12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-04-09 (Fri)
文体診断っていうのが、創作家さんたちの間で、はやっているみたいなので、私もやってみた。
診断サイトはこちら

半年以内に出した短編三作品についてやってみると……
以下、結果。
「クリスマスの驚き」
一致指数ベスト3
 1.太宰治 87.9
 2.松たか子 87.6
 3.阿刀田高 86
文章評価
 1.文章の読みやすさ A とても読みやすい
 2.文章の硬さ    A 適切
 3.文章の表現力   B 表現力豊か
 4.文章の個性    B 個性的

「黄の花咲く国の王」
一致指数ベスト3
 1.阿刀田高 89.1
 2.中島敦 88.2
 3.小林多喜二 88
文章評価 
 1.文章の読みやすさ A とても読みやすい
 2.文章の硬さ    B 文章がやや硬い
 3.文章の表現力   A とても表現力豊か
 4.文章の個性    C やや個性的

「明るいね―彼と向かい合ってそれから」
一致指数ベスト3
 1.太宰治 83.5
 2.中島敦 76.6
 3.小林多喜二 76.4
文章評価
 1.文章の読みやすさ A とても読みやすい
 2.文章の硬さ    A 適切
 3.文章の表現力   A とても表現力豊か
 4.文章の個性    A とても個性的

こういう結果になりました。
他の作家さんたちの結果もちら見しましたが、太宰と小林が出てきている人が多いみたい。
でもそれは、私が目を付けている作家さんに限ってそうなのかもしれないけどね。
やっぱり、自分の好みの作家さんに似たようなものを書いてしまうので、同じような診断結果が出てくるのかもしれない。
結果の文章評価、おもしろいよこれ。
「明るいね」がオールAですかい。意外だぁ。あんな軽々しいのでA? あれ、あんまり推敲せずあげちゃったんだけどな……
「黄の花の~」は個性がないって? そっか、そうなのかー! この作品の方が時間はかかっている。あれではだめかね。反省しとく。
太宰治さんって……なんだかくらーいイメージ。好きではないんだよ。似てるのかなぁ?
阿刀田高さん……ウィキによると「ミステリーやブラックユーモア分野でのショートショート、エロスが盛り込まれた短編で定評がある」方らしい。私はこの作風と似ているのか。
エロスが盛り込まれてる?……(ーー;) 
確かに、盛りこんでいる、っていうか、なんとなくにおわせてるのも書いてる……
なかなか楽しめたよ♪
* Category : 執筆関係
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

面白そう! * by 熊と塩
だったので、なろう掲載の短編、長編の一部、「おのろい」、その他未発表の短編何作かでやってみたところ……
「文章の硬さ」がEorD。的確(笑) その他は全てでA。
やっぱり太宰治率が高く、小林多喜二、松たか子も多かったです。比較対象が少ないのかな?

こんなにエロスな僕が阿刀田高に当たらない=文体だけを見ているんだ、と証明出来ました。

熊と塩さま * by 菜宮
いらっしゃいませ。
御作は「文章の硬さ」がEとかD?
そうなんですかー。硬いって? 
確かに「堕ちる」は硬めだと思いますけど、「おのろい」とか「卵」のとかも?
熊さんの文章って、そんなに硬いかなぁ。読み慣れてしまうとなんとも思わないですが。

ちなみに、拙作「ジーク王子~」の一話目の文章の硬さはC!
あの作品は硬く書いたつもりはなかったんですけどね(苦笑)
他の方の診断でも、硬さのところでAでない人がちらほら。
全体的に硬めと判断されやすい傾向にあるのかもしれません。
コメントありがとうございました!

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。