12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2015-01-29 (Thu)
私が知らぬ間に電子レンジが逝ってしまったらしい。

朝起きて、いつものように朝食を作ろうとしたら、食卓の上に家族からのメモが。
「電子レンジがおかしい。使えないみたい」とな。

「はあん?」
私は早朝に起きる日が多いため、夜は家族の中で一番に寝ることがほとんど。
同じ家で暮らす家族が全員寝るのを待ってなどいられない。
夜に電子レンジが故障したなど、緊急事態が発生していたとしても、起こされない限り、爆睡。

レンジはその時に調子が悪かっただけかもしれないと思い、一応、コンセントを差し直し、夕べの残り物を温めてみた。
なんだ、ちゃんと動くじゃないか。
電気もついているし、お皿もまわっているよ。

で、取り出してみたら。
うぎゃあ、冷たい(涙)。なんも温かくない!
電子レンジはほんとうに死んでしまっていた。

なんてことだ。朝の忙しい時間に電子レンジが使えんとは。
冷凍食品を弁当の具の一品に入れることは常にある身としては、これは痛いが嘆いている暇はない。
小っちゃい冷凍焼きそばとか、とっても使い勝手がいいけど、レンジが死んだ以上、そういうのは今日は入れられない。
とにかく、レンジで温めなければならないようなおかずを使わないようにすればいいのだ。

夕べの残り物はガスコンロで火を通し(いつもならレンジでチンだけど)、家族にはレンジ温めが必要な冷飯は出さず、炊き立てごはんで対応。
レンジが使えないと忙しく感じたけど、弁当も朝食も、どうにか間に合った。

家族を送り出し、電子レンジを台から下した。
いつ買ったのだったか……横にある製造番号などを示したシールをみると2003年だった。
10年以上前か。もうそんなになるかと、過ぎた時の速さにぎょっとする。

そしてその日のうちに新しいのを買った。
今どきのはおりこうさんだな。いろいろ便利機能がいっぱい。
庫内に放置したままでいると、一分ごとに、親切にピーピー鳴いて教えてくれる。
――が。この機能は恐ろしいと家族で意見が一致し、今は黙らせてある。
もしも、寝る前に酒を温めたとして、うっかりそれを忘れて、放置したまま寝てしまったとしたら。
一晩中、人がいない台所でピーピーピー。
あー考えただけで恐ろしい。
ってことでw

今回の新品は、前のよりも温まりがずっといい。古い方は、だいぶ前からおかしかったのかも。
また出費だけど、新しくてきれいな電子レンジをみているとなぜかうれしくなるのだった。
スポンサーサイト
* Category : 私的日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2015-01-25 (Sun)
今日は明日まで無料動画公開されている作品の感想。

観たのはこれ。映画公開に向けて一時的な無料公開の模様。
リンク先は明日まで。それ以降リンクできないと思います。※グロ注意。私としては高校生以上推奨。
http://gyao.yahoo.co.jp/player/03000/v00387/v0000000000000001976/?ap_cnt=2

「PSYCHOーPASS サイコパス」 一期(新編集版) 全11話(各46分)
二期 全11話(各23分)

シビュラシステムと呼ばれるシステムで管理された社会。
そのシステムは人のすべての心理状態を管理し、犯罪者係数が上がった人物を探知すると、数値によりその場で処刑か施設送りとする。
アカネは新人刑事として刑事課に監視管として派遣され、犯罪係数の高い部下を使いながらさまざま事件に対処していく。しかし、システムでは対応しきれない人物が登場し、凶悪な犯罪が次々と……

未来SF刑事ドラマ……とでも言おうか。
新米女性刑事の成長を描いているが、それだけのかわいいものではなく、残酷で、そして、深い話だった。
システムが抱える矛盾は大きく、システムに抗う人、従う人、それぞれの立場でいろいろ考えさせられた。
システムに頼りすぎることの愚かしさを認めながらも、頼らざるを得ない現実が厳しく示されていた。
もしもシステムがなくなってしまったら……この作品で描かれている世界の社会はめちゃくちゃになると想像できる。

どんな完璧なシステムでも想定外の事態というものは必ず出て来るものだと思う。
現実のコンピューター社会でもありそうなことだと、寒くもなった。

今上映中の映画の評判はよさそうだ。
このシリーズの中で語りきれなかったことが出て来るかどうかは不明だけれど観てみたいね。
シリーズ満足度☆4
話としてはひきつけられて、すごくよかったと思うけど、グロイ部分がちょっとなあ……
そこまでしなくても、という残忍な描写もあったし、人が飛び散るさまが気持ち悪かった。
あと、不満といえば、なんか百合要素がちらっと入っていること。あれ、必要なの?
* Category : アニメ
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by 藤夜 要
超食いつく(笑)

百合要素は脚本(だったっけか?;)の虚淵玄さんが「これ入れたい! 入れる!! 入れなきゃやだやらない!!」ということで(真偽のほどは???w)、まぁ、制作に噛んでいるニトロプラスはエロゲ発の会社なのでしょうがないのかなぁ、と。^^;

劇場版は私もかなり相当観に行きたいのですが、そして観に行った人の評判はよいですね。
スクリーンで観る価値があるかというと、私みたいに絵フェチなら必至でしょうが、内容を追うという意味であれば円盤でもOKかも。

劇場版は日本から舞台が海外へ変わるそうなのですが、ていうかネタバレがさがさ漁っちゃったので概要は知っちゃったんですけど、あれです。
シュビラシステムって、日本限定の管理システムなんだ、と今頃気づいた私でしたw

この作品、自分がいつも悶々としている
「正義とは何か」
を突き付けて来る物語なのでとても好きです。
いろいろ深く考えさせられます。
この辺り、進撃の巨人やSAWのジグゾウの持論と交錯する部分があったりして、どう見ても悪いのはコイツだろ、ってのが見事にひっくり返されること多くって、自信を持って正義を語るのは驕りかなあとか、ホント色々考えさせられますです…。

余裕あればぜひ劇場版も!><(実は私が見たい観たい!!><。)
もしご覧になったときは、またぜひレポ拝読させてくださいませ。^^

Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
藤夜要さま

熱い食いつき、ありがとうございます!

百合要素って、やっぱり作っている人が入れたいから入っていた、ということですね?
そうでしょうねえ……だって、あれ、いらんと思ったもん。
そういう要素でなにか絡んでくるのかと思ったけどそれもなしで。
遠慮がちで場面としては少なかったですけど、いらんものはいらん。製作者側の趣味まるだしw
あっ、言っておきますが私がユリが苦手ってわけじゃないです。
けど、いきなりああいうのが入っているとこだわりを押し付けられた気がして、急につまらなく感じてしまうんです。

劇場版の予告編は私も観ましたよ。
観に行きたいけど、実は映画館は苦手です。
頭痛くなってしまって。
円盤になったら家で静かに観るつもり。思うことがあればその時に感想を出します。ずっと先になりそうですが。
おもしろそうです、楽しみ。

あ、それから正確にはシュビラシステムって書くんですね?
耳からだとシビラに聞こえていて、きのうの記事はシビラと記述してしまいました。
記事の方、後で直しておきます。

> 「正義とは何か」
うん、確かに、何度もそれは考えさせられましたね。
システムがおかしいってわかっていてもシステムに従う矛盾っていうか。
マキシマショウゴが提示したものは決して間違っていないと思えてきました。
彼もまた正義だったのだなあと。

SAWは私は知らないのですが、興味がわきました。
機会があれば借りてきます。
楽しいコメントありがとうございました^^

個別記事の管理2015-01-22 (Thu)
まさかこんな長引くとは。

全治六週間から八週間と診断された足指骨折。

なんといまだ固定がはずれず。

痛みがまだあるから不安はあったけど、案の定、先日のレントゲン結果も思わしくなく、ものすごくがっかりした。
「まだ二、三週間は固定をした方が……」
――それ、マジですか。
思わず、レントゲン写真が昔のと入れ替わっているのではないかと日付を凝視してしまった。
合っていたよ……
「先生、あたし、骨粗しょう症ですか?」
「いえ、違いますよ」
「そうですか……治りが悪いんで」
「足指の人はそんなものです」
「……」
なんだよ。
先生がおっしゃった完治期間なんて、もうとっくにすぎているんだよ。
やらかしたのは11月11日だった。あれからすでに10週。

思わず先生に嫌なことを言いそうになってしまい、ぐっと飲み込む。
――もう二か月たってるんですよ。先生、六週から八週とおっしゃったじゃないですか。
嘘つき! それなら希望を持たせるようなことを言わず、最初から三か月と言ってほしかった。

そんなことをぐだぐだ言ったところでなんら得するとも思えず、口を閉じておく。
単純にストレスがたまった。
今年に入ってからはリハビリも数回しか行っていない。
超音波治療と湯に入って足を動かす治療をやっているけれど、なんか、効果が感じられない。
私の場合は行っても行かなくても同じっぽくて、ばかばかしくなってきた。結局二か月以上。
最初の頃は毎日通ったけど、今日もさぼってしまったよ。
リハビリ一回480円。高いと思うか安いと思うか、気持ちの問題だと思うけどね。

昔から私はなにかと治りが悪かったことを再認識したような。
病気で入院した時もこんなことがあったと思い出した。
あのときは二週間の入院予定で実際は三週間。
あれもかなりイライラした。同室の人がどんどん退院していく中で自分だけ残されて。

あのときの他にも、体調を崩し会社を休んだことがあったけれど、治療期間は最初の目安から倍以上の日数を要した。
結局、検査日がのびにのびて、一か月も会社を休む羽目に。
あれもいやだったなあ。
なんかそんなんばっかり。
血の循環が悪いから治りが悪い?
今後のことを考え、本格的に体質改善を考えるべきだろうか。

そんなこんなで一月、もうすぐ終わり。
夜間の固定だけ外す許可をもらえたから、今はそれでよしとすべきか?
のんびりおっとりの気持ちがほしい。
来月になってもまだ固定しているような気がして仕方がない。
* Category : 私的日記
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by かみたか さち
あうう…(涙)
辛い。

Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
かみたかさま

はい、まだ固定やっております。長っ!
私は昔からなにをやっても年齢の割にはなかなか治らない方らしいです。
なにかと長引くたびに、病院の先生を恨みたくなってしまいます。
判断違いの完治期間を告げないでほしいって思ってしまって。
治療期間が延びて、最初の話と違ってきていても、どの先生からも謝罪なんてありませんし。
医者にとっては一週間や二週間の誤差っていうのはたいしたことじゃないんでしょうね。
完治期間と告げられた日が来るのを心待ちにし、そしてそれが過ぎても完治はまだ先だと告げられる絶望。
私は幼いころから病弱で、今までに何度もそんなことがありましたが、そんな患者の気持ちなんて医者は考えていないんだと思います。

ハイキング仲間から「どう? 次回は行けそう?」と聞かれるたびに苦しい思いをしてきました。
もう復帰している予定だったのにね。この治りの悪さといったら。
笑うしかありません。

……ってかみたかさんに愚痴っても仕方ないですね。ごめんなさい。
もう少しで治りそうなんで、地味に頑張ります。
暗い記事ですみませんでした。はやく外を歩きたくてちょっとおかしくなっているかも。
コメントありがとうございました。
こんな私ですが、またよろしくお願いします。

個別記事の管理2015-01-19 (Mon)
きのう、久しぶりにミュージカルを観に行った。
「ヴェローナの二紳士」
ダイジェスト映像 https://www.youtube.com/watch?v=NSS6xevRwps

田舎でジュリアと恋仲になったプロティースという名の男性が、都会へ出て行き、ジュリアよりも権力者の娘シルヴィアを好きになってしまう。
ところが、先に都会へ行った彼の親友バレンタインもシルヴィアに恋していた。

ひとことで言ってしまえば、やっと恋人ができた田舎男が、なりゆきで都会へ行かされ、垢抜けた都会の女によろめいて友を裏切り、そこへ田舎の恋人が彼を追いかけて行ってすったもんだするお話。……だと思う。

これ、絶対に観たいと思っていたんだ。チケットが確保できてよかった。
とにかくキャストが豪華で。
主演のプロトゥース役は西川貴教(T・M・Revolusion)。
その恋人役はスピードの島袋寛子さん。
親友役ヴァレンタインを演じるのはケミストリーの堂珍さん。
堂珍さんって最近の音楽番組で見かけないから生で見られてうれしい。
あいかわらずきれいな声で歌もうまかった。
テレビの歌番組なんかでは見たこともなかった堂珍さんの踊りや演技、最高♪
島袋さんも、スピード時代とは発声をかなり変えており、以前よりも声が柔らかくなった感じ。
彼女のセリフは若干聞き取りにくかったが、彼女と西川さんのベッドでの絡み、ものすごくおもしろくて、あの場面はもう一度観たいわ。
セリフや歌が断然聴きやすいと思ったのは、やはり劇団四季や宝塚出身の方々。
有名劇団の団員だった経験と実力を見せつけられた感。
西川さんも声量豊かな人だと思っていたけど、あの中に入ったら普通の人だった! みんながすごい。
アラビア人風の役をやっていたバリトンの人、すっごいいい声だったなあ……

音楽はなんと生演奏!
やっぱり生演奏はいいね。ちょっと得した気分。
サックス吹きの武田真治さんの演奏もあったよ。彼も普通の俳優で出てるんだけど。

S席で13000円なり。
痛い出費だけど、これはそれだけの価値があったなあ。
少々時事ネタを皮肉っているっぽい場面はあったけどそこは愛嬌。
原作はシェークスピアだけど、その名から連想するくらーい何かをふっとばすような楽しい内容だった。
もう一回観たいけど、残りは大阪公演しかないんだよ。
大阪までは行けない。
また名古屋に来てくれたらいいのに。
キャストの都合とかを考えるとたぶん無理だろうけど名古屋での追加公演希望。
俳優さんたちが客席を走り回るシーン多数。次回があるなら一階席の通路沿いのチケットがほしいな。
「ヴェローナの二紳士」 公式ページはこちら
* Category : 私的日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2015-01-15 (Thu)
お久しぶりです。
まだしぶとく生きています。
こんなに長くブログを放置したことは初めてかも。

年が明けてから、異様に用事だらけでした。
家族やら親戚やらの用事に振り回され、ゆっくりとした時間があまり取れませんでした。
しかも、パソコンを使おうとするとすでに家族が使っていたり。

なろうの童話祭がぁぁぁぁ、まだできてないのよーって心でわめき散らしていてもどうしようもなく。
参加表明した以上、絶対に出したい。
間に合うか……焦りの中、夕べ印刷し、今朝見直しして校正、提出。
参加締切残り時間は二時間弱。ほっと一息。
企画サイトはこちら。http://marchen2015.hinaproject.com/

今回のわたしのネタは、ちょっと……な後味。
ファンタジー風味。コメディ色なし。
飛んできた竜が落ちて、わたしは
竜が村に飛んできて、それを誰かが射落とす。
で、村人が竜の呪いがかかるって恐れているのだけれど、少女は竜に近づいてみて……

これが童話か! と言われてしまうとわたしもわかりませんが、自分としてはできるだけわかりやすく書いたつもり。
少しでも読者様の心に残ればいいと願っています。
おかしいところがあれば、遠慮なくご指摘くださいませ。
期間限定GOODボタンを押していただけるとうれしいです。
* Category : お知らせ
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2015-01-01 (Thu)
新年あけましておめでとうございます。

年末は忙しく、ドタバタしているうちに年が明けてしまいました。
全然更新できなくてすみません。

年末はパソコンにまったく触れていない日もありました。
感想をだすどころか、人の作品をゆっくり読めず、自分のは書きかけ長編放置、しかも、童話祭用のすらできてない(汗)。
やっぱり、足の病院通いが余分で、年末の主婦の忙しさに拍車をかけたなあと。
残念ながら六週間目のレントゲンではまだ骨の一部がくっついておらず、固定をはずすことはかないませんでした。
寒くなるとよけいに治りが悪くなるようです。レントゲン写真が、前回とほとんど変わらずで、ものすごくがっかりしました。
冷え性だからだめみたいです。いつも足が冷たいことは気にしていなかったのですけど……トホホ……

今年は、「けがや病気、できるだけならない」を目標にします。
やっぱり体が基本。どうしようもないこともあるけれど、できれば避けたい。
悪いものが近寄ってこないような強い運を身につけたいです。

創作は去年通りにマイペースで、気が向いたら企画などに参加させてもらおうかと思っています。

去年は結構企画頑張りました。

一月 なろうさんの「冬の童話祭2014

二月 「ゆるゆるSF企画

三月 「200文字コンテスト

七月 「あなたのSFコンテスト

八月 なろうさんの「夏のホラー2014

   「覆面作家企画6

十二月「ゆるゆるSF企画2


今年も地味ですが、ひっそりとがんばる予定です。
人気作家には程遠い私ですが、必ず誰かがここに来てくださっている。
いつもありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。
* Category : 私的日記
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by かみたか さち
あけましておめでとうございます(*^_^*)

足、まだよくならないんですね(涙)
温かくしてお過ごしください。

今年もよろしくお願いします!

Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
いらっしゃいませ。こちらこそ、今年もよろしくお願いします!
そうなんです、まだ足は治ってないんです。長っ!
年のせいなんて思いたくないですが、もうすぐ2ヶ月。
痛みはまだありますが、あと少しで完治できると信じています。
そちらもお気をつけください。
コメありがとうございました\(^^)/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。