12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2011-10-30 (Sun)
先日、「柿其渓谷」(南木曽町)というところへ行ってきました。
今日はあいにくのお天気ですけど、私が行った日は晴天で暑いくらいでした。
以下、画像あり。



この渓谷、水がとってもきれい。
エメラルドブルー。透明で深いところでも川底までしっかり見えます。
緑の絵の具をどれだけ溶かしたんですか、って言いたくなるような色。

kakizore1.jpg

川の石は白くて、水の緑との対比が美しく、目が覚めるような光景だー。
見学コースになっている部分はたくさんではないけど、牛ケ滝(写真下)はすばらしいね。
滝の展望台への階段が急で、しかも狭く落ち葉がついていて、ちと怖かった。
狭い階段を、でかいカメラや三脚を担いだ人々が上り下りしていた。
この水の色なら、ちゃんとしたカメラで撮ればいい写真になりそう。
ちなみに、ここに掲載している写真は私の携帯で撮っています。
また行ってもいいなあ。夏なら水に入ってみたい。

kakizore2.jpg

Return

スポンサーサイト
* Category : 私的日記
* Comment : (4) * Trackback : (0) * |

* by ふぢた
おお、まだ緑も残って天気も良くて、よい日にお出かけだったのですね~。
う~ん、マイナスイオンが伝わってきそう…。
夏は夏できっと水も緑もきらきらでしょうし、これから秋が深まると紅葉が映えてきれいなのでしょうね。
四季のある国でよかったv
良い写真ありがとうございます~。


* by 悠希
携帯の解像度もかなりのものかと。

Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
ふぢたさま

いらっしゃいませ。
この渓谷へ行ったのは数日前、快晴の10/28でした。紅葉は少し早かったです。
部分的に色変わりしていたけど、山全体が染まるほどではなくて。
写真のところの紅葉は、わかりにくいですけど、ほんのわずかに染まる程度でしたね。
紅葉見物としては物足りなかったんですけど、とにかく水がきれいで。ゴミとか落ちてないし。
真夏ならば、水遊びの人がたくさん来るんだろうと思います。

渓谷内の道に入ると、売店が全然ないんです。
なんにもないところだ、とぶつぶつ言っていたおばさんグループもいましたが、なんもないからそれがよかったと私は思いましたね。日本の中にもこんなにきれいな場所がある!
自然のままの風景をみると心が安らぎます。
紅葉シーズン、いい季節なので、体力が続く限り、野山へどんどん出かけたいわ~
コメントありがとうございました^^

Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
悠希様

今どきの携帯カメラってすごいと思います。
私のあまりきれいに撮れないんですけど、家族が持っている携帯なら、もっときれいに撮れますよ。

この写真の解像度って……えーっと……すみません、どこで解像度を見ればいいかわかりません(携帯電話のカメラ機能を使いこなせてない)。
普通に2Lサイズでプリントできる大きさ、という設定で撮影して、それを自動縮小してメールにつけてパソコンへ送り、ブログ記事にアップ、という形をとっています。
写真設定そのものは、買った時のままだと思われ……いまだ、フラッシュとか赤目防止とか、ついている機能、どこをいじっていいかわかっておりません(笑)
まあ、思い出が撮れればいいや。
でも写真をちゃんと撮りたいなら、やっぱり携帯電話ではなくてカメラでしょう!
コメントありがとうございました^^

個別記事の管理2011-10-27 (Thu)
先日から、携帯の方に迷惑メールが入るようになった。
日に10通程度なので、まだ少ない方だと思うが、夜に来ることも多く、うっとうしいこと。
そんな話はどこにでもあると思ったので、ぐぐって調べた。

多い人は日に100通ぐらいの迷惑メールを受け取っているらしい。
徐々に増えたりする場合もあるみたいだね。

拒否しても無駄、という情報も見た。
メルアドを変えることが一番いいらしいが、アドレス変更しても、迷惑メールがくる場合もあるようで、うんざり。ほとんど出会い系。
私は一応配偶者がいるからね……出会う必要ないんだよな……

しかし、不思議だ。
どこのどなたか知らんけど、どこで私の携帯メルアドを知ったのか。
携帯のアドレスは、ごく一部の知人や親戚しか知らないはず。
知り合いから情報がもれている? 可能性として低いと思が、知り合いが私のアドレスが入った携帯を落として悪い人に拾われる、ってこともあるかも。でもそれなら、本人から連絡が来ると思う。

懸賞など何かに応募するときは携帯メルアドは書かない。
某ハイキングツアーに参加したとき、遭難防止のために携帯メルアドを記入したことはあるけど、そんなところから情報が出てしまうものなのだろうか。

思い当たるとしたら、ツイッターを携帯から見ているときが多いので、うっかり変なところをクリックしてしまい、どこかでIPを拾われた可能性はあるけど……

どこでメルアドが拾われたのか、疑問に思っている方は私の他にもいる。
適当にメルアドを拾う機械があるらしいが、そういうのに当たってしまったらしい、という話も見た。
なんか気持ち悪いなあ。そんなのありか?
一か月ぐらい、すべてのEメールを受け取らない、設定にすれば、そのメルアドは死んでいるとみなされ、スパムものが来なくなることもあるらしい。試そうかどうしようか迷うところ。

とりあえず、今来ているすべての迷惑メルアドは全部ブロックしたけど、どんどん増殖していくようだったら、アドレス変更も考えないといけないね。
ああ、めんどくさい。なんでこんな手間をかけないといけないんだろう。
時間の無駄遣いだ。
* Category : 私的日記
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by かみたか さち
うちの主人にも、出会い系のものがよく来るらしい。
ランダムに数字やアルファベットを組み合わせて
とにかく配信するソフトもあるとかなんとか。

世の中、暇なひともいるもんだ。と思ったりしますが。

夜の間は、電源切る、ってこともできるけど、
身の回りの迷惑メール経験者はやはり、メアドの変更をされてます。
そんなところで、数年ぶりの人からメール来たり。

世の中、困ったひとが多いですね。うんざり。

Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
かみたかさま

ご主人の携帯も被害ですか。
うっとうしいですよねえ。
同じところから内容が全く同じメールが数分間隔で届くことがあり、メール着信音がしても、またかよ、と思うだけ。
きのうはどういうわけか、一通もきませんでした。
土曜日だから? 仕事がお休み?
これでうまくブロックできているなら、メルアドを変える必要はないと思うんで、もう少し様子をみることにします。
メルアド変えるなら連絡しますね。

そういうソフトを作って、いろいろな人のメルアドを拾ってるんだろうけど、出会えるだけの人数がいないと経営が成り立たないはず。待機している人がそんなにいるのかな。世の中暇な人がいるもんだ。

コメントありがとうございました^^ がんばってブロックします!

個別記事の管理2011-10-25 (Tue)
ちょっとおもしろい公募を見つけた。

公募、といっても小説ではなく、これはキャラクター名の募集だ。

ひろしま菓子博」というのがあって、そのキャラの愛称を募集している。

見事一位に選ばれれば五万円ももらえるとは、なかなかいい話じゃないか。
もちろん、同じ名前を複数名が考えれば抽選になるそうなので、自分が考えた名前が採用されたとしても、自分にお金が入るとは限らない。

で、どんなキャラかとおもったら。
http://www.kashihaku2013.jp/character.html

ううむ。お二人のかぶりものが微妙だ。いい名前を考えて応募したいけど、どうしても頭に目が行ってしまう。
殿はいいとしても、姫の方がだな……

だめだ、ひらめかないや。
* Category : 私的日記
* Comment : (6) * Trackback : (0) * |

* by 悠希
姫のは……直視をためらうね。
誰も突っ込まなかったんだろうか。

チョコレートクリームじゃなくてよかったよ。

Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
悠希さま

ご覧になりましたか?
なんかすごいお姫様で……うん、あの頭、何とも言えず……

もしもチョコレートクリームだったら!
うぁ……w

私も突込みたくてたまりませんよ。
いい名前を思いついたらぜひ応募を^^

* by ふぢた
あああ、なんか見たこれ!
姫ね…どうかと思いますよね。
暑さで溶けたらホラーですぜ…。

せっかくなので、ものの1時間で考えたのを送ってみましたよ。
すんごい適当だから当たらないと思うケド。
お菓子が届いたら分けますね♪

* by かみたか さち
お団子頭な殿が、某NHKアニメをほうふつさせます。
和洋な二人なのね…。
かぶりもの、なので、もみまんの被りものをしているのかと思いました。
あ、それは広島国体のキャラですでにそんなのがいたっけ。

なんでもキャラクターですねぇ。
小学生高学年の社会の教科書にド○えもんたちの絵が
吹き出し付きで説明しているのなんて、どうかと思うのですが(汗)


Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
ふぢたさま

おお、このキャラご存じでしたか。
そちらでは結構出回っているのかな。
すごいお姫様で……
暑さで溶ける?とな。それは困る!
…で、もう応募したんですか。
はやっ!
私も今日中に考えて出そうかな。
いい名前が思い浮かばないです。なんか汚そうな名前ばっかり思いついて…

コメントありがとうございました^^

Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
かみさかさま

そうなんですよね。どうみても和と洋。
なかなかおもしろいキャラ絵だと思いませんか?

広島国体のキャラってどんなんかと思って、今調べていたんですけど、「咲ちゃん」っていうんですね。
キャラはどんなんかわからないけど。
となると、あのソフトクリームなお姫様には「~ちゃん」がいいかな。

ほんっとなんでもキャラの時代だな、と私も思います。
うちの市町村にもキャラがありますよ。
それの定規とかクリアファイルとか売っています(大ヒット商品とは思えないけど…)

教科書にド○えもんですか。
……時代を感じるわ~
コメントありがとうございました!

個別記事の管理2011-10-23 (Sun)
夕べは、企画、オンライン文化祭のチャットがありました。
実は、私はチャット開催はその前日、金曜日の夜だと思い込み、フライング。
だれもいないチャット部屋で自分のあほさを知り、さみしさが身にしみたのだよ……

くっ、そんなことでへこたれるもんか、と歯を食いしばって、家族のパソコン争奪戦に望み、拝み倒し勝ちでパソをゲット。(うちは、夜はパソ取り合いになること多し^^;)めでたくチャットに参加させていただくことができました。

22日、夜10時すぎ。企画のチャット部屋を覗いたらすごい人数だった。
すでに15人以上が入室中で、私が入室してからも人は増え続け最大で20人ぐらいに。
そうなるともう誰かが入退室するだけでだーっとログが流れる。
返信しようと思って書いているうちに、話題が変わってしまう。
書きかけて、書き込めなかった時も何度も。
なんか目が回りそうだった。
少し息抜きをしたくなり、入室したまま別画面を開いて、ツイッターを覗いたり、メールチェックをしたりしていたけど、すごい速さで流れ続けるログで数分でも目を離すと、なにがなんだか。
ふぅぅ……カオスな世界でした……
ちなみに、夕べのログは全部見ることができます。
私は12:20頃退室しましたが、まだ17人ぐらい残っていました。
つか、この時間でも退室する人、少なっ!
今朝、すべてのログを拝見しました。数人の方は朝の4時ぐらいまでしゃべっていたみたいね。
すごい体力!
覆面企画に出ていた方が数人混じっていて、それも楽しかったです。
あの作品の作者さんが!
……そういう人だったのか……みたいな(笑)
「そういう人」とは、うん、ちょっと作品とイメージが違うかなあと。
作者さんたちの素顔に触れたようでうれしかったです。

流れ続ける画面をがん見していたので、少々目が痛いよ。
明け方まで居残っていた方々、目は大丈夫ですか?
* Category : 私的日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2011-10-20 (Thu)
今日は久しぶりにレンタルDVD、韓国ドラマの感想です。

「済衆院(チェジュンウォン)」 全18巻 36話完結 病院の話なので流血シーンがたびたびあり


私は韓国ドラマが特に好き、というわけではないんです。俳優さんのこともよく知りませんし。
以前、「タイタンの戦い」というビデオを借りたとき(その作品については当ブログ内にて感想投下済み)おまけの宣伝DVDがついていました。
そのDVDには、数作のドラマの一話目が入っており、そのひとつが「済衆院」だったのです。
他の作品は特別観たいと思わず、借りるとしたらこれでもいいか、その程度のこと。

で、なんとなく借りてきたわけ。
ごふっ……ごっつはまっちゃったw

私がしっかり観た韓国ドラマはいくつもないです。
「チャングムの誓い」「太王四神記」「冬ソナ」ぐらいかな。
今回観た「済衆院」はそのどれよりも泣かされましたね。
イラっとくる場面は何度もあるんですけど、続きが気になってたまらず、レンタルは一週間に一本と決めていたのに、二、三本借りてきたときも。

以下、ねたばれありの感想です。





簡単なあらすじ
李氏朝鮮末期の時代。
白丁(もっとも低い身分)として生まれたソグンゲ(主人公、男性)は、西洋医術の治療をしていた日本公使館へ病気の母親を連れて行くが、お金がないことを理由に少しの治療しかしてもらえなかった。悩んだソグンゲは密屠殺に手を染め治療費を得るが、間に合わず母親は死亡。以後、密屠殺の罪で追われることになる。
捕えられたソグンゲは、西洋医術に興味を持っている両班(朝鮮の貴族の身分)の青年ドヤンに人体解剖を命じられる。ドヤンは権力者の息子で、当時はタブーとされていた西洋医学を学ぶために密かに人体解剖をみたいと望んでいたのだった。
解剖の口封じのためにドヤンの命令で、彼に従う男に殺されかけたソグンゲは逃走。
追剥をして両班ファン・ジョンになりすまし、母への思いからファン・ジョンの名で医学生となり、西洋医術の道を歩んでいくことになる。
ドヤンとは医学を志すものとして再会するが、ドヤンの方は、あの日解剖を強要した白丁の罪人がファン(ソグンゲ)だとは思っていない。(そのことを知るのはずっと後になってから)
ファンは持ち前の器用さで天才ぶりを発揮し、ドヤンに激しくライバル視される。
物語は、ファン=ソグンゲ、ドヤン、そして、ドヤンが思いを寄せる女性ソンナンの恋愛関係などをはさみつつ、「済衆院」という朝鮮初の西洋医術の病院を舞台に、激動の時代へ突入していく。

うまく説明できないけど、おおまかに言えばそんな感じの話。
いろいろな要素が入っていて見ごたえがあった。
恋愛、歴史、人権問題、親子愛、友情、陰謀など。

1巻目は、はっきり言って展開まるみえ。
ヒロインとなるソンナンが出てきただけで、ファンといい仲になりそうだと思った。
で、やっぱりその通りに。
それでもつい観てしまったのは、いつ正体がばれるのかと思うとドキドキしたから。
ファンはいくつもの罪をおかしており、正体がばれればすべてを失うだけでなく、死刑。
密屠殺、追剥強盗、身分詐称、別人の名を使った不正受験……

たまらないのは、本者のファン・ジョンの登場や、父親との接触など、何度も繰り返される、ファン・ジョンと名のっているソグンゲの身ばれの危機だ。
けがをしている父親の手術に同意するために、ファンが皆の前で号泣して真実を明かした場面は私も号泣。
俳優さんの偽りない演技、本当に真実味があってよかった。
12巻から14巻ぐらいが一番のもりあがりどころだね。

日本が韓国併合しようとしている時代だから、至るところに反日的なセリフや演出が込められ、日本人はものすごく悪者として描かれている。
ドラマだからそこは割り切って観ないといけないけど、ところどころに変な日本語が混じることがとても不快だった。せっかくのいいドラマに水を差されたようで。
俳優さんたちがたいへんならば、全部韓国語でもいいと思うんだ。
最初のころは日本人同士が会話しているという設定の場面では、日本語の部分もあったが、途中からほとんど韓国語に。
中途半端に「そうです」「はい」などの日本語が韓国語に混じって聞いていておかしくて仕方がなかった。
吹き替え版がなかったから、字幕で見たので、よけいに発音が気になるなあ。
日本語指導の人っていなかったのかな。発音が変。
緊迫した場面で「ばかやろう」が「ばかんやろう」に聞こえるとなんか力が抜けちゃうっていうか……
部分的に出す変な日本語やめてぇ。そこ、無理に日本語使う必要ないじゃんって思った。
役者さんたちが、すごく演技が上手なだけに、少々残念。
それさえなければ、満足度は☆5つなんだけどなあ。
私の満足度は☆4つ半。
最終話でも泣けたよう。。。。最後までファンがどうなるかわからずで緊張しながら観ていた。

ソンナン役の女優さん、すごくきれいな人でうっとりしちゃう。高価そうな服がどれも似合う。
この方、「朱蒙」のヒロイン役もやっていたらしい。「朱蒙」はFさまも前に勧めてくれたドラマだね。
観たいけど、ううむ、でもなあ……「朱蒙」って、39巻もあるんだよな。長い……
レンタル店で、「朱蒙」を借りようかどうしようか手に持って迷っていたら、知らないおばさんがいきなり話しかけてきた。
「これいいよー。何度も観ちゃった。この俳優さんがねー」
おばさんの指は、1巻目の表紙の真ん中の男性を示す。
「この人がかっこいいのよ。絶対お勧めだから」
……ごめんよ、おばさん。私、俳優さんの顔とか名前なんか知らないんだよ。
結局、見知らぬおばさんの熱意に押され、「朱蒙」を借りてきちゃった。
観終わるのはいつになるだろう。
途中挫折せず39巻全部観れたら感想を書こう。

Return

* Category : ドラマ
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by 悠希
観にいっていい?
つまみは何がお好き?

Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
悠希さま

おつまみ持参で観に来てくださると? 
では枝豆なんぞつまみつつ、共に「朱蒙」でもみましょうか……って、あはは…

おうちがもう少し近いと、一緒に観れるのになあ。
あ、でもだめですよ。一緒にDVDなんぞみたら、私はかなりの泣き屋だとばれちまうわ。
ドラマとか観ていると、私、すぐに泣いちゃうんです。恥ずかしー
「済衆院」は、夫も泣いていましたよ。
それを見て、私も安心したのであります!
コメントありがとうございました^^

個別記事の管理2011-10-18 (Tue)
覆面作家企画5の余韻がまだとれない私です。

提出した「荒野のニンジン」をきのう自サイトへアップしました。
短編を発表するなら、なろうサイトさんへ出した方がたくさんの方に読んでもらえそうですけど、背景色なんかをいじるには自サイトの方が便利。それに、今は、数々のありがたい甘々感想にひたっていたいから。
ありえない数の感想、本当に感謝しています。

この作品を執筆してからすでに2か月以上経過。
今あらためてこの作品を見ると、なんか字がつまってて読みにくー!
あまり改行しないことも、仮面のひとつだったんですけど、やっぱり見にくいなあ。
字下げキャンセルになったところと誤字の部分を修正し、読みにくいところは適度に改行を入れて手直ししました。
読点を細かく打つところが、かみたかさんの文体に似てるらしいですね。
よく知っている人だけに、笑えたなあ。無自覚でした!

ところで、覆面企画に出ていた方が、オンライン文化祭の方に何人も!
オンライン文化祭、もうすぐ締め切りですよー
サイトをお持ちのネット作家様、よろしければご一緒しませんか?
(すっかり企画好き♪)
当方、今回はコメディ色を封印します。暗黒弁当の早瀬さんとのコメディ対決はなし(のはず!)
静かにしっとりと……書けたらいいなぁ……がっかりされちゃうかな。
* Category : 宣伝
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by かみたか さち
似てるんですね~。
言われて見て、そうなんだぁ、とちょっと納得した次第です。
それを意識してか、オンライン文化祭では読点が少ない私です。

サイトのほうも、模様替えされてましたね。
ニンジンさん、背景も可愛いです。
シリアスコメディってどっち? な感じもいいですな☆

Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
かみたかさま

いらっしゃいませ。

おかしなところが似るもんですね(笑)
言われてみれば、なるほどと思いました。

オンライン文化祭の方では読点を少なくしたのですか。
実は私も読点を減らすよう努力中でして……また似てしまうかもw

数がそんなに多くないので(長編もあるかもしれないけど)ゆっくり全部読めそうです。楽しみ。

拙サイトの方ですね……覆面の方々のサイトを訪問していたら、なんか自分のサイトってつまらないし見にくいなと思って少しだけ改装したんです。
改装、といっても表紙を少しいじっただけであまり変わってないですけどね。
覗いてくださり、ありがとうございました!

個別記事の管理2011-10-13 (Thu)
きのうの続きです。

企画掲示板に感想および推理したと書き込みのある方のみ、返信させていただきます。
ツイッターだけの感想の方は、すみません、全部追えませんでした……
すでにツイッターなどで返信した方への分は入っていないものもあります。


では、以下、返信の続きです。



>楽遊様
すごく細かく読み込んだ長文の感想、ありがとうございます! はい、どこまでもニンジンです。それしかありません。最初に世界描写をしっかりやっていないので、これはいったい何、と思われたのでは?(笑)。確かに、最初はファンタジーかどうかはわかりませんよね。とりあえず現代日本でないことは示せたと思うんですけど、うまく書けませんでした(汗)。
レフィカには既にダリュースではない恋人がいる?……なんと、そんな設定もありでしたか(作者が驚いている)。でも、それもありですよね。だとするとダリュースぅぅ、ああかわいそうに……ってなんてひどい話だ! 長編なら三角関係なんか入れてもおもしろいかも。あれこれ想像。楽しい発想ににやにやしました^^

>伊吹花梨様
星新一さんの短編集などは、昔よく読みました。私は影響を受けているかもしれません。「正統派の剣と魔法もの」…そういっていただけてうれしいのですが、ニンジンですからっ! それ一色で飾りたかったんです。レフィカにはニンジン料理以外のものも作ってほしいなって私も思っています。他の料理を彼女が作って、二人はうまくいく、なんて場面もあってもいいなぁ……ひたすら妄想中。

>天菜真祭様
オレンジ色か、ニンジン色か、わかりにくかったでしょうか。その記述、実は悩んだんです。ニンジンの色、と書くだけでは読み手がどんな色を想像してくれるかが不安でした。ニンジンでもいろいろな色がありますから、オレンジと出すことで、読者の想像の色を固定したつもりでした。どうしても橙色の海でおぼれかけてほしかったので(鬼)。天菜様は初めて私を言い当てた名探偵です。見つかって逃げ切り阻止され、がっかりはしたんですけど、私を見つけられるほどしっかり作品を読み込んでくださったという感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます!

>柚希実様
戦いの部分、手に汗を握っていただけたようで、うれしいです。あの場面は中盤の盛り上がりどころですが、うまく描けているかどうか、自信がありませんでした。ダリュースの未来は……うん、きっとニンジン色! どんなんだ。

>望月あさら様
「彼女はボケているのか鈍感なのか」……それはふふふ。どっちなんだ、と思っていただくところがこの作品のひとつのポイントでありまして、わざと記述しておりません。その方がダリュースの緊張感も高まるかと思いました。ごめんなさい。望月様もD1につられましたね? タイトルのつけ方、確かに似ていました。

>恵陽様
面白いといっていただけたなら、ニンジンにしてよかったです。ダリュースの試練は継続中ですか?(笑)
ありがとうございます♪

>鈴埜様
「かっこいい魔獣退治のお話」……そう思っていただけてうれしいです。でもニンジンです^^
彼が愛の力で乗り越えてくれるといいなぁ……私もそう願っているんですが。うん、ニンジンですからね……

>和様
ニンジンハウスにときめいてくださったんですか! ありがとうございます。あんな描写ですみません。もっといろいろ内装を飾りつけした記述を盛り込みたかったんですが、字数の都合上入りませんでした。彼らの結婚式にはキャロットケーキ?! それ、面白いです。なんか小さなニンジンが生クリームの上にブスブス刺さっているケーキを妄想してしまいました(笑)

>朔蒼々様
前半は意図的に淡々と書きました。会話を入れなかったのは覆面のつもりで。でも後半はそのままの文体では無理となり、いつもの自分の書き方に(苦笑)。おおせのとおり、前半と後半ではかなりの温度差がある作品に仕上がりました。それでかえって印象を強められたでしょうか。楽しんでいただけて幸いです。

>楠瑞稀様
荒野にころがるニンジン。前半はそれしかありません(笑)。変な舞台設定で登場人物を真剣に動かすことを目指しました。笑っていただけたようで私もにっこり。面白かった、と言っていただけると、参加してよかったなあと。

>良崎様
硬派なファンタジー……のはずですが、ごめんなさい、この話はニンジンがすべてです。ニンジンのせいでレフィカを嫌いになる? ひゃ~、そ、それは……ダリュースぅぅ! そんな~
……すみません、意味不明返信でしたね。つい、妄想が炸裂しちゃいました。楽しい感想ありがとうございました。

>塩中吉里様
すでにツイッターで返信しましたが……この推理メモ、何度見ても大爆笑。宝として印刷済み。不気味という言葉と、しもねたの連呼にやられました^^ 「つっこみ待ち」とな? そ、そこまで見られているとは。くぅ、負けたー! 名探偵に大拍手!

>咲闇紅羽様
「ウサギのおうち」……きゃう、なんてかわゆい発想。……想像を裏切っちゃってごめんなさい。不気味ニンジンでした。まさに「トラウマレベル」(笑)。結婚式のケーキはやっぱりニンジンケーキで決まりだね。うん、すごいニンジンだらけのケーキに、顔色が悪い新郎のダリュースなんて想像しましたw

>冬木洋子様
故郷に帰ってからも幻想ではないのか、と思いましたか。そういう方が結構いらっしゃるみたいで、私もびっくり。字下げに関してはエディタのいたずらでございました。なんかフェイクになっちゃいましたね。
作家名的中、ありがとうございました!

>くまごろう様
彼女から言い出すエンドを想像してくださったのですね。何通りも考えてにやにやしてくださるとうれしいです。ところで、くまごろう様ってあの方と親子だったんですか! 驚きました。親子で書けるなんていいなぁ。

>來様
「メルヘンなファンタジー」…ではありませんでしたね。すみません(笑)。主人公の輝きを感じていただけたんですね。ありがとうございます^^ ところで、ツイッター拝見したんですけど、B8、三重弁でしたか。あちゃー、私も三重県出身。「~やん」は使いますけど「~ねん」は自分では使わないので、関西の方をあてはめようとしていました。大変失礼しました!

>空地大様
ギャクかシリアスか、どっちよ、という作風は当方が得意としているスタイルなんです。ギャクとして読みたい、シリアスな雰囲気にひたりたいなどいろいろご意見もあると思うんですけど、ひたすら主人公を振り回して楽しんでいました(にっこり)。バッドエンドをご想像? そういう方、多いなぁ。そんな終わりだったらマジで怖い~

>桂木直様
うちのブロック、最初から笑えましたよね。Dってコメディブロック? この並び順、何? 最初の二つを読んで安心したんです。これなら自分のが浮かないなって。コメディが他にないブロックに配置されちゃったらあっさり逮捕になるところでした。私と間違われていたD1、桂木様に違いないと私は思ったんですけどね……はずしたー! ダリュース、かっこいいですか? ありがとうございます♪

>玉蟲様
あの、掲示板の方からですと、リンク先へ飛べませんでした。サイトの方からなら感想が出されているところへたどりつけました。一度、掲示板の方のアドレスをご確認ください。
で、感想を楽しく拝見。ニンジンの絶叫、ありがとうございます。色つきで、しかもだんだん文字が大きくなっていくところ、ああっ、幸せ。私の妄想でこんなに叫んでもらえるなんて。もう大満足です。
ばら姫の作者さんでしたか。あのお話、印象が強くって素敵でした。



掲示板に書かれていた方はこれで全部返信したと思うんですけど……見落としていたら、本当にごめんなさい。
今後、新たに感想をいただいた方(掲示板で表示した方限定)には直接サイトへ伺ってお返事しようと思います。

覆面企画、楽しかったです。こんなにたくさんの感想、ありえない。
来年も開催されれば参加したいですよ。
充実した日々、多くのうれしい感想、本当にありがとうございました。

さてと。お気に入り作品の作家さんを覗きに行こっと♪
脳内では祭りはまだ終わってません^^
当分楽しめそうです。

Return

* Category : 覆面小説企画
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by ときあい。
返信お疲れさまです!
わたしもしようと思ったんですけど、活報で書くのも気が引けてそのまんまです。。。
ううう、菜宮さんえらいです~!

偶然「にんじん」の自主アニメ見つけたら貼っときます。
菜宮さんちとはだいぶ傾向が違うけど。。。
ちびにんじんがかわいいです。

ではでは!

http://www.youtube.com/watch?v=B1AlQK1BQw8&feature=related


Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
ときあい。様

いらしゃいませ~
ニンジンアニメ、みました!
これ、おもしろーい^^

ああ、こんな発想もあったんですね。考えた方、すごいや。
いろいろ妄想が膨らんで楽しくなりました。
いい動画をご紹介いただき、ありがとうございました^^

個別記事の管理2011-10-12 (Wed)
覆面作家企画5、終わっちゃってちょっと力が抜けている私です。
ああ、おもしろかったー

先に終了した小説企画「空想科学祭2011」でも多くの感想をいただき、くねくねしまくっていたのですが、覆面企画の感想数は想像以上で……連日入ってくる感想に絶叫しっぱなしでした。
50以上と、あまりにも数が多いので、すべてに返信すべきかどうか今日まで迷っていたのですが、感想をいただいたことは何かのご縁。
今現在(2011/10/12午前中)の段階で、企画掲示板に感想および推理をした、と書いていただいた方のみ、ここで返信します。
返信、といっても一言お礼……というか、自分の叫び声のようなものです^^
数が多いので、今日は9/30までに掲示板に書かれた分まで。
きのう、ホムペ拍手コメをいただいた方への返信も含みます。

みなさま、「D3、荒野のニンジン」を読了いただき、ありがとうございました。

以下、返信です。
書き込みしていただいた順。



>ネジ子様
「レフィカの天然返し」……はい、彼女いったいどう思っているの、と読者に思っていただくことがこの話のひとつの課題でありました。にんじんをかわいいと思っていただけるなんて……ふふふ、あんなにんじんでごめんなさい。

>其場凌様
「途中で書き手が変わった」……意図的に前半は地の文ばかりにしておりました。がんばって仮面をかぶっていたのですが、後半がまんできず、自分の普段の文体になってしまったのです(苦笑)。6千字ではもったいない、と言っていただけてうれしいです。

>沖美沙都様
すみません、感想をいただいたと思ったのですが、今、感想をあげていただいたサイトへアクセスできません。
サーバーが落ちている? 読了ありがとうございました。

>川辺都様
「主人公、がんばったのに!」その叫びがうれしかったです。私の脳内では、ダリュースはその後もがんばってむりやりニンジンスープを飲んでいます(笑)

>松原冬夜様
「トラウマの克服」……うん、彼はきっと克服できる、私はそう思っているんですけど、克服できず泣きを見る、という結末もありですよね。そこはお好きに妄想して楽しんでくださいませ^^ (丸投げ!すみません…)

>たかしょう様
「荒野に本の山」……おお、そこで本を妄想に出すとは!たかしょう様はかなりの読書家とお見受けしました。ご指摘の「胴色」は、すみません、誤字です。仰せのように「銅色」と書いたつもりでした。後でうわーと思ったけどもう遅かったのです(涙)自サイトへあげるとき直します。

>tomoya様
意気込みテンプレへの感想にびっくり。推理はここから始まっているのですね。
まさにここはお笑いブロック。最初の二つを読んで、私もそう思いました。
「アスパラガス」はごめんなさい、未読です。今ググってみたんですけど、アスパラガスが迫ってくる話?
とっても興味がわきました。読みたいっ! 今度図書館で探してみますね。
字下げについては、意図的でなく、推敲不足でもなく、ただのエディタのいたずらです。自分の手元原稿はすべてきちんと字下げした状態で提出しましたが、企画が始まって表示されたら、一部字下げがキャンセルされていて、悲鳴をあげちゃいました。読みにくくてすみませんでした。今度はそうならないよう対策を練ります。

>端沢カイリ様
見せ方がうまい、と言っていただけてうれしいです。D01だと思っていただけてさらにうれしさが! あんなおもしろいのが書けると思われるなんて光栄です。
「ベッドの上の幻」……そう思われた方も結構いらっしゃるような。でも最後も幻でしたーにしてしまうと、しつこい上に、もんのすごくつまらない作品になってしまう気がしたんです。主人公、はい、ちょっと抜けているかも。

>桐生愛子様
ハラハラしていただけたようで……そう思っていただけたなら、戦闘シーンを入れた甲斐がありました。
ダリュースの旅は……うん、終わらないほうが面白いかも。妄想をお楽しみくださいませ。

>sagitta様
「コメディかシリアスか」……そういうご意見、ごもっともです。読者に読ませる方向をきちんと示さない作品は、小説としては失格ということは知っております。そんな枠にはまらず、シリアスでコメディという同列に並ばないと思われる二つの要素を盛り込んでばかばかしく演出したかったのであります。そういう読者まかせのスタイルが私の特性かもしれません。説明多めにしたのはせいいっぱいの仮面でした。ごめんなさい^^

>盲管様
「マグリットの絵」……恥ずかしながら知らなかったので、ググってみてきました。ほんとだー、雰囲気がぴったり! あんな素敵な絵を妄想していただきありがとうございます。「最後にもう一発」……あれでよかったですか?(笑)

>moes様
「レフィカさんはどこまでが天然」……ふふふ。そこはわざとぼかして書きました。ダリュースの気持ちになって読者さんに悩んでほしかったので。彼女の気持ちはどうなんだろう、と思いつつも目の前のニンジンスープの現実は厳しく(笑)

>梶東里様
ニンジンが食べたくなりましたか? では梶東里様もぜひスープにしておいしく召し上がってくださいませ(にっこり)。自分では私はあまりニンジンスープを作らないんですけど、風邪をひいたりするとあたたかい汁物がほしくて作るときはあります。健康にいいかどうかは不明でも、気分的にヘルシーな感じがしますよね。

>青波零也様
なんでニンジンなんだよっ、って思われたでしょうか。ふふふ。色がはっきりイメージしてもらえる野菜にしたかったんです。ニンジンより怖いレフィカ! そうかもしれません。彼女を攻略するには魔物と戦うよりも大変。

>たつみ様
「シリアスな笑い」……はい。おおせのとおりです。シリアスなのにコメディ、という展開は、私が得意とするごちゃまぜスタイルなんです。小説としてはそういうのってどうよ、と言われると言葉もないのですが(苦笑)。それで覆面がはがれるかと思ったんですけど、そうでもなかったですね。プロポーズがうまくいったかどうかですか? うん、きっと……と思いたいですね。

>高遥様
おや、ニンジンお嫌いですか。なんと。では、読むのもウエーな作品だったかも。
苦行とは……笑えました! 確かに苦行ですね。

>神希様
「ハンバーグを初めてつくってみた」を読んで推理してくださったのですね。確かにあれを読むとD1の黒弁当に似てますよ。自分でもそう思いますもん。なんでニンジンかって? ……別にだいこんでもよかったんですけどね……だいこんだと色のインパクトがないかと思いまして。鮮やかで、字数の都合上、表面と中が同じ色で簡単に描けて、誰でも知っている野菜、といえばニンジンしか思いつかなかったんです(笑)

>曽野十瓜様
楽しい推理ありがとうございます。行頭字空けに関しては、あとがきに書きましたように、フェイクのつもりじゃないかったんですよね……アップされたのを見たら、ぎゃー! 勝手にマスがなくなって詰まっているところがあったりなかったりで。ワードの機能のせいだとわかりましたけど、それがかえって隠れ蓑になったようで、おかしかったです。菜宮はもっとはっちゃけてる? うれしいお言葉です。前半特に固めに書きましたので、だますの大成功でした^^

>鴇合コウ様
シュールすぎ? あはは、みなさんそうおっしゃいます。二重丸と言っていただけてうれしいです。
感想を拝見し、どうも身ばれしているっぽいと感じましたけど、やっぱりニンジンは私の作品でした。「訳分からない」この作品には最高のほめ言葉です。ありがとうございます!

>藤原湾様
ダリュースがこの先レフィカをゲットできたのかどうかは……ほほほ。いろいろ妄想していただけたら幸いです。D1にだまされましたね? 確かに私はコメディが得意です。あの作品が最初に来てなかったら、私は簡単に見つかってしまったかもしれません。あれが早瀬さんだとは……

>冬城カナエ様
夢二段オチをご期待? 主人公はすでに死んでいる! それ、怖い~。ひぃ~! そういう展開もあったんですね。思いつきもしませんでした(笑)。前半部分は会話なしで、普段の自分の文体とは変えて書いていたので、そこを気にっていただけてうれしいです。冬城様の作品は、以前読んだことがあります。過去の空想科学祭に出ておられましたよね?「ラスト・メッセージ」はすばらしい作品でした。月日が流れた今でも憶えています。

>空凪燈莉様
咳き込むほど笑っていただけるなんて! 光栄でございます。喜劇を真面目に演じる、これがこの作品の楽しみ方だと自分では思っていたので。ありがとうございました。

>茅様
はい、仰せのとおり、ワードで執筆しました。字下げのことはフェイクでもなんでもなく、勝手にああなってしまったんですけど、それがいろいろな憶測を招いて、かえっておもしろかったですね。私としては字下げしていない文章ってのは読みにくいと思っています。「それにしてもニンジンって…」……ふっ。だからニンジン。ごめんなさいっ!

>遍織様
拙サイトの方へ拍手コメもいただき^^ 
リンクのこと、すみません。後日お名前などを直しておきます。今、ホムペデータの入ったパソが修理中でして、すぐに修正できないので、もうしばらくあのままにさせてくださいね。報告ありがとうございました。
で……ジーク王子、ギャミ、トガっている? あははは…すみません、ああいうのが当方の本来の筆でございます。推理もしていただいたんですね。ジーク王子からバレるかと思っていました。
ニンジン話で、老舗の少女小説を連想なさったとは……ううむ、年齢は隠せませんか。やっぱり作風に年齢がにじみ出ちゃうんだ。たぶんあなた様より私は年長です。そんなこともわかるとは、おそろしい探偵様だ(汗)
ダリュースのキャラはわかりにくかったと思います。字数の都合で何一つ描写が入っていないので。
ほめほめ感想、くすぐったく、限りなくハイになりました。ありがとうございました。またよろしくお願いします。

>都鳥様
ダリュースがだまされやすすぎ……はい、そうですね~。書いている自分もそう思いました(こらっ)。でも、彼がだまされてくれないと、話が終わらないんですよ……。最後まで幻覚かもしれないと思われましたか? そのラストを予想した方が他にも複数あり驚いたのです。そうするとものすごく怖い作品になりますよね。ホラーだ~

>確地海様
「シリアスなのにシュール」……はい。それがこの作品の売り要素でございます。よく考えたらホラーっぽかったですね。確かにうん、恐ろしや~。書いている本人、まったく無自覚でした。読者の印象に少しでも残したい、何年経っても忘れられない作品に仕上げたい、ただそれだけでした^^

>文月夕様
ダリュースへの応援、ありがとうございます。レフィカのよくわからない態度、あいまいですみません。あえてそうしました。彼がプロポーズをきちんと言う(であろう、言わないかもしれないけど)場面も、その返事もする場面も入れず、あれこれ想像していただけたらと思いました。その方が印象に残りやすいかと。丸投げすみません。

>ろく様
「ニンジンがゲシュタルト崩壊」!この感想、ふきました。こんな変な作品で、ゲシュタルトなんて言葉をいただけるなんて! 笑わせてくださって、ありがとうございます。ニンジンハウスに住みたい? いいですねー、ぜひ、そういうお家を建てて、私を招待してくださいませ^^ って……ろく様に食べられちゃうのか……す、すみません、冗談でございます(汗)

>和泉有穂様
巨大ニンジンの先住者!?住人が夜中に戻ってきても怖いなあなんて思いました。
行頭空け、あなた様も気になりましたか。もういろいろな人がそれを指摘するのでおかしくて。わざとじゃなくてもフェイクになっちゃいました……呻き声がカタカナ、それこそフェイクでした。

>すず様
オレンジ色の洪水、そう言っていただけてうれしいです。読み手がそういう場面を想像できないなら、この作品は失敗でした。ダリュースがレフィカの幻にだまされるシーン、入れるかどうか迷って結局入れたんですが、都合よすぎでしたか。普通に戦うだけではなんかメリハリがない気がしたんです。
字下げ、やっぱり気になりますよね。ワードの設定上の不都合で勝手にああなってしまって。全部字下げして出したんですけどね。どうせフェイクにするなら、全部字下げなしにすればよかったと思っています。後日自サイトへあげるときには直します。

>翠野様
はい、どこまでもニンジンでございます。それ一色しかない話でした。
全体的にまとまったお話、とほめていただいてうれしいです。翠野様も、脳内喫茶菜宮でニンジンスープを召し上がれ。…いらねえって?(笑)

>夏野由宇様
推理、おもしろいです。私の作品は、タイトルが二単語以上ですか。そういうことから推理されるとは思っていませんでした。自作のタイトルに関しては、人名を入れることが多いです。一目で自分の小説だとわかるように。
タイトルでバレるんじゃないかとおびえていました^^ D07、私の筆に似ていると思いました。

>並木空様
ニンジンの家に住みたいと? ろく様もそうおおせですので、みんな一緒にニンジンハウスであの世行き……って(笑)すみません! それは嫌ーーーー!
ダリュースがニンジンスープが苦手になってしまったことをいつ告げるか……うん、きっと言えずに苦しそうに飲み続けるに違いないと私は思っているんですけどね……たのしく妄想してくださいませ。

>祭歌様
確かに一番怖いのはレフィカかも(笑)。
「無人のおうちを勝手に使ったり食べちゃったり」……あはは、これ、まるきり某ゲームの影響です。ゲームの中だと、勝手に他人の家に入って箪笥開けたり、ツボを割ってアイテムとったりしているから。でも冷静に考えれば、ものすごく非常識ですよねえ。ダリュースって、空き巣だったのね……いや、違うよぅ。すみません!

>流崎詠様
ニンジンお好きですか? 雪下ニンジンって雪の下で育てたニンジンのことですよね? それを想像して書いたわけではなかったのですが、それがぴったりだと思います。やわらかそうで、甘そうな感じで。
文章のテンポをほめていただき、ありがとうございました!

返信は本日はここまで。
10/1以降の書き込みの方への返信は、次の記事で出します。
みなさま、楽しい感想と推理、ありがとうございました。

Return

* Category : 覆面小説企画
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

ブログのサーバーが落ちていました * by 沖 美沙都
わざわざ感想の感想をいただきまして、ありがとうございます。
きのう自分のブログにアクセスしてみて、9月の分が丸ごと消えていることに気づき、調べたところサーバーの不具合ということです。
「キャッシュを見ればいい」
と他の参加者の方に教えていただき、無事にページの復活を終えたところです。
感想が急に消えたら、言い逃げみたいで感じのいいものではないですよね。もしも不愉快な思いをさせていたらすみませんでした。

Re: ブログのサーバーが落ちていました * by 菜宮 雪
沖様

お越しいただきありがとうございます。

いただいた感想、読めるようになりました。
サーバーの不都合で記事が消えてしまうことってあるんですね。
そんな~
ブルブル。。。。

不快な思いなんてしていません。ご安心ください。
あれ開かない、と思っただけで。
とにかく記事が復活できてよかったですね。感想をまた書き直す気には誰だってなりませんもの。
ニンジンの絶叫、ありがとうございました♪
めっちゃうれしかったです!
あんなのしか書けない私ですが、またよろしくお願いします^^

個別記事の管理2011-10-10 (Mon)
覆面作家企画5、多数の感想、推理をいただき、くねりまくりでした。
内々でもらった感想なども含めると、なんと総数50近く!
うぁぁぁ! こんなに私の作品について書いてもらったことは一度もありまん(号泣)
うれしい。めっちゃうれしいです。
いただいた感想はすべて印刷しました。私の宝です。ほんっとありがとうです!

夢を見ているように幸せなひと月ちょっとでした。
たったおひとりで主催を頑張ったネジ子さま、楽しい企画をありがとうございました。
お疲れ様でした。

以下、企画ページからお借りしたあとがきテンプレです。
長いですが……よろしければ続きをご覧ください。



■作者名 菜宮 雪

■サイト名&アドレス 

「菜宮雪の空想箱」
http://www.ac.auone-net.jp/~y-namiya/

■参加ブロック、作品番号、作品タイトル、作品アドレス

D03、「荒野のニンジン」
http://maskwriter.web.fc2.com/5/sakuhindf/d03.htm

■ジャンル 

ファンタジー(シリアスコメディ)

■あらすじ
旅人は荒野の中で巨大なニンジンの家を見つける。中に入っているうちに自分の名前も忘れてしまう。正気に返って敵と戦うが……

■意気込みテンプレを使用された方は、URLを教えてください。
http://3939namiya.blog79.fc2.com/blog-entry-531.html

■推理をかわすための作戦は?

前半は会話を入れず文体を固めに。
会話が多いと身ばれすると思いました。
改行も、普段の私よりも少なめです。
いっそのこと全部地の文だけにしようかと思ったのですが、あまりにも読みにくいのでやめました。
会話がはじまる後半部分は私の文体そのままです。うめき声などは意図的にカタカナにしておりますが、そんな小細工では見破られるレベルでしたね(^^;)

複数の方が指摘しておられた文頭の字下げについてですが、あれはフェイクのつもりじゃなかったんです。
提出した作品はすべて字下げをした状態で送りましたが、どうやらワードのいたずらのようで。
あちこち字下げがなくなっちゃってる(涙)
主催者さんに字下げのことをお願いするにしても、直してもらう箇所が多すぎ、そのままにして隠れ蓑にすることにしました。
字下げがあったりなかったりで、読みにくかったと思います。すみません。
小説をワードで作って、自サイトへコピペして挙げるときでもこの現象が確認されていたので、提出前、そうならないよう気を付けて、できあがった作品をいったんメモに貼りつけ、字下げ自動キャンセル部分を直し、それを新規作成したワードファイルへはり付け直して確認した上で送ったんですけどね……あうあうあう、やっぱり駄目でした。
ワード以外の執筆ソフトを真剣に購入したいと考えています。
おすすめの執筆専用ソフトがあったら教えてください。

■作品のネタを思いついたきっかけは?

特にないんですけど、なんとなくひらめいて。
ニンジンでなくてもいいんですけど、誰でも知っている一色の野菜でないとダメで、かぼちゃやなすだと二色だし、大根だと白くてインパクトがない。
どうしても溺れるシーンを入れたかったので、読み手の頭に刻みつけるには、ニンジンしかないなあと。

■ストーリーの構築において気を使った点、苦労した点などあれば教えて下さい。

旅人という言葉を最後で使いたかったから、ダリュースという名を出してからは、それまで旅人、と書いてきた彼のことを名前で書くべきかどうか迷いました。
書きにくかったぁ。

■削ったエピソードなどありましたか? 作成裏話歓迎です。

ダリュースは農村の素朴な青年……という裏設定。
でもそんなことはどこにも書いてないですから、農村青年でなくてもいいわけで。
口べただけどたくましい剣士を連想していただいてもそれも正解。
ここで書くとイメージが崩れちゃいますから書きませんけど、レフィカとダリュースの容姿、および、指輪の形状が、字数の都合で一切描けませんでした。脳内妄想ではできあがっていたのでどこかに入れたかったんですけどね……
ごめんなさい、想像してください。

■その作品の続編または長編化のご予定は?

ないですけど、脳内妄想では、二人は……
ああ、続きを書きたくなってきたけど、出すとみなさんのイメージ壊しちゃう。

■その作品で気に入っている箇所はどこですか?

戦闘シーン。あの部分は中盤の盛り上がりどころなので、特に力を入れて書きました。
あそこで動きがないとつまらない。ラストも生きてこないし。

■推理期間中、褒められた点は?

発想、題名、構成など。
こんなにたくさんの方にほめていただいたことはありません。きゃ~!
題名を見れば内容を思い出す小説を目指しています。もう涙涙で。。。。。

■推理されてみて、いかがでしたか?

みなさんうまくD1の暗黒弁当の話に引っかかってくださいましたが、私をよく知っている方には簡単だったかも。
「荒野のニンジン」は、既出の作品と同じ設定をいくつも使っています。

男性主人公が何かの討伐に一人で出かける→「魔女ベラーザの森」
シリアスなのかコメディなのかどっちだよ→「黄の花咲く国の王」、「ジーク王子の寝室で、ああっ!」
など。

10月に入るまでは誰一人私を言い当てる方はいらっしゃいませんでした。
よっしゃあ、逃げ切った、とふんぞり返って笑っていたら。
10/1、天菜真祭さんが半信半疑ならがも当てました! 
ああ、覆面破れたり。
その後、 塩中吉里さんが細かい推理を出して、菜宮はD3に違いないと確定されちゃいました。お見事です。
塩中さんの推理と考察、ふきました^^
あれはおもしろいので必見。よくぞ、そこまで!
そして冬木洋子さんにも見つかっちゃった。

天菜真祭様、塩中吉里様、冬木洋子様、すばらしい名探偵っぷりに大拍手を送ります。


■正解以外に、あなたの名前があがった作品はありましたか?

D01「俺の妻の手作り弁当がまずいわけがない
ほとんどの方がこれが菜宮だと思っていたみたい。
自分も似ていると思います。「妄想物語」の短編集を読んでいる方は、これしかない、と思ったんじゃないかな。
料理する場面が入った「ハンバーグを初めてつくってみた」にも似ているし。
この作品と一緒のブロックでなければ、身ばれ率がもっと高かったかも。作者、早瀬さん、ありがとう!

D07「色彩の守護者
これ、文章のノリが似ている。菜宮が書きそうだと思い込んでしまうと、これとしか思えないかも。

■あなたの作品の作者だと推理された方はいましたか?

結構割れました。菜宮はD01と決めてしまうと、D03には、わからない人を入れるしかなかったのでは?
知り合いのかみたかさんが5票(笑)。そっか。私はあの人に似ているのか。読点の打ち方が細かいところが似ているらしいね。掲示板に書いてあった分だけ集計するとこんな感じ。

かみたかさちさん 5
中原まなみさん 2
よもぎの森さん 2
みるくさん 1
歩く猫さん 1

■推理してみて、いかがでしたか?

あまり推理できなかったけど、作家のみなさん、それなりに隠れる努力はしておられる。
違うジャンルに挑戦したりとか。
難し……

■あなたの推理はどのくらいの正解率でしたか?

もう少し推理しようと思っていた最後の一週間でパソコンが病院行き。
Bブロックと他に知っている方数人は探したけど、見直す暇がなかったわ。
正解率約29%、低っ!

■この企画に参加して、改めて気づいたことはありますか?

私ってホラーな下ネタ作家だったのね(無自覚)
塩中さんの作家考察をみて、違うようーーー、あたしはそんなんじゃないって言おうと思ったけど。
そういえば、確かにパンツがひらひらした作品も書いたし、ジーク王子の時も男性のなんやらがあれにやられて、なんて描写もしたんだったよ……
はは……そういう部分が読者さんの印象に残っていたわけだ。
よし、脱、ホラー、下ネタ!

期間中、なんかこう……さわさわと落ち着かなくて。
腹の中に手を入れられてさぐられているような……あ、いかん。それではホラー的表現か。
ページを開かれるたびに、一枚一枚服を脱がされているような。あ、この表現もまずい。
だめだあ。。。。。

■参加作品の中で印象深い作品をあげてください。

一部ブログで感想を書いたのもあり。私の叫びは無視してください。失礼な言動もあるかもしれません。

A04「愛に逢いに」 なんか素敵。おばあちゃんも女でかわゆいのだ。
A07「色覚研究所気譚」 おうおう、こうなっちゃったのか、それでいいのか主人公!
A11「月影に色う」 なんか悲しいラストだったから。
B07「月の海から」 人魚が空から!? オチもいい。
B11「カウントダウンは始まった」 この題名、そういうことですかー! 怖い。
B12「黒鍵のエチュード」 幻想的で、ちょっぴり狂気じみているとこがたまらん。
C01「天つ虫といとしき亡き月の王」 正統派ホラー。結果が見えている気がしても怖いのだ。
C09「赤い鞄」 うわわあ。これもホラー。しかも結末丸投げだぁ。それが怖いんだ。
D01「俺の妻の手作り弁当がまずいわけがない」 黒い弁当。強烈。題名もいいし。
D06「透明な口付け」 ゆかり様の中性的な雰囲気がいいね。
D08「ばら姫と枯れた魔女」 思わぬ方向へ話が進んで驚いた作品。
D10「祈りをあなたに」 くっ、そこで切りますかー! 長編化希望。
E07「海賊と白と菫」 ストーリーが好き。これも長編で読みたい。
F02「覆面朗読会を始めましょう」 6000字とは思えぬ内容。女の子の感情の描き方がうまい。
F04「ハートブレイク・ランニング」青春の疾走って感じでいいね。
F07「許し」 ひとつしかない山岳小説だー。白が鮮やか。
F09「絶筆「明赫」~建館の由来 フェス様が……ああ、フェス様! 気の毒すぎるぅ(涙)
G11「the day before you came」 赤毛の魔人がやさしそうで。
H03 「さようなら、おじさま」 うおお、年の差恋愛だー!


■参加作品の中で印象深いタイトルの作品をあげてください。

H05「磐縒姫(いわよりひめ)」 すごい難しい言葉が使われてる。すごいや。
D01「俺の妻の手作り弁当がまずいわけがない」 黒弁当の話とすぐ分かっていいね。
A10「言祝ぎ」 これも私は読めなかったんですけど、ことほぎ、ですよね?


■参加作品の中で面白かった3作品&一言感想、お願いします。
上にあげちゃったけど、好きなのは
B12とF09ですね。これ、見習いたい。どうやったらこんな深いのが書けるんだろう。


いろいろ勉強させていただきました。
気にいった作品の作者様のサイトへは、ひそかに通わせていただきます。
みなさま、ありがとうございました。

Return

* Category : 覆面小説企画
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2011-10-08 (Sat)
パソコン修理にまだ出したままで、返事が来ていません。
データがどうなってしまったのか不安なまま新品を買い、このブログを書いています。
データ、死んじゃったかな。
どうなんだろう……修理の人からの電話がかかってこないよ。くよくよ考えても仕方ないか。


やっと新パソの設定などが終わったので、先日終幕を迎えた小説企画「空想科学祭2011」について書きます。
以下、この企画に提出した自作についての語りと、私がいいと思った他の方作品について。



空想科学祭に提出した作品は、「ギャミと屋上で踊る」微コメディ、全8話、約2万字。

辛口OKの【RED】部門にしたおかげて、たくさんの感想をいただくことができました。
ありがとうございます♪
最初でひっかかった方が多いみたいで。
あの設定ではだめでしたか……
ほとんどの方が、口をそろえてほぼ同じことをおっしゃる。
そっか……しょんぼり。
自分ではそんなに変とは思わないんです。つくづく自分って常識がないなあと反省。
最初を突かれるとは予想してなかったわー。勉強になりました。
やっぱり出だしの印象が悪いともう終わりなんだよね。
今後はいただいた意見を無駄にしないよう成長したいと自分では思っていますけど……自分はどこまでも自分でしかなく、何年経ってもあまり成長できないかも(苦笑)
よし、常識を身につけてやるぅーーー!
(叫びだけ。あくまでも理想^^;)
アルファさんにエントリーした上、覆面企画から来た探偵さんもこの作品を探っておられたようで、アクセス数は同部門の中では多いほうでした。
残念ながら投票数には結びつきませんでしたが、多くの方にお読みいただけてうれしいです。
お読みくださった方、そして感想を寄せてくださった方、投票までしていただいた方、本当に感謝感謝です。
それに、この企画関係者の方々、楽しい場を提供していただきありがとうございました。そしてお疲れさまでした。

さてと。
では、他の方の作品について。
私は企画内の、選外以外のすべての作品を開いています。
が。
申し訳なくも、開いただけで読み捨てもかなりしました。
好みでないものを無理に読むことはきついですもんね。
感想をいただいた方の作品に感想返しをしたくても読めず、という場合もありました。
私の理想……これも他の方の常識と違うと思うんですけど、SF的うんぬんも大事だけど、やっぱりすんなり読めることが一番。
物語に動きがあって追っていける作品が好きです。読み取りは苦手なので、難しい作品はごめんなさいです。文章がうまくてもどこかで見たような設定の作品もパス。
文章や内容にひっかかっても、先が気になる作品なら読む。
あらすじが妙に個性的すぎたり、内容がルビや専門用語だらけ、あるいは、設定語りばかりで展開が遅い、話が平坦ですじがよくわからない作品は、他の方が絶賛していても、目が滑って読めませんでした。
私の部門の結果はこちら
私が未参加のもうひとつの部門の結果はこちら
総合的な賞の発表はここ

以下、私がすごいと思った作品。

脳内パンク寸前」(残虐描写あり、R15) unbelievable_kazoo様作 全18話 約73000字 ホラー要素ありのコメディ
眼科手術へ行ったら、仮想世界へ意識を飛ばされたって話。
変なナース、不思議な女医など、キャラの魅せ方がいいね。
仮想世界の描き方も幻想的で謎めいて。
これ、負けたー!
自分の作品、かなり無理してぶっとばしたつもりだったけど、甘かった。
実際にアンケートで「ギャミはナースに負けているから数にいれないで」というような書きこみがあって(^^;)
あれには苦笑い。
要するに、キャラクター投票にはナースのほうがすぐれているからナースに一票で、うちのギャミは票を入れるようなキャラじゃないってことよね? でもそのとおりだよ。この作品には歯がたたん。
ナース、めっちゃぶっ飛んでるわ。コメディ書くならこれぐらいやらないとダメなんだなあ。
途中、ホラー的残虐描写があるのと、その後がまた同じような感じで続くので多少しつこく感じる人もいるかもしれませんね。ネタばらしがもう少し早いと人気があがったかも。

シェルバックス・ストーリー」 小田中 慎様作 全25話 約7万字
これはストーリーにツボッた。
がっつりスペースオペラで、国家戦略で犠牲になった男女の物語。
国家の輪に取り込まれたら、逆らうことができずふりまわされ、どんな犠牲があったとしても、それが美談にされてしまう。ああ、せつない、悲しや。
構成には賛否両論だと思います。最初にかなりネタバレしているっぽいし、老兵が誰であるのか容易に想像もつきますから。構造は、同じ場面を二度描いているので、その点を突いていた感想人の方もいましたね。
恋愛部分はあっさり描かれているから、恋愛を堪能しようと思って読むと、物足りなく感じるかもしれません。
ラストにもうひとひねりほしいところだと思いましたけど、ストーリーはよく練られており、強印象でした。
忘れられない作品になりそう。

烈月のサバイバー」 早川みつき様作 全16話 約187000字
月旅行へ行った少年が事件に巻き込まれる話。
これは多くの方が絶賛した作品。複数の入賞おめでとうございます!
構成がおもしろいし、文章も丁寧。失速する部分もあったように感じましたが、全般的に読みやすい作品でした。
最初は場面と視点が頻繁に変わり、入りにくく感じたのですが、途中から気にならなくなりました。
主人公が15歳の少年としては、言動が大人っぽすぎるとは思いますけど、いい作品なのでそこは飲みましょう。
ストーリーはハラハラドキドキの連続で、映画みたい。
すごいなー

華化姫」 鳥野 新様作 全18話 約57000字
これ、「ハナゲヒメ」って読むんですってw
純和風SFかと思いきや……
何も申しますまい。その読み方だけで、内容を想像してくださいませ。
これ、エンタメ賞で入賞するんじゃないかと私は思ったんだけどなあ。対抗コメディ作品が強すぎたのかも。他の作品に押されて票が伸び悩んだみたい。面白かったんだけどなあ。
鼻毛なんて、ビジュアル上美しくないから?

他は、引っかかることなくさくっと読めたのはこの2つ。どちらもとても読みやすい。
とある異星人の華麗なる地球乗っ取り大作戦
あんどろいど・セラピー

失礼ながら、ホラー企画に出していれば、もっと評価が上がったんじゃないのって思う作品はこの3つ。
どちらも残虐描写あり。ホラーっぽいのはどうやらSF祭では不評のようだね。ホラーなら怪現象についての定義があいまいでも許されることもあるけど、SFだとそうはいかないからかな。作品としてはそんなに悪くないと思う。
この魂咲くや 大輪に
海談
ブラッドコレクション

あまり票が伸びなかったけど
高いアンテナ
これも私は好みだったね。青春してていい感じで。構成もそう悪くなく、よくかけてると思うんだけどなあ。結末が不満な方が多いのか?

世界説明をうまくやっている、と思ったのが
トランスホーム
解説形式にしてうまく説明くさくならないよう工夫された作品。ただ、ずっと解説調が続くから途中でアキが…作者さんごめんね。


あちらの感想掲示板には書いたり書かなかったりでした。
読み終えたとき、時間的に感想を書く余裕がなかったり、感想を書く時間があるなら次の作品を読んだらどうか、という気持ちに押され、半分も感想を入れられず。
お気づきの方もいらっしゃるようですが、あちらの感想は途中までは別名「闇の感想人」で書き込んでいました。
誤解のないよう申し上げますが、、匿名で言いたい放題の感想を書きたかった、ということではありません。
私は初参加ですから、感想を書くことで売名していると思われたくなかったんです。αにエントリーしている時期でもありましたし。
感想を書きまくって、いかにも自分のを読んでくれ、ととられたくない。それに、他にも別名で感想を入れておられる方もいらっしゃるのでそれにならったつもりでした。
ところが、「闇の感想人」は誰なのか、という声をツイッターやチャットで見かけ、これはまずいのではないかと思い、途中からは菜宮雪の名で感想を書くことにしました。
別名での感想を不快になられた方がもしもいらっしゃるなら、すみませんでした。


お祭りは終わりましたが、終幕後のアンケートはまだやっています。
よろしければ、アンケートにご協力ください。
結果は即開示され、いろいろな人の意見が見られますよ~

とても勉強になった日々でした。
空想科学祭、終幕。
関係者の方々、および、読者様、ありがとうございました。

Return

* Category : 「小説家になろう」さん関係
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。