123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-03-06 (Sat)
拙サイト「空想箱」の方に、以下のお二方を相互リンク様としてお迎えしました。
どちらもオリジナル小説サイトさんで、恋愛がメインです。

「Paranoia」(藤夜 要様)一部R15あり ※2010/3/12サイト移転。ここからのリンクは修正済みです

「Nocturne〈夜想曲〉」 (守谷優生様)R15からR18

以下、お二方について。
藤夜 要さんのこと

藤夜要さんのことを知ったのは、Fさんの小説感想ブログから。
私が、なろうサイトさんへ作家登録したばかりだった2008年、拙作の書評を出していたFさんの小説感想ブログを偶然見つけ、そこから感想屋仲間のK氏のところへ、そして、当時は感想屋をやっていた(確か、そうだったと思う。違ったらすみません)藤夜さんのところへたどりつきました。
その後は、こっそり私が覗く日々が続きましたが、K氏をモデルにした内輪な小説を読んで、K氏(ツバメくん)の気の毒な役柄に、ちょっといたずらしてみたくなり(こらぁ!)私が勝手にキャラを拝借し、自サイトへ上げてみました。
それが妄想物語3「包丁で首を」です。
無断キャラ使用ですので、アップしてから、おそるおそるご挨拶に行きました。
その時が、記憶する限り、初めての直接の連絡です。
その後は特に交流もなく、そのうちに、藤夜さんはサイトを移転(この辺りの記憶はあいまい。タイミングが違うかも)。
移転先のお知らせが来るほど親しくもなく、藤夜さんがTM企画に出ていた関係で一度ぐらい言葉を交わした気がしますが、それだけの関係でした。(ここも記憶があいまい。ごめん、いいかげん)
藤夜さんのことは、私の記憶から消え去りつつあったのですが。
因縁、いや、違うか、運命とでも言いましょうか、思わぬことで、藤夜さんと再び接触することになります。

なろう作家のある方が、とある掲示版にて、ブログ閉鎖表明となろうから退会宣言をしました。
その女性と私は知り合いというだけで、親しくはなかったのですが、なにやらもめごとを抱えた様子に心配になり、私は、この人のなろうの作家ページへ、お見舞いの言葉を入れました。
そしたら、彼女から藤夜さんあてに、伝言を頼まれたのです。

『元気だよ、って。「要LOVE」ってv』

あ? あたしが藤夜さんにこれを伝えるんですかい? って言うか、なんであたしが?
しかもあてられちゃってるし(汗)
彼女は私にそのメッセージを託した直後、なろうから退会し、ブログも閉鎖。ネット内から消えてしまいました。
彼女が私と藤夜さんの関係をどう思っていたのかは、今でもわかりません。
私はとりあえず、藤夜さんのサイトへお邪魔し、このメッセージを届けました。
藤夜さんの方でも、なんで菜宮がこんな伝言をもってくるんだよ、と思っておられたことでしょうね。
あれは……私も苦笑でございました。

その後、私は藤夜さんのところを無言でちょくちょく覗いておりましたが、今回の無断盗用ブログの中に、藤夜さんの作品を発見。私から連絡し、またまた話すことに。
そんなこんなで、藤夜さんの方が、拙サイトへのリンクを申し出てくださり、今回相互させていただく運びとなりました。
なんでしょう、この怪しいつながり。不思議なご縁です。すべて実話。


守谷優生さんのこと

守谷さんは、先日のアルファの記事で紹介した「裸婦」の作者さんです。この作品については当ブログの3/1の記事をご覧ください。
アルファの恋愛大賞に挑戦中の作品の中で、この作品を見つけました。
ひやかし半分で覗いたら……はまってしまった……
決して激しい描写ではないのに、大人なニオイが漂うこの作品、私はすっかりとりこになり、何回も覗きました。
もっと早く紹介したかったですけど、アルファの方に自分が参戦していたため、開催中の2月のうちに紹介してごあいさつに行くと、自分のに投票してくれと言わんばかりなので、紹介を後延ばしにしておりました。
たくさんのネット小説が氾濫する中、こういう好みに合う作品を見つけると、砂の中から宝石が出てきたような、幸せを感じます。
いつでも読めるように、失礼を承知で、拙サイトから作品にリンク♪
守谷さんは快諾してくださいました。
昨日は守谷さんちの短編をいくつか読みました。
長編書きさんは、短編が苦手な方もいらっしゃいますが、守谷さんは、短編もお上手。
文章がうまいだけでなく、話そのものもまとまりもあって。
守谷さんのサイトは、相互リンクは受け付けないようでしたので、今回、拙サイトへのリンクを申し出ていただいた時、本当に、びっくりしました。
近日中に、リンクをはってくださるとか。(追記:設置済みです♪)
うう……いいのだろうか。。。。。ありがたいです。うれしいんです! 
なんともったいないお言葉。
こんなすばらしい方の相互サイトとして、はずかしくないサイトにしなければ、と改めて誓った次第です。
守谷さま、今後も覗きまくりますけど、よろしくお願いします^^


当ブログの読者のみなさま、お二方のところ、ぜひ覗いてください。
どちらのサイトさんも、ぬるい恋愛だけではないのがいいです。
* Category : 紹介
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

ありがとうございます!!>< * by 藤夜 要
 相互リンクありがとうゴザイマス!!><
 リンクページを拝見して
「うぐぉぅゎ、何か錚々たる面々の中に、違和感あり…?(アセ」
 と思った次第です;;;
 ――絵師バナーで見栄張ってるから、いっか、と開き直りつつ(笑

 菜宮さんの記憶鮮明に脱帽でゴザイマス;;;
 そ、そうか、Fさんところもあったのか。
 自分の中で強烈なインパクトだったのが「包丁で首を」だったので(毎度コソ見ですみません;)、Kさん感想ブログがきっかけだと思っておりましたです。
 思えば本当に奇妙で不思議なご縁ですよね(笑
 当時、件の彼女と過去の自分がとてもラップしていて、
「あゎ、お互い頑張ろうね!!><」
 としか言えない自分が口惜しく……何故に菜宮さん? と訝る余裕もありませんでした(笑
 ただただ感謝でゴザイマシタ☆

 自分も自身の備忘録というか、ブックマーク的意味合いでリンクをさせていただいている次第ですが、
「首痛くなるほど上にいる教材にしたいくらいの作家さま」
 がリンク基準なので、自分からリンクしてください、とは言えなくて;;;
 菜宮さんのサイトにリンクしていただいて恥ずかしくなくなるよう、精進したいと思いますです!!><
 どうぞ宜しくお願いします。m(_ _)m

藤夜 要 様へ * by 菜宮 雪
要さま
こちらこそ、リンクありがとうございます♪

>  そ、そうか、Fさんところもあったのか。

そうなんですよ。そちらを知るきっかけはFさんブログの発見なの。Fさんも感想屋やめちゃったみたいね。
たぶん、生存はしているけど、別名で作家をやっていると推測。
あの方には作家名を明かしてほしかったんですがね……

> 自分からリンクしてください、とは言えなくて;;;

それは私も同じです。
リンクしてください、と自分から持ちかけたことは一度もありません。
自分に自信もないし、なにかきっかけでもないと、どうも言いにくいですよ。
拙サイトの場合は、私が勝手に小説を紹介すると相手の方がリンクしてくださり、私も相互に、というのが多いかな。
うちのリンク先の方々、すごい人ばかりでしょ?
あの方々は私にとっては、天空の人々のような存在です。
はるか彼方を見あげ、いつかはそこへたどりつきたいと、私は地上をはいずり中。
あの中で、要さんのお知り合いの方もおられるのでしょうか。どの方の作品もすばらしくて、自信をもっておススメできるので、未読でしたら、ぜひ訪問してくださいませ。

私の方こそ、リンク先に迷惑をかけないように、そして、恥ずかしくないように、精進しなければ、と思っています。
私は要さんの持つ、ハングリーな姿勢、とても尊敬しています。
k氏に感想を依頼し、少しでも成長しようと努力されている御姿、こっそり拝見していました。
少しでも、そのパワーにあやかりたいです。

どうか、今後もよろしくお願いします
m(_ _)m

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。