123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2012-04-26 (Thu)
一日雨。
今日は久しぶりにあまり目が痒くない日。

そろそろ洗濯物を外に干したいです。
今年は花粉がいつまでも終わらず、お天気がいい日でもいまだ室内干し。
家が湿気ってるよ……

以下、拍手返信。
Yさま、続きへどうぞ



Yさま

え……マヨネーズ、きなこ、トマトソース!
天ぷらにかける?
あ、でもマヨネーズとトマトソースの取り合わせなら、エビの天ぷらなんかにかけられて売っているのは見たことがありますよ。自分でかけたことはないけど、あれ、おいしいです。
でも「きなこ」は知らないなあ。
意外な味で新鮮かも(笑)
ちょっとやってみたくなりました。
コメントありがとうございました!

Return

スポンサーサイト
* Category : 返信
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2012-04-26 (Thu)
今日はレンタルコミックの感想です。

「隠の王」  鎌谷悠希作  全14巻完結 (Gファンタジー、スクウェア・エニックス)

六条壬晴は体内に秘術「森羅万象」を秘めた少年。
彼が持つ秘術を巡って人々が争う。

以下、簡単な感想など。




壬晴に秘術を使わせようとする者、使うことを阻止しようとする者、秘術を奪おうとする者などが入り乱れた話。
秘術に対する考え方の違いから、知り合い同士でも戦ったりするから、誰が敵か味方かわからなくなってくる。
特に、重要な鍵になっているフクロウとネコの二人。
あの二人は最後まで行動が読めなかった。

主人公の壬晴は、最初から記憶を失くしているし、心を許した友は逝ってしまう(泣)など、ものすごくシリアスなお話だったよ。
なのにっ!
たまに出て来る壬晴の小悪魔場面に萌えました^^
絵がきれいでかわゆいのだ。
アニメの方を某動画サイトでちらっと見てきたけど、絵に関しては、私は原作の方が好きだな。

ラストは都合よく片付いた感はあるけど、ちょっぴり切なく、悪くはない読了感。
満足度☆4
アニメ版は設定などが少々違うみたいだね。
DVDを借りてこようかなあ……

Return

* Category : コミック
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2012-04-24 (Tue)
今日は久しぶりに山を歩いてきました。
まだ桜がありました。ソメイヨシノはすでに終わっていますが、この写真の種類は満開。
八重桜? 
ちょっと写真が下手で残念(汗)


歩きついでに、少しだけ山菜も採集。
いつも行く場所なのですが、今年の山菜の収穫は少なかったです。
同じ場所でも年々少なくなっているような……
木が大きくなると、下に生えているワラビやゼンマイなども減っていくみたい。
森は生きているから仕方がない。

夕食に、採ってきたフエゾ(イタドリの若芽)をてんぷらにしました。
夫はソース、私はしょうゆをつける。
これだけは夫婦でもまったく好みが違います。
私「なんでてんぷらにソース? しょうゆにしないなら、天つゆとか塩でしょ?」
夫「だってエビフライにはソースだろ? コロッケやトンカツと同じだからソース!」
私「いや、ああいうのは衣が違うから一緒にするのって……」
やたらソースを使う夫。
夫は目玉焼きもソースなんだよなあ。私はなんでもしょうゆだけど。
それでもさすがに生卵だけは彼もしょうゆをかける。

てんぷらにソースかあ……やっぱり納得がいかないのでありました。
* Category : 私的日記
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by かみたか さち
山菜、いいですね。

今年の春の恵みは、
○つくし……下の子が、校庭で摘んできた
○竹の子……実家から送ってもらった(家の裏手が竹藪)

小さい時は、ワラビやタラの芽を採りに行きました。
山菜のてんぷら、美味ですよね。

私は、塩派かなぁ。
天つゆは、衣が湿るのが苦手です。
抹茶を混ぜた塩なんぞで、さっくり食べるのが好き。
私もソースは、てんぷらにはかけないなぁ。

あ、でも、市販のお弁当でソースしかついていないときには、かけてるかも。

Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
かみたかさま

いらっしゃいませ。
そちらは土筆と竹の子ですか。
竹の子は、ちょうどうちもきのうもらったばかり。
今、あく抜きをして水につけてあります。

天ぷらの食べ方は……抹茶塩がお好きですか。
天つゆだと衣が湿ってしまう? 
そういう考え方もあるのかー!(笑)
確かに、サクサク感がなくなっちゃう。

> あ、でも、市販のお弁当でソースしかついていないときには、かけてるかも。

うん、同意。私もそれしかなければ、ソースもかけるかもしれません。
コメントありがとうございました!

個別記事の管理2012-04-19 (Thu)
今日は市販の書籍を読んだ感想です。

「はるいろ恋愛工房」  藤谷郁さん著 
アルファポリスエタニティブックス・赤 1200円

作者の藤谷郁さんは、私がお世話になっているネット作家さんです。
書き下ろしデビュー作。
好みの作家さんのネットに上げていない新作とあっては、買わないわけにはいかない。
先月買いに行ったけど、地方の小さな書店には見当たらず、今月中旬になってからようやく入手。
表紙がかわいかったから、少しほっとした。
エタニティシリーズの表紙絵って、もんのすごく好みでない絵が時々あるからね。
どなたのどれとは言えないけど、人物が老けて見えたり、手の大きさなどがおかしく見えるのとか。
今回読み終えた「はるいろ~」はその点では内容にそった人物絵でよかった。
彼も彼女も私のイメージどおり。

以下、感想など。



主人公の梨乃は24歳の会社員。
梨乃は、お気に入りの和風小物の店によく来る素敵な男性見たさに、彼が来る曜日にはいつもその店に出かける。
ある日、梨乃がその店の商品を割ってしまったことをきっかけに、彼、哲美(30歳、男)は梨乃を陶芸教室に誘う。
陶芸を通じながら、二人の距離は縮まって……って感じのお話でした。

人によっては好き嫌いが大きく分かれるかもしれないけど、梨乃がとにかく一途でかわいい。
見どころは中盤すぎぐらい。
すんなりカップルになれそうだった二人に波乱が。

脇役たちも無駄なく使われていて、難なく読了。
ろくろも出てきたけど、私が体験した通りの描写でした。
どこの工房でも、ろくろのやり方ってほぼ同じなんだなあ。

エタニティの赤なので、性描写はそれなりに入っていたけど、物語の流れは少女マンガのよう。
性描写を抜けば、少女向けのコミックにしてもよさそうです。
そのうちにコミック化されるのではないか、なんて勝手に想像中。
なんとなく春が似合う、春の香りがする作品だと思いました。

Return

* Category : 書籍
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2012-04-16 (Mon)
今日は久しぶりにネット小説の読了感想です。

本日紹介の作品はR18指定であり、部分的にですが、それなりの性描写を含みますので、お子様はみちゃいけません。

作品紹介の前に。

申し訳ありませんが、拙ブログの読者様にお願いです。
当ブログや、私の本サイトの方で紹介したネット小説についてですが、私の感想や紹介文と内容が異なっていると感じる場合があるかと存じます。
私の感想は、あくまでも私がその時にそう思った、という感覚だけで書いておりまして、作品がすごいと思ったら、すごいと書く。おもしろいと感じたら、文章や内容に多少問題があったとしても、絶賛するかもしれません。
読者様が私の紹介を見て紹介作品へ飛んだ時、もしも期待外れで気になる矛盾点などを見つけたとしても、作者さんに辛口批評を送りつける行為はどうかおやめくださいませ。
私は作品が気に入ったから、その作品についてあれこれ書きたいだけなのです。
紹介作品を多くの方に批評させたくて紹介しているわけではありません。
一方的なお願いで申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

以下、作品感想など。




「ニヒル・アドミラリ」 【R18】  佐木さま作 
「小説家になろう」サイトさんの姉妹サイト「ムーンライトノベルズ」にて掲載。
 作者さんの自ブログにも掲載中。 
http://novel18.syosetu.com/n5047u/

本編13話完結。番外編多数あり。作者さんブログ内拍手ボタンの中にはムーンライトに出していない番外がいくつも仕込んであります。
全部を原稿用紙換算にするとおそらく700枚近いかと。いや、もっとあるかも。
年齢差11歳、愛情表現が超不器用な大人の男女の物語。

この作品に出合ったのは偶然。
ムーンライトノベルズを覗き、検索などをして、自分が今考えている物語の設定とかぶるものがないかどうか調べていてたまたま目に留まったのです。
完結していて総合評価が高く、なおかつBLではないもの。検索で出てきた多くの小説の題名などをざっと見ていたら、この作品のあらすじに惹かれ、なんの気なしにパラパラ読んで――はまっちまいました^^;

彼に振られて、ひとりでバーでやけ酒を飲んでいた紫月は、その場で知り合った男、梶川に泥酔させられ一夜を共にしてしまう。翌日、紫月の元へ送られてきたメールには、自分の全裸写真が添付されていた……
――っていうなんとも恐ろしい序盤。
最初は、梶川の正体も目的もわからないんですから怖い。
これはサスペンス劇場か! もしかして復讐ものか! と私の妄想は膨らんだのであります。
でも、暗い話にならないんです。もちろん、登場人物たちが悩む場面は多々あるわけですが。
とても読みやすい文で、どこかコメディっぽく描かれていて、するする読めちゃいました。
この作品のすばらしいところは、素人の私が言うのもなんですが、なんていうか……余分がない! 素人作文にありがちな脇役の過去などに過度に余計なページを割くことはなく、それでいて必要最低限な情景描写はちゃんと入っているところだと思うんですね。
番外で情報をかなり補充していますけど、出すべき情報を心得ておられる。
文章がとてもなめらかで、読点の位置などもまったく気にならず、リズムよく進む。
ああ、うらやましい。こんなふうにつるっとした文章、見習いたいわ~

萌えどころは、やっぱり主人公紫月の心の変化。
梶川を憎みながらも、彼のことが徐々に見えてくる。彼の部屋へ行くようになっても、最初が最初だけに、彼女の心はどこかひっかかりがあるわけで。
本編終盤、泣けました~。。。。

番外の中ではバレンタインSS「苦くて甘い恋人たち」が私にはツボでした。このSSはせつない。本編読了後にお勧めです。
番外を全部読んだ方が、より楽しめると思いますが、現時点でのムーンライトに出されている番外の最新のものは、性描写がかなり細かく生々しいので、苦手な方はパスしてもいいかも。注意書きはきちんとついていました。


「ニヒル・アドミラリ」。この作品はとにかく序盤が痛いので読む人を選びそうですが、私はとても満足しました。
いい作品に出合えたなあと。
この作品からの派生作品「空蝉の恋人」に後日挑戦したいと思います。その感想を出すかどうかは未定。

Return

* Category : 紹介
* Comment : (4) * Trackback : (0) * |

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
伏せコメのFさま 4/16 19:45

すでに読了なさったんですね。
確かに、本編をさっと読むだけなら、そんなに時間はかかりませんでした。
すごいのはその後いくつもある多数の番外。
作者さんのブログ内の拍手ボタンの中にもいくつも番外があって、はんぱじゃない量でした。

題名の意味は、感想欄にて作者さんが説明されていました。

転記【>「ニヒル」は、物事に動じない態度を意味するラテン語の成句「ニヒル・アドミラリ」( Nihil admirari 何事が起きても驚かない。古代ローマの思想家キケロの言葉)から来ています】。

それから、お勧めを教えていただき、ありがとうございます。
また時間が余った時に(いや、いつも余ってるんだけど)読みます。
Yさまのお勧めもたまってるし、市販の書籍の積本もいっぱい……
今私は、あと数日で削除されてしまう「トカゲの庭園」を読んでいます。
これもアルファさんより書籍化なんですよね。タダで読めるのは今のうちなんで最優先(せこい)。
お勧めは、まだすぐには読めないんで、とりあえずブクマしました^^
コメントありがとうございました!

Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
伏せコメYさま 4/16 22:10

おお、読んでくださいましたか!
さくさく読めた? ですよね? 私もそう思ったからここで紹介したくなったんですよ。
ツボってくださってうれしい。
序盤の彼の黒さがまたいいんですよね~
あれぐらいの彼を持ってこないと、似たような話が乱立する恋愛ジャンルで印象を残すことは難しいかもしれません。
書籍になりそうだと思いませんか? エタニティあたりで。
番外をうまく入れれば、きちんとした一冊の本にできると思うんだけどなあ。

そちらのお勧め作品、ブクマしただけでまだ読めておりません。
読み終えたらツイッターで報告しますね。まだだいぶ先になるかもしれないけど。
人のばっかり読んでいて、自分の作業が進まないこと(笑)
まあ、私の場合は連載を抱えていないので、自作を何も書かなくても何の問題もないのですが。
コメントありがとうございました!

個別記事の管理2012-04-14 (Sat)
先月、旅行に行った時に、ろくろ体験というのをやってみたんです。
その時に作った焼き物が先日送られてきました。

焼き上がり前。後ろにちょっぴり写っているのが回す機械。

左が私の作品。なんかいびついけど、あれでもかなり手伝ってもらって一時間以上かかって作ったんです。

ろくろをやったのは初めてで、うまくいきそうだと調子に乗って回していると、次の瞬間には、グニュ……おしまいってのを数回。
ろくろは難しいと、昔体験した人から話を聞いたことがありました。確かに難しかったけど、すごくおもしろかったです。なめらかな泥の感触がきもちいい。
エプロンを貸してもらいましたが、終わるころにはズボンやら、袖やら、もう泥だらけ。
汚れなんかかまっていられなかったのだよ。
ちょっとよそ見したり、力を入れすぎると、あっという間にグンニャリでへしゃげて、また最初から作り直し。

焼き上がって、先日送られてきたのはこれ。

おお、一応湯呑に見えるじゃん。
よーく見ると、歪んでいるし、中に結構段差ができてた! 少々厚すぎたようだ。
でもいいや。これは大切な思い出。使わずに飾っておこう。

以下、ホムペ拍手コメ返信。
藤谷さま、続きへどうぞ。



藤谷さま

いらっしゃいませ。
「おふざけ~」をお読みいただき、感想まで送っていただいて、恐縮でございます。
あのシリーズは、どこまでもバカバカしく、そして楽しく、原作の枠にとらわれない作品を作ることをめざしております。笑っていただけてうれしいです。

「はるいろ恋愛工房」購入しました。
近所の小さな本屋さんにはなくて、つい二日ほど前に、ちょっと離れた大きな書店まで出かけたら売っていました。新刊のコーナーに一冊だけ発見。ようやく入手です。
一冊しかなかった……ってことは喜ばしいことなのですよね? たくさん売れ残っているってことではないみたいですよ。
表紙がかわいいから、藤谷さまのことをご存じない方でも衝動的な表紙買いはありかも。
まだ少ししか読んでなくて、御書籍に関しては何の感想も言えないのですが、陶芸教室が舞台なのですよね?
陶芸って奥が深いなあと、ろくろをやって実感しました。
御作、ゆっくり楽しむつもりです。

お仕事が大変な時に、二作も読んでいただき、本当にありがとうございました^^

Return

* Category : 私的日記
* Comment : (4) * Trackback : (0) * |

* by かみたか さち
いいですね♪
この湯呑で、ほっこりとお茶など飲むと、旅の思い出が、でてきそうですね。

私自身は、手びねりしか体験がないんですよ。
ろくろをやってみたいけれど、子ども優先にしてしまい、自分はやらず……。
同じ所に二度連れて行ってもらえることが少ないので、「やっておけばよかったかな」とちょっと後悔。

大人になると、泥に触れることもなくなりますから。
焼き物用の滑らかな泥の感触、気持ち良さそう♪
よい体験をされましたね☆

Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
かみたかさま

手びねりの経験がおありですか。
それもおもしろそうですよね。
私が体験した工房で、それもできると言われましたが、ろくろを選びました。
ろくろの方が料金が高いんですけど、きれいにできそうだったから。
ろくろに関しては楽しめたのですが、失敗したと思ったのは、九州旅行の途中だったこと。
つまりは、九州は遠いんで、焼き物の送料が高いんでした……
いつか体験なさるなら、近くの工房での体験をお勧めします(笑)
ろくろ、生涯に一度はやってみてもいいかも。
コメントありがとうございました!

* by 悠々
ろくろ焼き物というと、デビー・ムーアの映画、ゴーストを思い出すワタシでした。

色合いが素敵ですねー。
こういうのって、どういうできあがりでも、その厚みやでこぼこ具合に味や趣があって楽しい作品になりますよね。
この世にたったひとつの、自分だけの芸術ですし。
お茶がおいしく感じそうです。

いちどはやってみたいですね。
あのぐるぐるやっているうちに、形が崩れてしまうというのをw。

Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
悠々さま

いらっしゃいませ。
色合いは自分では選べませんでした。
とりあえず粘土を成形しておいてきただけなんですよ。
どんな色に仕上がるのか楽しみだったんです。
けっこう渋いのができました♪
そちらではこういうのを作る工房ってないんでしょうか。
ろくろの歴史がふと気になり、wikiで調べてみました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%8D%E3%81%8F%E3%82%8D>
なに、紀元前6000年ぐらいからだと?
そんな大昔から、人はくるくるまわしてたんですね。
悠々さまも機会があれば、ぜひ挑戦を。
……って言っても、予算的には高いですよね。
どう考えても100円ショップで買った湯呑の方がきれいで安い(苦笑)

個別記事の管理2012-04-12 (Thu)
今日はきのうの夜にテレビで観た映画の感想です。

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」 アニメ宇宙戦艦ヤマトの実写版。 
古代進:木村拓哉
森雪:黒木メイサ

夕べはこれを観て笑った笑った。
いや、笑うシーンはほとんどないんだけど、自分が覚えていたアニメ版との違いなどで驚かされてばっかりだったのよ。
私、これでも、長くあのシリーズのファンだったので、普通のレンタルビデオ店に出ているアニメDVDはすべて観ております。
あの場面を改変してここで使ったか、っていうのがあちこちにあって、にやにやしちゃった。


以下、簡単な感想など。多少ネタバレあり。
この先、失礼な物言いもあるかもしれないから、この作品をものすごく愛しておられる方はこれ以上先を読まないほうがいいかもしれません。





この作品、なんかいろいろな意味ですごい。予備知識なしでヤマトを観るのは初めてという方は、ほどほどに楽しめたんじゃないかな。
古代進役がキムタクにしか見えない、という意見も見かけたけど、彼はすごく自然に演技していたから、私はそんなに気にならなかった。「なんだよ」という言い方は、古代進というよりもキムタクのドラマ、という感じは確かにしたけどね。
CGはとてもきれい。
ストーリーは最初のテレビシリーズと映画版の「さらば宇宙戦艦ヤマト」をまぜたような感じ。
ガミラスに攻撃されて放射能に汚染された地球を救うため、ヤマトがイスカンダルへ放射能除去装置を取りに行く、という話だ。ラスト付近の玉砕っぷりはまさに「さらば~」そのもの。
よくぞ、あんなにうまくつなげたね。過去の作品にこだわらなければ、それなりにいいシーンはある。
だけど、今までの作品を知っているだけに、つい突っ込んでしまいたくなるんだよなあ。


うあああー! 佐渡先生が女になってる! でも酒ビン持ってるんかい、やめて~
なんでわざわざ女にしたんだろうね。あの設定なら猫もいらないな。猫が邪魔にみえてしまったよ。

あれ、島大介が子持ち? 息子の名がジロウ……だと?
シマジロウ、じゃなくて、島二郎は、アニメ版では確か大介の弟だったんじゃなかったかな。
ってことは誰が島大介の子を産んだの? 島の奥さん誰よ。まさか、テレサってことはないよなw
テレビだったからそういう場面はカットされた? それとも私が見落としたか(スマホをいじりながら観てたから)。

通信班の相原も女性になってる。
でもあの人だけは性別が変わっていても違和感なし。なんかなじんでいたなあ。
あれって……相原役だよね? 相原のつもりで観ていた。折原じゃなくて。

森雪、ちょっと顔きつすぎ。そういう役柄になっていたみたいだけど、ヒロインとしてのかわいさが感じられなかった(あくまで女の私から見てだけど)。もう少しメイクをやさしくしたほうが観てて気持ちいいのに、と思っちゃった。生活班ではなく、戦闘班に入っていたから、そんなもんかもしれないけど。

森雪と古代が抱き合うシーンはちょっと残念。雪の髪の毛で雪の顔が隠れてしまい、表情が見えず。
途中カメラが切り替わってちょっとだけ顔が見えたけど、キムタクの表情ばかり映っている。あれは撮り方に問題がある気がするなあ。

デスラー総統は……うん、とっても残念。ガミラス人は、なんかよくわからない生命体として登場。彼の声はそのままだったけど。イスカンダルとガミラスの関係もひまひとつ。

ワープはおもしろいな。すんごい速いぞぉ。さすが最新式(笑)イスカンダルまでの遠さは感じさせなかった。
波動砲の威力も健在。

ブラックタイガーの加藤と山本は比較的原作の雰囲気を継いでいてうれしかった。真田も眉を薄くするなど、がんばって役を作っていたことはよかったと思う。

You Tubeにあったこの映画の動画。こんなの。
http://www.youtube.com/watch?v=DSRfIy6fU8c&feature=related
この動画には瞬間的にしか出ないキャラも多いけど、よく観るとおもしろい。
猫を抱いているのが女佐渡先生。アナライザーが細くなってかっこいいね。

この映画の感想をググってみてみたら、きのうのテレビをみた人がいっぱい書き込んでいた。
酷評が多いこと。
でも、わかる気がする。前を知っているとつい比べてしまうから、違うじゃんって思っちゃうんだよ。
なんだこれって意見も理解できるわ。

満足度は☆2つ。あの佐渡先生だけはどうしてもいやだったなあ。

Return

* Category : 映画
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by 悠々
動画観てきた。

ちょっと、あのタイトルなんですか。
「宇宙戦艦」がなんで英語に?
リアルタイムヤマト世代はあれで脱力してしまいますよ。

ヤマトも戦闘機もプラモにしか見えない。
宇宙シーンはコンピュータゲームみたいで。お金かかってないというか。
まだアバターのほうがいいよ。(比べるな)

デスラー総統が出ないヤマトなんて、ソースのないお好み焼きみたいなものだ。

でも、年配のキャラには実力派の俳優がでていたような気がします。
アナライザー、戦闘機能もつけてもらったんですね。
かっこよかったです。

しかし「しまじろう」……。
製作側の遊び心かな。
ちゃれんじがスポンサーについていたとか。

でもま、宇宙戦艦ヤマトのポスターとかプラモが欲しくなりました。
ところで、主題歌はあのクリップがそうなのかな、それとも実写映画にそのまま使ったのかな。そうだといいな。

それにしても、アニメはもう実写化しなくていいよ。日本。
日本はアニメの世界を極めればいい。

Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
悠々さま

いらっしゃいませ。
動画をご覧になりましたか?
もう突込みどころ満載で、シリアスなのに、泣けませんでした。
タイトルは……ちょっと英語にしてかっこをつけてみたのかな。
英語にする必要はないと私も思いましたけどね(笑)

> ヤマトも戦闘機もプラモにしか見えない。

うん。ヤマト本体はまだしも、戦闘機が安っぽく見えました。
デスラー総統は一応謎の生命体として出演しているんですけど、形が変わる結晶のような生き物で、人型になった場面が少しだけありましたが、それは、デスラーらしき人の形になった、というだけで、着衣なし。トレードマークだったマントはつけていませんでした。

> アナライザー、戦闘機能もつけてもらったんですね。

それがね、これも笑えたんだけど、アナライザーって最初はスマホみたいなカード型で、キムタクの手の中におさまっていたんです。それが終盤であの動画の姿に変身しました!
でも活躍シーンは何分もなかったですねえ。残念。もっとアナライザーがみたかったのに。

> ところで、主題歌はあのクリップがそうなのかな、それとも実写映画にそのまま使ったのかな。

音楽は一部を昔のものをアレンジして使っていましたけど、あの動画そのままではありません。主題歌というのは外人さんが歌っています。
これ
http://www.youtube.com/watch?v=jHBQedfY7Cw

> それにしても、アニメはもう実写化しなくていいよ。日本。
> 日本はアニメの世界を極めればいい。

うんうん、私もそう思います。実写にすると夢が覚めてしまう気がします。
コメントありがとうございました。

個別記事の管理2012-04-08 (Sun)
このブログのパソコン用テンプレを、春らしいのにしたいと思って、あれこれテンプレを見ていた。
まだ寒いけど、雪の結晶のようなテンプレではいくらなんでも季節はずれかと。
いまさら桜もどうかと思うけど、こちらはまだ散っていないので桜の写真のテンプレに決定。
またすぐ変えるけど。

今日は久しぶりに外は暖かい……かもしれない。
陽射しは春らしい。
でも、私は外へ出ていないからわからない。
今日は貴重なひきこもりができる日なのだ。
お花見、今日ならいいかもね。

追伸:空想箱に拍手をぽつぽつといただき、ありがとうございます。
元気でます!
* Category : 私的日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2012-04-07 (Sat)
ここ数日、ほんっと寒い。春とは名ばかり。
近所のさくらは咲いているけど、まだ満開じゃない。
今年はいつまでも寒いから花粉のピークもいつまでも終わらない。
目がかゆくて、作業がなかなか進まず。
例年どおりなら、目のかゆみもそろそろ楽になり、もう10日ほどで外へ洗濯ものを出すところなんだけどねえ。

でもいつまでもなまけてばっかりいられないしなあ……
何かの小説企画に参加してみようかと、企画を物色中。

私が現在もっとも注目している企画はこれ。
アザーズプロット企画
プロット提出し、自分も書いて、人にも書いてもらう、というちょっとおもしろい企画。
これはおそらく……同じプロットでも書き手の力量がもろに出るのではないかと思う。
すでに参加表明をされている方々の中には、私が知っている実力派の方も複数いらっしゃる。
すごい作品がたくさんできあがりそうだ。
同じプロットでどんな風に違ってくるのかが読み手としては楽しみだけど、人のプロットで自分も書いてみたい、という気もある。
企画のほうでは、プロット、自作、人のプロットで書く、という実質3点提出が大変、という声を受けて、実作部門、というのが新設されたようだ。
これは、人のプロットで作品を提出するのみで、自分でプロットは出さない部門。
この部門なら提出は1作品だけでいいから、もしかして私でも参加できるかも……という思いもあるけど、まだ迷い中。
なんたって私……実力が苦しいんで……あまりにも下手すぎるとプロットを考えてくれた方に申し訳ないよね。

そして、今日も、参加者さんたちの顔ぶれを見ながら、どうしようかと画面をにらんでいるのだ。
* Category : 私的日記
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by かみたか さち
お寒うございます。
桜は満開ですが、風がいつまでも冷たいです。

アザーズ、実作部門で申請しました~♪
やろうよ、やろうよぉ。
一緒にやりましょ♪
みんなでやれば、こわくない!
……私も、どうなることやら、と不安もあります。
なんか、プロットと全然違うものになりそうだし(汗)
それでも、面白そう、という気持ちが先行いたしました。

時期的に、いろんな企画が重なるときでもあるので、そのあたり、忙しくなるのは目に見えてるんですけどね。

Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
かみたかさま

アザーズ、実作部門に参加表明なさったんですね!
かみたかさまは以前から参加したいとおおせだったから、プロットも作る方の部門かと思っていました。

私は……どうしようかなあ……人様のプロットってとても興味があります。
でも、それを作者さんの意図通りに書けるかどうかはわかりません。悩むわ~
ある程度はいじってもいいようなので、そこはうれしいですけどね。
余分だと思った登場人物をばさばさ切ってしまいそう(笑)。
参加すれば、たぶん、自分の下手さに打ちのめされることになるだろうけど、すごく勉強になるだろうと思う。
参加すべきかどうか。スケジュールなどを考慮しながら、もう少し悩んでみますね。
コメントありがとうございました!

個別記事の管理2012-04-02 (Mon)
やっと4月になりました。
なにがうれしいかって、役員が終わったこと。
私、平成23年度の町の役員に当たっていたんです。
通帳を次の方に渡して、会計報告を出したら、すっきりさっぱり。
ああ、うれしい。
当分、いえ、一生、「役員」と名のつくものはやりたくありません。
自分には向いていないと思うから。

今日、ホムペを更新し、なろう版の「バキュームな目覚め」へのリンクを削除しました。
現在この作品は自サイトにて読めます。
当時いただいた感想も閲覧できる形で展示しました。
なろうさんにおいている作品を削除する行為は自分としては初めて。
「この作品は作者によって削除されました」という画面が出て、削除を確認した時、少しさみしい気分に。
なろうさん内で作品を削除している人は多いけど、削除はなろうさんにとっては迷惑行為なんだとわかりましたよ。

ところで、夕べは、グーグルマップさんを見るのに燃えました。
きのう限定で、マップがドラクエ仕様になっていたんですよ。
愛知県津島市付近にゴーレムさまよう鎧が。(携帯にてパソ画面を撮影)

ずっとこういう仕様だったら地図をみるのももっと楽しくなるのになあ。
きのうのドラクエ風マップを動画サイトに出している人もいるから、みそびれた方は動画を探そう!
* Category : 私的日記
* Comment : (4) * Trackback : (0) * |

* by かみたか さち
「なろう」さんの作品削除、わたしもやろうとして、警告文を読んで辞めました。
そのかわり、別な作品を上書きしました。
新着作品での宣伝がなくなりはしますが、
ま、影響ないか、と(苦笑)
あんなに削除が難しいと分かっていたら、登録を考えていたかもなぁ。
最近は、とんと「なろう」サイトへも出かけなくなりました。
ブログめぐりで精一杯です~。
自分のサイトの手入れも満足じゃない。とほほ。

ドラクエマップ、ラジオで知りました!
面白いですよね~。
実際に、着ぐるみがその地点に出現したら、もっといいのに。

Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
かみたかさま

きのうはすごいお天気でしたが、ご無事でしたか。
なろうさんの作品削除時の警告、なんかびっくりですよね。
あれではよほどの理由がないと削除してはいけない、と言われているみたいです。
普通、作品を削除したら、サーバーが軽くなって、ありがたいんじゃないのかなと思うんですけど、そうではないようです。
それでも、自分の作品は自分のもの。私はどうしても削除したくなったら迷いなく削除しちゃいます。

> 実際に、着ぐるみがその地点に出現したら
ああ、その発想、素敵です! ぜひそういう小説をアップしてくださいませ。
着ぐるみの人を主人公にしてもいいし、着ぐるみを探す冒険青春ものにしてもいいじゃないですか(勝手に妄想中。)
コメントありがとうございました^^

* by 熊と塩
こいつはゴーレムじゃない!

とパッと見た時に解ったんですが、じゃあ何だ、というのを忘れてしまったので調べてきました。

「よろいのきし」でした。

Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
> こいつはゴーレムじゃない!
>
> とパッと見た時に解ったんですが、じゃあ何だ、というのを忘れてしまったので調べてきました。
>
> 「よろいのきし」でした。
そっか…よろいのきしだ!!
後で直しておきます(*^^*)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。