのエド様の今後、ものすごく楽しみにしてるんですよー
ああ、どうなるんだろう。。。。
影響を受けすぎて似た話にしないように気をつけます(汗)
拍手コメントありがとうございました。

Return

* Category : 私的日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2010-04-24 (Sat)
更新情報です。

連載「ジーク王子の寝室で、ああっ!
第16話 「捨てたい」UP

ここまでで、原稿用紙換算で110枚ほど。
ちりも積もれば山になっちゃった。
短編として書いた作品がここまで伸びるとは、自分でも思いもしませんでした。
しょーもないネタで、いつまでもねちねちと引っ張るもんだと自分でも笑っています^^;
基本はコメディですけど、ここからはちょっとシリアスぎみの展開に。
どうもワンパターンでつまんないんでね、少し動きを入れてみました。
まだまだ完結には遠いですけど、書きあげたい気持ちだけは途切れていないので、気が向いたら覗いてくださいね~♪
* Category : 宣伝
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2010-04-23 (Fri)
ツイッターの中で、ちょっとおもしろい占いをみつけたので、あれこれやって遊んでいた。

「自分の使える魔法の属性」
結果:「毒」と結果が出た! うん、自分でも納得。

おもしろいので、次々いろいろなシリーズに挑戦。

獣人社会の職業ったー
結果:菜宮 雪は『レスラー体型のサイ獣人で有名大学の柔道部顧問です。仕切りやで趣味は昆虫採集』です。

……サイ! そっか……あんまりかわいくないけど、まあいいや。次、次いこっか。

伝記ったー
結果:菜宮 雪の伝記は第一章「生まれる前から負けていた」、第二章「選ばれざる者たち」、第三章「もう何も分からない」、最終章「最後の祝福」です。

……ぶふふふ……なんと恐ろしい占い。あまりにもぴったりすぎ(笑)現在人生において第三章あたりを通過中か。

バトロワに参加しちゃったー
結果:菜宮 雪のリュックの中身は『ヤカンで、生存率100%です。』

やったー♪ 生き延びたよ。ヤカンさえあれば、私は大丈夫さ。
調子こいているうちにやめておこう。今日はこの辺で。眠くなってきた。。。。。
* Category : 私的日記
* Comment : (4) * Trackback : (0) * |

呟きますか… * by いが
菜宮様、ツイッターやってるんだぁ~
興味はあるけど…フォローしてくれる人がいないと寂しいかなぁと思って二の足ふみふみ (^_^;)
だいたいブログの方もなかなか更新してないからなぁ、ワシ。でもブログより気楽にかけるかな?呟きだから。
どんなもんでしょうなぁ…

趣味は昆虫採集??
わしゃぁ、虫はキライじゃ~

いがさんへ * by 菜宮
いらっしゃいませ。

> 菜宮様、ツイッターやってるんだぁ~

いえいえ、やっていないんですけど、人のブログにくっついているツイッターを覗くといろいろおもしろい情報がいっぱいあるので、お気に入りさんのつぶやきはチェックしているんです。
自分でつぶやいてもいいんだけど、そうなると、ブログ更新がめんどうになってしまうかもしれないから、今のところは手出ししておりません。
それに、気軽につぶやいて、うっかり口をすべらせちゃうかもしれないから、ちょっと怖いってのもありまして。
自分のつぶやきが、どこかに永久保存されてもたまんないし(汗)
たぶん、ブログ更新よりは簡単だと思いますけどね。

> 興味はあるけど…フォローしてくれる人がいないと寂しいかなぁと思って二の足ふみふみ (^_^;)

うんうん。それもあるかな(苦笑)

いがさんの勝手にやってみたよー
「いがぐりん」の名で入れる伝記がおもしろいです。勝手にすみません^^;
「いが」と入れた場合とまた違うので、やってみてねー
コメントありがとうございました♪

こんにちは * by 招夏
こんにちは~

いつもながら、菜宮さんちは面白い情報が満載ですね~(*^_^*)
さっそく私も「使える魔法属性」を自作キャラでやってみました。色々あって面白かったのですが、中でも、植物を操れる力を持つ設定にしてあった者が、ばっちり「植物」と出たのにはびっくりしました(笑)。こんどブログで呟いてみたいと思います。(どうも私はツイッターが苦手なようで…マメでないのが敗因かと…)
楽しい情報をありがとうございました。また、遊びに来ますね~

招夏さまへ * by 菜宮
いらっしゃいませ。
おお、自キャラでおやりになったのですか。それは思いつきませんでした。
私も後でやってみよっと♪

いつもそちらを密かに覗いているんですよー
無言ですみません☆
そちらのツイッターもちらちらと拝見してます。

あ、そうそう。パンダ、完結おめでとうございます!
早速読みに行かねばっ!
また遊びに来て下さいね~

個別記事の管理2010-04-21 (Wed)
「わざに」……意味は、わざわざ。わざと、という意味でも使う。

使い方はこんな感じ。
「わざに作った」
「わざに回りこんで」

この言葉が全国共通語ではないと、私が知ったのは、最近のこと。
私はこの言葉を普段でも使い、作文の中でも無意識に使用。指摘を受けて唖然。
あわてて辞書を引いたが、私の手持ちの国語辞典には載っておらず、人から借りた電子辞書でも出てこず。
辞書に載ってない……ってことは、これは間違った日本語!?
そんな言葉自体、存在していないのかもしれないとびっくり。
ひぃ~と思い、小説の中でうっかり使っていた個所はできるだけ直した。(まだあるかも^^;)

ところが、先週、久しぶりに三重の実家へ帰った時、私の母がこの言葉を使っていたのだ。
「わざに持って来てくれた」
 母の言葉に、むっ、と引っかかる。母が間違った日本語の根源か!
「ねえ、『わざに』って方言? 知らない人がいるみたいなんだけど」
 私がそう言うと、母は
「年配の人なんかよく使うよ~」
 さらっと言ってくれたよ。
「ぶほっ!」
 私は『わざに』を使っていても、年配ではありません! 
へっ……別にここでそれを強調する必要はどこにもないんだけどさ……

どうもすっきりせず、その後、三重弁を紹介しているサイトさんを二つほど覗いたけど、「わざに」は載っていないんだ。
三重弁の中でもマイナーなのか。それとも、やはり母の造語?
疑問を抱いたまま放置していましたが、今日偶然、「わざに」という言葉のことを載せているところを発見。
こちらです。
http://www.weblio.jp/content/%E3%82%8F%E3%81%96%E3%81%AB
こちらによると、どうやら母の造語ではなかったらしいよ……ごめんね、かあちゃん……
しかし北海道語? 京ことば? 鳥取弁? ばらばらだあ。
母とは何の関連もない地域ばかりでございました^^
とりあえず、「わざに」は一部地域の方言として存在しているらしい、と私は結論づけたのであります。
* Category : 執筆関係
* Comment : (4) * Trackback : (0) * |

方言^^; * by 藤夜 要
 あ、私も地方出身者なので、同じ過ちの経験あります(笑

 信州では「まるごと」みたいな意味合いで「さら」という言葉を使うのですよ。
 例えば「それごと全部片づけて」みたいなことを言うのであれば、「それさら全部片付けちゃって」とか。

 でも流石に皆が使っていたので、よくこの言葉を使っている両親に造語疑惑は抱きませんでした(笑

 信州の方言でも、千葉の方言や山梨、静岡の方言と株っていつつ意味が違う、とか色々あるので、三重の「わざに」も、マイナー化しつつもごく一部の地域で使われているのでしょうね、今も。

 言葉って、奥深い(しみじみ

藤夜 要さまへ * by 菜宮
いらっしゃいませ。
信州の「さら」もおもしろいですね。その言い方、知りませんでした。
小説の中で「さら」って使われていても「皿」を連想しちゃうかも。

>  信州の方言でも、千葉の方言や山梨、静岡の方言と株っていつつ意味が違う、とか色々あるので、三重の「わざに」も、マイナー化しつつもごく一部の地域で使われているのでしょうね、今も。

三重で「わざに」を使うのは、うちの実家の近辺だけかもしれないです。一般語と信じきって使っていた自分に大笑いです。
他にも方言とは知らずに使ってしまっている言葉があるかもしれません。
私が書いたもので、意味不明な言葉を発見したら、教えてくださいませ。
コメントありがとうございました♪

あくまでも余談として……というコトで。 * by 羅幻徒
 "わざに"をわざわざツッコんだ羅幻徒です (笑)。
 ともあれ……そうですか、北海道の方言として認知されてるモノなんですね。>リンク先。
 ソノ点で云えば、余計なツッコみだったかも知れません。
 ただ、北海道と一概に云っても、日本の総面積の約1/4ある土地なので、地方毎の差はかなり激しく (実際気候も違いますし)、何より、古来よりの北海道人が住んでいる訳ではナイので (本来の北海道人はアイヌ民族ですから)、本州からの移民の国 (笑) だというコトを考えない訳には行かないかと思います。
 要するに、件の"わざに"を使っている地域はあるかも知れないけれど、京都や鳥取がルーツであって、北海道全域の共通語ではナイ可能性が大きいですし、もしかしたら、雪サンのご母堂がお暮らしになった地域にも同様のルーツがあったのかも知れません。言葉というのは生活の中で波及するものですから。
 ちなみに、札幌近郊生まれで現札幌在住で北の繁華街すすきので働いている北海道人と同じく北海道人の伴侶氏も「"わざと"のコト?」と逆に訊き返してきました。とりあえず、道央では一般的ではナイ、と思われます。>たった2人で判断するのは問題では……。
 ともあれ、北海道人を登場人物として書く場合は、語尾に「べさ」とか「べや」を付けるのが一番かと (笑)。>そんな話では……。

羅幻徒さまへ * by 菜宮
お越しいただきありがとうございます。
「わざに」は北海道の方言? 

北海道といっても広いですもんね。あの広大な土地のどこかで「わざに」が使われている地域があるのでしょうかねえ。
今、北海道方言関係のサイトさんを見ていたら、やっぱり「わざに」載ってました!
高齢者が使っているとのマーク付き。
羅幻徒さまが使っていなくても当たり前かも。
それにしても……私の母はいったい誰からこの言葉をもらってしまったものやら……

小説で変な方言を見つけたら、またご指摘くださいませ。
ブログ内でも方言が時々出ているかもしれません(汗)
教えていただくまで、「わざに」は標準語だと思いこんでいました。
恥ずかしいです。。。。

個別記事の管理2010-04-18 (Sun)
今日は市販の書籍の感想です。Yさまより感想を依頼されていたこの作品。

「天使の歩廊 ある建築家をめぐる物語」 
 中村弦さん作 新潮社  1500円  日本ファンタジーノベル大賞受賞作品

天才建築家、笠井泉二が手掛けた建物たちとその依頼人たちの話で、中身はオムニバス形式。
それぞれの話が独立した短編集なのか、と聞かれれば、はっきりとそうといえず、それぞれの話の中身は時代や場所や周囲の人を変えながら、さりげなくつながっている。
構成がものすごく練ってあると感じた作品だった。
以下、多少のネタばれを含む感想など。

プロローグは泉二の赤ん坊時代がほんの少しだけ出ていて、すぐに第一話へ。
第一話「冬の陽」は、老婦人が亡き夫と暮らす家の建築を泉二に依頼。泉二は、家を作る為に、老婦人の昔話を聞く。
この昔話がなんとも長いんだ。老婦人の語りだけで20ページぐらいあるので、これはもっと少なくてもいいかなと私は思ったけど、それは好みの問題なのかもしれない。
私としては、昔話はどうでもよくて、どんな家が出来るのかが早く知りたかった。出来上がった家に老婦人は満足する。

第二話「鹿鳴館の絵」
この話は第一話よりおもしろかった。泉二の小学生時代の神童ぶり、常人ではないことがここでわかるようになっている。泉二が、知っているはずがない鹿鳴館の秘密通路を絵に描いたことで、鹿鳴館の副責任者があせる話。

第三話「ラビリンス逍遥」
泉二が建てた家に住んでいた作家が行方不明になる話。ミステリーのニオイがぷんぷんする。作家は家から出ていない、それなら家の中にいるはずだ、と読者は想像できるのだが、その家は、迷路のようになっており、作家は見つからない。
この話に関しては、ちょっと結末が不満かな。ネタばれすぎるので、これ以上は触れないけど、謎の家の中に、行方不明になってしまった作家と、我々読み手が一緒に隠されてしまった感覚だった。

第四話「製図室の夜」
学生時代の泉二。彼の、怪しげで不可解な行動がここにも。第一話に出ていた人間の若き日が描かれ、ここで人物関係がはっきりしてくる。幽霊がらみのホラー色があって、これも楽しめた。……といっても声を出して笑うという楽しさじゃないんだけどね。

第五話「天界の都」
泉二と妻のことが出て来て、興味深くこの辺から目を離せない内容になってきた。ここで、泉二がいったいなんなのか、はっきりと固有名詞では出されていないが、なんとなくファンタジックな妄想をかきたてられた。やはりこれはファンタジーなんだよね。

第六話「忘れ川」
泉二の幼馴染の女が建築を依頼。嫉妬した女の夫が銃を取り出し――わー! 
ドキドキした。サスペンス劇場だった。。。。でも、うん、よかったよ。

エピローグは、泉二は出てこず、彼の今の消息が簡単に語られてラスト。ここも第一話と関連。

読了感は不思議な感覚。なぜだかわからないが、だんだんとのめりこんで全部読まされ、読み終わってなんだかほっとしたような、でも読み足りないような、そんな感じ。
私はきっと、もっとこの世界に浸りたくなってしまったのだと思う。
続きが出たら読みたい。
受賞した投稿時よりも加筆修正はしているだろうけど、完成度は高いと思った。
この作品は、いろいろな要素を詰め込みながらも、本筋を見失うことなく、超人的な力を持つ泉二のことが少しずつ明かされていく様子がすばらしかった。

Return

* Category : 書籍
* Comment : (4) * Trackback : (0) * |

No title * by Y
やっぱり読みたい……v-406

Yさまへ * by 菜宮
読みたくなりましたか?
あなたさまのお好みに合うかどうかはわかりませんが、とても読みやすい作品であったことは間違いありません。
ただ、核心が幻想的に描かれて、うまくぼかされている場面もありますので、好みが分かれると思います。
意図的だとは思うのですが、文体は、簡単な漢字をひらがなで使っている場合があり、私はそれが気になりました。
まえ、よこ、とき、ひさ(しい)、などの字がひらがな使用。
参考になれば幸いです。

No title * by Y
一文字で意味の明白な漢字は開いてく手法を今回は使っています。光瀬風。
そうしないと、学術用語や技術用語が難しくてほんとに読みにくい。
幻想的なのは大好きです。
結局なんだったんだろう、というのとか、素敵です。
泉二の正体って、エイリアン?

Yさまへ * by 菜宮
この作品における漢字の開き具合は、おそらくやわらかく見せるためだと思うのですが、あまりひらがなが多すぎると、私は違和感。場所や時間を示す言葉は、ひらがなに統一してあるみたいだけどね。
いま(今)、なか(中)、など、こんな簡単な字でもひらがなになっていて、漢字では不都合なのだろうか、と思っちゃった。ごめん、添削病(苦笑)

> 結局なんだったんだろう、というのとか、素敵です。
> 泉二の正体って、エイリアン?

泉二がなんなのかは、想像はできます。言葉で、これだーという記述はありませんでしたが。エイリアン……ではなさそうです^^;
題名と、各話に出てくる「天使」という言葉がそのヒントに。
そういうところがファンタジーなお話でございました。

個別記事の管理2010-04-16 (Fri)
昨日、アルファポリスさんからメールをいただき、旅行記大賞の投票で一万円が当たったことを知りました。
わ~い! ……と喜ぶ前に、最初はびっくりしました。
ほんとうに当たるんだ……今までずっと投票してきましたが、当たったのは初めてなんで。
よほど運のいい方しか当たらないと思っていたので、思わぬ朗報に、メールを読み返してだんだんと実感がわき、ひとりで、ウフフ。

大賞に入選した作品を的中させたわけではありません。
旅行記大賞の中での私の一押しは、選に残っていたこちらでした。

「旅は恐怖と道づれ」 チーさま

適度に漫画が入っていて、それが絵も台詞もおもしろいんですよ。
これは本になっても楽しいかもって思ったんだけど、残念。
私としてはお勧めですので、お時間があれば覗いてくださいませ^^
* Category : 私的日記
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

No title * by なっち
おめでとーおめでとーおめでとー~~~v-425
私はホラーは投票したけど、当たるといいなぁ。

なっちさまへ * by 菜宮
なっちさま

おめでとーの連発、ありがとうございます^^
ホラーはすでに投票なさいましたか。
はやっ!
とにかく、投票を続けていれば、偶然当たることもある、ということがわかりました。
よし、私もホラーを読みに行きます!
ホラーの中で、おススメがあればこっそり教えてくださいませ。
お祝いのお言葉、ありがとうございました。

個別記事の管理2010-04-14 (Wed)
自作の更新情報です。
自サイトにて連載中
「ジーク王子の寝室で、ああっ!」
第十五話 「帰巣本能?」

ようやく更新です。
なかなか更新できませんでしたが、やっと次話が出せました。
人のブログへコメント入れる暇があるなら、さっさと更新しやがれ!って思う方もいらっしゃると思うんです。
でもね、この話は、家族が傍にいると、時間がとれても書けないんです。
つい……「ひゃ~」とかの台詞が私の口から出ちゃうんで(赤面)
誰もいない部屋で、一人きりでにやにやしながら書きたいの。
あいかわらず、自分だけが楽しい話になってしまい、すみません。
このばかばかしさが、私のストレス解消となっております。あしからず^^
* Category : 宣伝
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2010-04-12 (Mon)
いや、驚いた。
なにがか、と言うと、締切日には遠いのに、もう公募小説を送っている人が何人もいるってことを知ったのだ。

↓のブログをご覧あれ。
日ラブのスタッフさんのブログ。
恋愛小説の公募、日ラブ(7月末締め切り)の応募作品がもう届いている、という記事だ。
写真付きで、おおおおと感動。

その記事のアドレスはこちら。無断につきリンクしておりません。
http://blog.livedoor.jp/tkj_web/archives/1316077.html
ブログのトップはこちら
http://blog.livedoor.jp/tkj_web/


で、ここ↑の記事に載っている写真を見て、数を数えて見ると、写真で確認できる限り14ぐらいかな。
15人近い人が、もう発送しちゃっているわけだ。みんながんばってるね。
――ちょっとまて。7月の締め切りだよ? マジですかこれ。
早く出した方が、じっくり読んでもらえるかもしれないけど……みなさんすごいねー
日ラブは金額がとても魅力的なので、もっと上達したら、いつかは挑戦したいと思っている公募。
早く送ることが勝利の秘訣なの?
公募に挑戦する人たちが、どんな封筒で送っているのかは、とても興味があったので、写真をじっくり観察。
ふむふむ。一番上の大きい袋の人は宅配便かな? あの袋の大きさ、それっぽい。
普通の封筒が多いみたいだけど、硬そうな紙にガムテープで目張りしている人もいるや。
うん、参考になった。
そういえば、郵便局のエクスパックって販売やめちゃったんだね。知らなかった。
代わりにレターパックとかがあるみたいだけど、違いがあまりわからない。
値段が二種類になっただけ?
レターパックって使いやすいのかなぁ……
* Category : 私的日記
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

No title * by 羅幻徒
 早くに提出できるヒトって、相当速筆なんでしょうね。でなきゃ、前回間に合わなかったとか (笑)。>意地悪。
 コレだけ時間に余裕があるなら、もっと読み直しした方が……とも思えるんですけど、熟考したモノ=完成度が高い、と一概にならないのが皮肉というか何と云うか (苦笑)。
 しかも、勢いで書き上げた方が高評価になるコトもあるので、手加減がホントに難しいです。

 トコロで、レターパックですけど。
 サイズはエクスパックと同じなので、使い勝手は変わりませんが、350円で出せる方は郵便受けに入れて貰えるので、受け取る方は楽になります。
 500円の方は従来 (エクスパック) 通りなので、使い分けで切るようになった、というコトですね。
 詳しくはコチラ (http://www.post.japanpost.jp/service/letterpack/index.html) でどうぞ。

羅幻徒さまへ * by 菜宮
情報ありがとうございました。
さっそくご紹介のページ見てきました。
レターパックに変わって、配達記録が付けば500円、ポストへポイでいいなら350円、って感じでしょうか。
参考にいたしますね♪

>  早くに提出できるヒトって、相当速筆なんでしょうね。でなきゃ、前回間に合わなかったとか (笑)。

あはは……私も、筆が速いがいるもんだと思ったんですけど、もしかして、落選作品の使いまわしかも、なんて失礼なことを考えてしまいました。でも複数作品を出している人もいるので、次のを書こうと思うなら、さっさと出して忘れて、次の作品にかかる人もいるか、と思ったり。

>  コレだけ時間に余裕があるなら、もっと読み直しした方が……

うんうん。私もそう思うんですけど、勢いで書いた者の方が、強い場合は実際にありますからね、ぎりぎりまでこね回しても、負けちゃうってこともあるし……
しかし、あの写真をみる限り、まだ開封されていない様子です。
ブログには、締め切りまで保管、と書かれていますから、もしかして、ああやって積み上げられたまま倉庫へ移動し、八月初めまで未開封なのかもしれません。
そうだとすると、今発送しても、ぎりぎりで出しても同じかもしれませんね。
あのブログにしばらく粘着して、様子をみるつもりです。
コメントありがとうございました^^

個別記事の管理2010-04-10 (Sat)
きのうの記事の続き。
文体診断にすっかりはまり、今度は長編でやってみた。

「古家の新婚夫婦」(R15)
この作品の話別で出すと面白いんだ。

第一話
一致指数ベスト3
1.太宰治 88.2
2.佐高信 85.5
3.阿刀田高 84.2
文章評価
1.文章の読みやすさ  A とても読みやすい
2.文章の硬さ  B 文章がやや硬い
3.文章の表現力  A とても表現力豊か
4.文章の個性  B 個性的

第十七話
一致指数ベスト3
1.中島敦 89.3
2.太宰治 89.2
3.芥川龍之介 87.3
文章評価
1.文章の読みやすさ  A とても読みやすい
2.文章の硬さ  A 適切
3.文章の表現力  B 表現力豊か
4.文章の個性  C やや個性的

最終話
1.阿刀田高 91.4
2.海野十三 86.3
3.芥川龍之介 85.9
文章評価
1 文章の読みやすさ  A とても読みやすい
2 文章の硬さ  C 文章がやや柔かい
3 文章の表現力  A とても表現力豊か
4 文章の個性  B 個性的

う~ん。同じ人間が書いた同じ作品なんだけどな……
文章評価も硬かったり柔らかかったり。統一性もなんもないってことか(苦笑)
最終話のトップが阿刀田高さん? やっぱりこの方ですかい。ふ~ん……
読みやすさだけは評価してもらえたみたいだから、喜んでおこう^^
以下、伏せ拍手コメ返信です。
4/10 6:16に拍手をして下さった方 続きへどうぞ

4/10 6:16さま

拍手ありがとうございます。
御作も文章が硬いって? 
そうかなぁ。確かに、御作は、カタカナの絶叫だらけではないので、柔らかいとは言い難いと思うんですけど、硬い硬いと言うほどでもないと思うんですけどねぇ。
これいったい何を基準にしてるんでしょうね。なかなか不可解。
私も自分のをいろいろやってみて大笑いでした。
あまり難しく書いてない作品の方が、いい評価が出るのかも。
また遊びにきてくださいね。
拍手コメ、ありがとうございました^^

Return

* Category : 執筆関係
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。