123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2013-12-07 (Sat)
今日も前記事に続き、オンライン文化祭2013の出品作品たちについての語りです。


以下、感想など。



「帰途 小景集」 小林さん作
関連がない三つの短編からなる作品集。
男性が振られるシーンから始まる一話目。女性教師にあこがれのような恋心を抱く少年の気持ちをつづる二話目。
ホラーチックな三話目。
どれもリズムよく読めて、短編としてきちんと完成されていると思いました。
特に、一話目が私のツボ。
彼のラストのひとことに、作者さんのセンスのよさを感じました。あの一言ですべての気持ちが示されていて。
二話目は女性教師に対する少年の思いがじわっとくる作品。
少年の淡い思いがあちこちに散りばめられていて、少年の気持ちになって読まされました。
教師についてあれこれ想像できる余地があって、それもこのお話に深みを出していると思います。
三話目は、謎に包まれた部分もありますが、全体的にホラー色で、気味悪さがたまらない作品でした。
結末って……結局はそういうこと? と訊きたくなるような。


「Lost stuffed animal」 かおるさとーさん作
女子大生のユキノが久しぶりに帰郷。なつかしい女友達カスミに会うが、ユキノは過去の自分に後ろめたいところがあり、素直に再会を喜べない。
ミステリー仕立てで、女の友達同士の友情と葛藤を描いた作品。
この作品も、ぐいぐいひっぱってくる。
題名通り、ぬいぐるみがこのお話のひとつのカギになっていて、その行方、そして、だれがどうだったのか、いろいろ考えながら読み進めました。
そして、暖かいラストへ。
二人の友情がこの先も続きますように。そんな気持ちで読み終えた作品でしたね。
非常に手馴れた筆でした。
こういう作品をただで読ませてもらっていることはありがたいことです。


「オフクロー!」 いすずさん作
ぶっとんだヒーローもの。
小説部門の中では、一番コメディ色が強かった作品だと私は思います。
いやもう、思い切りやったなあと(笑)。すごいや。
驚いたのは去年の作風とまったく違うこと。
作者さん、去年は「ブルー・マウンテンの所為」というシリアスな幽霊ネタの作品を出しておられました。
いろいろ書ける方だとわかりました。
この作品、最初は武器の様子など、失礼ながら描写不足かと思いました。
……ぶっとびすぎて自分の中で絵にできなかったんですよ。
木製の細長い二本の棒が武器……どんなんだろうとか。ヌンチャク? ヒノキの棒? どうやって持つの? など、私の中で想像できずで。
後で説明がちゃんとありました。お箸のことだったんですね。
想像しにくい面はあるものの、半端ないはっちゃけぶり、たいへん参考になりました。
私もコメディを書くならあれぐらいやらなきゃ。妙に刺激されたのであります。

今日はここまで。
* Category : 紹介
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。