12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-10-30 (Sat)
ネット友達のYさまが、ブログで、時々「赤壁」のことを話題にされていたので、興味がわき、私もDVDを借りてきた。

レンタルDVDを探しに行ったんだけど……
Yさまの「赤壁」ってどれ?
三国志の赤壁の戦いを描いた作品って、似たようなのがいくつかあって迷う。
Yさまがおっしゃる「赤壁」は一巻では終わっていないらしい。
夫に相談したらおそらくそれは「レッドクリフ」という作品のことだろうというので、二本で完結していると思われるそれを借りてきた。
「レッドクリフ Part1」
「レッドクリフ Part2ー未来への最終決戦ー」

Yさまが観たのと同じだといいな。
こんなのです。
俳優さんの名前がわかるYoutube
http://www.youtube.com/watch?v=rwZ1mIVbRr8&feature=related

以下、簡単な感想。

戦いものとしての見どころは、将軍たちの驚異的な強さ(人間ばなれしてる)もあるけど、それよりも、やっぱり諸葛孔明と周瑜の策略。
味方でも、すべては語らず。
弓矢不足を解消するために、敵の弓矢を集めるシーンはおもしろかったね。
そんなに集められるのか、と疑問はあったけど、弓矢ホイホイ船で大漁(笑)
霧の中で、わら人形の船に敵の弓矢をいっぱい打たせ、まんまと弓矢集めに成功。
演じている俳優さんたちも楽しそうに笑っていた。
うん、あれは楽しいだろう。作戦がうまくいって、私も高笑いしたい気分に。

女性の活躍も、戦いの中に組み込まれている。
絶世の美女として知られている周瑜の妻の人、ため息が出そうなほどきれいだった。
かわいさと色気が両方あるわ~
夫婦が愛し合う場面が少しだけあったけど、エロさよりも、夫婦愛の強さを感じ、二人とも生き残ってほしいと願わずにはいられなかった。
クライマックスの二人、どうなることかと目が離せず。
見ていて力が入って肩がこっちゃった。

三国志をよく知っている夫に言わせると、この映画は展開が少し遅いし、自分のイメージとはちょっと違うのだそうだ。まあそれは仕方がないだろう。
展開が遅いか……確かに二巻目、さっさと時間を進めて攻撃に入ってもいいかな、と思ったところはあったけど。

火だるまだらけの戦闘シーンは、見ていてこちらも熱くなりそうだった。
この映画、私としては満足。長い時間を使ったことに悔いはない。
他の赤壁も見比べてみようかな。今はそんな気分だ。

ところで。
この時代って、日本って何やってたんだ?
資料本で確認。
西暦208年……弥生時代だ。邪馬台国の卑弥呼が生まれていたかどうかぐらい。
卑弥呼が魏に遣いを送ったのは239年、となっている。
……邪馬台国って結局どこにあるの?
場所も特定できないような国のことを教科書で教えているのは不思議なことだね。

Return

スポンサーサイト
* Category : 映画
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

No title * by Yです。
うん、これ!
満足いただけて良かったです。

邪馬台国は北九州でオケだと思います。
交易の利点や現在発掘された遺跡から分析できる文化の高さを考えると、畿内よりも北九州が先に発展したと考えるのがしっくりきます。
場所が特定できなくてもあったということで。

里程の基準が古代の魏と日本と違うのが問題のようですが、最初の征服王朝が九州から畿内へ移動しながら諸国を平定していったというのは、記紀の解釈と考古学的な解析からも自然な流れのようですし。
で、ヒミコの時代はまだ戦国時代のようですから、本州までは覇権できてないのでは。
個人的な意見ですけど。

Yさまへ * by 菜宮 雪
Yさま

ご覧になったのと同じでしたか。よかった。
いい作品を教えていただき、ありがとうございました。おもしろかったです。
視点をかえて描けば、諸葛孔明なんて、ものすごく腹黒く作れそう(笑)
小喬なんて、色仕掛けの得意な悪女にできそうです。
もっといろいろな「赤壁」を観たいですね。

> 邪馬台国は北九州でオケだと思います。

Yさまは北九州説ですか。確かにその方が自然ですね。
「魏志倭人伝」そのものが現実を脚色した作り話なのではないか、と私は思ったりしてますよ(こらっ)
邪馬台国って国家がどこかにあったのでしょう。それは本当のような気がします。
コメントありがとうございました(*^_^*)

個別記事の管理2010-10-27 (Wed)
私の小説置き場「菜宮雪の空想箱」の方に、新しい相互リンクさまを追加しました。

招夏さまの小説サイト 「エメラルド☆ファンタジア
一部年齢制限あり・SF・ファンタジーなど

私が招夏さまのことを知ったのはだいぶ前だと思います。
あれ? 記憶があいまい。二年ぐらい前かな。
確か、アルファポリスさんのSFのジャンルで名を見かけた気がします。

その後、2009年の夏に開催された第二回目の恋愛ファンタジーコンテスト(作者名は伏せられ、投票結果発表時に公表)に私が参加したとき、初めてご一緒しました。
作者名が伏せられた作品たちの中のひとつに、パンダの作品があったのですが、招夏さまは他の企画でもパンダネタで参戦しておられたので、パンダはたぶん招夏さまだろうと私は予測を出しました。
当時、同じコンテストに参加表明しておられたBさまのブログは、関係者が集まって作者予想コメントで盛り上がり、招夏さまともそこでお会いすることに。
作者名公表後……やっぱりパンダは招夏さまだったー!
その後、コンテストの感想を別名で入れてくださったのが招夏さまだったと知り、私は喜んでブログへ遊びに行きました。
今年の夏はホラー企画でもご一緒させていただきました。

招夏さまの作品は、当ブログ内でもとりあげたことがあります。ご興味のある方は、当ブログ内検索で記事をお探しください。
ジャンルに細かくこだわらず、のびのびと書いている作風が私は好きですね。

招夏さまは企画に参加することに燃えておられ、いろいろな企画に挑戦中。
現在「小説家になろう」サイト内で開催中のSF企画「空想科学祭2010」に参加中。
そちらの作品は、招夏さまのブログ内で一部の参加作品の紹介感想が出ていますので、ご興味のある方はブログ「招夏の庭」さんへ。
招夏さまは、11/3から開催の「オンライン文化祭2010」にも参加なさるそうです。
企画に参加するのって、結構体力使うと思うんですけどね……次から次へとすごいお方です。


招夏さま、拙サイトへリンクしていただき、ありがとうございました。
御サイトとつり合うようなサイトになるよう、努力します!
こんな私ですが、これからもよろしくお願いしますm(_ _)m
* Category : お知らせ
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

感謝です~ * by 招夏
こんばんは菜宮さん

メッセージありがとうございました。相互リンクまでしていただけると聞き、お礼にとはせ参じてみれば……あぅぅ、ブログネタにまでしていただいている。感謝を通り越して、昇天しそうです(笑)。

企画参加……はい、今回は、やり過ぎたと少しばかり反省しておりますです。何もかも中途半端になっているような気がして……。勢いってやつは恐ろしい~(苦笑)

また、何かの企画で菜宮さんとご一緒できる日を楽しみにしております。(こりてないし~(^^ゞ)

色々と、ありがとうございました。多謝!

Re: 感謝です~ * by 菜宮 雪
招夏さま

いえいえ、こちらこそ、感謝しています。
リンクしていただけるなんて恐縮です。
私のサイトの方は、あまり更新しないし、たいしたものを置いていないので恥ずかしいです。

私も招夏さまを見習って、もっと積極的に企画に参加せねばっ!
勢いを少しだけ分けてくださいませ^^
これからもよろしくおねがいします。


個別記事の管理2010-10-26 (Tue)
今日は夫と二人で紅葉見物に出かけました。
行く先はヘブンス園原。決して近くはない場所なので、早朝からお出かけ。
ロープウエイとリフトで上がり、紅葉まっさかりの林道を富士見台めざしてハイキング。
紅葉はよかったよーすっごくきれいだった。
赤、黄、オレンジ、それに常緑樹の緑に、樹の幹の茶。白っぽい花も。
こんなに見事な紅葉はなかなかみられるものではないです。
今、見頃! がんばって遠くまで出かけたかいがありましたよ。

ヘブンスさんは、だいぶ過去にスキーで行ったことがあるのですが、雪のない状態は初めてみました。
お花が植えてあって、センターハウス付近には、うさぎなどのかわいい動物もいました。
ゲレンデとしては小さいので、物足りなさを感じますけど、紅葉とハイキングにはいいですね。
上の方はガスで一瞬しか下界が見えなかったし、ちょっと寒かったけど、それでも大満足でした。


ハイキング途中の林道からの写真。
この写真じゃよくわからないかもしれないけど、とにかく色がはっきりしていていい感じ。
全体的に黄色が多いかな。黄色に染まった針葉樹がたくさんある。
それを見た夫は、木が虫にやられて枯れているのじゃないか、という。いや、それは違うって。紅葉だよ。
北海道で覚えてきた、エゾマツや、トドマツとも違うし。
落葉する針葉樹……と言ったらカラマツだよな?
ほら、確か、北原白秋の詩にあるじゃない。
「からまつの林を過ぎて……からまつはさみしかりけり」みたいなの。
昔読んだその詩の背景が、紅葉したカラマツだった。
だから、落葉の針葉樹ならカラマツだと私は決めつけ、これはカラマツだと夫に教えた。
……もしも違ったら……夫よ、嘘を教えてごめん☆
「カラマツ」は今は黄色。一部茶。そこにいろいろな赤が入って林は鮮やかでした。

以下、「空想箱」拍手コメ返信
かみたかさま 続きへどうぞ

かみたかさま

>ダブルニレナ

あははは……実は今回の題をそれにしようと思ったんですよ。でもダブルって使うと現世っぽくなって変かと思ってやめたんです^^
とにかく、話をそこへ持って行きたくて。
ちょっと苦しい無理やり展開ですけどこれでやっと、両ニレナがそろうので、話を進めることができそうです。
読んでくださり、ありがとうございました(*^_^*)

Return

* Category : 私的日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2010-10-25 (Mon)
パソコンが壊れて、数日前まで、すっかり世間に乗り遅れていた菜宮です。

携帯からだと、閲覧はあまり慣れていないので、どうも使いにくいですね。
あれ、と思うことがいくつかありました。
もちろん、プラグインはみられないし、パソコンからみると表示されているコメント欄がなかったり(意図的?)、拍手コメを入れたはずが入らなかったり(メッセージの確認は出ても、送信しました、が出ないサイトさんもあり)と、なにかと不便でした。
ひとつ発見。携帯って30分以上使い続けていると裏が熱くなるんだー
今までこんなに長く携帯を使ったことがなく、知りませんでした。

パソコンが戻ってきてもうすぐ一週間。この見やすさに新鮮なうれしさを感じます。人のサイトをのぞくには、やっぱりパソコンからがいいね!

以下は「空想箱」の方へ拍手コメをいただいた方への返信です。

悠希さま 
追記(10/26 20:45):ふぢたさま
続きへどうぞ

悠希様

誤字指摘ありがとうございました。
すみません、おおせのとおり「増大」と書こうとしたつもりでした。別の言葉にして直しておきました(*^_^*)
あまりにも変な言葉を見つけたら、またお知らせくださいませ。
公募に追われているお忙しい時、貴重なお時間をいただいたこと、感謝します^^


ふぢたさま

>王子様のサドっぷりに磨きがかかっているような

あはは……菜宮はそれを楽しんで書いております!(あたしがSかも^^;)
ジーク王子のような、ああいう男は現実では嫌いですけど、物語の中ならちょっとしたアクセントになって楽しい♪
模範的な王子様では自分が満足できなくて。
エディンに降りかかる災難はまだまだありますけど、後味の悪いラストにはしない予定なので、また覗いてくださいね~

Return

* Category : 返信
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

管理人のみ閲覧できます * by -

10/26 伏せコメさまへ * by 菜宮 雪
伏せコメのSさま

わ~! ありがとうございます。
今、確認できました。
他の方々がすごい方ばかりなので、私のような内容ごちゃまぜで、のんびり更新サイトが名を連ねるのは恥ずかしいですけど、素直にうれしいです。
こちらからもぜひリンクをはらせてくださいませ^^
後日、更新したときに、ご報告にうかがいます♪
これからもよろしくおねがいしますm(_ _)m

個別記事の管理2010-10-24 (Sun)
久しぶりに小説更新です。

「菜宮雪の空想箱」内にて連載中
ジーク王子の寝室で、ああっ!
第30話 「王子と王女」UPしました。

前回の更新より、ひと月も経っていました!
そんなに経っていたか、と自分でも驚き。更新しようと思っていた時に、パソが壊れて、直ってきたあとは、お気に入りサイトさん徘徊などで、すっかり時間を使ってしまったようです(時間感覚なし)。
そろそろ次話を更新しよう、とファイルを開いたものの、今度は、なにを書いていたっけと、復習する必要にせまられ、今までのところを読みことに。そうなるとあちこち見苦しい粗を見つけてしまう。結果、改稿しまくり。
そんなこんなでひと月です。
大変おそくなり、申し訳ありませんでした。
* Category : 宣伝
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2010-10-21 (Thu)
今日はレンタルDVDの感想です。

「俺たちフィギュアスケーター」 洋画、コメディ 約95分
出演 ウィル・フェレル(チャズ役、マッチョ系)
   ジョン・ヘダー(ジミー役、細身王子様系)
これは……ものすごーく、ばかばかしく、おもしろい話。下品要素あり!

スケートの選手権でライバル同士だった二人。
氷上でけんかになり、男子シングルから永久追放されたが、あることをきっかけに、男子同士のペアで頂点を目指すことになる。

以下、感想です。

これはありえない話なので、スケートの規約にこだわる方や、現実感を求める方にはお勧めできないと、はっきりことわっておこう。
男子同士でペアに出ること自体、ありえない(笑)
ほかにも、これは競技では使えないでしょって思える道具もあるある。
しかも、現実では絶対にできそうもない技!
もう突っ込みどころ満載。

すっごくばかばかしかった。でもおもしろかった^^
男子同士のペア、ということで、当然、氷の上での二人の「ふれあい」もある。手をつないだり、リフトしたりとか。彼らの設定は、犬猿の仲ということになっているので、演技している彼らのいごごちの悪そうな表情が、妙におかしくて、大会の場面は繰り返し見てしまった。
特に、一回目の試合の場面は好きだね。ジミー役のジョンの水の衣装がとても似合っていてうっとり
特撮をしているとはわかっていても、二人の動きはとてもよかった。がんばったと思う。
俳優さんたちは、スケート選手でもなんでもないそうで、細かいところまでチェックすれば粗もある。あれで勝ち進めるような演技か、と突っ込んでしまえばそれまでなんだけどねw

男子の二人組にありがちな、BL臭は、この作品では感じられなかったわ。
……だから何なんだけど。
とにかく、突っ込みながら観て楽しむ映画だった。ルールはどうなってんだ?
はちゃめちゃ。しかも下ネタトーク満載で観る人を選ぶだろう。
私の満足度は☆三~四かな。映画のできとしてはいいのか悪いのかよくわからないけど、笑わせてもらったよ。

Return

* Category : 映画
* Comment : (4) * Trackback : (0) * |

観ましたよ~。 * by ふぢた
これ、観ました!
一応ストレートの男カップルという大前提があるので、
そこがまた可笑しさひとしおですよね。
こういうお馬鹿な話、大好きです。
ある意味B級グルメみたいな(笑)。
ありえないだろ、みたいな演出やストーリー構成もご愛嬌♪
何も考えずに楽しめる作品と思います。
菜宮さまの許容範囲内で良かったです~v-344

Re: 観ましたよ~。 * by 菜宮 雪
ふぢたさま

おお、ふぢたさまもご覧に!
こういうのOKですか。

> ありえないだろ、みたいな演出やストーリー構成もご愛嬌♪
> 何も考えずに楽しめる作品と思います。

うんうん。この作品はあれこれ考えずに見るべし。
菜宮はこういうのは嫌いかとお思いでしたか? 
その日の気分にもよりますけど、これは許容範囲でした^^
わけがわからないストーリーではないですし、ばかばかしさにひたっているのも楽しくって。
コメディ映画も、たまに観ると楽しめますよね~
コメントありがとうございました。

No title * by かみたか さち
グランディールバレエ団?だったっけ?
男性ばかりのバレエ団ありますが、
あれのノリでしょうか?

現実にありえないからこその面白さ、
楽しそうですね!

いくらフィギュアが流行ってても、
テレビ放映はしてくれないかなぁ。
レンタルしかないかなぁ。
機会があったら見てみたいです♪

かみたかさまへ * by 菜宮 雪
かみたかさまへ

いらっしゃいませ。

> 男性ばかりのバレエ団ありますが、 あれのノリでしょうか?

ノリが同じかどうかはあちらを知らないのでなんとも言えないんですけど、まじめに笑えることをするって感じかな。途中に、男性ばかりのバレエ団か、ダンス教室かなにかのところへ、踊りを習いにいくシーンはありましたよ。

You Tubeで抜粋映像をひろってきたのでご覧ください。これだけではよくわからないと思いますけど参考にどうぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=PR89hfX-2T4&feature=fvw

下品要素ありなので、ご注意(笑)

個別記事の管理2010-10-19 (Tue)
修理に出していたパソコンが、ようやく戻ってきました。あ、こちらはウイルス感染はありません。
これでやっと元通りに……と思ったんですけど、悲しいことに、HDDを破損していたようで。
そこが故障ってことは、はい、全データ消失です(涙)
小説のデータはたぶんメモリースティックに保存したものが開くと思うのですが、ワードも今からインストールしないと入っていないので、死にかけパソコンから保存したものが無事に開くかどうか、まだ確認しておりません。
どうか無事に開いてほしい……いや、開いてくれないと困る。開かないとかなり古い小説データしか残ってないから。あせりと祈りの気持ちが今、いりまじっています。
少し前にバックアップをとったCDがあるのですが、なぜか受け付けず。
ウインドウズのアップデートからすべて入れ直しです。トホホ……

ウインドウズアップデート、ウイルスソフトインストールとアップデート。メールの設定。昨日はそこまでしかできませんでした。
それだけで数時間消費。
まだ、Officeだけでなく、プリンタドライバ、ホームページ用ソフトなど、これからインストールするものはまだまだ残っています。どこかから拾ってきた解凍ソフトとかも探さないといけない。
困るのはメールとインターネットのお気に入りが全部消えたこと。
お気に入りの巡回ブログさんをこれから探してブクマしなければ。
読みかけ小説だけでなく、執筆資料用サイトさんや、公募情報関係、小説ブログのアドレスがわからなくなってしまったことがとても痛いぉ(ひぃひぃ泣き中)。
メール設定もめんどくさい。契約時の書類をひっぱりだし、設定。よく使う方のメルアドは、修理に出す前にメモを取っておいたけど、名簿に入れなおす必要あり。ううう、ストレスがたまってきた。
すみません、わめかせてください。
うわ~~~~ん! 
* Category : 私的日記
* Comment : (6) * Trackback : (0) * |

お帰りなさいまし~ * by ふぢた
パソコン復帰おめでとうございます!
…と言いたいところなのですが、状況的にはまったくおめでたくないのですね
インストールし直しですか!
ブグマ貼り直しですか!!
あ~~~大変だあ

こつこつ積み上げていたものだけにショックもひとしおですよね。
古いパソコンでのデータ、うまく使えることを祈ります。
私も執筆データ失った経験ありますのでねぇ。
ほんと、叫びたくなりますよね

ご無理をしない程度に、リカバリーに励んでくださいね!

Re: お帰りなさいまし~ * by 菜宮 雪
ふぢたさま

はい、やっと復帰……ですが、データがすべて初期化した状態で戻ってきました。
修理完了後、家に持ち帰ってから、サイドパネルをあけて、どう修理したかのぞいてみました。
きれいになってました! 何か所も部品交換で、爆発したっぽいところもちゃんと取り替えてありました。
HDDは大丈夫だと思ったんですけど、そちらも不都合が発生していたようで……
今、やっとほとんどのインストールが終わったところです。あとはプリンタドライバだけ。
一日かかりました。
まだなんらかのソフトが足らないようで、開かないドキュメントファイルもあります。
でも小説データとホムペのデータは大丈夫でした。開きましたv-278さっそく「空想箱」の方のふぢたさまのサイト名に∞を入れておきましたよ。
こちらからはきちんと見えますが、ちゃんと出てなかったら教えてくださいませ。
さて、今からいろいろな方のサイトめぐり、がんばります!

No title * by 悠希
またアップデートされたらフリーズしてしまうかもしれないので、それまでに業務と投稿をやって、それから急いでショップでリブーストしれもらいますね。
裏のパスワード忘れちゃったので、誰かに聞いてから送ります~。
ゆっくりお待ちになって。

No title * by かみたか さち
大変なことになってましたね(汗)。

でも、ご自分で再インストールされてるのがすごいです。
(私は主人にまかせきり)

復帰は嬉しいことです。
おかえりなさい♪

悠希さまへ * by 菜宮 雪
悠希さま

そちらの調子が悪い時にご訪問ありがとうございます。
アップデート中にフリーズ? それはお困りでしょう。
私も修理に出す前、数回そんなことがありました。何度でもアップデートするのでいらいらしますよね。そちらのは、ソフトの不都合で機械まで壊れてないことをお祈りします。
それから、お願いしたことは急ぎませんので、いつでもいいです。
ありがとうございました。

かみたかさまへ * by 菜宮 雪
かみたかさまへ

いらっしゃいませ。

> 大変なことになってましたね(汗)。

戻ってきたパソコンを開いて、「ウインドウズへようこそ」って出ている最初の画面を見たときそれを実感しました。ああ、全部消えちゃったんだーって。HDDがだめだったとは思いもせず、軽く考えていました(苦笑)
なみや、と打っても菜宮とすぐにでてこず。当たり前ですけど、単語登録した人名などは、すべて初期化されたことで帳消しに。また入れ直しです(泣き)

> でも、ご自分で再インストールされてるのがすごいです。
> (私は主人にまかせきり)

すごい、ってことはないです。時間さえあれば、誰でもできますよ。うちの夫はそういうことは何もしてくれませんので、自分で覚えるしかないの。夫は、修理に持っていくときに運んでくれただけ(笑)
コメントありがとうございました^^

個別記事の管理2010-10-16 (Sat)
今日もから。パソコンが修理から戻ってくるのを首を長くして待っている私です。
携帯からではどうしても不便なので少しだけ古いパソコンを使い、メールの受信などを行いましたが、わずかの間にウイルスに入られちまいました
手動ウイルス検索で二種類のウイルスを発見隔離。
だけど、ウイルス検索ソフトそのものが古いので危険が去ったわけではありません。
お気に入りサイトさんの巡回は、できるだけ携帯からするようにしていましたが、一部に古いから覗いてしまったところもあります。
ここをご覧の方、お手数をおかけして申し訳ありませんが、一度ウイルス検索実行をお願いします
古いパソコンは危険、とわかってはいたものの、覗いたのはごく限られたサイトだけでネットサーフィンしなければ大丈夫だろうと甘く考えていました。撒き散らしていたら申し訳ありません(>_<)

検出されたウイルス名

virogen pinworm 2150

Trojan spy.win32
* Category : 私的日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2010-10-13 (Wed)
パソコンはまだ修理中。古いパソコンからウイルスにおびえなから記事を書いています。早くなおらないかな・・・

今日はレンタルDVDの感想。

「ある公爵夫人の生涯」 洋画 約110分
主演:キーラ・ナイトレイ

題名どおり、公爵夫人の生涯の一部。1700年代のイギリスが舞台で故ダイアナ妃の祖先の実話を元にした話。
デヴォンシャー公爵の夫人となったジョージアナ(キーラ)は、明るい性格で、容姿も美しく、社交界の花。しかし、夫の公爵は、彼女をただ男子を産むことを要求するだけだった。
しかも、夫にはすでに侍女との間に生まれた女の子がおり、その子の世話を彼女に頼む。
彼女はその後、二人の女の子を産み、夫の庶子と自分の子を分け隔てなく育てるが、男子に恵まれないジョージアナに夫は感謝の言葉も出さない。
彼女は心の友となった女友達のベスを屋敷にすまわせたが、なんと、夫はベスを愛人にしてしまう。
夫の変らない態度に、やがて彼女は、自分を慕っている政治家の男性に心を向け、彼と深い関係に……

以下、感想。

結末についてはネタバレになるので細かく書かないけど、ジョージアナが選んだ道は間違っていないと思う。だけど、観賞後、いまひとつ煮え切らない感じが抜けなかった。
夫は妻に「愛している」と言ったけど、自分勝手なくせにそりゃないでしょって思ったし。
この時代、今とは愛し方の感覚の違いやそれぞれの立場はあるかもしれないけど、ベスを愛人にする必要があったのかな、と疑問が残った。
夫とベスがどこまで惹かれあっているのか、私にはよくわからなかった。

内容はともあれ、豪華な衣装はみていて楽しい。男女ともかつらがすごいね。
全然似合っていない人もいたよ。仕方がないけど(笑)
キーラのメイクがちょっときついかな。眉が太めで、あの時代はそういうメイクなのか。
同じような感じの映画としては、同じ女優さんが出演していた「プライドと偏見」の方がおもしろかったね。「プライド~」のおまけについていたアメリカエンディングがにやにやできてあれはよかったなあ。
「ある公爵~」は女の葛藤はしっかりと描かれているけど、私としては、恋愛の萌えポイントが少なかったように思うので、ちょっと残念。
美しい建物や庭、そしてボリュームたっぷりの女性の髪などを楽しむにはいい映画だった。

Return

* Category : 映画
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2010-10-09 (Sat)
今日は携帯から。
先日ゲド戦記のアニメをみてちょっとがっかりした
そこで、原作を思い出そうと書籍を図書館で借りてきた。
 
「ゲド戦記」 ル=グウィン作  清水真砂子訳 児童書 ファンタジー 

これを読んだのは、遥か昔。内容はほとんど覚えておらず、読むとああそうだったと思い出した。
三巻まで借りてきてとりあえず一巻目をしっかりと読了。
一巻目はゲドが魔法使いになるまで。
映画にするなら一巻目の内容にすればよかったのに、と思ったのは私だけ?
一巻はヒロインがいないけど、冒険、友情、魔術師としての成長が盛り込まれていておもしろかったな。
ただ、自分が作文書きをするようになった今読むと、おや、と思うこともあった。
異世界ファンタジーなのにメートルとかの単位を使ってる
これ、ありなんだ。異世界でメートル使用はおかしいって話をどこかでみて、使ってはいけないと思っていた
それから、児童書だからだとは思うけど、書き方が今一般に言われている小説作法とは異なっており、参考になった。
たとえば、「」はひとます空けて始めてあったりその中の終わりにも句点。がついていたりね。
何も考えずに読んでいたあの頃には戻れないのだなぁ
どうでもいいけど・・・携帯でうつのは疲れる(>_<)
* Category : 書籍
* Comment : (6) * Trackback : (0) * |

No title * by かみたか さち
「」の使い方は、学校で習うものとも違うので、
不思議な感じです。

ゲド、ジブリ的には、一巻の内容では、
よくありがちなので
映画にしても面白みがない、
と、却下だったそうで。

ファンタジーの中の単位、
現実と同じのほうが分かりやすいのに、
と思うのは、私だけでしょうか?
オリジナルの単位だと、
確かに雰囲気でるけど、
読みながらいちいち計算するのがめんどい(汗)。

かみたかさまへ * by 菜宮 雪
かみたかさまへ

いらっしゃいませ。

> 「」の使い方は、学校で習うものとも違うので、

そうですよね。私も戸惑っています。今時のラノベの書き方に従うのが一番いいのではないかと思って、自分が書きているものはなるべくそうしているつもりですが、もしも、小学生の子どもに作文の書き方を指導しろ、と言われたら、ちゃんと教えられません(汗)

> ゲド、ジブリ的には、一巻の内容では、 映画にしても面白みがない、

そうでしたか。あの内容ではありがちだからだめだって?
私はよくわからんストーリーを押し付けられるよりもずっといいと思いましたが・・・
一巻目が映画のストーリーとして却下なら、二巻目の迷宮うろうろでも映画にできそうな気がしたんですけどねえ。

> ファンタジーの中の単位、 現実と同じのほうが分かりやすい

うんうん。私も実はそう思っているんです。計算するのが面倒で。読みにくいし。
でも、異世界なのに、現世の単位を使っているのはおかしい、と堂々と主張している人が少なからずいらっしゃるようで。
異世界ならとことん作りこまないと、ファンタジーとしては失格、ということらしいですね。その通りなのかもしれませんけど、造語ばかりだと読みにくく疲れます。そのバランスが難しい。
どこまで許せるかは個人の感覚の問題かもしれません。確かに、異世界で円とか出てきたら違和感。
ゲド戦記の原作はメートル、マイルを普通に使っていました。そんなに変だとは思いませんでした。
使ってもいいんだと安心しましたv-360
コメントありがとうございました

ファンタジーよりもね * by 悠希
歴史小説の単位のほうが神経つかうかも。

ローマ時代とかに、メートルがあったらすごく変だし。Feetとか、Paceとか、体の部分をひとつの単位にしたものが使われるみたいで、私もファンタジーや歴史を書くときは、覚えにくい造語よりも、もともとある日本語の単位か、見ればわかるだろう漢字で適当に捏造します。

Re: ファンタジーよりもね * by 菜宮 雪
悠希さま

> 歴史小説の単位のほうが神経つかうかも。

うん。そうだと思います。
歴史はごまかしがききませんもの。時代考証をしっかりしないと、専門家に突っ込まれちゃう。

>ファンタジーや歴史を書くときは、覚えにくい造語よりも、もともとある日本語の単位か、見ればわかるだろう漢字で適当に捏造

それが一番いいかもしれませんね。上手な作家さんだと、造語もさりげなく使われていて、不思議と苦にならない。どこまで造語にするか、私はまだまだ迷走中です。
ご意見ありがとうございました。参考にさせていただきますv-353

No title * by 魔州
英文でfeetが使われている。読んだ時違和感がなかった。

>>映画にするなら一巻目の内容にすればよかったのに、と思ったのは私だけ?

私も痛感した。

魔州さまへ * by 菜宮 雪
はじめまして。
英文のをお読みになったのですね。
英語だと違和感がないかもしれません。
私はそこまで英語力がないので残念です。

私もずっと昔に読んだときは、マイルとか使われていても、何の違和感もありませんでした。
今、小説の書き方などの指南サイトをめぐるって、ちょっと変な知恵がついてしまったので、あら、と思っただけです。
異世界でも現世の単位を使ってもいいのだと、安心しました。

魔州さまは映画もご覧になったのですね。
あの内容は……ああ……
また映画の悪口を書いてしまいそう。
同意していただけてうれしいです。
また遊びに来てくださいね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。