12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2014-11-06 (Thu)
先日、リアル身内と共に伊勢神宮へ参拝へ行ってきた。
内宮から外宮へと歩くコースで。

その時に、ちょっと不思議なことがあったので、忘れないようにここに書き留めておく。

内宮へ先に行ったとき、まずは鳥居のあるところで記念写真を撮ろうということになった。
鳥居の前に立ち、かわるがわるシャッターを切る。
私もスマホに写真を収めたいと思い、スマホをポケットから出してカメラアプリを起動しようとしたが。
なぜか普通に起動するときの入り口になっている場面が出ない。
おかしいと思い、再起動しようとしたら、いつのまにか勝手にカメラアプリが開いていた。
カメラアプリなど開いていない上、それも「もしもしカメラ」という普段はまったく使わないアプリで。
そのアプリは写真に♡や☆を入れて撮影したり加工することができるが、風景を撮るのに必要はない。
ポケットに入れているうちに、どこかのボタンを触ってしまっていたのだろうか。
ハートが鳥居に勝手に重なってくる。
このアプリを終了し、ちゃんとしたアプリで撮影したいと思っても、終了もできず、別のアプリを起動させることもできない。

連れをいつまでも待たせておくこともできず、そのアプリで仕方なく撮影した。
一枚だけ。それ以上は撮影できなかった。
保存しようにも、それもできない。
スマホは完全に狂ってしまっていた。

私は、残念には思ったが、何かのアプリがアップデートして一時的に動きが悪くなっているのだろうと思うことにして、歩きながら、時々スマホの様子を確かめた。
電源は入っている。
しかし、長押ししても再起動できず。
電源を切りますか? 再起動しますか?
訊いてくる場面はでるものの、パネルタッチがまったく反応せず。
あきらめて、再起動すらできずにそのまま持ち歩く。
写真を撮りたい大きな木、いっぱいあったのになあ。
しかし、ここは聖域であるから、もしかして……それは撮るなということだろうかと心のどこかで感じていたのだが。

参拝を終え、鳥居を出る。
まだスマホは死んでいる。

ひょっとすると。
わずかな期待を抱き、鳥居から離れて道を渡った。
そして、スマホが動くかどうか試したら。

なんと! 何事もなかったかのように普通に動くじゃないか!
画面は行きに撮った鳥居のところの写真を保存する場面で止まっていた。
背中から首筋に、ぞくっと何かが這い上がった気がした。
マジで?
神社内だけ使えなかった・・・・・・寒い。怖い。
その写真がこれだ。

あれ、あの時に出ていた♡はどこへ行った?
それもよくわからない。

たまたま偶然、内宮へ参拝していたときだけ、スマホの調子が悪かっただけなのかもしれないと思い、家に帰ってから、ネットで情報を探したら。
ひぃぃぃ・・・・・・・
カメラのシャッターが押せなくなる現象は、「パワースポットではよくあること」と情報があった!
神様がそこにおわすとき、撮影することができなくなることがあると。
ええええ。
あれがよくあることだと? 本当に?
神様がすぐそこにおられたのか!
まるでスマホが封じられてしまったかのような感覚。
スマホの呪縛が解けた瞬間のあの寒さを思い出した。

ちなみに私の同行者二名は何の問題もなくシャッターをきっていた。
外宮では問題なく使えたし。
どういうことなのかさっぱりわからないが、私のスマホは内宮参拝の時だけまったく動かなくなった。

世の中にはどうしても説明ができないような不思議なことがあるのだと、身をもって知ったしだい。
* Category : 私的日記
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by かみたかさち
そのハートが、神さまだったのかもしれませぬ。

科学が発達しても、不思議なことはまだまだあるのですね。

Re: タイトルなし * by 菜宮 雪
かみたかさま

やっぱりそう思います?
説明のつかないことって本当にあるもんなんですね。
たまたま私のスマホの調子がおかしかったと考えればいいのですが、どうにもすっきりしなくて。
「伊勢神宮 不思議」などの単語でぐぐると、写真が撮れなかったなどの情報がいろいろ出てきます。
あそこは神聖なる場所で、人間が観光気分で立ち寄っていい場所ではないのかもしれません。
コメントありがとうございました^^

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。