12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-08-31 (Tue)
こちらは今日も猛暑です。最高気温は36度を超えました。
なんで今年はこんなに暑いんでしょうね。クーラーなしで最後に眠った夜はいつだったか……
気分転換にテンプレ変更してみました。

ねずみ話の参考に、動画サイトをあちこち見ていたら、こんなの見つけました。
You tubeへ飛びます。削除されてたらすみません。

http://www.youtube.com/watch?v=7ikm3o5hDks&feature=youtube_gdata

この動画、ちょっと驚愕。ネコがネズミに襲われてる~~~!
いや、気持ちよく触らせているのか?
ネズミにあごの下をなでられたネコちゃんの、一瞬だけの恍惚顔がおもしろい。
知らなかったけど、ネズミってこんなこともするんだね。
それともこれは作られた映像なのか。
ネズミはCG? あるいは機械仕掛けのぬいぐるみ? それにしてはよくできすぎている。
作り物だとは思えない。
お時間がある方は、これのその2もご覧あれ。こちらはネズミの方がいっちゃってるよ……
ネズミ、恍惚として箱からずるずると転落!

http://www.youtube.com/watch?v=B-h2YxyncyU&feature=channel

……うん……このネズミさんの動きはジーク王子の創作に役に立ちそうだ^^
ネズミは片時もじっとしていないんだなぁ。よくわかった。
スポンサーサイト
* Category : 私的日記
* Comment : (10) * Trackback : (0) * |

おおお * by 悠希
うちの犬と猫は仲良しだけど、猫とネズミは盲点だった。
そういえば、つい最近だけど、ゆうちゅうぶで仔猫の世話をしているうちに母乳が出るようになった雌犬(日本・北海道)というのを見ました。
うさぎと猫、ギニーピッグと犬とか、インコを頭に載せる猫とか、アヒルと犬猫同居とか、草食肉食も、一緒に暮らしていると仲良くなるものらしいです。

No title * by かみたか さち
一緒に飼われると、あんなふうに仲良くなるのでしょうか?
猫も、コネコにじゃれつかれてるみたいな反応ですね。
らぶり~。

No title * by butapenn
きゃわいい~。ニレナネズミにかじられてるジーク王子みたいでした。
生き物の実際の動きや、風景・建物の描写は、実際に見ているのと見ていないのとでは全然ちがいますよね。
たとえ、たった一文であったとしても、きちんと裏打ちがある表現は光っています。

下の話題ですが、菜宮さんのネット小説紹介は、私もおおいに参考にさせていただいてます。的確にあらすじと、おすすめポイントを書いてくれているので、すばらしいと思います。

悠希さまへ * by 菜宮 雪
悠希さまへ

> うちの犬と猫は仲良しだけど、猫とネズミは盲点だった。

ですよね! 愛があれば、種族の違いなんて……(笑)
でも普通は襲うと思うんですけどねえ。全く不思議な動画です。

> そういえば、つい最近だけど、ゆうちゅうぶで仔猫の世話をしているうちに母乳が出るようになった雌犬(日本・北海道)というのを見ました。

あとで探してみますね。動物ものの動画ってすごい数なんで見つけられるかなあ。
犬とアヒル(だと思う)の子のおもしろいのはみつけました。
↓これです。アヒルさんが食べられそうで怖い!
http://www.youtube.com/watch?v=ficwZQYmRLE&p=5CA68060FBB54578&playnext=1&index=61
お時間があればみてくださいね~

No title * by いが
このねずちゃん、ネコさんを完全にお母さんかなんかと思いこんでるんじゃ…?

これを見ていて思いだしたことがひとつ。
あのトムとジェリーで、トムがヒトメボレした美人ニャンコへ、競うようにジェリーも猛アプローチ。んで、ジェリーが勝つんだけど、美人ニャンコの方は、ジェリーにちゅっとキスされると、その味?で相手がねずみであるのを思い出したようで、舌なめずりをしてジェリーに襲い掛かってくる。慌てたジェリーが逃げるのをトムがニヤリと見てる、ってなオチ。

この映像のネコちゃんはきっとねずみ狩りなんてしたことないから舐めてもなんとも思わないんだろうね~。
むしろ、ねずみの方が突如凶暴化しそう、とか見えなくもない…ホラー映画じゃないって?ハハ、夢のない私…
ねずみよりはやはり断然ネコがかわいい…
しっかしデカイねずみだナァ。
学生時代に実験で飼ってたヤツを思い出してしまいました…ウゲ。

かみたかさまへ * by 菜宮 雪
かみたかさまへ

> 一緒に飼われると、あんなふうに仲良くなるのでしょうか?

そうかもしれませんが、不思議ですねえ。
ネコの方も嫌がっているのか、喜んでいるのか、よくわかりませんけど、なにげにネズミをかわいがってるし(笑)
何度見ても癒されるわ~
愛は本能を超える!?

butapennさまへ * by 菜宮 雪
butapennさまへ

いらっしゃいませ。

> きゃわいい~。

ですよね! 私もこの動画は気に入っておりまして、何度も見ました。やっぱりかわいいっ♪
ありえない取り合わせなのに、なんだかじゃれあってる。
飼い主さん、すごい! どうやって育てたのか、気になるところ。

私の紹介記事を参考にしてくださっているとこのこと。
ありがとうございます。
その時の気分で、選んで書いておりますので、ご期待に添えないものもあるかと思います。
開いてみて期待外れだったらすみません。

そういえば、犬祭り、はじまっていますね。あとでのぞきにいきます♪

いがさまへ * by 菜宮 雪
いがさまへ

いらっしゃいませ。ようやく自由時間がとれましたか?

> このねずちゃん、ネコさんを完全にお母さんかなんかと思いこんでるんじゃ…?

そうか! あのなつきっぷり、母親と信じているかも。
ネコちゃんの方も、なんだか子猫をかわがっているように見えます。
擬似親子?

トムジェリ、探してみます。Youtubeにあるかな。
ニオイでネズミだとわかれば、襲いたくなるのがネコの本能だと思うのですが、そういうネコばかりじゃないみたいですよねえ。

> むしろ、ねずみの方が突如凶暴化しそう、とか見えなくもない…ホラー映画じゃないって?

えぇぇぇ! ねずみが凶暴化!? それ怖いですって(笑)
ネコを安心させといて、数が増えたらネズミ一族でネコを襲うとか。ホラーだぁ!

> しっかしデカイねずみだナァ。

うんうん、私もそう思いました。だから、これはぬいぐるみではないのかと一瞬思ったり。
でも本物っぽいですよね。
ネズミの種類ってよく知りません。
自作で登場する黒ネズミは架空のネズミ。そういう種類はいないことを確認した上で使っておりますがイメージはあの動画そのもの。白いネズミさん……人なつこい種類なのかな。かわいい……

うひょー * by 熊と塩
今更ながら見ました。
うちも昔は猫とハムスターを一緒に飼ってましたけど、こうはいきませんでしたよ。当時はこの関係に憧れたものですけどねえ……やっぱり子供の内から一緒にしておかないとこうはいかないらしくて。ハムちゃんにはストレス掛けてたみたいで、早死にさせてしまいました。
未だにハムスターとかこの動画くらいのネズミだとか、ウサギだとか、猫以下サイズの小動物は飼いたいですが、駄目だろうなあと諦めてます。

あー本当に羨ましくなってきた。
そして萌え萌え。

熊と塩さまへ * by 菜宮 雪
熊と塩さまへ

いらっしゃいませ。
そちらでは、ネコとハムスターを一緒に飼ってたんですかー!
すごい取り合わせだと思います。
この動画のようになることは珍しいかもしれませんね。
ネコとネズミがくっついているのは、見ているだけで癒されますよね~
ネコも迷惑がっているように見えて、時々ネズミをかわいがっているところがこの動画の見どころ。
うん、萌え萌え^^
コメントありがとうございました!

個別記事の管理2010-08-29 (Sun)
この頃、日によって、アクセス数が3ケタを超える日がある。
このブログの常連さんはそう多くなく、日参してくださっているお客さんはおそらく10人以下だと思うので、いったい何事だろうと解析を見てみたら、ネット小説感想サイトのリンク集にここが登録されていることがわかった。
リンク集はこちら
ここは、リニューアル前に私も覗いたことがある場所。活動していないサイトさんのリンクも入っているが、ネット小説の良作を探すには非常に便利な場所でもある。
まさか、自分のブログ名をあそこで見ることになるとは。
どなたか親切な方が、拙ブログをネット小説感想ブログとして登録してくださったらしい。 
……とはいえ……当ブログの感想は気まぐれであり、そんなにたくさんは出していないので、あの場に名を連ねるのは申し訳ない気持ちも。

どなたかさま、ありがとうございました。今後も良作を見つけたら、たま~に感想を出すつもりですが、ご期待に添えなかったらすみません。

ネット小説だけでなく、市販の書籍にしても、映画にしても、感想を出すことは、自分としてはとても力を使う作業。
あらすじはできるだけ自分で書き、少し感想を入れる。批判ならば気に入らない理由を明確にする、というスタイルで今までやってきた。
どうしてこんな手間のかかることをやっているのか、と時に自分でも思う。
ブログを閉鎖しても誰も困る人はいない。
だが、まだ今は、自分の文章力をつけ、視野を広げる為に、もう少し続けようと思う。
出した感想に対していろいろなコメントがくると、驚きや喜びも連れてきてくれて、妙に楽しいのだ。
もちろん、書いた感想に対し「それは違うよ」「過大解釈」など否定的な意見をもらうこともある。
それはそれで、一瞬がっかりはするが、違った視野を手に入れた気分になる。
感想……本当に時間がかかる道楽。

以下私信です。裏乃さま、続きへお進みください。





裏乃さまへ

お越しいただき、ありがとうございました。
当方は、無責任な匿名掲示板への紹介は一切しておりませんので、ご安心ください。

当ブログは、投稿サイトの小説感想が多いか、といわれればそうかもしれません。
「小説家になろう」というサイトさんは、私も投稿でお世話になっているなじみ深いサイトさんなので、ちょっとの暇ができるとつい覗いちゃいます。
ただ、あのサイトさんは、最近は、小説を書き始めたばかりの若い方が増えてきており、プロレベルの作品は少ないです。
ここでは、素人小説としてはなんとか読めるレベルの物を紹介しておりますが、あくまでも素人の作品なので(プロの人もいるけど)辛口屋さんだとおっしゃる裏乃さまのお好みの作品はないかもしれませんね。
裏乃さまのお眼鏡にかなう作品がございましたら、ぜひご紹介ください。

裏乃さまのブログ、小説のことなど書かれていて、大変興味深いです。
日参いたします!
今後もよろしくお願いします^^

Return

* Category : 私的日記
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by かみたか さち
感想…書くのが苦手です。
あらすじも、どこをまとめたらいいのか、分からない。
ので、練習のつもりで、みくしぃで今、
読んだ本のあらすじと感想を書いた、読書記録的なものを日記としてあげています。
そこで自分が書いたのを見てみると…
半分は、批評というか、書く立場からみてたりして。
(構成とか文章の感じとか)
素直な自分の感じたことって、文章にするのが難しいと、しみじみ思います。
それもひとつ、モノカキの練習かなぁと。

時間かかるけど、それをやってる理由は、
一番は、自分、書くことが好きなんだ、ってことかな♪

かみたかさちさまへ * by 菜宮 雪
かみたかさちさま

いらっしゃいませ。

> 感想…書くのが苦手です。

そうですか? そんなことはないと思います。実は私は、ミクシィのあなたさまのページはすでに覗いております。
菜宮の名ではなく、まったくの別名なので、わかりにくいですが、今からあちらを覗きますので、足跡を確認してみてくださいね~
マイミクが数人しかいないさみしいやつです。

> あらすじも、どこをまとめたらいいのか、分からない。

同意! あらすじって難しい。人のをまとめるのは特に。
でも、修行としてはかなりいいと思います。これがきちんとできるようになれば、短編でも長編でも書けるようになると、私は思いこんでいるのですが……だめでしょうかねえ。

> 半分は、批評というか、書く立場からみてたりして。
> (構成とか文章の感じとか)

あはは、それ、私もそうだ! つい自分が書くなら、こうする、みたいなことを考えてしまいます。
……って感想になってないって(苦笑)

> 一番は、自分、書くことが好きなんだ、ってことかな♪

うんうん。確かに。何かを書いていないと落ち着かないのでは?
では、足跡付けに向かいまーす!

個別記事の管理2010-08-27 (Fri)
なんとなくネット内を巡り、たまたま目に付いたところを開いた。

トラウマ児童文学レビュー募集します!」って記事

見たところ、電子書籍の案内みたいだけど、児童文学でトラウマって……
トラウマ……精神的外傷。精神に持続的な影響を残すような激しいショック。体験など(学研国語辞典より)
他の人がどんな本を読み、どんなトラウマをかかえてしまったのかはちょっと好奇心がくすぐられる。

自分の場合は、児童文学のトラウマと言ったらこれ。
「兎の眼」 灰谷健次郎著
女教師の話。
この作品をおススメする人は多いと思う。夏休みのこの時期、感想文用として読んだ人もいるのではないだろうか。
私がこの本を手にしたのは高校生の頃。
感想文用に何かないかと困っていた時、人に勧められたのだった。

……ううう……数ページで読み捨て。だってさ、冒頭がね……気持ち悪い。グロイ。
立ち読みはこちらでできます。お食事中注意!
http://www.kadokawa.co.jp/tachiyomi/bunko/index.php?pcd=199999352001
カエルを踏みつけている男の子の描写がいきなりで、もう、うえぇぇぇ……
それ以来、しばらくはカエルを見るたびにこの作品を思い出して、胸が悪くなった。
今、あらためて冒頭だけ読んでみると、思い込んでいたよりもグロくないと感じたけど、やっぱり気持ち悪い。
続きを読みたいとはどうしても思えず、この作者さんの他の作品が話題にのぼると、この作品のカエルの描写がよみがえってしまう。
この作品、おススメ人いわく、名作らしいね。
でも、どんなに名作と言われても、私にとってはそうではなく、読み通すことすらできない作品だった。若かりし日の私には刺激が強すぎた。あの頃は神経質だったのかも(遠い目ーー;)
カエル……兎の眼……灰谷さん……グロイ人。
そんなサイクルが完全に脳に刷り込まれちゃった。
もう少し読み進めれば、気持ち悪くなくていい作品だよ、と勧めた人は言ったけどね。
私はもう無理だったのよ。
ああ、トラウマ。

以下、ホムペ拍手返信です。ふぢたさま続きへどうぞ。

8/26 21:15 ふぢたさまへ

いつもありがとうございます。
ネズミが早くみたいですか?
はい、すみません。そのうちに出します。
もう少し進めば、エディンの家に舞台が移りますので、またネズミ登場予定です。
遅更新ですが、お付き合いいただけたら嬉しいです^^
拍手ありがとうございました。

Return

* Category : 私的日記
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by 悠希
灰谷先生はなかなかハードだよね。
あの方のバックグラウンドは小説より奇なりだよ。

私のトラウマは……う~ん「赤いろうそくと人魚」かな。
「蜘蛛の糸」も、お釈迦様そこで見捨てるか! 
と思いました。

悠希さまへ * by 菜宮 雪
悠希さまへ

灰谷先生はお好みでしょうか。
私は、あれでだめになっちゃって、一作も読んでおりません。

ゆきさんのトラウマは「赤いろうそくと人魚」?
あれも暗いねー。なんだか寒々した話だったわ。たしかに心に沁みつきそうな湿っぽさ。
「蜘蛛の糸」も駄目ですか?
あれ、私、好きです。
糸が切れちゃうところなんか、結構いい感じだと思ったんですけどねえ。
欲を出すから、糸が切れて落ちちゃった、ざまあみろ、って(ひどっ!)
あの作品でトラウマになる人がいたとは!
ゆきさんおやさしいv-238

個別記事の管理2010-08-25 (Wed)
久しぶりにホムペの方を更新。

連載「ジーク王子の寝室で、ああっ!
第27話 「厨房の女」UPしました。
本日更新分は、4000字ぐらい。
全体の量は、原稿用紙換算だと、スペース無視で212枚ぐらいかな。
遊んであれこれ入れているうちに、こんなに伸びちゃった。さっさと話を進めなければ!
ああ……早く、ネズミのところまで話を持っていきたい……
目標はまだ遠し。地味にがんばります♪

ついでにホムペ内を少しいじりました。
リンク先や筆名が変更している方の訂正に加え、自分のプロフィール欄は削除。プロフィールなんて、なくても問題ないからね。あまりページ数が多いと管理しきれません。
* Category : 宣伝
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2010-08-24 (Tue)
何度か話題にしておりました、小説家になろうサイトさんの公式企画「夏のホラー2010」はやっぱり一日限りの企画だったみたいですね。
問い合わせしたわけではないのですが、企画公式サイトの専用ツイッターはすでに掲載されていませんから、終わったってことでしょう! って……全然見ないうちに真っ白だぁ。
企画には、なろうサイトさんのトップページからはまだリンクできますが、それもいつ消されるかわからないホラーぶり。
自分も参加しておりましたが、一日限りの企画とは全く知りませんでしたよ(笑)
あまり盛り上がりもなく終わっちゃったなって感じですけど、活動報告にてこの企画の良作を紹介していたすごい方を発見したので、ここでご紹介。



ロメルさまの活動報告。こちらで、この企画のランキングが出てます!
http://mypage.syosetu.com/mypageblog/view/userid/62045/blogkey/69485/
もちろん、これはロメルさまの個人のお好みランキング。
私の好みではないものも上位にありますが、選ばれた作品は、自分のは別として、どこか光るものばかりだと思います。
この方が選んだホラー作品の中で、私が以前の記事で紹介しなかったけど印象強だったのはこの三点。

小さなお客様」 門道火偉さま
これは怖くありません。うるるな泣きもの。後半の主人公の感情に同調できるかどうかが、この作品の評価を分けると思います。私はじわっと来ました。

僕らの失恋日記」 河童さま
ノリのいいタッチで描かれるコメディホラー。ラストがなんだかほほえましくて印象に残りました。じっくり読みとけば、笑うラストじゃないのかも。でも軽くっておもしろいです。

夢日記~よかった~」 胡麻油じゃこねぎさま
この作品は、私としては、後味の悪さナンバーワンでした。なんでも思い通りになる日記の話。気味悪さを感じるホラーです。読みやすい文章でさらっと書かれているのですが、ものすごく印象が強いです。結末にはやりきれなさが残りますが、作品としては大成功かと思いました。

ロメルさまの活動報告だけでなく、評価した作品のところもかなり参考になりました。
この方、すごい評価数。拙作もいつの間にか評価をいただいていました。
ロメルさま、ありがとうございました^^

Return

* Category : 紹介
* Comment : (5) * Trackback : (0) * |

コメントありがとうございます! * by ロメル
 活動報告へコメント、ありがとうございます。また、ブログで紹介までして頂き感謝の念にたえません(*^▽^*)
 『夏のホラー2010 ~百鬼集帖~』を読破された方から評価して頂けた点、とても嬉しく思います。グロテスクな作品や謎だらけな作品でも、それが怖さの要素になっていれば評価しましたので、順位に疑問を持たれるところもあることと思いますo(_ _)o

 一日限りの企画だったことについて、私も他の作者様との間で話題にしておりました。一夜で120作品も読めるわけないやろ(ノ`Д´)ノ彡┻━┻ということで。

 最後に宣伝を……。バックナンバーで紹介されている『人形供養寺』ここプロ様の作品の『三千世界(短編集)』が文章もオチも秀逸ですのでお勧めです。お時間がありましたらぜひご一読ください。

追伸 * by ロメル
追伸:ここプロ様の『三千世界(短編集)』既にお気に入り登録されていましたね。失礼致しました。

ロメルさまへ * by 菜宮 雪
ロメルさま

辺境のブログへようこそ。
すばらしい活動報告のランキングに心より拍手を送ります。
あれはさぞかし時間がかかったことでしょう。
今回のホラー企画はまた、すごい数でしたので、読むだけでも大変ですし、紹介するなら題名や作者名を間違えてはいけませんし、手間のかかる仕事だと思います。
本当にお疲れさまでした。

ここプロさんの「三千世界」、おススメですか。すごい作者さんですよね。
実は私はこの作者さんのことは、この企画を通じて、初めて知ったのです。
「人形供養寺」を読んで、気に入り、ここプロさんの作品一覧へ。
まだ全部読んでいないので、暇を作って楽しむつもりです。
コメントありがとうございました。
気が向いたら、また遊びに来て下さい^^

こんにちは * by 招夏
こんにちは~

ホラー、マジで一夜限りだったんですね~(・o・)

あ、「翠~」を御サイトに載っけていただいて、ありがとうございました。参加するってことは、書くだけじゃなくて、きちんと読んでフォローすることまでが参加なのだと、菜宮さんの姿勢に感動、敬服しております。私も見習わねば。

私もいちおーね、知っている方の分から~と読み始めたんですよ。そこまでは良かったんです。で、次に登録順に…と読み始めて…挫けました。正直に言うと「目、鼻、朽ち」で挫けました^^;。鳥肌たっちゃうんですよ。夜中にふと、ヒマワリを見てふと…ぎゃああ、鳥肌がぁ!って……。やはり、私にはホラーは向いていないみたいです(苦笑)。

また、どこかでご一緒できる日を楽しみにしています。たぶん、ホラー以外で…(^^ゞ

招夏さまへ * by 菜宮 雪
招夏さまへ

いらっしゃいませ~
勝手にホラーの作品にリンクしてすみません。
御作のラストがいい感じで、気に入ったので、つい載せちゃいました^^

ホラー企画のバナー、ついに、なろうのトップページからなくなりましたね。
やっぱり一日限りだった?
8月いっぱいは楽しんでくださいってことだったのかな。
予告だけ早く出して、120以上の作品が出そろっているのに、一日限りの企画とは不可解でした(笑)

>読んでフォロー

いえ、それは違います。
自分が出た以上は、人のを読んで勉強しようかと思って、今回はがんばりました!
最初は、読んだの全部に感想を入れようかとはりきっていたのですが、それは無理だとすぐに挫折。
知り合いの人+数人で私の感想意欲は燃え尽きてしまったので、自ブログで少しだけ出したの。

「目、鼻、朽ち」……ああ、あれだ。憶えています! 残念ながら好みではなく。うう…キモチワルイ。

>やはり、私にはホラーは向いていないみたいです(苦笑)。

そうですかねえ。御作は、あれでいいのでは? 私はとても好みだったので、素敵だと思いました。
機会があれば、ホラー以外でご一緒できたらいいですね。
案が浮かべばですけど。
またよろしくお願いします^^


個別記事の管理2010-08-20 (Fri)
北海道旅行から戻って早二日。
自宅の暑さにすっかりまいっております。

旅行は終わっちゃったんだなーと思うとさみしいですね。
忘れないように、ここへ思い出として書き留めておきたいと思います。
8/21画像を追加でアップしました。この先、少し重いです。

礼文島、利尻島、稚内、の順で回ったのですが、一番良かったのは礼文。
礼文の日は、お天気があまりよくなくて、しかもすごい風。
帽子なんぞ、かぶっていられません。
おでこ全開写真ばかり(笑)
でも礼文はよかった! ※礼文観光関係者さんの回し者ではありません^^
ガイドさんに言わせると、その日の風はまだましな方らしいです。
もっと風の強い日もあるとか。
それでも景色としては最高でしたね。天然のお花畑もあったし。
花シーズンとしては終りがけなので、枯れているのもありましたが、桃岩展望台への道はまだ咲いているものもいっぱいありました。
礼文の先っちょ、スコトン岬の売店で売っていた限定販売のプリンを買いました。普通の黄色のと、レアチーズプリンを買い、外のベンチで食べようと思ったら、すごい風で、スプーンの袋が飛んで行ってしまったよ。拾うことはできず。ごみしてごめんなさいOrz
それでもめげず、プリンを食べようとしたら、霧雨が降り始めました。
わーーー
口を開けかけのプリンを持ってバスへ避難。
……バス内で無事完食。めっちゃおいしかった
ガイドさんがおススメするだけあって、あれはもう一度食べてもいいな。
ふわっとしてトロっとして……思いだすと、よだれが。。。。

スカイ岬の海の色。透明感のある青。どういう色の絵具を使えば、あれを表現できるんだろう。
画像ではいまいち色がはっきりでませんが……
sukaimisaki

日によっては海が霧で見えないこともあるらしいので、私は幸運でした。
ここの売店ではトド肉の串焼きが売っていたので、食べてみました。
……サカナっぽい……肉だよ。肉の形をしてる。でもサカナの味がするんだ。
くじらの肉にサカナ味のするたれをつけたって感じ。
これは好みが分かれると思うね。トドは海の生き物なんだ! 海のニオイ。

利尻では、オタトマリ沼のところで売っていたソフトクリームがおいしかったね。
はまなす味と、笹味を買いました。
はまなす味はアセロラドリンクの味に似ているので、好みが分かれるかも。
笹味は抹茶みたいだった。
そこへ行ったことがある知人は「万年雪」というソフトクリームを勧めてくれましたが、そんなにあれこれ買えないので、万年雪ソフトは次回(また行くのか?)行けたら挑戦したい。
天気がよかったので、暑いくらい。ソフトクリームが幸せ。
おかげで利尻富士はばっちり見えました♪ 画像の山中にある白いのは本物の万年雪です。
risirifuji

……って食べることばっかりだ。では景色の話。
利尻は天気がよかったので、フェリーターミナル近くにあるペン岬に朝一番で登ってみました。
90メートルぐらいの標高ですが、息は切れたぁ。ゼイゼイ(運動不足^^;)
汗を流して登った後は気分爽快。
頂上は360度の展望に、程よい風が吹いていて、海鳥の声がにぎやか。
利尻を去る時に、フェリーからこの岬が見えて、あそこに登ったんだーと満足でいっぱいになりました。
ここへ写真をつけようと思ったんですが……
カメラからの読み込みが今日はなぜかうまく行きません。時間がかかりそうなので、画像添付はなしです。すみません。

追記:画像アップできました♪
pesimisaki
傾斜のゆるい方を登りました。

二つの島、どちらも公共の温泉がありましたが、行きませんでした。
宿へ着いたら、ごろごろ転がっておしまい。
夜は暇だったんですけどね……酒が入ってしまうともうダメ。いよいよ動きたくない。
宿の大浴場でそこそこ満足でした。
地元の人は公共の温泉を勧めてくれるらしいので、行けば新たな楽しさがあったかも。

フェリーは思ったよりも揺れませんでした。
結果……爆睡
これから島へ行く人の為に。
フェリー乗り場には時間があってもさっさと並びましょう。
二等室のごろ寝スペースは早い者勝ち。
船に乗り込んだら、まず場所とりしましょう。
できれば大型タオルを持っていって体にかければ、寝ていても恥ずかしくなし、冷房よけになります。
船室は男の人も一緒なんで。
行きも帰りも、酷い寝姿をさらしてしまい、赤面でした

また行きたい! ああ、でも予算が……それから暇も……

Return

* Category : 私的日記
* Comment : (6) * Trackback : (0) * |

* by 悠希
写真楽しみにしてます!
温泉逃したのは残念ですね(←温泉マニア)

悠希さまへ * by 菜宮 雪
悠希さまへ

> 写真楽しみにしてます!

今取り込み成功したので、記事の中にアップしますね。
少し加工したけど、ちょっと重いわ。すみません。
うまくアップできるかな? 携帯からだと見られないかもしれません。

> 温泉逃したのは残念ですね(←温泉マニア)

温泉がお好き? 私も大好きです♪
宿の風呂には二度入りました。
やっぱり大量の湯にど~んとつかるのは最高です。
礼文、利尻、どちらの島にもなかなか綺麗な公共浴場がありましたよ。
お天気が悪くて景色の観光ができなかったら、温泉でゆっくりしてもいいかと思いました。
コメントありがとうございました!

* by ふぢた
さすが山並みの傾斜が急ですね~。海風の影響なのでしょうか。。。
青い空に緑が萌えて、周りは海。いいですねえ。
温泉にソフトクリーム。いいですねえぇ。
妄想貯金をしておきます(笑)。

ふぢたさまへ * by 菜宮 雪
ふぢたさまへ

傾斜、どこも結構急でした。利尻は火山だから裾野はなだらかですが、山肌はみての通りです。
礼文は風が強いし、過去に火事があったとかで、大きな木がほとんどありませんでしたね。
でもいいところでしたよ~
食べ物もおいしいし。カニ、ウニ、タコ、イカは毎日出ました。
でも、さすがに数日カニを食べづつけるとあきます。贅沢!
妄想とおっしゃらず、ぜひ来年の夏にでもご家族で……
冬はたいへんなところのようです。
コメントありがとうございました^^

* by かみたか さち
お天気に恵まれて良かったですね!
どこへ行っても雨で、
どのロープウェイ乗っても、先のゴンドラがかすむくらいの霧に恵まれる私からすると、風なんて問題ないです!

温泉やフェリーのアドバイス、活かせるときが来るのを祈っています。

かみたかさまへ * by 菜宮 雪
かみたかさまへ

いらっしゃいませ。
旅の満足度は、お天気がかなり左右するかと思います。
私は降られたのは少しだけなので、助かりました。
旅行中、一度も傘を開かずです。

かみたかさまは、「雨女」ならぬ「霧女」でしょうか。
ロープウェイで霧だらけも悲しいっすね。
先ほどそちらを覗きましたよ。
かみたかさまは、キャンプに行っておられたのね。
……暑くなかったですか?
キャンプ! って言うと、クーラーなしのイメージです(笑)
山中でも暑そう。。。。
このところまた暑いですよね~
なんなんでしょう、この暑さ。
お互いにバテないようにしましょうか。
コメントありがとうございました♪

個別記事の管理2010-08-19 (Thu)
この記事は当ブログ伏せ拍手コメントへの返信です。

8/19 5:59 Yさま
8/19 20:28 Fさま

追記8/19 21:26 Kさま

続きへお進みください。

8/19 5:59 Yさまへ
いつもありがとうございます^^
「サ」の方の所、今見てきました!
あちらも……私と同じようなもんですね……洗濯物がどどっと(笑)
現実に戻ってがんばります。またよろしくお願いします。

8/19 20:28 Fさまへ
礼文、涼しかったですよ~
ぜひ、来年の夏にでもご家族でいかがでしょう。
ただし、お天気が悪いとどうしようもないかもしれませんが。
私は夢が終わってしまい、脱力中でございます。
執筆活動をそろそろ再開しますので、またよろしくお願いします^^

8/19 21:26 Kさまへ
いらっしゃいませ。
ご主人は北海道はもういいと?
それは残念ですね。
それなら、ご主人置き去りにしちゃいましょうよ(こらっ!)
ぜひ、来年にでも……

Return

* Category : 返信
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2010-08-18 (Wed)
旅行から帰ってきました。
北海道の北の方面へ行っていたんです。
礼文、利尻、稚内。
北のはて、宗谷岬も行きました。あそこは24度ぐらいでそんなに涼しくなかったけど、それでも、私の自宅とは気温が10度以上違うから、帰ってきたら、自宅は地獄に感じました。
閉めきっていた家の中は熱気がもわわ~~~

礼文は少し雨に降られたので、涼しかったですね。
長袖Tシャツ+上着ぐらいで。
利尻は快晴。暑いぐらいでしたが、それでも避暑になりました。
時間とお金がかかりましたが、少し熱中症が楽になったので、行ってよかったです。

楽しかった旅が終り……洗濯物の山。
さあ、そろそろ洗濯一杯目ができあがる。干すとするか
* Category : 私的日記
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by 悠希
おかえりなさ~い。いいなぁ、北海道。
「チロヌップのきつね」という悲しい童話絵本とか思い出しました。

悠希さまへ * by 菜宮 雪
悠希さまへ

いらっしゃいませ。
別に北海道でなくてもよかったんですけど、どこか涼しいところへ行きたかったの。
湿度はそこそこあるので、気温の割には暑さも感じましたが、天気が悪いと寒い!
涼めました^^

> 「チロヌップのきつね」

……泣ける話ですよね? 気分がいい時に再読したいです。図書館で借りてこよう。
コメントありがとうございました。

個別記事の管理2010-08-14 (Sat)
明日から出かけます。
数日の国内旅行ですが、ちょっと遠出。なんだか天気が怪しい……ま、それはどうでもいいとして。

明日の朝、出発前にメールチェックを済ませたら、パソから離れるので、申し訳ありませんが、それ以後のメールはすぐに確認できません。
お急ぎのコメントの方は、当ブログのコメント欄へ書きこんで下さいね。
このブログのコメント欄だけは、携帯でチェックしようと思っています。

ホムペの方の拍手コメ、なろうサイトさんのメッセージ、感想、活動報告へのコメント、それから、当ブログ内拍手にてのコメントはすべて返信が遅れますが、よろしくお願いしますm(_ _)m
* Category : お知らせ
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by 悠希
お気をつけていってらっしゃ~い

悠希さまへ * by 菜宮 雪
悠希さまへ

ありがとうございます。
今準備をしていたところです。
箱から離れるのは落ち着きませんが、たまにはそれもいいかもしれません。
ホラーですっかり疲れてしまった目を休めようと思います。
では、また^^

個別記事の管理2010-08-13 (Fri)
あいかわらず、なろうサイトさんのホラー企画に張り付いていた私です。
やっと最後の作品まで目を通しました。
途中読み捨てもありますが、作者さんの他の作品を見に行ったりしていたら、かなり時間がかかり、結構疲れましたね。
とりあえず、全部開いた、という達成感だけはありますが^^
次々読んでくと、不思議とだんだん怖くなくなってきました。慣れちゃったよぅ。

以下は私がいいと思った作品たちの中から、そんなに怖くなくて、恐怖を与えるだけが目的のホラー作品ではないものを厳選でご紹介。
――どうも……ここに通ってくださっている方々は、ひ~こわ~~~!っていうのをあまりお好みでなさそうな方が多そうなんで(笑)

翠の王国」(R15) 招夏さま
ファンタジー色、恋愛色、強し。軽い性描写あり。
記憶のないミトは、オークと暮らしている。オークはミトを愛してくれてる。ミトもオークが好き。でも……ってお話。ミトの記憶を取り戻させようとするティスの存在でおもしろさが加速。残酷ささえ感じる愛を描くラストの数行が特に光ります。

三十秒の」 日々野さま
主人公の元へ荷物が届く。開封したが、他人の荷物を間違えて受け取ってしまったのだと気がつき、中身はよく見ていないが、何が入っているのか気になり添付の書類を見ると……ってお話。
他人の荷物の中身、気になりますよねぇ。ホラー企画ということを上手く使い、どんなすごいものが入っているのか想像をかきたてられます。オチに拍手を送りたくなる作品です。

暗闇の中の子守唄」 TETRAさま
親から継いだ駄菓子屋を閉めることにした男。呪われていると言われるデパートの、警備員になり、人がいないはずの場所で、子どもの泣き声と女声の子守唄を聴く。わずか5700字ほどなのに、あれこれ入った設定が無駄だとは感じさせない良作。
最初は、駄菓子屋のことは蛇足ではないのかと思いながら読んでいましたが、これは不可欠。ラストへ導くための一つの道具として使われていました。ラストは唐突だと思う方もいらっしゃるかも。でも物語の結末としてはほっとするものでしたので、私はよかったと思いました。

他にもすごいなーと思う作品はありましたが全部は紹介しきれません。ぜひ、会場を覗いてくださいませ。
ところで――
いつ閉幕なんでしょう。この企画って、やっぱり一日限りなの?
なろうさんのトップページには、「開催中」と出ていますが、公式サイトのトップには「一日限りの」って書いてある! もう終わってるの? 
なんで参加者が知らないんだよー(苦笑)
試しに、私の参加作品を少し改稿してみました。大きく改稿するとエントリーが無効に、というような連絡を受け取っていたので、どうかなぁと思ったんですけどね……どうってことなかったです。
企画の名簿から削除されることはありませんでした。終わっちゃったからかね?

Return

* Category : 紹介
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by ふぢた
読みました~。
「翠の王国」と「三十秒の」はオチが命ですね。「翠の~」は主人公が疑問に思った段階でちょっと読めてしまったのであれなんですが…名前も鍵でしたしね。でもファンタジックな感じが美しかったです。
「三十秒の」は…とりあえずあんな荷物はいやだってことで。勘弁。
「暗闇の中の子守唄」は、作中で時間がかなり経過するので場面が飛び飛びな印象がありましたが、背景・情感・設定という点で素晴らしかったと思います。
う~もうちょっと長くして後半の描写を入れたほうが、と思いますが、字数制限があるのですよね。惜しい。
オムニバスドラマで是非見たい感じですねぇ。
なろうさんのホラー企画、まだ続いてるんですねー。エンドレスなホラー…うーん。一番恐いかも。
ステキ作品教えてくださり、ありがとうございました!

ふぢたさまへ * by 菜宮 雪
ふぢたさま

いらっしゃいませ。
「短編はオチが命」に強く同意です。
今回、企画に参加して、短編ホラーばかり次々読んで、私もつくづくそう思いました。
結末が怖かろうが、怖くなかろうが、やっぱり鍵はラストですよねぇ。
今回ここへ上げた三作品は、どれもラストから来る印象が強く残ったもの。
ふぢたさまも、題名を見れば内容を思い出し、ずっと忘れられない作品になるのでは?
紹介作品を読んでいただき、ありがとうございました^^
ふぢたさまのおススメ、ありましたら、教えてくださいませ(*^_^*)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。