123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2014-06-27 (Fri)
今日は久しぶりにネット小説の感想です。

碧の独善」  冴島芯さん作  恋愛ファンタジー長編 全38話+番外 完結
PG12 ※近親相姦、暴力要素あり
過去に開催された第二回恋愛ファンタジーコンテストに出されていた短編が元。
他国へ婿入りした王子サディアスとその女騎士アンジェリカの、せつなく狂気じみた兄妹愛の物語。

以下感想など。



まずは完結おめでとうございます。
最後まで読ませてもらえて本当にうれしい。
失礼ながら、この作品は完結はしないだろうと思っていました。
何年にもわたる連載の途中、何度も更新は停滞し、しかもブクマしてあったページから小説が消えたりして、私も一時期ブクマをはずしておりました。
それでこの小説とのご縁はもう終わったと思ったんですが、小説が復活しているのを偶然知り、またブクマ。
完結したのでここ二日ほどで集中して最初から読みました。
あー、読めてよかった。
最後、二人がどうなるのか、ものすごく気になっていたんですよね……

サディアスとアンジェリカは異母兄弟のため、愛し合うことは叶わぬ仲。
それでも、二人は共通の血塗られた過去によって深く結びついており、サディアスが結婚しても思い合う気持ちは変わらず。
どうしようもない事実に絡め取られる二人。それに振り回される周りの人たちの苦悩など、悲しく苦しいことが続くこのお話、決して明るくはないのですが、もっと先まで読みたくなる魅力がありました。
シスコンとか、ブラコンとか、そんな簡単な言葉で片付けたくない作品。

ラストは微妙なハッピーエンド……?
私ならばあのラストにはしないと思いましたが、不快感はなかったです。
フェビアン、ウィリアムのその後はもう少し細かく知りたかったかな。
主役二人も番外でまた見ることができたらいいなあと思ったり。
個人的にはサディアスのかわいそうな妻、クラリッサが好きでした。

この作者さんの豊富な語彙、きめ細かい表現力は、ネット作家さんの中では群を抜いていると私は思います。
ただ、この作品は難漢字が多くて読みにくいと思ったことは何度かありました。
日常では使われないような難しい言葉がいっぱい。
漢字を見れば意味はわかるけど、ちゃんと読めない、あるいは読み方がまったくわからないの多数。
いちいち中断して調べて、自分の無知さをなげくはめに。
たぶん、雰囲気を出すためにわざと難漢字を当てていると思うのですが、ルビはほんのわずかしか使われておらず。
勉強になりました……が。
……私の頭にちゃんと入ったかどうかは別問題。

どうやったらあんなに言葉をいっぱい覚えられるんだろう。相当書籍を読んでおられるのだろうなあ。
こんなすごい作品を書く方と恋愛ファンタジーコンテストで張り合おうとしていたなんて、今考えると恐ろしいことです。

重苦しいけれど、取りつかれたように読まされた作品でした。

Return

スポンサーサイト
* Category : 紹介
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2014-06-25 (Wed)
認知症で行方不明になっている人のニュースを見て、ふと思い出したことがある。
どうしても気になるので、ここへ書きつけておく。

2013年の3月半ばのことだった。
私は家族と共にJRに乗り、彦根へ向かっていた。(その時の彦根記事はここ
その時に同じ電車に乗り合わせた年配の女性が、少々認知症っぽかったのである。

行方不明になった老人が他県で保護。最近のそういうニュースを見て、彼女もその一人だったかもしれないと思い始めた。
彼女がどこから一緒だったのかはわからないが、大垣での乗り換えの際、ホームで私に声をかけてきた。
「京都まで行きますか」と。
私は「自分たちは京都へは行かないから、そこにいる駅員に聞いたほうがいい」と返答。
彼女は私の言った通りホームの駅員に訪ねていた。
そこまでは普通の人だと思ったが。

乗り換える電車が滑りこんでくる。
彼女は私の数人後ろに並んでいたが、そばにいる男の人にもう一度同じことを聞いた。
「京都行きますか」
男の人は親切に答えてあげている。
「行くけれど、この電車は米原で乗り換えですよ」
「あなたはどこまで行くの?」
「僕も京都方面だけど」
「ああ、よかった。あなたについていけば間違いないのね」

それで会話は終わったわけではなかった。
電車に乗り込んで座る。
四人掛けのボックスシートで、彼女は同席した人に、また同じことを聞いている。私たちは少し離れてみていた。
「京都へ行くんですけど、この電車でいいんですよね? どちらまでいかれるの?ああよかった。ずっと後ろを付いていきます。まちがいないですよね」
このあたりの会話はよく聞こえなかったが、まじめに相手をしていた男性も、彼女が少々おかしいと思ったらしい。
うれしそうな彼女に冷たい返事。
「……付いてこられるなら」
あーあ、あの男の人、うんざりしてぶっちぎる気だ。
無理もない。はっきり言ってしつこくて、何度も同じことばかり。うっとうしい。しかも声が大きいし。
彼女は何度も「ここで乗り換えですか?」と聞く。
「あなたに付いていけばいいんですよね?」
そのセリフは何度も出ていた。
彼女が米原で電車を降りたことは知っているけど、その後は無事に京都へつけたのかは知らない。

やっぱりあの人、認知症だったかも。
今さらだけど気になるなあ。
その時は、こんなにも不安がっているお年寄りを一人で電車に乗せて長旅させるなんて、ひどい家族だなあと思ったぐらい。
京都まで行けば迎えに来てくれる人がいる、という話になっていたのだが、今考えるとそれも怪しい。
彼女は、旅行計画のようなものがプリントされた紙を二度ほど出していた。
ちらっと見えただけだが、それが京都の旅行計画らしく、観光旅行をするときに、旅行会社がくれるあれに似ていた。
たとえば 京都→庭園自由散策→○○にてランチ みたいなの。

それは身内の人が作った乗り換えの案内が書かれた紙だったのならいいが。
しかし、彼女は乗り換えを理解できていないようだった。
無事にたどりつけただろうか。
「なんでも駅員さんにきけばいいから」と男の人も言っていたけどね……。

……いや、その前に、京都で彼女を待つ人は本当に存在したのか。
今になってそんな疑問がわき起こり、彼女の身が心配になった。

この女性の情報。若干うろ覚え。
大垣付近に在住? 2013年3月半ば、ひとりでJRに乗っていた。
年齢は少なくとも60歳以上。
確か、髪は染めていなかった。
真っ白ではなく、半分程度は白髪。あまり手入れされていない感じで、伸ばしてはおらず、普通のおばさん程度の肩にかかるかどうかぐらいの長さ。
目が悪そうな感じ。メガネをかけていたかどうかは記憶にない。
荷物は少なく、一つだけだったと思う。
残念ながら服装の記憶はなし。

彼女は普通の人で無事に京都へ行けたと信じたいが、認知症の人って正気に見える時もあるから心配になった。
私はあの時、どう対応すればよかったのか。
警察に言う? 駅員さんに言う? でもちょっと心配性なだけの普通の人だったかもしれないし。
年配の人はどんな人でもせっかちだ。
ここで降りる?と何度も確かめたからと言って、それが認知症だと断定はできない。

今も、あの時、どうすべきだったのかわからない。
* Category : 私的日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2014-06-20 (Fri)
近況報告、といっても何もめでたいことはないのですが、たまにはブログを更新しないと、気持ちが落ち着かないです。

私は、最近はまったく新作を出しておりませんが、水面下では地味に長編を書いております。
執筆速度は相変わらずおそく、日によってですが、0~4000字ぐらいかなあ。

長編はまだ時間がかかりそうなので、覆面企画用の短編を先に作りました。
これはすでにできあがっていますが、時間をおいてあとでみると、絶対に直したくなるに決まっている。しばらく寝かせておきます。
この企画だけは絶対に参加したい。
以前参加させていただいて、信じられないくらいの数の感想をいただいた喜びが忘れられないから。
うまく仮面に隠れることができるかは微妙(笑)

覆面は企画開催まで少し時間があるので、もう一、二本、試作品を作ってみてもいいかなと思っていますが、私の心は書きかけの長編の方に行ってしまっているので、そんな何本も書けないかも。

SF企画用に、半分ぐらい書きかけて放置しているのもあるけれど、なんか筆が進まないわ。
だめだねえ。
たぶん、いつものなまけ病だ。

こういうときは、どこかへふらっと出かけたいよ。
しっかりせねば。
* Category : 私的日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2014-06-13 (Fri)
今日は少し前に話題になっていたコミック、「はだしのゲン」の感想。

中沢啓治作  「はだしのゲン」 全10巻 汐文社

第二次世界大戦の終戦前後の広島で、悲惨な目に遭いながらもたくましく生きる人々を描いた物語。
戦争の非道さ、原爆の恐ろしさを強く訴えた作品。

この作品が図書館から撤去されるニュースを見て、興味がわいた。
私は、一部の絵だけなら、歴史の資料かなにかで見たことがあるが、きちんと読んだのは初めてだった。

以下、感想。




物語は原爆投下前の広島で始まる。
主人公少年ゲンの父は、がんこに戦争反対を唱え続け、一家は全員壮絶ないじめに遭う。
ゲンの兄はそれに反発し、兵に志願。父を激怒させる。
やがて原爆が落とされ、ゲンは父と姉と弟を失う。
母はゲンを連れて知人を頼るが、その家でも歓迎されず、肩身の狭い思いをする。
ゲンは原爆孤児たちと知り合いになり、さまざまな目に遭いながらも、せいいっぱい生きていく。
……大切な仲間たちを原爆症で次々失いながら。

……って感じのお話。
どの表現が図書館撤去に値するのか。それを考えながら読んだ。
とにかく、なにかと暴力的な内容だった。
解決の手段はすべて暴力。
人が人を殴るシーンは数限りなくあり、そういう面では子供に超お勧めとは言いにくい。
原爆投下後の焼野原を、やけどで垂れ下がった皮膚を引きずりながら歩く人々の絵など、ショッキングな内容も小さい子には衝撃かもしれない。
性的な描写としては、問題にされそうな部分はごくわずか。
10巻に、一部だけだが性的な虐待描写がある。ショッキングな描写がふたコマほど。
日本軍がやった非道な行為としてあげられる部分だ。
問題になるとしたら、あの部分だけかなあ。あくまでも私の主観。
何巻目かに、女性が生きていくためにアメリカ兵に身を売る、という話も入っていたが、そこは濃厚に描かれているわけではないので、私としては閲覧不可にするほど問題ではないと思った。
PG12ぐらい? 親の許可があるなら読んでいいよぐらいのレベルで。

図書館撤去については、子供がトラウマになる、という親の意見も反映されているようだ。
あまりにも原爆が恐ろしいから。
でも、トラウマになった子供を支えるのは親の役目。
トラウマになるから読ませない、というのもなんだかなあ。
幼児さんや小学校低学年の子には刺激が強いと思うが、ある程度大きくなった子には読んでほしいと私としては思った。

物語全般を通して強く訴えられているのは、戦争への怒りだ。
戦争をするということは、一般民衆がこういうことになる、ということ。
これでもか、これでもか、と続くくどいほどのいじめ描写。飢え。その根源は戦争だ。
戦争に父が反対していじめられ、原爆のせいでいじめられ、学校も行けずで。住まいも食べ物もない。
顔にやけどを負った少女などもいじめの対象。
この人たちがどんな罪を犯したというのか。
読み進めるにつれ、理不尽な怒りがどんどんたまっていく。
ああいうことが過去の日本で確かにあり、それからまだ100年も経過していない、ということは誰もが知るべきだと思う。

「これは悪書か?」
そう訊かれたら、私は迷わず「悪書ではない」と答えるだろう。
この本は暴力的だが、忘れてはいけない大切なことがたくさん入っていた。

Return

* Category : コミック
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2014-06-09 (Mon)
土曜日、熊野古道を歩いてきた。
私は三重県出身だが、一度も熊野古道を歩いたことがなかった。
一度行ってみたかったんだ。
今年は熊野古道が世界遺産に登録されてからちょうど10周年になるらしくて、いろいろキャンペーンをやっていてとってもお得。
行くなら今、ということで行ったんだけども。

……雨に降られた。。。。。さすが尾鷲。
日本一雨の多い町。
土砂降りではなかったから多少は救われたけど、雨は降ったりやんだり。

以下、写真あり。




熊野古道はいろいろあって、好きな道を選べる。
私が今回選んだのは馬越峠。
古道の中では最も石畳が美しいと言われている道だ。

道の駅海山でバスを降り、しばらく歩道を歩くと峠への入り口が見えてきた。
小雨が降っており、上下カッパ装備ですでに暑い。

ここから石畳の道を登っていく。
このすぐ横に、大きくはないが、普通車用の駐車場があり、一台の車から男女カップルが降りてきた。
彼女はスカート姿。彼氏も山用のスタイルではない。
あの人たちは写真を取りに来ただけだろうと思ったら、私たちの少し後ろから傘を差しながら登ってくるじゃないか。
見知らぬ彼氏よ、大きなお世話だけど、彼女、歩く格好じゃないし、今日は雨だから、このデートコースはダメよ。
このカップル、途中までかなりがんばったが、そのうちに姿が見えなくなった。
引き返したのだろう。
あの彼氏、こんなところへ彼女を連れてきて、振られてないかなあ。心配になってしまった。

とにかく雨で滑るんだ。
登山靴を履いている私たちだって、時々つるつると足を持って行かれる。
magosetouge2.jpg
石畳はごつごつ。敷き詰められている、というだけで、石は平らではない。
歩きにくい。まだしも丸太階段の方がましな気がする。
石畳のないところはほっとする。

しかし、すごいよ、石畳は。
いつからあるのかわからないと看板に書かれていたが、江戸時代には紀州藩によって確認されていたとのこと。
治水がしっかりしており、山道にありがちな水によってえぐられている、というところがない。
水は石畳の上をきれいに流れていくのだ。
この何キロも続く工事を、どういう人たちがどれだけの月日をかけて作ったのだろうか。
熊野三山に詣でるための道らしいけど、これはすごい人手がかかっている。

峠からは熊野市が見下ろせた。
海と山が同時に楽しめる景色。
雨が降ってなかったらもっとすばらしかっただろう。
これから下に見えている町まで下りるのだ。
kumanokodou3.jpg

峠を越えれば下るしかないのだが、これが怖かった。
斜めになっている石の上を歩いて下るのは、思いのほかよけいな気を遣う。
下界にたどり着いたら、かなり疲れている自分に気が付いた。

時間が余ったので、尾鷲神社へ立ち寄る。
ここは大きな二本のクスノキがすばらしい。
写真では大きさがわからないけど、実際に見上げるとすごかった。一見の価値あり。
幹回りは10m以上、樹齢1000年と言われる御神木二本。
kumanojinnja.jpg
私の写真では大きさがよくわからないので、こちら↓を参考に。
http://homepage2.nifty.com/Hiro-Akashi/htm-mie's3/owasekusu.htm

神社を後にし、ゆっくり商店街を歩く。
シャッターが閉まっているところが多く、雨で人通りも少ない。
おおと思ったのはオレンジの旗。
写真に写りこんでいる女性は無関係な通行人の方。
shoutenngai.jpg
これが何枚も下がっており、あちこちに、ここは海抜○メートル、と表示されている。
ここは大きな地震があれば、かなりの津波被害が想定されている地域。
町は頑張っている。
時間がさらに余ったので、あちこちうろつく。
クーポンを使ってみやげなどを購入。
天気がよかったら、もっと楽しめたんだけどな。
とにかくカッパは暑い。
山の中でじっとしていると、ちょうどいいんだけども。

暑い雨中ハイキングだったが、たくさんの汗をかいて痩せた気になった。
銭湯へ行きたかったなあ。
銭湯は、歩いて行ける範囲にあったことを後になって発見したけど、無計画な町徘徊で時間が足りなくなってしまい断念。
今度はもっと先に地図を調べておいて、計画的に歩こう。
熊野古道、10周年キャンペーンが終わるまでにもう一度ぐらい行ってみたいね。

これからシャトルバスで馬越峠へ行かれる方、参考までに。
時間は思った以上に余りました。先に、下山してから寄りたい店をチェックしておくといいかも。
クーポンが使えるお店は、並んでいるわけではありません。結構歩く。
私は雨でゆっくり休憩できなかった、というのもあるのですが、約2時間半で下山できました。
ちなみに私は鈍足です。
観光案内所の人はとても親切。タクシーの手配とかもやってくれるらしいです。
温かい町でした。
タクシーは駅にたくさんいましたよ。雨の土曜日だから多かったのかもしれないけど。

Return

* Category : 私的日記
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

熊野古道 * by 紫陽
 ご無沙汰しております。
 2月から社会復帰してものを書く時間と労力をなかなか取れずにいて、更新が滞っていますが、こちらのブログは毎回読ませてもらっています。

 さて、熊野古道へ行かれたのですね。
 私も三重県の人間です。生まれも育ちも、そして現在も在住しております。
 妙な親近感を覚えつつ、私自身も熊野古道は行ったことがなく、興味深く読ませてもらいました。

 雨に降られたのは残念でしたね。写真を見させてもらうだけでも、晴れていればどれほど緑が映える景色だったろうと思うと……。
 三重県に住んでいながら、行ったことがないところが結構多くて、雪さんを見習わねば、と思いました。

 石畳の歴史については存じませんが、熊野古道は歴史が深いですね。少し前に読んだ安倍龍太郎の「義経」という本でも、後白河法皇が詣でている記述が出てきた記憶があります。さらに古くは修験道として山伏たちが歩いたとか(ちょいと記憶が曖昧です)。
 そういう場所だからこそ、現代人にとっては何かしらを感じ取ることができるかもしれませんね。

 私も暇を見つけて、10周年のうちに行ってみようと思います。

Re: 熊野古道 * by 菜宮 雪
紫陽さま

いらっしゃいませ。
お忙しい中、いつもお越しいただきありがとうございます。

紫陽さんは三重県人ですかっ!
うわああ、めっちゃ親近感がわいてきました(すみません、なれなれしく失礼)。
私は生まれは三重ですが、他県へ嫁いで、今は三重に住んでいないんです。
やっぱり三重っていいなあって、帰省するたびに思います。
田舎独特のおせっかいな人も多いけれど、人がカリカリしていなくて、おっとりしている感じがする。

>  三重県に住んでいながら、行ったことがないところが結構多くて、

いえいえ、私も行ったことがないところ、いっぱいあるんです。
鈴鹿サーキットや、スペイン村とか。有名な場所なのに。
山歩きもしますけど、三重の下の方の山、全然知りませんし。


後白河法皇が参拝? それは存じませんでした。勉強になります^^;
石畳って後白河時代にすでにあったんでしょうかねえ。
現地では石畳はいつ作ったものかわからない、ということになっているようです。
あちこちの石に浮いている大きな白い星は、石が古い証拠。
ずっと昔からそこにあることは確か。

山の中を何キロもの石畳。
すべて人の手で作っているわけですから、すんごい工事だなあと思いました。
山の中に転がっている石だけではどう考えても足りないと思うんです。
もちろん、山中の道沿いの石も使っているだろうけど、重機もない時代に下から石を運び上げていく古代の人々の汗がいっぱい流れ落ちたであろう道。
古い人たちのことを思いながら歩くのも悪くなかったです。
ただ、お天気がね……
雨が降りやすい場所だから、これは仕方がないかも。

コメントありがとうございました^^

個別記事の管理2014-06-08 (Sun)
今日は市販の書籍の感想。
図書館で見つけた短編集。

「モロッコ幻想物語」  ポール・ボウルズ編 超川芳明訳  岩波書店 2400円

ポール・ボウルズがモロッコの口承、伝承を聴き取って、編集し、翻訳し、物語にしたもの。
12の話が入った短編集であり、モロッコ文学の「五つの瞳」が元になっている。

以下、感想。一部ネタバレあり。




それぞれが完全に独立して読める短編集だった。
一話目から軽い衝撃を受けた。
次の作品へ進んでも、やはり衝撃は続く。
一言で感想を言うとしたら、「変わったものを読んだ!」としか言えない。
登場人物の感情を一切入れない筆で淡々とつづられるのは、突込みどころ満載の話ばかり。
予想できぬ展開の数々に、顔をしかめたくなるような悲劇もありで。
「そんな~!」と言いたくなるけれど、さらっと話が終わってしまったり。
物語は童話的であるけれど、教訓とかをあからさまに示すわけでもなく。
なんだろう……ノリとしては、イソップ童話とかグリムが近い作品もあるけれど、宗教色も入っていて、こども向けかどうかもわからない。

こんな書き方ではここを読んでおられる読者様たちに内容がわからないと思うので、少しだけネタバレ。
たとえば、一話目。

「魚が魚を食べる夢を見た男」
男には、鳥と猫の友人がいた。
魚が魚を食べる夢を見た男は、友人の鳥(オスだと思う)にこの夢の意味を尋ねたいと願う。
ところが、鳥はいつまでも帰ってこない。
そこで、猫が鳥を探しに旅に出ると、鳥は結婚していた。鳥の妻となった相手は、年よりで嘘つき。
猫は男の為に鳥を連れ戻そうとするが、鳥は嫁が年よりで飛べないので、拒否。
それならばと、猫が鳥嫁を背中に乗せて男の元へ帰ることになり、鳥は嫁より一足先に男の元へ飛び帰る。
二年ぶりに鳥と再会した男は、夢のことを話すが、鳥は、それは猫が自分の嫁を食べてしまうという暗示ではないかと心配になる。
ところが、鳥嫁は猫の背に乗ったまま無事に到着し、鳥嫁は、男の夢は「富裕者が貧者を食べる」という意味だと男にいう。
男は、鳥が本当のことを言わなかったと怒って、鳥を追い出し、鳥嫁と暮らすことに。
鳥が追い出されると、猫も一緒に出ていき、二人は遠くへ行って、それぞれに若い伴侶を得た。
おしまいw

……こういう話なんだけど……うん、あらすじを書いていても笑えてくる。
この突拍子もない感覚にのけぞる。
男は結局、鳥の夫婦を別れさせたってことでしょw
どいつもこいつもなんかおかしい。
そもそも、なんで男が夢にこだわるのかわからないし、友情や愛情ってなんだろうって思えてくる。
一話目からこれだったから、他の話はどうなんだろうと思ったけども。

無実の罪を着せられ、悲劇の最期を迎えた男の物語も、おりょ?
トラック運転手の男が、少年を誘って町へ花を売りに行く提案をする場面から始まる。
男は濡れ衣を着せられて捕まってしまい、少年は待っているうちに花は枯れて商売にならず。
男はやがて無罪となるが、拷問の影響で死亡。
男の妻は変な男に引っかかってしまい、無一文になってから、非業の死を遂げた夫のことを思い出すというオチ。
あれ、これ、少年の話じゃなかったのか。

義父に虐待され、最後は家を出た少年の物語も、さらっと終了。
そこで終わりかい……ってそれでいいのか、というラストに。
数々の冷たい仕打ちにも、少年が愚痴るシーンはない。

他の作品たちもこんな感じで、どれも、いろいろなことを思いながら読んだ。
物語の脈絡や伏せんをさぐりながら読みたい人には、この作品集は不向き。
日本語訳の美しさも期待できず、一部、宗教色の濃いものもある。
読者の感情移入を狙った表現はない。
予想できない展開にただ驚かされるばかり。
だけど……突っ込みまくりながら楽しんで読んでいた自分が確かに存在したのだ。
これもひとつの娯楽の形だと思う。
不思議な作品たちだった。
満足度☆3.5

余談だけど……モロッコってどこよ?……調べちゃった……

Return

* Category : 書籍
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2014-06-01 (Sun)
なんだか急に暑くて。
半袖の服を出したのは4日ほど前のこと。
半袖では朝早い日は肌寒くて、これまでは必要なかったのに。

先週末、夫が休みだったので、気候がいいうちにと里山歩きに連れ出したら、思った以上に暑くて大汗をかいた。
暑そうだとは分かっていたので、簡単な低山ハイキング、月見の森へ。


木々の間を抜けて来る風は、木陰は快適だったけれど、ひなたは陽射しがじりじりして痛かった。
黄砂が飛んでいたのか、展望台からの視界はいまひとつ。
赤い田んぼ?がここにもある? いや、あれは田んぼじゃないかも。
それもかすんでしまってよくわからない。
tukimino2.jpg

きれいなお花が植えてあったから撮っておく。たくさん咲いていた。
なんて名前の花か知らないけど。
tukimino3.jpg
黄砂って今日もまだ飛んでる?
今日はだめだね。結構外へ出たとたんにくしゃみ。
今日はついでに目もかゆいなあ。
花粉の方々、鼻具合はいかが?
花粉という言い方はおかしいかな。
ああ、暑くて何も創作をする気にならない。
しっかりせねば。
やることがいっぱい。
とりあえず、明日はストーブをしまおうかと思う。
こたつはいつやめようか。
* Category : 私的日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。