12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2014-04-07 (Mon)
きのうは寒かったけど、お花見ハイキングへ。

愛知県江南から岩倉にかけての千本桜の並木を歩くコース。

最初に通り抜けた公園の桜。

うん、ちょっと散り始め。
その前日の強風でもっと散っているかと思ったけど、そうでもない。
まだ咲いたばかりで花がしっかりしていたのだろう。
散っているのは一割程度。
まだまだ見ごろ。
ちらちら降ってくる花弁が雪のようで、すぐに散ってしまう桜のはかなさを思った。
冷たい風の中、来てよかった。
この公園で数枚写真をとり、桜の美しさにひたるが、まだここは五条川沿いに植えられた千本桜のところではないので、どんどん先へ進む。

やがて、五条川沿いの並木へ。
2014sakura2.jpg
昔、この並木道のどこかを、花がない時に車で通ったことがある。
花が付いているときに観たのは初めてだった。
延々何キロも続く桜並木。
これは見事だ。
↓画面奥の方へずっと並木道が。
2014sakura3.jpg

並木道はときどき吹きさらしに。
西風が強く、やっぱり寒い。気温は10度以上あったと思うだが。
じっとしていると背中が寒い。
歩いて汗をかいていたが、手袋をはずして歩くことはできなかった。

岩倉へ近づくにつれ、桜の下で宴会をしているグループがたくさん見かけるようになった。
みんな寒そうでも、毛布とか持ち込んでがんばっている。
私はお花見宴会の経験がないので、さりげなく見ながら歩いた。

並木が続く。
舞い散る花弁。川面に集まる散り花が、ところどころ固まりながら、ゆっくりと流されていく。
根本が腐ったり、大きな穴が空いて枯れそうな老木でも必死で花を咲かせている。
新しく植えられた若い桜はひときわ花があざやかだ。

強風に飛ばされた花弁が付近の家の壁や窓、車などにびっしりと張り付いている。
シールを散りばめたみたいに。
模様のように張り付いている花弁たち。
並木のそばに住むのは大変そう。

しかし……どこまでも、どこまでも、ひたすらソメイヨシノ。
わがままかもしれないが、半分ぐらい歩いたころにあきてきた。
景色がずっと桜並木で、変化がない。
地図を見れば、まだここまでしか歩いていないのか、とがっかりしたり。

岩倉駅目指して歩いていたが、この辺りの並木道は露店がずっと出ていて、ものすごい人ごみだった。
普通にスタスタ歩けるレベルではなく。
消費税が上がったからなんて、関係ないね。
人は税金に関係なく、祭りは好きなのだ。
全く人が寄りついていないジュース屋さんだけはかわいそうだった。
寒すぎだったよ。

いい気分転換になった。
そういえば、私は桜の花を入れた小説って書いてない気がするなあ。
葉桜になったのは書いたことあるけど。
舞い散る花のさま、いつか何かに使えるよう、頭に刻んでおこう。
* Category : 私的日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。