123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-11-24 (Wed)
現在、オンライン文化祭(吉田和代様が管理)が開催中です。
この企画は、私は参加していないのですが、小説部門のところは知っている作家さんも含め実力者の名がずらり。
私はまだ全部は読めておらず、下から順に読んでいるのですが、今までに読んだどの作品も、期待を裏切っておらず、楽しんでいます。

以下、これまでに読んだ中で、私の心に残った作品について。

順番は適当です。特に意味はありません。参加者一覧の下の方ばかりから選びました。
※企画のリンク規約には、各小説へのリンクについての注意書きは見あたりませんでしたので、参加作品に直接リンクしております。




さよならピピピ」 迅本 洋さん作
現代恋愛。別れようとしている男女の物語。男性視点で描かれ、男性が別れを告げられる、という設定なのですが、引きとめられない気持ちが伝わって苦しい作品でした。どうしようもないあきらめが漂いながらも、このままでお終いなのか、と思うともどかしくって、たまりません。なんともリアルで……

松ぼっくりたちのおしゃべり」 ナノハさん作
現代ファンタジー。恋をした女の子を見守る松ぼっくりたち、というとてもおもしろい設定でかわゆい作品です。松ぼっくりたちが、人間の彼女の行動を観察しながらあれこれ言っている様子がおかしくって、ついにやにや。文章が読みやすいだけでなく、ありえなさを感じさせません。

TIME ― 音が消えた日 ―」 りいさん作
現代恋愛。目覚めたら彼女がいなくなっていた……という設定。主人公男性が、いつまでも帰ってこない彼女に徐々にあせりを感じていく心理がしっかり描かれていて、どうなるのか気になり、最後まで読まされました。

アーミン・プレストン卿の奇妙なるレッスン」 早瀬千夏さん作
洋もの貴族社会風コメディ。超音痴の『旦那様』が、人前で歌うことになってしまい、さあ大変! そこで特別レッスンをするものの、成果がみられず……というお話。思わぬ方向へ話がころがり、オチにも笑えました。


BLANCA」   葉居スイさん作
洋風ファンタジー。奴隷の少女と囚われの将軍。寒い国で、徐々に心を通わせる二人。将軍は異国人ということで、言葉が通じない様子が「」を使って示されていて、自分でセリフを考えるのもこの小説の楽しみ方。セリフありバージョンも出ているので、そちらも見ましたが、私としてはセリフなしの方が、妄想が広がって好き。

今日は眠くなってきたので、これぐらいにしておきます。続きはまた後日。でも全部は紹介しきれません。ごめんなさい。
この文化祭の作品を、個人ブログで紹介している方もいらしゃるので、そちらをご覧下さいね。
BUTAPENNさまのところで全作品を紹介しておられます。あちらの方が、うちよりもあらすじが明確です! すっごく上手に紹介されていてわかりやすいですよ~
* Category : 紹介
* Comment : (4) * Trackback : (0) * |

ねむ… * by ふぢた
眠気に負けずに、ご紹介作品読んでしまいました!
「音」というテーマでここまで広がるとは思いませんでした。すごいですねぇ。

「音」が印象的だと思ったのは「さよならピピピ」と「BLANCA」ですかね。
アイデアが素晴らしい!

一番好きだったのは「松ぼっくりたちのおしゃべり」かな?
松ぼっくりの会話が音声で聞こえてくるような気がしました。
それに、情景が書き込まれていすぎないので想像の余白があるところがとても好きです。
うう、お上手だぁ~。

BUTTAPENNさま、すごすぎですよね。
最近サイト通いさせて頂きはじめて、まだこの方の作品を全部読めていないんですけど、
感想も丁寧な方なんですね。

こんなにすごい人いると、ため息出ちゃいます。

菜宮さまも今度挑戦してくださいよー!
短編が読みたいですよー(我が儘)。

では、続きの感想も楽しみにしていますね。
私ももう寝ます~。

Re: ねむ… * by 菜宮 雪
ふぢたさま

もう読んじゃったんですか! はやいっ!
ここで取り上げた作品以外も、すごい作品ばっかりですよ。
みなさん、「音」をうまく使っておられる。
いろんなアイデアがあるもんだと感激。
「松ぼっくりの~」は私も読みすさでは一押ししたいと思いました。
飾り気のない言葉できちんと物語が作られていることがすごいですよねえ。

> BUTTAPENNさま、すごすぎですよね。

うんうん。あの方の作品は、どれも突っ込みどころがないんです。
感想の書き方を見れば、その実力がおわかりになるかと思います。
小説も、長編でも短編でもOKで、ジャンルもいろいろ。うらやまし。

……で、菜宮の短編をご希望?
短編、書くには書いているんですけど、どうせならなんかの企画に出したいなと思って、企画を物色中。
テーマに合えば、どこかの企画に参加できるといいな。もちろん、実力は無視で。
しょぼい作品を出しても、たたきが入らないところを探しています。
ふぢたさまとご一緒したいです^^

ありがとうございました * by ナノハ
雪さん、こんにちは~!

拙作「松ぼっくりたちのおしゃべり」を紹介していただきまして、ありがとうございました!

雪さんのお気に入りになれて嬉しいです。へへへ。
実をいうと、締め切りギリギリで飛び込んだ作品でしたので、開催までの3日間で推敲しまくりだったんですよ~(汗)ですので温かい感想をいただけてホッとしております。
雪さんの紹介文は的確でわかりやすくて、いつもすごいな~って溜息つきながら読んでいます。

>ふぢた さま
初めまして。ナノハと申します。「松ぼっくりたちのおしゃべり」気に入って下さって、すごーーーく嬉しいです!情景描写をかなり省いたのですが、わかりづらくなかったかな、と少し心配でしたのでそのように言って下さって安心いたしました。


私も雪さんの短編読みたいなぁ~(指をくわえて)。

Re: ありがとうございました * by 菜宮 雪
ナノハさまへ

勝手に作品についてあれこれ書いてすみません。
御作、すっごく読みやすくて、無駄がなく、とてもいいと思いました。
まわりくどい表現は使わず、読者に状況をきちんと伝えることは、私が見習いたいスタイルの一つでもあります。
推敲、とてもがんばったのではないのですか?
読み詰まるところがなかったですもん。ふぢたさまもべたぼめ!

……私の短編……はい、考えておきます(汗)
なにかの企画でご一緒できるといいですね。
コメントありがとうございました^^

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。