12345678910111213141516171819202122232425262728
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2011-03-31 (Thu)
たまには「名作」と呼ばれるものも読む。たまには。
今日は有名作品、森鴎外の「舞姫」の話。

地震のニュースばかりになる前、新聞のトップ記事に「舞姫」の話が出ていた日があった。
「舞姫」のヒロイン、エリスのモデルはある人物かもしれない、という可能性が高まった、というニュースだ。
このニュースを新聞で読んだ時、これはちょっとなぁ……と正直思ったものだ。
ニュース自体には興味をひかれたが、失礼ながら、世界情勢を押しのけて新聞のトップ記事としてとりあげるにはふさわしくない気がした。
誰をモデルにして小説を書くかはどこまでも作家の頭の中の話なので、不確かなものだから。
もちろん、鴎外の研究をしている方々にとってはすばらしい出来事だったに違いない。
私は恥ずかしながら、「舞姫」=森鴎外、という受験的覚え方をしていただけで、この話の内容を知らなかったので、新聞記事に強く好奇心をくすぐられ、この機会に読んでみた。

青空文庫さん
より、こちら↓を読んだ。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000129/files/2078_15963.html
字数カウントで測ってみたら、原稿用紙換算で約46枚だった。
有名作品なので、もっと長いかと思っていたが、意外に少ない字数。
ただ、言いまわしは昔のままなので、読み流しはしにくく、読むのに時間はかかった。

以下、ネタばれあり、感想など。
ドイツ留学した日本人の官僚青年、豊太郎は、エリスという美少女と出会い、やがて二人は恋仲に。

美しい外国の情景描写の中で、静かに語られる筆。
大げさな恋愛感情吐露はないように思う。
状況を考えながら、それぞれの場面での登場人物たちの心理を、読み手が考えていくような作品。

主人公は鴎外がモデルと言われている。
だから、エリスは誰をモデルにしたのか、という話も出てくるのだろうね。

私はエリスのモデルが実在したのかどうかはあまり興味がない。
ただ、読後のもやもやに沈められた。

この話……名作かぁ……ちょっと結末が……ああぁぁ。
ここからネタばれ辛口。

ぶっちゃけ言ってしまえば、これは、主人公の男がドイツで恋愛をしたが、結局仕事をとり、妊娠させたエリスを捨てて日本へ帰る話。しかもエリスは主人公の帰国ショックで気狂いに。
それでいて、主人公は深く悲しんでいる様子が感じられなかった。
帰国を勧めた友人を少し恨んでいる、という程度で終わっている。
主人公の帰国に関しては、思い悩んでいる記述はあるものの、なんていうか……男の責任とかって何も感じないのかなって思ってしまった。
男性に都合のいい小説かもしれない。
異国で美しい女性と結ばれ、ひっそりと愛をはぐくむが、しかし、自分のことは捨てられない。
そんな男性が描かれていたと思う。
あのラストでなければ、もっと好きになれたのに。
続きはないのかな。
主人公が、いつかエリスを迎えに行くところまで話を続けてほしかったなぁ。
「舞姫」がこういう話だったとは!
* Category : 書籍
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

舞姫! * by 光太朗
お久しぶりです。いつも拝読しています。ほぼ毎回心の中でコメントつぶやいてるんですが(それも怖い)、今回は舞姫ということで思わず!

懐かしいです、舞姫。高校の授業でやりました。リンク見に行ってみたら……あああ本当に原文でした、む、難しい(汗。 検索してみたら訳文も出てきたので、読んでみるとまた印象が変わるかもしれません。いや変わらないかもしれませんが。
高校……何年生だったか忘れましたが、一度読んだ後、ラスト一文、恨んでるどーのの部分は具体的にどういう意味か、という問いを国語教師がしていたのを今でも覚えています。クラス中で一人しか正解を答えられなくて、国語教師がぷんすかしてました。
懐かしみながら、またじっくり読んでみたいです。

暖かかったり寒かったり、不安定な気候ですがどうぞお身体にお気を付けください>< そんでは! 

Re: 舞姫! * by 菜宮 雪
光太朗さま

ご訪問ありがとうございます。
「舞姫」高校で習ったのですか?
私の高校の教科書には載っていなかったように思います。
これ……教科書に載るような作品なのですね……
あの結末、こりゃないわーと私は思ったんですが(笑)

訳文、どこかにあるのですね。あとでぐぐって探してみます♪
青空文庫さんのは読みにくくって。
もう一度読んだら、少しは好きになれるでしょうか。
いや、やっぱり変わらないかも(^^;)

「恨んでいる」の意味!
そういうことを問われるとは。
エリスを捨てていくことを選ばせたから? と私なら答えますが、正解でないかも(笑)
コメントありがとうございました^^

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。