123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2013-01-12 (Sat)
今日は前記事の続きです。

オンライン文化祭2012-熱ー」小説部門より、目についた作品について。
選んだ順番や基準は適当でありまして、読んでから日が経っても内容を忘れられない作品を上げています。題名をみて、内容を思い出せない作品もすでにいくつも……すみません、私、記憶力悪いです。
ここであげた作品の作者さんが私の知り合いかどうかはまったく関係ありません。

以下、感想など。


サムライ熱」 モギイ様作
自分をたたっているというサムライの霊と主人公女性の奇妙な生活。ホラーコメディで恋愛ありの楽しい作品。このサムライの幽霊がまたかわいく妙にいじらしいんだよ。主人公女性をたたっているくせに。
結末の想像がつかず、先を急ぐように読まされた作品でした。ああ、こういうのが書きたい。

熱機関」 ページのP様作
ひたすらバイクについて語る不思議作品。
これはねえ……いやあ、度肝を抜かれたってのが正直な感想です。こんな小説、私は読んだことがなかったんでびっくりしましたねえ。とにかく、どこまでもバイクのことばかり。なのにっ! 全くあきないんですよ。すごい作品だわ。興味をひかれてすっと読めてしまいました。もちろん、私はバイク好きでもなんでもありません。

埋み火によせて」 楽遊様
作家になろうとする男性の狂気のような情熱を描いた作品。
この作品……失礼ながら、共感はまったくできませんでした。結末も気持ちの良いものではなく。作家視点でもう一話ぐらいほしいかな、とも思ったんですけど、それでもなんかすごい。脳にしみついたわ。ぞくっとするような迫力に満たされているんです。うまく言えないんですけど、文学的で落ち着いた文章で狂気が淡々と語られている。
私は、昔国語の教科書に載っていた「生まれいずる悩み」って作品をなぜか思い出しました。内容は全然違うんですけど、作品からあふれる雰囲気に似た匂いを感じました。こういう普段読まないような作品に出会えることも企画の醍醐味。


強烈に私の印象に残っていたのは以上の作品ですが、他にもいい作品はいっぱいありました。
読み手をえらぶかなあと思ったのは以下の作品。
tomoya様の「道祖神」(湯屋が出て来る某ジブリ作品がお好きな方に)
かみたかさち様の「水中花」(【トンボ玉】を作る作業に興味がある方に)
空蝉様の「静焔華」(じわじわくるホラーが好きな方に)


この企画に関する感想はこれまでとさせていただきます。
全作品について書けなくてすみません。

今回は「熱」がテーマ。いろいろな熱の表現の仕方があるもんだ。
すごい作品ばかりで、自分ももっとがんばらねば、と深く反省。
来年も参加できればしたいなあと思っています。
企画開催の吉田様、ありがとうございました。

* Category : 紹介
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。