12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2011-08-31 (Wed)
今朝は、ちょっくら寝とぼけていた。
夫を送り出しても、頭がすっきりしなかったので、眠気覚ましに、微糖のコーヒーを飲もうと思った。
ちょうどいい感じに、夫が買ってきたものが冷蔵庫に入っている。少しぐらい黙って拝借しても問題ないだろうと、小さなコーヒーカップに注ぎこんだ。

ううむ……微糖とはよくいったもの。結構苦い。
それならとスプーン一杯ほど砂糖を投下。
さあ、飲もう!

ぐほっ……

わぁぁぁ。。。。予期せぬ味に、身もだえ。
砂糖と塩、間違えたよー
口の中が塩コーヒー味に。口をゆすいでもなかなか抜けないじゃないか。
ああ、むなしい。朝っぱらから何やってんだろう、あたし。
ちなみに、ひとりでコーヒーを飲むときに使う砂糖は、スティックシュガーではなくて、料理用の砂糖を使います。スティックのはお客さん用なの!
料理用砂糖と塩はね……隣同士においてあって、同じ容器に入っているから、うっかりまちごたわ。
うわぁぁーん!

……でも目が覚めたよ;


ここから先、作品や企画の宣伝などです。



明日からいよいよ「覆面作家企画5」が開催です。
総人数95名! 当方相互様からは、かみたかさち様、藤田暁己様(別名です)が参加です。
明日、グループ分けと同時に、作品も発表されます。読者の皆さま、ぜひ探偵さんになって、会場へお越しくださいませ。

それから、宣伝ばかりで申し訳ないですが。
明日9/1より、アルファポリスさんにおいて、ファンタジー小説大賞が開催されます。
こちら、私は二つの作品でエントリーしました。どちらも完結しておりますので、安心してお読みいただけます。
……両作品とも……微コメディであり、女性の見えそうで見えないハダカ描写がちらりと……ああ、想像が貧困。同じようなこと書いてるよ。
万が一書籍化(するんかい! あくまで可能性ってことで;)となれば、きっと表紙はマンガ絵。この二作品なら、そういう絵がついた表紙が想像できるから、えいっ、とエントリー。

ジーク王子の寝室で、ああっ!
長編。自サイトだけで連載していた作品。
ジーク王子の部屋を、夜間、守ることになった、若い新人兵、エディン。先輩のドルフと共に、王子の部屋の前の廊下に立つが、初仕事の夜から、王子のとんでもない秘密を知ることに。架空の王国を舞台にしたコメディ、でもシリアス。恋愛要素は、ラスト付近にあるような、ないような。

ギャミと屋上で踊る
SF短編。科学的説明はほとんどなし。こちらは、なろうサイトさん、投稿作品であり、現在開催中の「空想科学祭2011」に参加しているものです。
吉川は、仕事帰りに、ゴミ捨て場に埋もれていた、少し変わった赤ん坊を拾う。興味本位から無責任に連れ帰り、ギャミと名付けて、かわいがろうとしたが、それを期に彼の運命は変わってしまう。予期せぬ事態が彼を襲う! 微コメディ、ちょろっと涙要素も。

この二つの作品でエントリー。
どっちもファンタジーじゃねえだろう!カテエラって突っ込みがくるかな?
「ギャミと~」の方はSFですから、そう言われても仕方がないんですけどね。
ファンタジー大賞は、SF作品でエントリー可となっていますので、問題ないかと思います。
気になるのは「ジーク王子~」の方。
私は、架空の国の中世風王族ものは、魔法や龍が出てこなくても、ファンタジージャンルだとずっと思っていました。だから、ファンタジージャンルで登録。
ところが、以前読者賞を獲得し、書籍化された「これがわたしの旦那様」の作者さんが、自分の作品はファンタジーではないかもしれない、カテゴリエラーではねられたら投票してくださった読者の方に申し訳ない、というようなことをブログでおっしゃっているのを見て、衝撃を受けました。
魔法とか、特別な力を持った剣とか、妖精などがでてくるのがファンタジー、でそれ以外は違う、と説があることに驚いたのです。
では、魔法も妖怪も出てこない架空の王国の話は、どのジャンルに相当するのでしょうね。
調べても私には答えがわかりませんでした。
「ジーク王子~」は自分の中ではファンタジー^^
よそから見ると違うのかもしれないけど(苦笑)
ニレナがアレする段階で、脳内はすでに異世界。

ところで。
アルファポリスさんのポイントは、黄色の投票バナーがはってあるページを開くと1ポイント入ります。
ここで、注意すべきは、クリックしなくても、黄金バナー表示だけでポイントが入るということ。
アルファさんの画面で確認できるポイントは、黄金バナーが表示された数、プラス、投票によるポイント数です。
作品以外の場所に黄金バナーが貼ってあっても、ポイントが入ることはあります。(アルファさんに直接確認済み)
作品目次ページ以外のあちこちに投票用黄金バナーを貼ってポイントを稼ぐ行為は、違反ではないようですが、作家応援用のブログを立ち上げ黄金バナーを貼っていた人が過去にあり、その作品のポイントが大きく削られたことがあったことは憶えています。どなたのだったか忘れましたが。
それは悲しいなあ。
とはいえ、何度も開けば、ポイントが増すということではなく、一定の時間をおかないと、同じ人からのポイントは入りません。
熱心な読者様は、応援している作家さんのページを毎日せっせと開いて、ポイントを上げるようですが、投票が一票でも入れば、500ポイントが一気に入りますので、毎日目次表示をすることも、上位で多くの支持者がいない限り、意味がないかもしれませんね。
万年底辺作家の自分としましては……ぜいたくは申しませぬ。総数の半分ぐらいまで浮上できれば最高だなあ。
きっとすごいエントリー数にちがいないよね。
とてもじゃないけど、全部は読めないから、あらすじだけみて、よさそうなのをブクマしておこう。

それからもうひとつ宣伝。
先ほども触れましたが、現在開催中の「空想科学祭2011」には「ギャミ~」を出しています。
こちらは9/4になるとアンケートフォームが出てきて、そこから投票できるらしいので、気が向いたら、「ギャミ」に一票お願いします。
……でもね、かなりぶっとんでいますので、そこまで自信がある作品、というわけではありません。
読者をおいてけぼりにしているかもしれないけど、とにかく最後まで読んでいただく! という気持ちだけで書きました。
未読の方は、できれば、企画の感想掲示板をみる前に読んでいただけたらうれしいな。
辛口感想ばかりを読んでから、作品に手をつけても、人が指摘した粗ばかり目についてしまい、きっとおもしろくないと思います。
空想科学祭はまだまだ続いていますよ。あと数日で作品がすべて出そろうはずですが、完結していない方が複数いらっしゃる。みなさん、今、頑張って書いておられるのでしょう。二作目、三作目を書いておられる方がたくさん。
私は最初から複数作品は提出しないと決めていたので、気楽なもんです。
SFがお好きな方、ぜひ会場へどうぞ。

Return

スポンサーサイト
* Category : 私的日記
* Comment : (6) * Trackback : (0) * |

FTの定義 * by 藤夜 要
 そこは曖昧過ぎて、私も悩んだことがありました(苦笑
 拙作の唯一長編FTは、誰が見てもFTと思ってもらえるようにと無理やり(?)異世界にして玉砕しましたが(笑

 ジークは私の中で、100%ファンタジーなんですけどね。
 ファンタジーの中にも、ロウとかハイとかあって、皆さんが仰っている魔法やら剣やらが出て来るのは、highファンタジー、という解釈をしてます、byうぃきぺでぃあ。^^;
 lowファンタジーの中で、更に軽めなのがライトファンタジーと呼ばれるのだとかいうのもwikiで読んだので、現代FTモノを、私はこちらに分類されるのだろうと勝手に解釈しています。
 諸説あって、SFもFTの一種、っていう説もあるみたいですね。
 結論としては
「作者がFTっつったらFTなのよ!」
 でいいんじゃないかなー、と思います。大事なのはカテゴリーじゃなくて作品の内容そのものですし。^^

 エントリーされたんですね!>ジーク
 お気に入りですので(すっかりエディンをS的意味合いで愛しているらしい私ですwww)、がっつり応援させていただきます!( ̄‥ ̄)=3 フン

 塩コーヒー、職場に在籍していたころ、上司が好んで飲んでいましたよ(笑
 しかし、砂糖レベルで塩入れちゃうと、流石に・・・うぅ、これはご愁傷サマとしか。(TωT)
 本当に摘まむ程度の少量の塩だと、特にインスタントコーヒーなどの独特な臭みが消えるらしいです。(´・ω・`)
 私はドリップしたコーヒーでないと飲めないクチなので試したことはないんですが。
 是非機会があれば、次回は摘まむ程度の量で(笑)お試しあれ♪

Re: FTの定義 * by 菜宮 雪
要様

ファンタジーってなんでしょうね?
異世界転生とか、魔法とか、異界の生物とかがでてこないとファンタジーではない、と説もあるみたいですね。
架空の国ならば、魔法使いがいなくても異世界だからファンタジーと私は思っているのですが、違うんでしょうかねえ。はて。
ジークを気に入っていただけてうれしいです。
あの話には、魔法も、ドラゴンもなし。ファンタジーぽい記述は、変なネズミの描写のみ。
あんなんでファンタジーにエントリーかよって笑われそうだけど、楽しんでいただける内容だと自分では思っています。まあいいや。

ところで、塩コーヒー愛好者がお知り合いにいらっしゃるの?
あの味は……うひゃ~! って感じでしたよ。
私の場合は、スプーン一杯しっかり入れちゃったので、香りを楽しむレベルじゃなくて、ただただもう……しおっぱくて(泣)
摘む程度の塩なら、おいしく飲めたでしょうかねえ。不思議な後味ですよ、あれは。
おおう、また思いだした。あれは珍味だ。きもちわる~
恐怖の味ですが、ものすごく目が覚めましたよ。
眠い朝には、あなたもぜひ、塩コーヒーを!

* by 鈴鹿美雪(予備HN:悠希)
作者がファンタジーと言ったらファンタジーじゃないのかな。
時の~は誰がなんと言ってもファンタジーだし。
龍も魔法も出てこなくても、架空戦記もファンタジーだ。

ちなみにSFはサイエンスファンタジー。

ファンタジーとフィクションの境目も曖昧でねぇ。
鷹王も、史実に沿っているところがあるからフィクションだけど、あれが異世界古代社会完全創作ならファンタジーで押し通すと思う。

異世界=ファンタジー。
ということで、がんばりましょう。

* by かみたか さち
覆面、同じグループでしたね♪
よろしくおねがいします!
ざらっと目を通した感じ、菜宮さんの「これなかなぁ」と思うのがあったのですが…。ふふふ。


あるふぁ にも参加されたんですね。
うーん。がんばっていらっしゃる。
私は今回、見送りました。
ファンタジー部門は、長編が多いし、応募作品も多い…。
底辺に埋もれるのは分かりきっているし、改稿したくてまだ出来てない状態でだすのも…てことで。

「ジーク王子」、架空の国だから、FTでもいいんじゃないですか?
それがFTじゃない、って言われたら、うちの「NAZU…」もFTじゃなくなりますね…。
定義は難しい…。

塩コーヒー。
ご愁傷さまです。
お口直しに、おいしいお菓子を召し上がってください。

Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
悠希さま

アルファの会場を今見てきました。
いっぱいありすぎ! プロの方まで。素人底辺作家では勝てる気がしないわ。
でもたくさんあるから、あらすじだけみるとカテエラっぽい方もちらほらいらっしゃるので、安心しました。
そこで安心してどうするっ(笑)
SFはどの方のも埋もれていますね。
空想科学祭の面々がある程度は健闘するかと思いますが、異世界ものにはSFでは勝てません。

このひと月、落ち着かないですよね。
共にがんばりましょうね。精神的に崩壊しないよう。私は覆面の方を読むのに時間を使うので、アルファの方がたぶんあまり読めないと思います。
おススメがあれば、こっそり教えてくださいね。

Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
かみたかさま

あはは、同じグループになってる!
これでは期間内に推理が出せないですね。
推理期間が終わったら、あなたのこれだと思っていた、と言うしかないか(笑)
まずは、ふぢたさんを全力で捜索しますかね。
あの人、大昔に書いた旧作を出したらしいから、当たらないかもしれないけど。
さて、覆面会場を見に行こう!

アルファはエントリーはしましたが、数が多すぎるので、あまり見る気がしません。
どうせ自分のはすぐに埋もれちゃうだろうし。
異世界……異世界……どこまで行っても異世界。トリップ多し。
一ページに、いったいいくつ異世界があるんだよ。
なんか新鮮味がないっていうか。
読むとそれぞれにいいところがあるんだろうけど。
というわけで、当面は覆面に入り浸りになりそう^^
アルファのは、投票したい作品が他になかったら、私の作品に余った票をいただければうれしいです。
では、また。

個別記事の管理2011-08-27 (Sat)
ツイッターを始めて、はや数日。
少しは使い方に慣れてきた。
いろいろな人を覗きまくり、この人とあの人がつながっていたのか、と驚いたことも。
使いだすととっても便利だ。

特に、なろうサイトさんの読了報告はやりやすい。
知らない作家さんに、いきなり感想を送りつけて嫌がられるよりは、ツイッターで「読んだよ」報告する方が簡単。
一言感想をいれなくてもいいのだから、手間なしでつぶやけて、自分が読んだ、という証拠を残せる。
ただ、なろうさんに出ている作品の下からツイッターに入ってつぶやくと、勝手に感想が拾われてしまうことに気がついた! ここで↓
http://www.narou-yonnda.net/
↑中には、有名作品のつぶやきしかないだろうと思っていたけど、そうではない。
自分がツイッターを始めてみてわかったんだよ。
私のつぶやきも拾われてるって。

ツイッターは便利だけど、情報がだだもれになるから、気をつけないといけないなぁとも思った。
あまり振り回されないようにしたい。

ところで、覆面作家企画、今のぞいてきたら、参加者が結構増えてた。
おお。あの人も参戦か(笑)。
楽しみだなぁ。
* Category : 私的日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2011-08-25 (Thu)
以前もここで紹介した企画に、きのう、作品を提出しました。

覆面作家企画5」 ネジ子さま主催

私はこちらの企画には初参加。
過疎サイトを運営している当方としては、これは魅力的。
作家当てゲームですから、参加すれば、無条件で旧作を覗いてもらえます。
今年こそは参加したいと思っていたので、期間内になんとか間に合ってよかった。
……作品の出来は……うう……ですが(苦笑)

参加をお考えの方、まだ間に合いますよ。私と同じグループになれるかどうかはわかりませんが、共に作家当てを楽しみませんか?
提出期限は8/28まで。6000字以内で、お題は「色」です。

企画が始まったら、その時に記事を出しますので、私の作品を探しに来てくださいね~
* Category : 執筆関係
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

楽しみですね☆ * by かみたか さち
提出されましたか~。

グルーピング、どうなりますかね。
楽しみです。

菜宮さん、どこにかくれているかしら。

Re: 楽しみですね☆ * by 菜宮 雪
かみたかさま

今、覆面企画サイトをみてきました。
40人、となっていますけど、掲示板に名前が出ているのは33人。
受付は済んでいても、まだ名前が出ていない人がいる模様。

それにしても、今年は人が少なそうなのでラッキーですよね。
あの数なら、全作品読めそう。
なんでこんなに少ないんだろう。
字数が減ったからかな? それとも、みなさん他の企画に専念なさっているのか。
しめ切りまであと三日。
今から10人以上参加者が増えたとしても、全部で50人ぐらいなら、前回の80人以上と比べると読むのが断然楽。

申し込み順でグループ分けされるなら、かみたかさまとは一緒になれないと思いますけど、必ず探しにいきますよ!
ふふふ。

知らない方もいっぱいいるから、それも楽しみです。
これを期に良作産出サイトさんを発掘。
素晴らしい企画、ワクワクしますねえ。

個別記事の管理2011-08-22 (Mon)
お世話になっている、ふぢた様こと藤田暁己様(夢幻∞創紙管理人)が当方の小説で絵を描いてくださいました!

※ネタばれ流血注意!「魔女ベラーザの森」より
美しいベラーザとアズルト。ああ、素敵っ! 何度も覗いてため息です。
http://sky.geocities.jp/mugen8so_shi/monooki/2011.8.21.html

しかも、「ギャミと屋上で踊る」の絵まで! ほほえましい。この絵だけ見ると、どんな話だよって思うかもしれないけど、ギャミはこんな感じの話です。
http://sky.geocities.jp/mugen8so_shi/monooki/2011.8.21-2.html

ふぢた様には、以前もジーク王子の絵をいただいたことがあり、もう感謝でいっぱいです。
読んでいただいただけでもありがたいのに、手間をかけて絵まで!
ふぢた様、本当にありがとうございます! 
はうぅぅ。。。。かなり興奮中。絵ができる人っていいなぁ。

話変わって。
突然ですが、私もツイッターを登録しました。
菜宮は、ツイッターはやらないって前に言っていたのに、なんで急に?
と思われる方も多いかも。
やっぱりね、ブログめぐりするよりもツイッターの方が情報がはやいかと思いまして。
企画に参加している今、特にそう思います。
企画の連絡もツイッターがはやいですしね。
ただ、ツイッターにふりまわされたくなかったので、今まで手を出さずにおりましたが、押し寄せる情報の波には勝てず。

http://twitter.com/YukiNamiya

まだフォローの仕方とか、よくわからないので、あまりつぶやきませんが、よろしくお願いします。
このブログの横にツイッターのアイコンを貼りました。そちらからもどうぞ。
フォローとかしたい方もいっぱいいるけど、今日はここまで。
明日からぼちぼち覗きたい人を追加していこうと思います。
* Category : 私的日記
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

NoTitle * by かみたか さち
ついった デビューですね。

私も、悩み中。
始めるとしたら、機種変もしたい…。
うーむ。
振り回されるのは、私も嫌なんですよね。
一日中スマホに向かってる主人を見てると、ねぇ(苦笑)。

Re: NoTitle * by 菜宮 雪
かみたかさま

これに振り回されないよう、気をつけます。
失礼なことでも軽い気持ちでつぶやいてしまって、炎上したくはありません。
それでも、登録した方が、おなじみさんの巡回が楽かも、と思ったから。
私が一方的に覗いている創作家さんでも、最近はブログは更新せずツイッターだけ、という方もいらっしゃるので、一人様につき、ブログとサイトとツイッターを三つも回るのがつらくなってきた、というのが本当のところ。
ツイッターは情報が流れてしまうのが早いので、ブログのようにゆっくり読みに行けないことが嫌だけど。

あ、それから、話変わって。
例の企画、もう出したんですね!
掲示板にて、お名前を拝見しました。
私もがんばらなきゃ……

個別記事の管理2011-08-21 (Sun)
きのうは、雨の中を山歩きしてきました。

雨天だとはわかっていましたが、ツアーの予約が入れてあったため、仕方なく出発。
雨は、一度もやむことはありませんでしたが、おかげで普通には見られない雨の森を楽しむことができました。

以下、画像あり。

行先は長野県で、針の木登山道から雪渓を見に行こう! という日帰りのツアー。
針の木雪渓は、日本三大雪渓の一つ。
連日の気温が35度前後という猛暑ですっかり参っていた私は、この涼しそうなツアーに飛びつきました。
夫を誘いましたが釣れなかったので、一人で申し込み。

現地はあいにくの雨。でもせっかく来たからには、登るしかない。カッパで身を包み、いざ、登山道へ。
がっつり登山道。足元はがれきが多く歩きにくく、下ばかり見ていると、飛び出た木で頭打ちまくり(泣)

登りは同じツアーの人たちとつながるようにして歩いていましたが、雪渓から折り返してからは、前後に誰もいなくなりました。
雨の森にひとり。
孤独感と解放感。同時に、怖さも感じたりして、こんな雨の中を、泥だらけになって、どうしてひとりで山道を歩いているのだろうと、ふと思ったりもしました。

パラパラとした雨の音は、リズミカルにすら思えて、時々足を止めてはうるおう森を眺めました。

今まで知らなかったよ。雨の森ってとてもきれい。下草の一つ一つの葉も、雨を受け輝いている。
濡れた木の幹すら、美しく見えた。
何色の絵の具を使えば、表現できるんだろう。
光る水。きらめく葉たち。
雨は命なんだなあ。
植物は、与えられた場所で、精一杯生きているの。
雨が降らなければ、みんな死んでしまう。雨が降ってうれしいんだ。
ぬかるんだ足元でも、よく見ると、光が表面にかすかに反射して、美しい部分もある。
きのこだらけになって死んだ木でも、きのこたちは雨に打たれて水を得ている。

集合場所へ戻る頃には、ちょっといい物を見た気分になっていました。

で、肝心の雪渓はこんな感じでした。
途中で引き返してしまった人も多かったから、見られただけでもよしとする。

奥の方にちょろっと雪渓が。今年は少ないそうで。
この付近だけ、高山植物のお花が見られました。滴り落ちる滝が白い糸を引いてきれい。


近くはこんな感じ。川からの風は涼しい~
TS3O0079_convert_20110821154615.jpg

うん、涼しかった……っていうか、寒かったなぁ。
出発地点の現地気温は18度ぐらいでした。

Return

* Category : 私的日記
* Comment : (4) * Trackback : (0) * |

垂涎&羨望!! * by 藤夜 要
 な、なんと針の木岳へ行かれたのですか!!(*゚Д゚)
 私は北アルプスといえば爺ヶ岳くらいしか登ったことがないので羨ましい限りです!!><

 雪渓、本当に随分と少ない……。
 私が最後に登山したのは、もう15年も前なので、温暖化も今ほどではなくて、本当に寒くてセーターを着ていたほどでした。

 しっとりとした雨だったのかしら?
 なんだかすごく草の香りを味わわせてもらった気分です。^^
 私は毎年お盆休みを利用しての登山だったからか、山頂付近でいつも雷に怯えて小屋へと一目散コースだったので(笑
 こんな風に、自然の恵みを満喫したことがほとんどないんです。
 嗚呼、羨ましい、私も登りたい!!><

 一度だけ、出発が遅れて比較的低い地点で雨に見舞われたことがあります。
 雷の横走りに怯えることなく降り始めた雨は、熊笹を上手にこすり合わせてリズミカルで、自然の音って本当に癒されますよねー。^^

 私見ですが、2500mを越える山だとセーター持参が必須という気がいたしますですわ;
 雨で蒸すだろうと思ったりするけれど、逆に体感温度が余計に低く感じるほど寒いですよね。^^;
 初登山のとき、風邪ひきました(笑

 あー、今年は私も燕岳の登山を考えていたんですが、結局ダメになっちゃってすごく残念だったんです。
 菜宮さんからお裾分けもらえた気分です。
 写真の緑で随分と癒されました、懐かしい自然の風景♪

 ぁ; またつらつら長々と(汗だく
 ひぃ、相変わらずで、スミマセヌ!!><
 目の保養をありがとうでした!

NoTitle * by かみたか さち
夏の雪渓、いいですね。
画像だけでも涼しそう。

でも、軽い登山での帰路とはいえ、ひとりで歩かせるなんて…。
ガスもかかっている状態なのだから、危険ですよ。
ツアー参加者が、お互いに独り歩きしている人がいないか気をつけ合っていければいいんですけど。

ぼちぼち、秋の気配もただよってます。
下界も早く涼しくならないかなぁ。

Re: 垂涎&羨望!! * by 菜宮 雪
要様

おお、ここをご存じでしたか。
雪渓、少なかったですよ。
昔はもっと多かったんでしょうね。
大量の雪渓をご覧になったことがあるとはうらやましい。
写真の地点は標高1750Mぐらいの場所です。なので、セーターを着るほどは寒くありませんでした。
長袖Tシャツにカッパ上下でちょうどいい。
でも脱いだら大汗でしたが。
昔、真夏の乗鞍へ登った時、めちゃくちゃ寒くて、手袋すら持っておらず、後悔したことがありますので、着るものはそれなりに準備していました。

雨はしとしと。でも時折強くなるし、下草や枝が出ているので、カッパなしでは濡れてしまう。大粒の雨が降ってたら、危険なので登るのをあきらめようと思っていました。
心配していた雷は鳴りませんでしたよ。
山の雷ほど怖いものはないですもんね。そこまでして登りたくはないですが、雨の森の中はリズミカルだなぁと新しい発見をした思いです。

森の中の写真を撮ればよかったんですけど、携帯カメラを出すのが面倒で……
邪魔にならない場所で立ち止まる→ザックをおろす→ザックカバーを外す→携帯を包んである袋を取り出す→撮影 
という手順が必要だったので(苦笑)

懐かしいと言っていただけてうれしいです。
コメントありがとうございました!

Re: NoTitle * by 菜宮 雪
かみたかさま

涼しかったですよ。
このツアーはガイドが登山道を案内してくれるわけではありません。
基本、自分のペースで歩き、時間どおりにもどってきてね、というツアー。
なので、一人で歩いているのは当たり前なのです。
グループで来ていても、歩いているうちにバラバラになっている人たちもいるし(オイッ)
好きな場所で休憩できて、思い思いのペースで歩けるので、楽。確かに危険ではありますが。
今回は、雨天だったので、歩いているのは同じツアーの人ばかり。
道もほぼ一本なので、安心して歩けました。

かみたかさまも挑戦なさっては?
コメントありがとうございました!

個別記事の管理2011-08-16 (Tue)
どうでもいいことなのです。
でも、ううむ。
あの方のコスプレ。

http://news.livedoor.com/article/detail/5765687/

デスラー総統バンザイ!

ところで、「夏のホラー2011」はもう終わっちゃいましたね! はやっ!
もうなろうさんのトップページから作品リストがきえてしまいました。
まだあまり読めてなかったのに。
なろうさんトップの検索で「夏のホラー2011」と入力すれば、リストは出てきますけど、あっさり祭りが終了して、その痕跡もなくなっているとさみしいね。
* Category : 私的日記
* Comment : (6) * Trackback : (0) * |

管理人のみ閲覧できます * by -

Re: お久しぶりです * by 菜宮 雪
伏せコメさま 8/17 16:39の方へ

いらっしゃいませ。
あはは。あの写真ね……確かにアバター!
私も古い人間なので、アバターとは思わず即デスラー総統だとわかりましたよ(笑)
実は、大昔、デスラーの大ファンで。
ああう……あのコスプレは……あまり似合っておられないだけにふいたのであります。
えらい人でもああいうことをやるんですね。びっくり。
趣味に文句をつけてはいけませんでしたか。

「ギャミ~」を読了いただきありがとうございました。
突っ込みどころ満載だったと思いますが、なんとかお読みいただけたようでうれしいです。
設定に付いていけない方も結構いらっしゃるみたいで、企画の掲示板にはいくつか辛口が並んでいます(泣)。

椎名誠さん……大昔読んでいましたので、私は影響を受けていると思います。
でも、最近のは全く読んでいないんです。この方の短編を読んだ時(どれか忘れたけど)、妙につまらなく感じて、それきり読まなくなってしまいました。
また読んでみようかな。

伏せコメさまは頻繁に更新しておられるのですごいですね。
今更新中の御作で、高鷲付近が出ていますが、私もあのあたりはスキーで出かけるので、多少は知っています。
どのスキー場のことだろうかと考えることは楽しいです。
高鷲スノーパークか、ホワイトピアあたりがモデルでしょうか。
キャンプ場は全く知らないので、あれこれ想像しています。
この後、二人はどうなるんでしょうねえ。楽しみです^^

ところで、今回のアルファの大賞は出ないんですか?
私はこの「ギャミ~」と「ジーク王子~」をエントリしました。
ギャミの方は50枚しかないので、勝負にならないと思いますけど、SF企画に出ている他の方が、企画宣伝のためにエントリしているようなので、つられてつい……

コメントありがとうございました。
こちらこそ、これからもよろしくお願いします^^

NoTitle * by HN:米華悠希
総統は好きです。
一発でわかりましたが、若いひとたちにはわからないんですね。
世代の隔絶を痛感しました。

それにしても。
いまこのときにデスラー総統って……。

残念。つまり愛知県の政治家は愛知や日本がガミラス状態になってもいいという姿勢なのか、といううがった見方をされてしまうブラックな社会の現状を、知事さんはわかっておられるのかな。
沖田館長にしておけばよかったのに。
と思いました。

Re: NoTitle * by 菜宮 雪
悠希さま

「若いひとたち」なんておっしゃらないで。
それじゃあ年配っぽいですよ(笑)。我々も若いのだ!

政治家がデスラーのコスプレをしたから日本がガミラス化でもいい!?
その考え方にちょっとびっくり。
それはないと思いますが、海外からみるとそんなふうにみえるんでしょうかねえ。
ガミラスがいいってわけじゃないですけど、ガミラス化なんて無理。今の日本にはデスラーのような強い指導者はいません。
政治家は、いかにして自分を支える団体にお金を回せるかばかりを考えている気がします。
政治って所詮、そういうものなのか、とつくづく思うこのごろ。

コメントありがとうございました。

NoTitle * by HN:米華悠希
ガミラス化うんぬんは、海外から見ての感想でなく、記事に対する日本のネットユーザーの反響コメにあったのでなるほどと思ったのです。
テレビでも問題報道があって大問題になったばかりなのに、初代ヤマトが放射能汚染を扱った作品だということを考慮しないで、政治家がこのように軽率では、ほんと救いのない状況だなぁと思ってしまいました。

Re: NoTitle * by 菜宮 雪
悠希様

コメント欄はみておりませんでした。失礼しました。
政治家としてどうなのかは、私はわかりません。
楽しんでコスプレ、それでいいような気がして。
ただ、総統に似ておられないのがたいへん悲しかったのであります!

個別記事の管理2011-08-13 (Sat)
ホラー企画に参加中の作品、

魔女ベラーザの森」 本日後編を出し、無事に完結しました。
 ※残虐流血ご注意! 一応ホラーなんで…

怖くないと思います。(あくまでも当社比)
去年のホラー企画に出した「遠藤君の絵」の方が、自分としては怖い出来かな。
今回の作品は、気持ち悪いだけで、涼しくならんかも。
読者さまの共感度は、たぶん低いかと思うのですが、こういうのも書いてみたかったの。
お目汚し失礼!

ところで、ついにお盆ですね。
私も昼からはお墓参りと、親戚んち行きの予定です。ああ、もう昼だ! 準備しなければっ!
それにしても暑いですねー。ちょっと晴天だと35度は当たり前。
いつから日本ってこんなに暑くなったんでしょう。
では、また。
* Category : 宣伝
* Comment : (6) * Trackback : (0) * |

NoTitle * by HN:米華悠希
こういった傾向の作品もお書きになるのですね。
ホラーと言えるのかわかりませんが、雨月物語的な不気味さはあるかもしれません。
もう少し魔女に孤独の哀しさとか滲ませたら良かったかなと(私好みになると言うか)

Re: NoTitle * by 菜宮 雪
悠希さま

どんなジャンルでも書けるようになりたいんです。
菜宮はコメディ屋だとお思いですか(笑)
「雨月物語」、これ、恥ずかしながら題名しか知らなかったんで、今ぐぐってきました。
内容は、今回の私の作品とかぶっていないようで安心しました。
有名な古典と内容がそっくりで、パクリ疑惑をかけられたら、どうしようもないですからね。

ちょっと不気味が演出したかったんですけど、力不足でしたか。
魔女の孤独感……そうですね。確かにもっと入れた方が共感度が違うかも。
感想ありがとうございました。次回に生かせるようがんばります。

ご無沙汰しておりました * by かみたか さち
しばらくご無沙汰している間に、
作品が増えていらっしゃる…。
ぼちぼち、読ませてくださいませ~。

Re: ご無沙汰しておりました * by 菜宮 雪
かみたかさま

お帰りなさいませ。
作品が急に増えて、驚きましたか?
ふふふ。遅筆の菜宮にしては、かなり早い更新速度でした。
企画開催に合わせるため、ここひと月以上、これらにかかりっきりだったの。
……まだ覆面のができておりませんが(汗)

お暇な時に、気が向けば覗いてくださいね。

こちらも。 * by ふぢた
読んでまいりました~「魔女べラーザの森」。
やっぱり感想欄のほうがいいのかな、と思いつつ、
こちらにお邪魔をいたします。

流血具合と生首は、わたし的に充分ホラーでした(汗;)。
想像するだけでくらくらします…。

グロ=ホラーというわけでもないですから、
グロ度はこのあたりに留めていただいて、
もっと心理的な恐さ、例えば魔女の言うことを信じて
みんな集団催眠みたいになってしまうところか、
真実を言ってる王様の空回り具合とか、
そのあたりを突き詰めた方が、恐さは増すかもしれません。

とりあえず、最後ほうの内臓なでなでが辛かったです。。。
(脳内ダメージが;)
あれは魔女じゃないと出来ませんよねえぇ。
ああいう情景でも、どこか爽やかというか、
淡々とした雰囲気が漂うところが、菜宮さまの「味」な気がします。

前編と後編で、冒頭のシーンを重ねてらっしゃいますよね?
すごく頭の中に情景が浮かんで書いてらっしゃるんだろうなあと感心してしまいました。

わたしも余裕が出来たら短編に挑戦してみたいものです(苦笑)。あくまで希望。

それでは、長々失礼しました。


Re: こちらも。 * by 菜宮 雪
ふぢたさま

ベラーザの方も読んでいただけたようで、ありがとうございます!
ホラーなので、どうかなあと思ったんです。
こちらは字数制限なしなので、好きなように書けましたけど、結末は何度も書き直しました。
没案に、逆パターンもあったの。
アズルトがベラーザの首をはねる→ベラーザの首がアズルトに噛みつき、共にゾンビ化、みたいなの(笑)
ううむ。今読みなおしていたんですけど、やっぱり怖さが足らないですよね。精進します!

ふぢたさまの短編、読みたいな。
私は短編の方が得意です。長編を書いても最後まで読んでくださる方が少なくて(泣)
長編も短編も書けたら最高ですよね。
いつか、何かの企画でご一緒したいわ。

かさねがさね、読了ありがとうございました^^

個別記事の管理2011-08-10 (Wed)
なろうサイトさんで連載していた自作小説、
ギャミと屋上で踊る
本日最終話 「銀の鱗」をアップし、無事に完結しました。
結局総字数は二万字ぎりぎり。
もう少し設定を入れたかったですが、字数的に無理でした。
船名すら入れられず……

この作品が参加している「空想科学祭2011」はまだまだ開催中です。
これでハードSF部門なのかよっ! もっときちんと理論づけしろやーって突っ込みが入りそう(滝汗)
ま……なんか、読者さまの心に残ればいいかなって思っています。
それが作品に対する不満ばかりだとしても。

ところでSFってなんでしょうね……
この作品の場合は。

すっかすか の ファンタジー

かも。
それとも、

すごく 時間の ふんだくり

かも。

ああ、連載がひとつ終わって、ちょっと頭がはっちゃけてる……

今日もあほみたいに暑いですな。
最高気温はおそらく35度以上になりそう。
クーラーなしでは暮らせません。
省エネはどこへ行った?
* Category : 宣伝
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

読んできました。 * by ふぢた
お久しぶりでござりまする。

「ギャミと屋上で踊る」やっと拝読しました!!
ついでに掲示板も(笑)。
どきどきしながら他の方が書かれた感想を読みましたが、
みなさま総じて丁寧な評価をされているんですね。
よかった~~(←何の立場だろう;)。
うん、面白かったですもんねっ。

みなさまが引っかかるといわれた冒頭ですが、

ギャミの容姿描写
  ↓
チャリンコの学生に見られる
  ↓
慌てて連れ帰る

という流れの方が自然なのかなあとも思います。
あくまで私見ですけど。

作品は、途中からのはじけっぷりが楽しかったです。
さすがというか。
なんだか詰め込んだ感がすごくある作品でした。
だいぶ切り詰められたそうですが、
それが展開の早さにつながってよかったのかなあと思いました。
漫画にしたら面白いでしょうね。
想像力をすごくくすぐられる展開と描写で、
言い方は悪いですが、レトロな感じのSFという気がしました。

ラストは、余韻が残ってよかったと思います。
あっさりギャミがいなくなってあれ~?って感じだったので。

「魔女べラーザ」はこれから読みます。
なんだか、いろいろと落ち着かなく。。。すみません。

感想欄に書けばよかったなーと思いましたが、
とりあえずこちらに。
また、SF書いてくださいねっ。

では、また来ます。

Re: 読んできました。 * by 菜宮 雪
ふぢたさま

「ギャミと~」の読了ありがとうございます^^
企画の掲示板もご覧になりましたか。
怖い場所ですよ、あそこは。
あの企画には、あれがつきもの。かなり心臓に悪いかもよ(笑)
ですが、あれ以上感想をもらえる場所は、他には知らないので、挑戦しました。
連載終了後数日は、落ち着かなくてねえ。
すごい刺激です。ふぢたさまも参加なさればよかったのに。
辛口感想にだんだんと慣れてきちゃった。
面白かったですか? 
ありがとうございます……ほっ。。。。
自分としてはこうなれば面白いだろうと考えて精一杯書きました。
冒頭は、そうか、ふぢた様の案にすればよかった。思いつかなかったわ~
あそこで多くの人がひっかかるとは思っていなかったので、自分としてはびっくり。
自分の感覚がかなりおかしいのだとわかりました(苦笑)
ま、それは仕方がないか。

個別記事の管理2011-08-08 (Mon)
この記事は、一部、なろうさん内、私の作家ページの活動報告と重複しています。

本日17:00より、なろうサイトさんの公式企画「夏のホラー2011」が始まりました。

私も参加しています。

魔女ベラーザの森」 ホラーファンタジー。一部残虐流血表現あり。

とりあえず、今日は前編のみ公開。次話はもう少しお待ちくださいね。数日以内に出します。

なんだかすごい数の参加小説。読み切れるかなぁ……
全話を一気出ししている方もいらっしゃいますね。
完結していないといけない、とは企画概要に書かれていなかったので、私は連載にしました。
今回の私の作品は全然怖くないので、ファンタジックな人間模様をお楽しみいただけたらと思います。ただし、後編はそれなりの残虐流血がございますのでご注意くださいね。
前編だけなら、普通のファンタジーです。
だからなに? カテエラ? と言われそうな出来具合ですが、好きなように書かせていただきました。

……小説公開になった今日の17:00。
私は出先だったので、携帯でホラーの公式サイトを確認しましたが、どこに作品たちがあるのか全然わかりませんでした。
っていうか、参加作家名簿はあっても、肝心の作品リストが載ってない!
家へ帰ってからもパソコンで公式サイト内を捜したけど作品リストはありません。
どうやって作品を読みに行けばいいのだろうと思っていたら、なんと、なろうさんのトップページに出ていました^^;
企画のページから直接入っても、作品へ直でたどりつくことはできないのです。ご注意ください。

私は参加表明した段階で予約投稿していたので、トップページに出してもらっていますが、あれはいつまで続くのかな。ずっとトップページに載せてもらえるならありがたいんですけどね……

以下は活動報告には書いていない内容。



小説公開前、出先から携帯で、予約投稿した「魔女ベラーザの森」を読んでいました。
17:00までには時間があるので、間違いがあったら直そうと思ったのです。
重複表現を見つけてしまい、即直そうと思ったのですが。

携帯から、なろうサイト投稿済み小説を手直しすることは、ものすごくめんどうだ、ということを知りました。

私は携帯でなろうサイトさんの投稿作品を編集したことがなかったので。
携帯からだと、そのまま画面をちょちょいといじっておしまいではなく、コピーを取ってそれを新規として登録し編集して、投稿済みのものと入れ替える……ような手順が書かれていて、その場での校正はあきらめました。

携帯だけで投稿している作者さんってすごいですね。
旧作の粗を見つけるたび、いつもこんなことして直していたんだ……

ところで。ギャミの最終話を今日出そうと思ったけど、字数が苦しいので、もう少し校正させてください。
今日はちょっとくたびれ気味。暑すぎ。もう寝よう。

Return

* Category : 宣伝
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2011-08-06 (Sat)
今日も連載小説を更新できました。

ギャミと屋上で踊る」 第7話 「強風に巻かれて」UPしました!

ふう……ついにあと一話で完結です。
明日最終話を出したいところですが、字数がうまくおさまらなかったらもう一日置くかも。

更新情報だけではおもしろくないので
「だものメーカー」を貼っておきますね。気晴らしにお楽しみくださいませ。
菜宮 雪だもの
* Category : 宣伝
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

わたしもだもの * by 悠希

Re: わたしもだもの * by 菜宮 雪
悠希様

拝見しました!
あれれ、玄関に誰か来ていても出ないんですか!
それだけ小説書きに集中しておられるとか?
せっかく「だものメーカー」をやっていただいたので、画面に付いていた、そちらの名前の全部みちゃった。
夏の脳ってところと、検索ワードがおもしろかったです。

あ、それから、新連載開始、おめでとうございます。
例のブツをついに蔵出しなさるのね。
改題するとずいぶん印象が違うものですね。
なんか恋愛全開っぽいわ~
某アニメであの題名とまったく同じセリフがあったような……どうでもいいことですが。
改稿してどう変わるのか楽しみです。
すぐに読みに行っている暇はないですけど、また覗きに伺いますよ!
ではまた。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。