12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2015-02-22 (Sun)
今日は市販の書籍の感想。

「玻璃の花籠」  広瀬もりのさん作  アルファポリスレジーナブックス 1200円

海底にある平安絵巻的な世界というちょっと変わった設定。
一族の跡継ぎである雷史は、逆らえない大臣家に、出戻りの年上の女、秋茜を押し付けられる。
そのことが不満で、秋茜のことを顧みなかった雷史だったが、おとなしく非の打ちどころのない振る舞いをする妻に、徐々に心惹かれていく。しかし、妻はどんなに愛しても心を開かないのだった……という感じのお話。

昔ネットに出ていた作品の書籍化らしいけど、私はネット版は読んでいない。
この本を購入したのは、単純に題名が読めなかったからだ(笑)。
玻璃……「はり」。
玻璃って何よ。それで興味がわいた。
よし、この本で漢字の勉強をしよう! 
ぱらぱらと中をみたら、描写もしっかりあるようだし、トリップでもないし、主人公が軽々しくなくて、いい感じだった。

描写はとにかく綺麗。
平安時代っぽい雰囲気があって、海底世界である必要などないと私は思ってしまった。
それぐらい平安みたいな和風色が強く、袴などの服装や建物がしっかり作りこんであった。
挿絵が時々入ると、ああ、海底世界の魚人(そういう言い方ではないけど)だったわ……と妙に残念に思ったり。
私は平安時代絵巻を読んでいる気になっていたのだ。
この作品では、みんなエラみたいなものが付いている人間、という設定だけど、エラなしでも充分楽しめる。
エラがないと話が成り立たない、という部分は見当たらなかったし。

他の方の感想をみると、「雷史視点が多いため、秋茜が何を考えているのかわからない、共感できない」という意見が複数見受けられた。
そうか……男性視点だとつまらないと思う人が多いのかな。
私はまったくそう思わない。
妻が何を考えているかわからないから、先が読みたくなる。
とらえどころのない妻の描写、すごくよかったと思うんだけどなあ……

話のはじめと終わりでは、雷史は別人のようになっている。
そこにひっかかる人もいたようだけど、私はそれほど気にならなかった。
人は時と共に変わっていくものだから。
それに、乱暴な男が終盤になると妙にやさしくなっているのは小説の中ではよくある話。
この巻できちんと終わっていてよかった。
妻が本心を語る場面がとても好き。

ただ、それが海底の魚人だと思ってしまうと少々気持ち悪いのだった。
それだけは飲めなかったけど、綺麗な描写を楽しめておおむね満足。

せっかく一生懸命に世界を考えた作者さん、ごめんなさい。
次作は海底でない普通の平安朝の作品をリクエストします。
* Category : 書籍
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。