12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-07-31 (Sat)
暑さはまだまだ続いていますが、きのう雨が降って、少し和らいだように思います。
ちょっと元気が出てきました。それでも決して涼しくはないけどね(笑)

さて、今日はレンタルDVDの感想です。

「幸せの1ページ」 洋画 冒険 約100分
どちらかと言うとファミリー向け 「NIMU'S ISLAND」が原題

火山島で二人きりで暮らしている、海洋生物研究家の父(ジェラルド・バトラー)と、11歳の娘ニム。
生物研究家の父は、娘を置いて生物調査に海へ出るが、嵐に襲われる。
父の留守中に、火山のことを教えてほしいと作家アレクサンドラ、筆名アレックス・ローバー(ジョディ・フォスター)からメールが来る。メールの相手は、ニムが大好きな冒険小説を書いている売れっ子作家だったので、ニムは喜んで応答。
作家アレクサンドラは、メールのやりとりと通して、返信してきた「ニム」がまだ子供で、一人きりで父親を待っていると知る。
アレクサンドラは、島には海賊のような集団が上陸したことをメールで教えられ、ニムには助けが必要だと感じるが、彼女は実は極端な潔癖症の上、対人恐怖症のひきこもり。外へ出ることが怖くて、ニムの救援に向かう勇気がない。しかし、どうしても気になり、ついに家を出て、ニムの元へ向かう。
ひきこもり作家の、普通にはたどりつけない孤島への旅と、遭難した父、そして、ひとりきりの島で奮闘するニムの姿が描かれるお話。……だと私は思った。

以下、簡単な感想。



この物語の主役は誰なのか、と聞かれると、正直私にはわからない。
やっぱりニムかな。
出だしは、島の暮らしの様子などを映しながら、ニムの声で説明が入っている。
主役はこの女の子だと、私は最初は思った。
この説明、ちょっと長いけど、初めに状況を全部説明しておいて、わかりやすくしてあるのかも。
ニムが侵入者を追い払う為の仕掛けを仕込んでいるあたりは、映画「ホームアローン」を思い出した。
仕掛けはもう少しあってもいいような気がしたけど。

なんといっても、ひきこもり作家アレクサンドラの変身ぶりに驚き。
家から一歩も出ることができなかったのに、ニムを案じるあまり、交通手段のない孤島まで行こうとする変貌ぶりに、話についていけない人もいるかもしれない。
彼女は最後は、行動力あふれるすごい女性に。なにがなんでもニムの元へ行こうとする根性は尋常ではなく、執着めいた恐ろしさすら感じさせた(笑)
そういう面が受け入れられるかどうかで、この作品の評価は変わってくると思う。

私としては、楽しめた度は普通かな。
もう一度観たいとは言えないが、子どもが観て問題ない内容だと思った。
ファミリー向けだね。ちなみに、私の夫はつまらないと言ったよ。
恋愛要素はない……でも……終りの方にほのめかしがあるような、ないような。
ま、それ以上のネタばれはしないでおこう^^

Return

スポンサーサイト
* Category : 映画
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2010-07-28 (Wed)
連日、猛暑。
かなりばてております。
今日は久しぶりに最高気温が35度以下に。
現在、外は33度ぐらいだと思いますが、何日も高温が続いた後なので、かなり涼しく感じますね。
感覚がおかしくなってるわぁ。

さきほど、なろうサイトさんのホラー企画へ短編を予約投稿してきました。
なろうの企画物は私は初参加。
予約投稿ってやったことがなくて、かなり戸惑いました。
いつの予約にすればいいのかわからなくて、作品が公開される8/7の夜の適当な時間に予約にしたら、受付されず。
予約設定からやり直しでした(涙)
企画に参加するなら、8/7 17:00の予約にしないとダメみたい。
そんなん当たり前って?
その時間に予約すること、とは書いてなかったから(見落とした?)私は同じ時間に予約が集中したら固まるかも、と思ったので時間をずらしたつもりだったんですがね……
よく考えたら、それじゃあ、企画にならんじゃないか。
ちょっくらバカでございました(--;)
あはは……暑いんでね……頭がどうかしてるのよ。

この企画の参加表明の締め切りは31日まで。
その段階で、小説が投稿予約した状態までできあがっていることが参加条件。
今回は字数制限があり、5000~8000字となっていて、しかも、参加表明時につけるあらすじが200~500字と決められているので、去年より参加者は少ないかもしれませんね。短編のあらすじに200字以上は難しいと思います。
知り合いの作者さんで、参加表明を確認した方も。
どんな作品が出てくるか楽しみです。
* Category : 私的日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2010-07-25 (Sun)
今日も朝から暑ーーーー!
本日の気温も38度ぐらいになりそう。なんだか日ごと気温が上昇してる。
もはや、まともに暮らせない。

先日変更したテンプレ、せっかく涼しげでよかったけど、やっぱり変えました。
過去記事が見られないから。ログインして過去記事管理から入れば自分だけは読めるけど、これは不便だ。
今度のテンプレは、コメント欄のタイトルが出ないことがちょっと残念だけど、また探すのも面倒なので、しばらくはこれにします。

――そんな暇あったら、さっさと小説を更新しろって?
はい……ぼちぼちやります。このところ軽い熱中症で、バテぎみ。
巡回ブログさんたちをだーっと見たら、元気を使いはたしてのびてることが多いです。
ぐずぐずしているうちに夏ホラーの受付がはじまっちゃったよぅ(涙)
出したいと思っていたけど無理かも。(追記:7/28 無事に出せました!)

追記:2010/7/25 13:30頃 
あまりにも暑いので、いったい今は何度あるのだろうと、自宅庭先へ温度計をぶら下げてみました。
地表から1メートルぐらいの高さの木陰へ設置。20分ほど経ったら……
atui
赤い針が温度。灰色の針が湿度。気温は39度弱ぐらい。
暑すぎだあ。気象庁の発表している温度より高いじゃないか。地球熱帯化!
※気温を高く見せる演出はしておりません。
* Category : 私的日記
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

管理人のみ閲覧できます * by -

伏せコメント7/25 11:49の方へ * by 菜宮 雪
伏せコメ様
いらっしゃいませ。

> 38度ってすごいですねぇ。
> 昔は32度で暑い~って文句を言って、そこまで気温が上がらなかったと思うんですけど。

はんぱな暑さじゃないです。きのうの最高気温は37.7度でした。
洗濯物の出し入れだけで頭が痛くなって、もうぐったり。
熱中症対策にはこまめな水分補給、とよく言われていますけど、水分をとっても頭痛は避けられません。
夜は、もちろん熱帯夜なのでクーラーかけっぱなしでないと眠れず。
この体調の悪さはクーラー病なのかな。
クーラーをやめればいいのですが、キチガイになりそうな暑さの中、クーラーをやめて無事でいられる自信もありません。
今日も、いいお天気です。ええ、快晴ですとも! 
地獄のように太陽が照りつけております。せっかくの晴天も全然うれしくないv-278
私も昔は32度ぐらいで、暑い、暑い、と言っていました。
今では……32度! おお、今日は涼しいね、と言っちゃう(笑)
実際に34度以下だとすごく涼しく感じますよ。
コメントありがとうございました^^

個別記事の管理2010-07-23 (Fri)
今日はレンタルDVDの感想です。
前回に続きまして、韓国ドラマ。

「太王四神記」ノーカット版 吹き替えなしでそのままの音声に字幕のみ
全24話 12巻で完結 各巻は120~150分ぐらい
歴史ファンタジー  主演:ぺ・ヨンジュン

前回観賞したのが「宮廷女官チャングムの誓い」でしたので(2010/7/18の記事参照)私が韓国ドラマ好きかと思う方もいらっしゃるかもしれませんね。
それは違いまして、たまたま韓国物を連続して観たというだけなのです。
今回の「太王~」は、夫が以前に少しだけ観たことがあり、全部観たいと言ったので、借りてきました。
……夫、激はまり。
彼は、借りてきたその日に、あるだけ観てしまう。さらにその日のうちに次を借りに行くほどののめりこみっぷり(笑)

私は、この話には全く予備知識がない状態で手をつけました。高句麗の王のお話でした。
ヨン様主演なので、彼のファン向けの戦国ヒーロー的な作品かと思い込んでおりましたが――
いやいや、まいった。ただ戦うだけのお話ではありません。
深い。切ない。こんな苦しい話だったとは。
何回もうるる。。。。
次々借りてきては夜中まで観ていた夫のことを笑っていられない。
ラスト三巻、六話分は一日で一気に観ちゃった。。。。目が痛い。
以下、ネタばれありの感想など。




最初の部分はかなりファンタジーしてる。
神の息子ファヌン(ヨン様)は人の争いを憂い、虎族の火の巫女カジンから火の力を奪い、熊族のやさしい娘セオにそれを与えて平和に使うように願う。セオとファヌンはやがて結ばれ子供が生まれたが、密かにファヌンに恋をしていたカジンは生まれたばかりの子を強奪。
子供のことで火の力を抑えきれなくなったセオは、黒朱雀となってしまい、暴走して世界を焼き尽くし、ファヌンの手で死を迎えた。ファヌンはこの時に戦った四つの力を岩に封じ込める。
それから2000年の時が流れる。
チュシンの星が輝いた同じ日に生まれたタムドク王子(ヨン様)といとこのホゲ。ホゲが天に定められたものだと信じて、彼を王にしようとするホゲの両親。過去の虎族の血を継ぐ集団である火天会が、それを利用して四つの神器を手に入れて天の力を得ようとたくらみ、タムドクは何度も窮地に陥る。

カジンが転生したキハ、セオが転生したスジニとの恋愛がからみ、切なく、悲しい場面がいくつも。
戦闘シーンもふんだんにありで、歴史物としての見どころも満載。

夫がこの話を観たい、と言った時、まずはお試しに一巻だけを借りました。
一巻目は……2000年前の出来事の部分で、四つの神器と神の子の関係を示し、現在とのつながりを描いている部分なのですが、正直言うと、ファンタジー色が強くていまいちでした。
ゲームのアクションシーンのような光が飛び散るCG。
白虎や青龍などもどうも好みではなく……
それに、レンタルにあったのが、ノーカット版しかなくて字幕で読まないといけないこともあり、続きを観ることはやめようと思ったのです。
一巻目を借りてそれきりにするつもりでしたが、やっぱり全部観てよかったー!
別れを覚悟したスジニが、ヨン様の背中に抱きつく場面は涙なしでは観られませんでした。
コ将軍の最期の場面も、抑えた演技に涙。

使われている音楽も素敵。
特に、↓この曲、いいね! you tubeに出てた日本語バージョン(削除されてたらすみません)
http://www.youtube.com/watch?v=BqWDf8OAtG8&feature=related
物語の中ではもちろん日本語ではないです。歌がさりげなく使われているけど、邪魔になっていません。
この動画だけだと、何が何だかわからないと思いますけど(汗)

この話のラストは、誰がどうなったのかがいまひとつはっきり描かれていないので、そこが非常に残念なところでありますが、私は満足です。チャングムよりよかった。火天会の大長老の悪キャラ、強烈だぁ。

恋愛における切なさ度★★★★★
戦闘シーン★★★★☆
陰謀ゾクゾク度★★★★★
ファンタジー的演出★★★☆☆
ストーリー進行★★★★☆
もう一度観たい度★★★★★

Return

* Category : ドラマ
* Comment : (4) * Trackback : (0) * |

* by 悠希
e-260見たい~!

悠希さまへ * by 菜宮 雪
御存知かと思いました。
転生ものなので、あなたさまのお好みではないかと思います。
ただ、一巻目はファンタジー要素が強いので、戦乱がらみの王国記を期待していると、かなりがまんになるかも。
数話観たところでもう一度一巻目を観ると、はっきり話がわかっていい感じです。
私はチャングムより面白いと思ったんですけど、どうでしょうかねえ。
おススメです。

私も! * by ふぢた
チャングムやチュモンもいいですけど、
太王四神記が一番好きかも!です!!
ヨン様苦手だった人も、きっとこれ観て好きになると思いますっ。
でも、確かに本腰入れて見始めたのは、スジニが別れを決意する前後ですねぇ。

菜宮さまは長老ですかー。
えー私は(ダメ出しをされた)青竜もいいしスジニもいいけど、やっぱキハさんかなあ…。
ガイドブック買いかけました(汗)。。。
恥ずかしかったので、目を皿のようにして立ち読み(笑)しましたよ!

私もラストは残念でした。はっきりしなかったのもそうですが、もうすこし壮大な感じが欲しかったです。
このラストは韓国国内でも非難が高かったそうですね。
でも、やっぱりトータルでイイです!

日本神話もこれくらいお金かけたドラマが観たいですねー。

ふぢたさまへ * by 菜宮 雪
いらっしゃいませ。
おお、御存じでしたか。
やっぱりチャングムよりいいですよね~

> 菜宮さまは長老ですかー。

えへへ……あの妖怪男ぶりがいいね。彼のしぐさ、我が家でまねしては盛り上がってます。
うつむきかげんにして眼だけを上を向ける。手のひらを上にして、何かを握るようなしぐさで、低い声で夫に命令(笑)
ふぢたさまはキハさん好き? キハさんは、ちょっと怖い感じだけど、熱を内に秘めた演技はすばらしかったですよね。
青竜の人も好きだけど、台詞が少ないし、スジニに惚れてるのに突撃しないから、もどかしー。
他は……銀髪のサリャンもツボ。
彼が死んでから、そっくりの黒髪の男がキハの傍にいたけど、あれは別の俳優さん?

> 私もラストは残念でした。
> でも、やっぱりトータルでイイです!

うんうん。けが人続出でラストを変更した、という説をどこかでみかけましたが(真偽は不明)ちょっと説明不足ですよね。
それでも、トータルでイイという御意見には同意です。
いいものを観た、と満足してます。
You tubeへ行って浸ってこよう。
「許して」って曲も好き^^
http://www.youtube.com/watch?v=O4LgGZTHGyE&NR=1

コメントありがとうございました♪

個別記事の管理2010-07-21 (Wed)
今日は昨日よりも暑い。
本日の最高気温36.5度!
昨日よりもさらに上昇し、気温は体温と同じ。
水道をひねると出始めは温水だぁ。(室内でも)
明日はもっと暑い予報を見てうんざり

どうやら梅雨は終わったみたいなので、雨のテンプレを変更してみた。
夏らしいテンプレにして、ちょっとでも涼しくなりたいと思った。
が……
テンプレ変更だけではあまり涼しくならないな……
アイスクリームが食べたい。
* Category : 私的日記
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by かみたか さち
テンプレ、涼しげでいいですよ!
金魚に団扇…風流ですね。

このタイプの金魚鉢、昔からあこがれです。
置き場所をとるので、実際に使ったことはありませんが…。

かみたかさまへ * by 菜宮 雪
いらっしゃいませ。
今日もほんっとに暑いですね~
今日はこの辺りの最高気温37度を超えました。
そちらはもっと暑いでしょうか。明日もこんなんみたいで。。。。
今日はすっかりばててました。
テンプレだけでも涼しそうにしたかったのですが、困ったことに、このテンプレ、過去記事をたくさん見ようと思うと出てこないんですよ。
前のページへ進むボタンが付いてない! 設置してから気がついたの。
ありゃ~v-16
過去記事は表に出している数しか閲覧できないと思います。
せっかく涼しそうなのに……変更しようかどうか、迷うわぁ。
いいテンプレが見つかったら、また変更するかもしれません。

こういう金魚鉢……いいですよね~
実際に使うとどうなんでしょうか。
私も使ったことはありませんが、想像すると、水量が少なそうだから、今日なんか、温水になっちゃってるかも(^^;)
コメントありがとうございました♪


個別記事の管理2010-07-20 (Tue)
今日は暑かったですね~
うちの町は最高気温35度を記録。
もっと暑いところもあったようで。みなさま、御無事でしょうか。

以下、ホムペの方の拍手コメント返信です。
かみたかさま
ふぢたさま
続きへお進みください。


伏せ字にしてあります。
かみたかさまへ
あの作品は、料理をよく知らない男が適当にハンバーグを作る、ということが描きたかっただけなので、あるものをぶちこむ、適当にこねる、が入ればいいと思って、深くは考えていませんでしたね。
違和感を持たれてしまってはどうしようもないです。すみません。
自分で作る時は、ほとんどパン粉は使わないです。めったに買わないですねえ。余るから。
ひき肉に野菜はしっかり入れます。玉ねぎの他には、ええっ、と思われるかもしれませんが、レンコンやにんじんをすりおろしたものを混ぜます。野菜不足解消のつもり。
ちょっとぱさつくけどヘルシー。あと、冷凍コーンもちょっとだけ入れちゃう^^
こんなハンバーグ、とんでもないかな。レシピなど見ません。すべて自己流。塩コショーも、もちろん使います。
変な物を家族に食べさせていると笑ってください。
私は生涯、料理人の小説を書くことはできないでしょう!(断言)
「塩」がつなぎになっているのですか。そうなんだー。考えたこともなかったです。勉強になりました。
コメントありがとうございました。



ふぢたさまへ
わーーー!
あれを三つとも読んでくださったのですか!
パンツネタ……す、すみません……意味不明にひっぱって自分だけが楽しんでました。
でも御理解いただけてなんだかありがたく、うれしいです(滝汗流し中
この話の短編小ネタをご希望ですか。
ううむ……社長とナメ子の出会いと結婚までの話は、書きたいと思っているネタなのですが、まだ構想中です。
暇ができたらいつか出すつもりです。
そちらの作品をぼちぼち読ませていただくつもりでブクマしてます。
またお邪魔いたします。感想と数回の拍手、本当にありがとうございました。

Return

* Category : 返信
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2010-07-18 (Sun)
拙ホムペに拍手コメをいただいた方々、ありがとうございました。励みになります!

さて、今日の記事はレンタルDVDの感想です。

「宮廷女官 チャングムの誓い」DVD 全18巻 各話は約1時間で、1巻に3話ずつ収録

ネット友達の誰やらが、これにはまっていたようなので、どれどれと私も観賞。
宮廷という閉鎖された空間での権力争いや陰謀など、ドラマは緊張の連続。
いろいろな料理が出てくる(特に前半)ので、料理好きな人にはたまらない作品だろう。
以下、多少のネタばれあらすじを含む感想。


両親を亡くしたチャングムは、母の願いを叶えるため宮廷へ入る。水刺間(スラッカン)の最高尚宮(チェゴサングン)を目指し、水刺間の女官になったが、陰謀などにより流刑に。それでもあきらめず、宮中へ戻る為に医女の勉強をし、持ち前の前向きな姿勢で難しい病に取り組み才能を発揮していく。相思相愛のミン・ジョンホに支えられながら数々の手柄をたて、母や師匠の無念を晴らし、やがて、女性としては初めて王の主治医になる物語。(……と私は思った)

このドラマ、とにかく、ああどうしよう……って場面がとても多い。
大切な食材が盗まれたり、荒されたり、何度も何度もドキドキ、ハラハラ。
チャングムが王の健康記録に関する日誌を盗んだ時なんか、もう、観ていてたまらなかった。
彼女の積極的な行動が危険を招くので、やめとけばいいのに、って何回思ったことだろう。
それでも自分の意志を貫き通す為に、あえて危険を冒す姿勢がすごい。
もちろん、人にはめられて、彼女が落ち込んでいる場面もあった。
それでもまた立ち直ってひたすら前へ進もうとする。
努力は報われる、そんな言葉が彼女には似合う気がした。

わくわくしたのは、彼女を何度も殺そうとしたチェ一族の崩壊のお話のところ。
私は悪役のチェ尚宮が結構好きだった。
思い通りにことが運ぶと、ニヤリとほんの少しだけ笑うあの表情や、自分の立場がやばくなると、眼球が左右にきょろきょろと動く落ち着かない顔も好き。
チェ尚宮はドラマの中ではあまり老けなかったので、いくつぐらいで死んだのかはよくわからなかったけど、美しい悪役だったね。

私が借りたレンタルDVDはノーカット版ではないと思うけど、それでもいいや。
一巻観ると三時間かかる。これ以上長いと時間をとるのが辛いかも。
最終話はちょっと延ばしすぎ感ありだけど、全部きれいにしたラスト。
満足度は四つ☆ぐらい。
うん、まあまあおもしろかった。

Return

* Category : ドラマ
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

観ましたか! * by 悠希
面白いでしょ~。なみやさまと趣味が合って嬉しい!
私は星五つあげてもいい。
読者を安心させない浮き沈みが一話にかならずひとつあって、エンタメの真髄ですね。
あの悪役チェ女官の女優さんは「朱蒙で」も金蛙王の第一妃で、朱蒙のお母さんをいじめる役回りみたいです。
そういう役どころに向いているのね。

それにしても、中国ものを見慣れていると、韓国の宮廷って、ちんまりしてますね。

悠希さまへ * by 菜宮 雪
いらっしゃいませ。
貴女様がいつもチャングム~チャングム~と言っておられたので、私も興味を持ちました^^
児童書で少しだけ読んだことがあるのですが、あまり面白いとは思えず。
ドラマの方が断然面白いですね。
チェ尚宮の人、これが悪役としては初めてだったみたいです。
さきほどwikiでみてきたら、最初はハン尚宮役だったらしい。
彼女のハン尚宮……それも見たかったな~

> 韓国の宮廷って、ちんまりしてますね。

そうなんですか。
チャングムの話の中では、どこまでが宮廷か、私にはいまひとつわかりませんでした。
菜園も宮廷の中?
そこまで行く途中の山も宮廷の一部なのかな、と思ったり。
どこかで説明を見落としているかもしれません。
コメントありがとうございました♪

個別記事の管理2010-07-16 (Fri)
きのうはすごい雨でした。今日は青空がちょっとだけ覗いて、とても蒸し暑いです。
これで梅雨明けになるといいな。

拙ホムペで連載中「ジーク王子の寝室で、ああっ!
第25話「医術師ロムゼウ」UPしました。

更新することが自分のストレスにならないよう、ゆったりとやっております(^^;)
遅更新ですみません。

以下、ホムペ拍手コメント返信です。
7/16 かみたかさま 続きへお進みください。

かみたかさま

拙作への感想、ありがとうございました。
小麦は使わないから、話としては成り立たないでしょうか?
おお、そういう突っ込みは初めてです。
私はつなぎとして使います。変かな。
実はね、テレビのバラエティ番組をヒントにしたんです。
その番組では、女性のタレントさんが料理をつくっていたのですが、あるタレントさんが小麦の代わりに重層で天ぷらをあげたんですよ。
見た目はまったく普通のてんぷらに見えました。
そしてそれを口へ入れたら……あははは。。。。。
みなさま、おそろいで口に手を当て(以下、自主規制
完全に食べた人はひとりもいませんでした。

これがあのお話の元。実際に私は重層でやったことはないので、本当に固まるかどうかはわかりませんが、作中では卵を使っているので、一応固まるのではないか、と思い込んでおります(苦笑)
ご指摘は、ストーリーの都合でどうしても直せないことですので、見苦しいものをお見せして申し訳ありませんが、あのまま放置させてください。
かみたかさまの作品も後日読ませてくださいませ。
お読みいただき、ありがとうございました(*^_^*)

Return

* Category : 返信
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2010-07-15 (Thu)
今日はまたしても劇団四季の「オペラ座の怪人」を観に、雨の中、大都会まで出かけてました。
ん? 前に観たじゃんか、って?
うん、確かに以前も記事にしたよ。2009/11/04の記事
やっぱりあれは何度観てもいいと思うね~。
お金と時間がかかっても。
しがない内職者にはちときついお値段だけど、観たいものは観たい!

本日のキャスト
怪人 佐野正幸さん
クリスティーヌ 高木美果さん
ラウル 鈴木涼太さん

佐野さんの怪人を観るのは二回目。前にも思ったけど、この人は本当に泣いていると思いました。
涙は確認できなかったけど、鼻の下は確実に濡れてたね。光ってたもん。
汚いとかそういうことよりも、なんていうか、狂気に満ちた愛を感じました。
やっぱり怪人がかわいそうだと思ってしまうのは私だけかな。

今日は、一階の後ろの方と二階席に男子高校生の団体さんがいっぱいいました。
(女子がいたかどうかはわかりません)
元気そうな彼らに、失礼ながら、静かに観賞できるのだろうか、と心配になりましたが、それは考えすぎでした。
最初こそざわついていましたが、「落札!」の声が響いて舞台が始まると、彼らはすぐに静かに。
カルロッタが出てきたところぐらいまで少しはざわつきはありましたが、その後は彼らはしんとしてくれてよかったです。

「オペラ座の怪人」のお話って、三角関係っぽい恋愛ミステリーだと思うんです。キスシーンもありますし。
男子高校生の彼らがこれを観賞してどう思ったのか、ちょっと知りたかったですね。
誰かブログに今日の感想を出してないかと探しましたが、わかりませんでした。
愛を語る場面なんか、退屈しなかったのかしら。歌ばかりだし。
いや、その前に話が理解できたのかどうか。
公演が終了して、ぞろぞろと出口へ向かっているときに、「あんな終り?」みたいな声は聞こえましたが……

ふふふ……若い兄ちゃんたち、あの終りだからほっとするんだよ。
原作どおりならすっきり帰れません。
私は性懲りもなく、また観たいと思って、雨の中を浮かれながら帰りました^^
* Category : 私的日記
* Comment : (8) * Trackback : (0) * |

船のシーンだけは辛うじて記憶が… * by いが
観たのは多分20年近く前…(汗)
あん時は感動した(はずだ)けど、今思い出してもまったく筋が浮かんできません…お得意の健忘症??
うーん、私ももう一回観たいわ。
その前に「すっきりしない」という原作の方を読んでみようかしらと思いました。

いがさまへ * by 菜宮 雪
いらっしゃいませ。
観賞なさったのはだいぶ昔?
それならば、ぜひ、もう一度観てくださいよ。
あれ、あれ、と新しい発見があること間違いなし!
私の昨日の発見は、ウバルト役の人が、マスカレードのところでピンク(と思う)の直毛ロングのかつらをかぶっていたこと。
これは全く記憶になし。
出てきた彼がその後、階段上のどこにいたのかもわかりました。
前回はクリスティーヌばかりに目が行き、そういうところは全くみてなかったです。
不思議ですけど、同じものを観ても、大人になってから観ると、以前はなんとも思わなかった場面で泣けちゃうv-356
それは私だけかもしれないけど……
コメントありがとうございました^^

観たくなりましたー * by ふぢた
おじゃまいたします。
わたし、てっきり原作のラストを想像していて
それで舞台も「暗くなるから観にいかなーい!」と思っていたのですが、
ラスト違うんですか!
おお!ちょっと行きたくなりました。。。
もうほんと、怪人せつないですよね。
でも、わたしもだいぶ大都会まで出ないと観れません…(涙)。

ふぢたさまへ * by 菜宮 雪
いらっしゃいませ。
原作を知っておられるのなら、四季のミュージカルを観て、内容がよくわからなかった、ということにはならないと思います。
ただ、ミュージカルが苦手な方にはおススメできません。
歌や踊りがいっぱい入りますので、お好きならぜひ!

ラストで暗くなるかどうか……ファントム派の方はうるる。。。ラストの死ネタはありませんけど(途中はあり)、やっぱり暗くなるかも(汗)
それでもね、観るんじゃなかったよ、とは自分は思わないので、ついおススメしたくなるんです。

ふぢたさまはいろいろな本を読んでおられるのでしょうか。
怪人の生い立ちのお話「ファントム」(扶桑社ミステリーより出版)という本、もしも既読でしたら、感想を教えていただけませんか?
読みたいけど、買ってはずれだといやなので、新品でなく中古で探してます。(新品で買えよって?)
コメントありがとうございました^^

れすこめに * by ふぢた
失礼いたします。
扶桑社の「ファントム」気になったんですけど、
イメージ崩れるのが恐くて読んでません(汗)。
こういうの、当たり外れありますもんね。参考にならなくて申し訳ないです!
中古で見つけられたら、ぜひ感想を!!
(そして聞いてから読もうという魂胆;)

四季のオペラ座の怪人、音楽聞いただけで泣いてしまうかもです。
映画も良かったですけどね。
生シャンデリアをやはり観たいです。。。

み、観たい! * by かみたか さち
観に行きたいです!
観るならぜひ、特別企画があるという、
SS席で観たい…。

友達に四季の会のメンバーがいるので、
秋に3人で行こうか!と言われながら、
そのうちの一人が、ご主人と行くということで、
すでにチケットを購入…。
ふられてしまいました(涙)。
ひとりで行くかやぁ…

Re: れすこめに * by 菜宮 雪
ふぢたさまへ
お返事ありがとうございます。
「ファントム」は未読ですか。残念。
ちょっと読みたいけど、どうなんでしょうね。
確かにおおせのとおり、二次創作のたぐいだと思うので、イメージが崩れるかも。

> 四季のオペラ座の怪人、音楽聞いただけで泣いてしまうかもです。

泣いてください! 
私は泣きそうになってました。号泣、とまではいきませんけど、じんわりと涙が出そうに。
でも昔は全然泣けなかったんですよ。歳を重ねたせいかしらん。
昔、一緒に行った女友達は、怪人の大ファンだったのでぼろぼろ泣いてました。
ふぢたさまは映画を知っておられるなら、舞台は物足りなく感じるかもしれませんけど、生の舞台のよさはあります。
機会があれば、ぜひ、鑑賞なさってくださいませ。

Re: み、観たい! * by 菜宮 雪
かみたかさまへ

いらっしゃいませ。
観るならやはりいい席で!
私は会員ではないんですけど、知り合いが会員なので、会員先行予約日に頼んでチケットを買っています。
先日は6列目でした。シャンデリアの端がすこしかかるくらい。
やっぱりいいですよ、前は。
ラウルの人が、カーテンコールの時に、泣きかかっているのがわかりました。
表情がはっきり見えるのは前の特権。
そのかわり、怪人が上の方から顔を見せる場面は見にくいですが(笑)

> ひとりで行くかやぁ…

一人でOKですよ。私も先日は一人でしたし。
一人で来ている人は結構いるので、恥ずかしくないです。
一枚だけなら、前の方の席がポンと空いている時もあるので、会員のお知り合いの方に空き状況を見てもらうといいでしょう。
ログインした会員サイトからなら、どの席が空いているのかネットで確認できますよ~
特別企画日は人気があるので、いい席がほしいならすぐにでもチケット購入を。
コメントありがとうございました^^

個別記事の管理2010-07-13 (Tue)
この記事は、以前、当ブログ内でご紹介したネット小説の移転のお知らせです。過去記事2010/3/1参照。

守谷優生さまの「裸婦」が新サイトへ移転となりました。作風わけをなさって、二号店として新たなサイトを開設し、「裸婦」はそちらへ移動ということです。
守谷さま、連絡ありがとうございました。ホムペの方はさっさと変更しちゃいましたよー^^

守谷さまの新サイト 「茉莉花ドラッグ」 こちらでの名義は森井茉莉恵さまです。
※R15~R18作品あり 


作風を分けて別サイトにしておられる方って、時々見かけます。その方が読者さまに来てもらえるかもしれません。いくつも管理しておられる方もあり、すごいと思います。
私はそんなに作品がないので、ごちゃまぜになっております(汗)
拙ホムペはどんどんカオスに。もっといっぱい作品が増えたら、作風分けもいいかもね。
* Category : 紹介
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。