12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2014-08-31 (Sun)
覆面小説企画6、推理期間に入りました。
http://maskpjt.wp.xdomain.jp/
私の作品も公開されています。ブロックEを探してみてくださいね。
みつけてほしいけど、みつかりたくないような。
すでに推理をつぶやいている人もいて、ドキドキ。やばい。

ここから↓意気込みテンプレート

■作者名   菜宮 雪(なみや・ゆき)

■サイト名&アドレス  菜宮雪の空想箱   
http://www.ac.auone-net.jp/~y-namiya/

■参加ブロック  E

■自己紹介、プロフィールページはありますか? 
自サイトには置いていないですが、小説家になろうさん内のマイページで少しだけ自己紹介あり。 ここ。http://mypage.syosetu.com/23418/

■好きな(得意な)ジャンルはなんですか? 
ファンタジー、ホラーなどいろいろなジャンルのものを書きますが、もっとも得意なのはコメディです。
理屈抜きで話を進め、ばかばかしくありえないものを書いているときは楽しいですねえ。いつもニヤニヤ。読者の方々がそれについてきてくれるかどうかはもはや関係なし。下手でもわけがわからなくてもいい。自分が描きたいものを全力で、が最近のスタンス。


■好きな作家さん&作品を教えてください。
最近はネット作家さんの作品を多く読んでおります。
ホラーならまあぷるさんが私のお手本。恋愛ファンタジーならJulesさん、石田累さんなど。がっつりファンタジーならbutapennさんの長編のいくつかも大好きです。コメディなら戸松有葉さんのSSなど。

■最近読んだ本の中で、オススメの1冊と言えば何ですか?
市販の書籍なら、先日このブログでも話題にした本ですが。
「考証要集 秘伝!NHK時代考証資料」 大森洋平著 文春文庫
これ、めっちゃお勧めです! 買って損なし。
江戸時代だけでなく、明治や大正期の考証も一部あり、へーと驚く内容が盛りだくさん。

■創作以外の趣味はなんですか?
ひたすら妄想。。。。。楽しい妄想。。。。。どこまでも妄想。。。。。なかなか戻れない。 
それ以外なら、ハイキングレベルの登山。きのう、久しぶりに歩いてきました^^

■今まで、覆面作家企画に参加されたことはありますか?
はい、前回参加してます。
参考までに前回作品はこれ。
荒野のニンジン」一応シリアスコメディファンタジーのつもりでした。

■前回参加時、あなたの作品はどなたの作品だと推理されましたか?
かみたかさちさん 5
中原まなみさん 2
よもぎの森さん 2
みるくさん 1
歩く猫さん 1

■前回参加時、あなたは誰の作品の作者と推理されましたか?
早瀬千夏さん。この方の書いた暗黒弁当の話が私の作風に似ていると判断した方が多く、かなりの人数がだまされました。推理をみるたび笑いが止まらず。早瀬さん、ご一緒できて感謝!
前回Dブロックの推理数表。
http://p.twipple.jp/2C5vC
推理表を見てもらうとわかると思いますが、圧倒的多数で私はD01、早瀬さんの作品だと推理されています。

■前回と同じブロックだった作者さん、今回もいますか?
玉蟲さん

■この作品を書くのに、どのくらい時間がかかりましたか?
うーん、二週間ぐらいかな。結構直しまくったからそれなりに時間を消費。

■ズバリ言って、今回、あなたの作品を推理するのは簡単ですか?
たぶん簡単。だってさ、私は私にしかなれないもの。ふっ。

■この企画のために書いた作品、他にもありましたか?
この作品だけ。他の企画で手いっぱいで複数用意できず。
現在小説企画「あなたのSFコンテスト」に「先生がまた変な物を」という作品を出しているのでそっちも見てくださいね。
それも推理の参考になると思います。ふっ。

■その作品を提出しなかった理由は?

■この企画への参加作品以外で、一番最近書いた作品は?
「ホリたい男」(ホラー、約14000字) 先日終了した夏のホラー2014参加作品です。

■その作品は、推理のための重要なヒントになりますか?
どうかな。ふっ。

■企画への意気込みをどうぞ。
ご一緒するみなさま、それから読み専および、探偵専門の方、よろしくお願いします。
ぜひ、私を当ててくださいね。ふっ。
逃げ切りたいけど無理だろうなあ。
読者としては、できるだけたくさんの作品を読むつもりです。
終幕まで楽しむよ♪
スポンサーサイト
* Category : 覆面小説企画
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2014-08-29 (Fri)
先日、家族の自転車が盗難被害に遭ったことをこことツイッターで報告した件。

きのうの昼過ぎ、私が足をつかって探し回り、自力で見つけました! 幸い無傷。しかも鍵までちゃんと付いたまま!
慰めてくださった方々、ありがとうございました。

記事が長いためたたんでおきます♪
……スマホとかだと折りたたみになっていないのかな?




そもそも、その日に限って鍵をかけ忘れてしまった家族Aも愚かしいけれど、鍵がついたままの自転車なら盗ってもいいという法律はない。その日はAが駅へ着く直前に突然雨が降ってきて、Aは雨に気をとられ鍵をついうっかり取り忘れてしまったらしい。
Aは帰りになって鍵を忘れたことに気が付き、忽然と消えた自転車に真っ青になったという。

自転車が消えた日の夜、警察に届けて、驚くことが発覚。
その自転車は何年も前に新品を自転車専門店で買ったものだったが、その店が、県の防犯登録ができないお店だったらしいのだ。
自転車専門店で正式な防犯登録できない場合があるなんて知らなかった。
購入時に防犯登録料を払っており、その控えも残っていたが、その登録番号は県警とは関係なくて、お店独自の物だと言われた。
刑事課の方が、念ためその登録番号を県警の方に問い合わせてくれたが、登録された該当番号はなく、やはりお店だけの番号らしいと判明。
幸い、車体番号がはっきりわかっていたため、被害届は車体番号で受理された。

翌日、その自転車店へ電話した。
もしかして、書類を私が失くしただけで、ちゃんとした防犯登録がしてあったのではないかと思ったのだ。
防犯登録のシールは確かに貼ってあったと思う。
答えは……残念ながら、お店独自の登録のみ。貼ってあったのはお店独自の防犯登録のシールだった。
それって、県警では通用しないようなシールをもらうのにお金を払ったってことだよね。
その自転車店、組合からはずれているそうな。それで専門店でも県の防犯登録手続きをすることができないため、独自のシールを出していると弁解。
はぁ? そんなこと知るか。
購入時もパンクした時も、親切な対応をしてくれていたお店だけに、がっかり。
あそこでは自転車はもう買わない。
ちなみに、某ホームセンターで買った別の自転車はちゃんと県の防犯登録のシールがもらえた。
私はそれが普通だと思っていた。

正式な防犯登録がされていない自転車が盗難に遭ったとなれば、ほぼ見つかることはないだろう。
あせった私はネット内で検索をかけた。
被害者のみんながどうしたのか、盗難自転車はどれぐらいの割合で戻ってくるのかを知りたかったのだ。

情報の中で、一週間ぐらい自分で探しまくってついに見つけた、という話があった。
自転車なら5キロ以内にしか行かないのが普通だという。
そうか。じゃあ、私もこの辺りを探してみるか。
ここ二日ほどで歩いた距離は8キロ近く。
一応ネットオークションも調べたが出品されておらず。
車で足を延ばし、書店、カラオケ店、パチンコ屋、リサイクルショップ、隣の駅の駐輪場などとその付近の集合住宅の自転車置き場も捜索。

発見場所は盗難場所から約4キロほど離れたショッピングセンターの駐輪場だった。
のべ20か所以上を捜索の末、見つけた時は自分でも信じられない思いだった。
絶対に田んぼへ捨てられていると思っていたけどあきらめずに探せば見つかるもんだね。

すぐに警察へ電話しないといけない。
自分の自転車でも盗難登録したものを勝手に持ち去ることはできないのだ。
警察の連絡先を書いた紙は車の中に置いてあったため、いったん車へ戻る。
また盗まれると困るので鍵は抜いた。
……これで、鍵から犯人の指紋が採れなくなってしまった……でも仕方がなかったんだよ。

しばらく待った後、パトカーのおまわりさん二人が到着し、親切に対応してくれた。
ハンドルなどから犯人の指紋を採取している。
私はこういう現場を見るのも初めてで、思わずわくわくしてしまった。
フィルムみたいなので採っていた。
雨が降ったから指紋はほとんど出なかったようだけど、一応私の指紋も「協力者」ということで提供してほしいと言われ、両手全部の指紋を提供した。
この指紋を採る際の道具も初めて見るもの。
白いプラスチックの板で、そこに薄く透明な油が付いている。
油を手に擦り付け、白い紙に手を触れさせれば、あら不思議、黒い指紋がくっきりと付く。
だけど、この作業が恥ずかしかったなあ。
私が指紋をとられている間、通りすがりの人がじろじろ見ていく。
これじゃあ、私が自転車どろぼうみたいじゃないか!
「あたしがやったんじゃない」って大声で叫びたかったわ。
おまわりさんに手をつかまれて紙に手を押し付けられているのをみたら、どうみても悪人。
指一本一本丁寧に、そして最後は手のひらごとどーんと指紋を提供。結構時間がかかる。
しかも自転車と一緒に私の顔入り写真撮影まで。
あー恥ずかしかった。
写真を撮るならもっといい服を着ていくんだった……くたびれジーンズに、Tシャツで。うああ、後の祭り。

「よく探しましたね!」
おまわりさんたちにほめてもらえて、はずかしさも、捜し歩いた疲れも吹っ飛んだ。
こんな古自転車のことで出動してくれて、丁寧に対応してくれたおまわりさんたち、ありがとう!

自転車が盗られて気持ち悪くてくやしかったけど、社会勉強をさせてもらった。
あきらめずに探すこと。この根性は大事だ。

Return

* Category : 私的日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2014-08-26 (Tue)
家族から夕方電話が入った。
どうしたのかと思ったら、駅にとめていた自転車がないと言う。
要するに盗難に遭ったと。

犯人に対する腹立たしさと共に、空しさも感じ、気力をものすごく削られた。
今月はいろいろあったけど、まだ厄が来るのか。厄年じゃないのにさ。

近くのスーパーなどを回ったが自転車は見つからない。
仕方なく警察へ届け出に行った。

私は警察の建物本体内へ入るのは初めてだった。
免許更新の時は駐車場内のプレハブでやるからコンクリートの建物内部はまったく知らない。
「わー、警察の中ってこんなのかぁ」
被害者として来たにも関わらず、未知の世界へ足を踏み入れるときのおかしな高揚感を覚えた。
案内の人に言われた通り階段を上っていくと、階段途中に、指名手配犯のポスターがいくつも貼ってあり、浮かれかかった気分は正気に戻った。
ここは治安を守るために日々戦っている人たちがいる場所だった。
まだ逃げている殺人犯たちのまなざし、被害者の幼い女の子の顔などに目をやれば、気が引き締まった。

刑事課で手続きを済ませた。
こういうことを刑事課でやるってことも私は知らなかったので勉強にはなったけども。

あーやっぱり不愉快。
自転車どろぼうの人、もしもここを見てたら、すぐに元の場所に返してよ。
ちょっと借りちゃおうぐらいのつもりかもしれないけど、盗られた方はショック。
生涯忘れない。
* Category : 私的日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2014-08-23 (Sat)
以前にネット小説関係の知り合いである丸屋氏から時代考証本というものがある、という話をツイッターで聞いたことがあった。
そんな便利なものがあることを私は知らなかったので、これはいいものを教えてもらったと頭の隅に入れておいた。
それから日が過ぎ、都会へ出る機会があったとき、某大型書店の店内検索で「時代考証」と入れて出てきた本がこれだった。

「考証要集 秘伝! NHK時代考証資料」  大森洋平著  文春文庫 620円


中はあいうえお順になっていて、言葉を探しやすいように並べられている。
まだ半分しか読めてないけど買ってよかった。
すべてを消化するのはまだまだ時間がかかる。

以前、他の方のプロットで小説を書く企画OPPというのに参加した時、私に時代劇のプロットが当たってしまい、必死であれこれ調べたが、結局満足いく作品を作ることはできなかったことがあった。
そもそも、時代劇なんてほとんど読まないし、興味がない。
水戸黄門やNHKの大河ドラマを観たことがあっても、それを小説で書け、と言われても書けるものでもなく。
うろ覚えの映像からその時代に合った言葉を使いこなすことなんてできやしないのだ。

あの企画の時には、当時の社会のしくみを調べて理解するのも時間がかかったが、何よりもどういう言葉をあてたらいいのかということが一番困った。
使いたい言葉がその時代としてはどうなのか。
現代言葉であるなら使えない。その代わりにはどんな表現をすればいいのか。
わからないまま企画の締切が迫り、膨大な資料本をそろえても求める物が拾い出せず、資料本によって書いてあることも違い、悶々とした日々を過ごし、言葉の問題は解決できないまま提出してしまった。
あのときにこういう本の存在を知っていたら、もう少しましなものができたかもしれない。

この本を読んでみて、うわーやらかしてる、と思ってしまったことが多数。
「階段」とか「牛耳る」って言葉は時代小説にはNGだったのか……私、使っている。
「段梯子」「はしご段」が「階段」の代わりに使われるらしい。
「牛耳る」が明治大正の造語だとは知らなかった。
「意のままにする」「恣ままにする」が正解ということだ。
そういわれてみると確かに、うんそうだ、と思うけど、自分ではその言葉を思いつかないのだ。
ありがたい本だね。
この手の本を数冊読めば、かなりの知識が手に入りそうだ。
同種の本をまた探そう。

そのほかも自作には、現代言葉を使用していると思われる場面が多数あり、本に付せんを貼りながら読み進め中。
付せんだらけ。
全部読んだら自作を直さないといけない。

時代色のある自作は以下の三つ。

吉原髪切り楼
ギンナン騒動
竹林に香る

これらの自作にはこの時代だと明示していないのもあるが、近日中に言葉を見直し修正せねば。
……時間がかかりそうだなあ(泣)。
でもダメと知ってしまったものを放置しておくわけにもいかない。
この本に出会えたことに感謝。
お勧め度☆5
* Category : 書籍
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by ふぢた
時代物書いたことないけど、これ欲しいです!
気がつかないで、迂闊にいろんな言葉を濫用してしまってますよね。
このあいだ、「愛」は元々仏教用語だと聞いて驚きました。
とらわれすぎもよくないけれど、一度言葉について見直してみるのも、いいかもしれないですね。

Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
ふぢたさま

よかった、ご無事でしたか。

時代物を書かない人でもこの本、お勧めです。
江戸時代のことが中心ですが、それ以外の時代のこともちょっとだけ入っているんで、とても勉強になります。
……とはいえ、内容を全部憶えるのは大変ですが。

「愛」は仏教用語?
私もそれは知りませんでしたが、そう言われてみると、やっぱりそうかも、と思います。
小説を書いているのに知らないことはいっぱい。
またいろいろ教えてくださいませ。

自分のあほさにあきれつつも、この本から知識を得て、得した気になっています。
文庫で持ち運びに便利だし、買って損なし。

個別記事の管理2014-08-19 (Tue)
今月はものすごく早かった。
気が付けば盆は終わり、夏の陽射しに傾きを感じた。
暑いけど秋はそこまできている。

創作の方は企画に出したきりで全然進んでいない。
まとまった時間があまりとれなかった。
身内の病院通いの付き添いにとられる時間が一番大きかったかな。
病院へ行くと半日つぶれてしまう。
しかも、待ち時間が長く、病院が終わると自分が患者でもないのにぐったり。
そこへ盆の準備やら、親戚のつきあいやら、その合間に期間限定動画をだーっと観たり、で日はすぐに過ぎてしまった。
しかも車は故障するし、テレビもつかなくなって修理を呼ぶ羽目になった。
あれもこれも、想定外の出費ばかり、厄年のように次々とくるじゃないか。
今年は誰も厄年いないはずなのに。
かなり気力をそがれた八月前半だった。

現在、二つの企画に参加中だけど、来月からはいよいよ覆面企画が始まってしまう。
参加している企画の他の方の作品をすべて読むことは、申し訳なくも無理だ。
読みたいのはいっぱいあるけど覆面が始まってしまうと、たぶん、私はそっちばかり読むことになるだろう。
探偵さんがぼちぼち来ている模様。
覆面開催に向け緊張が高まってきている。
* Category : 私的日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2014-08-12 (Tue)
明日は久しぶりに故郷の三重へ帰る予定。
私の実家は本当に山と川しかないところ。
先日の台風で土石流を心配したけど、どうやら無事だったようだ。

台風が接近する前、降り続く雨に不安になり、実家へ電話した。
「大したことないよー」
母はのんびりしている。
「母さん、頼むから、川がヤバイと思ったらすぐに逃げてよ。××さんちのあたりまで。あそこなら土石流来ないだろうから車の中で雨が落ち着くまで待っていればいいから」
「はいはい」
だめだ。本気で逃げる気ないだろう。
昔からあの場所に住んでいると、土石流の恐怖なんか、考えても仕方がないということか。
私の子供のころも、避難したことなんか一度もなかったもんなあ。
結構危ない場所だと思うんだけど。

両親が待っていてくれる田舎に帰れることは幸せなことだね。
明日は親孝行に行って来るよ。
* Category : 私的日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2014-08-07 (Thu)
今日も暑いですね。

先日、身内が白内障の手術をして、このところ毎日、つきそい運転手になって病院通いです。
病院って、なんで朝っぱらからあんなにたくさん人がいるんでしょうね。
自分もそのひとりなんだけどさ。
今朝も診察開始一時間前に玄関前に並んだけど、すでに待っている人が30人ぐらい、うようよ。
行列をみただけでげっそり。
トップで並んだ人は6時台に並んだとか。
疲れるわ―。しかも、しかたなくがまんして並んでいたら雨降ってくるし。

以下、当ブログ拍手コメントへの返信。
8/6 21:51のFさま、続きへどうぞ。




伏せ拍手コメントFさま

こちらの作品も読んでくださったのね。ありがとうございます!
懐中電灯のこと、うん、確かにあれはペンライトというんでした(笑)。完全にミスです。
ご指摘いただいてよかったー! あとでこっそり直しに行きます。
レントゲンに関しては……それを入れてしまうとネタバレになるかなあと思って、あえて入れませんでした。普通なら絶対にレントゲンを撮りますよね(苦笑)。
執筆中に、どこかで入れられないかも検討したのですが、入れないほうがいいと思ってしまいました。

ちょっとだけ涼しいホラーをお楽しみいただけましたでしょうか。
お忙しい中、ありがとうございました。

Return

* Category : 返信
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2014-08-05 (Tue)
今日からなろうさんで「夏のホラー2014」が始まりました。

どうしても初日に出したかったんで、無理やり全話出しましたよ。
こんなあたしでもやる気になればできるもんだ。

よろしければ覗いてくださいませ。そんなに怖くないですよ。(たぶん)。
企画閉幕後も読めますが、企画開催中限定で怖いボタンが付いています。

ホリたい男」(ホラー)  全四話。約14000字です。

ここで出て来る如月という男が、実はSFコンの方に出している「先生がまた変な物を」の星原先生の原型です。
最初は「ホリたい男」の方をSF企画に出すつもりでしたが、こういうタイプの作品ではあの企画では喜ばれないだろうと判断し、途中放り出して、書き直したのが「先生が~」でした。

で、書きかけを放置したままではもったいないんで、如月をちょっと汚そうなキャラに変え、年齢もあげて、ホラー的な要素を盛り込んで今回の作品にしました。
気が向いたら読んでくださいね。読めたら……です。

怠け者のあたしのくせに今日はがんばった。一日で四話も更新したことないよ。
これでやっと他の方のを楽しめる。たぶん凹むけどさ。

* Category : 宣伝
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2014-08-04 (Mon)
今日は覆面企画6の作品をやっと提出できた。

これはどうしても落としたくなくて、来週に入る前にはどうしても出しておきたかった。
とりあえずほっと一息。

「あなたのSFコンテスト」が開催中だし、明日からはなろうさんの夏ホラーが始まる。
それにも出す予定だから、怠け者の私にしてはこの夏は積極的。
いろいろ首を突っ込んでいる。

「童話パロディ」の企画は、そういう企画が開催されていると知った段階で締切二日前だったため、断念。
来年あったら参加したいな。
知り合いさんがちらほら出ていた「夏まつり」の企画もいつか参加できたらなあ。残念だけど今回はそこまで手がまわらないと思う。
「ゆるゆるSF」の第二回も出したいよ。これはまだ日があるから間に合うかも。

ただ、いくつもの企画を掛け持ちすると、他の方の作品を読む時間がなくなるんだよなあ……
自分のを読まれるだけでなく、ひとさまのも読みに行きたい。

上手い人に与えられるほうび……感想を見ていると、やっぱり自分のふがいなさが身に染みる。菜宮の作品は文章が下手だから読む価値なしって思われて避けられていることをひしひし感じてしまうわ/// ///
いつか、すごい人と言われるような話題作を書きたいもんだ。いつか、ね。

さて、明日に向かってホラーの最終仕上げといこうか。
ホラーの参加表明者、なんと401名。提出できない人もかなりいそうだけど、これでは私の作品なんかいよいよ読まれそうにないよ。ちょっと長くなっちゃったしなあ。
まあ辛抱だ。実力がないから悪いんだ。トホホ。
* Category : 私的日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。